MAIL MAGAZINE

  • 新鮮な情報を定期的に配信【ブックメーカーファン】
ライブ視聴可ブックメーカー
アービ歓迎ブックメーカー
Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに登録 ライブドアブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

1XBIT(ワンバイビット)projected by 1XBET

最終更新日:2017年11月11日

1XBIT projected by 1XBET/ワンバイビット(Deposit入金方法)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
今からビットコインを始めるなら、コインチェックが簡単でスムーズです。

ワンバイビット(1XBIT)の入金方法を紹介します。

まずは、ログインをお忘れなく。画面左上、ログインをクリックすると、アカウント番号とパスワードの入力画面がでますので、ここからログインできます。

ログインすると、ログインのボタンの場所に現在の残高が表示され、その横に緑のハイライトで入金するの項目があります。

入金に利用できる仮想通貨は、現時点で16種類あります。

仮想通貨同士のトレードのレートや手数料は、CREX24.COMのものが採用されます。CREX24も仮想通貨の取引所ですが、別にここの取引所を利用する必要はなく、日本であれば、コインチェックやビットフライヤー、ザイフなどの取引所を利用したほうが簡単です(ビットコイン自体の購入も簡単ですし。)

それぞれの仮想通貨をクリックすると、その仮想通貨を利用して送金する先のアカウント番号(アドレス)とQRコードが表示されます。

利用している仮想通貨取引所にあるビットコインなどを、このアドレスに送金(出金)することで可能になります。

例えば、ビットフライヤーの場合だと以下のような流れ、

入出金より、BTCご送付に入り、表示されたビットコインアドレスを初めての場合は、ラベルとして登録します。

登録したラベルを選択(私は、そのまま1xbitという名前でラベルを作りました。このラベルの選択を忘れて、送付のボタンが出ない度忘れがよくありますw)して、送付数量を入力します。

この時の、送付手数料は、利用する取引所によって違ってきます。また、優先度という項目は、急いでいるときに、手数料を払えば、手続きを速めてくれるという機能です。

通常でも、時間がかからない時はかからないですが、本当に急いでいるときは、利用したほうが良いと思います。

注意)送付先のアドレスに関して、だれも保証してくれない失敗例として、ビットコインでの入金で指定されたアドレスを使って、取引所の別の仮想通貨でそのアドレス宛に送ってしまうケースが多いそうです。

例えば、ビットコイン入金で表示されたアドレスにビットフライヤーのイーサリアムを使って送った場合、ないアドレスに送ることになり、仮想通貨の性質上、ビットフライヤーでも赤で取消不可など書いてあるように、間違ったアドレスでもエラーは出ません。

そして、仮想通貨は、どこかに消えてしまいます。

記録は残りますので、誤りなく行って送金先に届かない場合は、確認ができますが、利用者のミスによりご送金には、当然ながら保証はありません。

また、送金に関しては、特に日本の取引所では、かなり慎重にセキュリティチェックがされており、送り先のチェックは暗号通貨の性質上できないですが、その分、送る操作で何かおかしな点があると、確認メールが来たりします。

実際、私は、ネット回線が不便な国にいるため、VPNを使ってIPを変更せざるを得ないことが多々あるのですが、それによって、ほぼタイムラグがない状態で、日本と海外からの接続があるようだが、大丈夫ですか?という質問が来て、送金が保留になりました。

大丈夫ですと返答して、その後、再度同じように聞かれたので正直に経緯を伝えてようやく送金となりましたが、こういうケースに遭遇すると、仮想通貨もブームになっていて処理に時間がかかることもただでさえ増えているのに、さらに時間がかかってしまったりします。

 

と、経験談を書きましたが、通常は、15分ほどで送金完了となるケースが多いと聞きますので、ご心配なさらずに。

>> ワンバイビット(1XBIT) projected by 1XBITに訪問する