MAIL MAGAZINE

  • 新鮮な情報を定期的に配信【ブックメーカーファン】
ライブ視聴可ブックメーカー
アービ歓迎ブックメーカー
Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに登録 ライブドアブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

1XBET(ワンバイベット)

最終更新日:2017年11月8日

1XBET/ワンバイベット(Deposit入金手順)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
今からビットコインを始めるなら、コインチェックが簡単でスムーズです。

ワンバイベット(1XBET)への入金手順(から、設定をしないと自動的にボーナスをもらってしまうので、必要ない方のためにキャンセルの手順まで)を紹介します。

ここでは、仮想通貨のビットコインキャッシュを利用した入金方法を紹介しています。

まずは、1XBETサイトへ入ります。

ログインします。

 

画面上部の緑のハイライト表示の入金するをクリックすると、入金手段に入ります。

上部の入金手段のところには、なぜだか、その時にいたカンボジアと日本の両方の入金手段が同時に表示されたりしてしまっています(これは、担当の方に聞いたところ、cookieの問題だということでした。面白いので、そのままキャプチャで残しています。

日本での入金手段の主流は、エコペイズ、エントロペイですね。

でも、大体、それらの手順は他サイト様がやってくれているので、ここでは仮想通貨で入金してみます。

1XBETでは、CREX24.comという仮想通貨の取引所(?)を経由して上記の15種類の仮想通貨での入出金が可能です。

今回は、ビットコインからのハードフォークで登場した、ビットコインキャッシュを利用します(よく知らないうちに少しだけビットコインを持っていたら、ハードフォークして、同枚数配布されていてちょうど3000円くらい分あったのでw)

上記の中だと、下段の真ん中ですね。

Bitcoin Cashをクリックすると、入金のための番号とQRコードが表示されます。これは、いずれの仮想通貨でも同様になりますが、その通貨専用のアドレスがあり、そこに別の仮想通貨取引所の口座に入れてある通貨をそのアドレス宛に送金するという形ですね。

注意点は、ビットコインからこのアドレスに送っても勝手に換算されるだろうと考えないこと。もちろん、取引所や販売所で、ビットコインを利用したアルトコイン(他の仮想通貨)の購入などするときには問題ないですが、通常は、こういった送金は、同じ仮想通貨同士のアドレスで送金しないと、どこかに行って消えてしまうと注意書きもありますし、保証もしてもらえません。

例えば、bitFlyerから送るのであれば、今ある枚数をまず確認しつつ、

入出金の項目のBCH(ビットコインキャッシュ)ご送付を選択します。

ラベルに1XBETのビットコインキャッシュで表示されたアドレスを追加して、

枚数をしていすると、日本円参考総額がでます。

暗証番号を入力して、ビットコインキャッシュを外部アドレスに送付する(取消不可)をクリックすれば、手続き完了です。

ちなみに、優先度という項目がありますが、これは、通常でも瞬時に送られることもあるのですが、仮想通貨の性質上、取引が遅れることがあります。

その取引を急いでいるときには、優先度のところで、少し手数料を払うと、より早く手続きがしてもらえます。

二段階認証を経て、確認コードを入れて送付を確定し、

上記の表示が出れば、まずは、承ってくれたということですね。

私の場合は、この後が少し大変で、手続きに時間をいただきますとあって、それでも1時間くらいあれば入るかなと思ったら、約1日後に、手続きがカンボジアからになっているので、怪しいですが、本人ですかという確認が来て、本人ですとメールを返信すると、カンボジアと日本で短い時間でログインされていますがどうしてですかなどときて、実は、この国では、VPN通さないと日本では普通に見られるサイトが見られないケースがあって使っているときがありまして・・・みたいな、そういうやり取りをして、別に問題ないということだったのですが、

やり取りに時間がかかって、結果的に1日と半日くらいが経過。詳しい方ならご存知と思いますが、この1,2日前に、ビットコインキャッシュが9万円くらいまで高騰して、その後下がってきてい、入金のタイミングで8万2000円くらいに下がっていたのですが、その1日半で7万円台前半くらいまで下がってしまっており、実際に入金されたのも、そのころ。

結果的に、3200円くらい送付した気になっていたビットコインキャッシュは、24ドル程度になって入りました。まあ、金額的に大きくないので特にどうということはないのですが、額が大きかったら、なんかすごく損した気分になりますよね。

こういうこともあるので、仮想通貨での入出金はお気を付けください。

ちなみに、バイタルベットというブックメーカーでは、ビットコインしか使えないものの、ビットコインで入金して、ビットコインのままの状態で賭けに参加することができます。

外貨に変換すると、その後その仮想通貨が値上がりしたときには、戻すときに損した気分になりますので、外貨に変換されるものと、そのまま利用できるもので使い分けることをお勧めします。

例)1ビットコイン=80万円のタイミングで利用した場合

(1XBET)ブックメーカーに80万円入る

メリット⇒ビットコインが60万円に下がった場合でも、既に80万円の日本円に変換されてアカウントに入っているため、ビットコインの下落の影響を受けない。むしろ、戻した時の枚数が増える。

デメリット⇒ビットコインが100万円に上がった場合でも、アカウントの残高は既に変換されて80万円の日本円いなっているため、賭けて100万円まで上げてからビットコインとして払い戻さないと、損をした気分になる。

(バイタルベット)ブックメーカーに1ビットコイン入る

メリット⇒ビットコインが100万円まで上がった場合、そのままバイタルベットのアカウントにある1ビットコイン分は、100万円分の価値を持つ。

デメリット⇒ビットコインが60万円などに下がった場合、そのままバイタルベットのアカウントにある1ビットコイン分は、60万円の価値に下がる

 

というように、一概に仮想通貨が使えるブックメーカーと言っても、違いがあるので用途によってしっかり理解して使い分けましょう。

 

1日半かかったのは、1XBETの問題ではなく、取引所のセキュリティの部分での確認事項が多くなったことになります。

通常は、そこまで時間はかかりませんが、状況によっては、時間がかかることもあるようなので、優先度で手数料を使うのも急いでいるときはありとは思います。

ちなみに、入金した段階で初回入金ボーナスが自動的に入ってしまいます。

1XBETの初回入金ボーナスは、とにかく、払い戻しできるようにする条件が厳しいです。

複数まとめて賭けるアキュミュレーター3つ分、さらにオッズは1.40倍以上という条件でボーナス額の5倍分の額を使う必要があります12300円もらったら、単純に、61500円分をベットする必要があり、それも、1.40倍のアキュミュレーターという、的中率が一気に下がる条件が加わるので、注意が必要です。

そのため、このボーナスをもらいたくないという方のためのキャンセル方法もここで紹介します。ボーナスが表示されてからでも使わなければキャンセルできます。

マイアカウントからアカウント設定に入ります。

一番下に初回入金ボーナス100%の表示があります。右側に×の表示があります。ここをクリックすると、

ボーナスキャンセル成功でございます!と英語で表示されます。

 

あくまで難しいというだけで、もちろん的中させ続けられるという方は、結果的には、お金として12300円がもらえるわけですから、挑戦するのもありです!

 

 

>> ワンバイベット(1XBET)に訪問する