MAIL MAGAZINE

  • 新鮮な情報を定期的に配信【ブックメーカーファン】
ライブ視聴可ブックメーカー
アービ歓迎ブックメーカー
*掲載しているブックメーカーの参加について/ 注意:18歳以上のみベットが可能です。利用規約が適用されます。 責任あるゲームの内容を必ず読み理解して参加してください。
*As for bookmakers we recommend/ NOTE: Only persons +18 may place a bet.T&Cs apply. Player must read RESPONSIBLE GAMBLING at each bookmakers.

参照掲載しているブックメーカーのオッズは、変動する可能性があります。
Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに登録 ライブドアブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

bet365 入金

◆bet365(ベット365)人気NO.1ブックメーカー【ブックメーカーファンSP byブクメ】

▲bet365サイトへ(www.bet365.com/)

iDebit利用での入金の方法(現在は利用できません。代替手段紹介)

(公開日:2012年4月12日 / 更新日:2018年1月12日)

bet365にアイデビット(iDebit)経由で参加していてお困りと言う方には、エントロペイからのエコペイズ利用をお勧めしています。

いずれも、電子財布のような機能の決済手段です。アイデビットを利用していたという方であれば、仕組み自体の理解は難しくないです。というか、簡単です。

エントロペイにクレジットカードで入金して残高がある状態にします。

bet365←払い戻し(エントロペイ)入金→bet365

これだけで、遊ぶだけであれば十分です。

 

ここに、儲けたお金を現金で手にしたいという状況が追加された時にエコペイズが必要になります。エコペイズも仕組みは、エントロペイとほとんど同じですが、日本でも使える手段で唯一違うのが、デビットカードを発行できること。

これにより、日本のセブン銀行などのATMで引き出しが可能になります。

現状は、海外で問題ない海外の決済手段を利用すること以外は、この2つを合わせて使うのが最もスムーズな手段になりました。

bet365以外では遊びたくないという方は、流していただいて構いませんが、アイデビットのように日本の銀行を利用して入出金をするということを重要視しているという方であれば、ワンバイベット(1XBET)をお勧めしています。

ここは、入出金に三井住友銀行(ゆうちょ銀行も選択肢にあるものの、こちらはあまり機能していない)が使えます。国内銀行同士になりますので、海外送金の手数料や確認の電話が来ることも今のところありません。

ワンバイベットの入出金方法に関しては、『【ブックメーカー入出金の相談が一番身近でできる】ワンバイベットの日本での決済手段のテストを手伝っています。』を参考にどうぞ。私自身が、流れで日本での入出金テストを担当することになったので、当然ですが、最新の入出金の状況をお伝えすることが可能になっています。

 

********

現在は、日本の住所でbet365に登録している方が利用できるお勧め決済手段は、エントロペイ(Entropay)となっています。

2017年9月26日以降、iDebitも決済手段として利用できなくなりました。

2016年9月15日以降、ネッテラーが決済手段として使えなくなりました。9月15日以降の決済手段として、iDebitの検証を行い、入出金ともに決済手段として日本の方でも使いやすいことが確認できたため、bet365のサンプルの入金手順は、iDebitで紹介しています。

iDebitの利用は、登録の際に通貨単位をアメリカドル(USD)かユーロ(EUR)にする必要がありますのでご注意ください。

*****

bet365の入金手段として、選択できる決済手段としてiDebit(アイデビット)という決済手段があります。

上記が、iDebitサイトになります。

見ての通り英語のサイトで、日本語のページやサポートは用意されていませんが、使い方としては非常にシンプルで優秀です。

細かく紹介する前に、簡単に入金までの流れを説明します。

***********************

1.iDebitに登録する(この際の登録情報は、利用するブックメーカーと合わせることをお勧めします。違いがあると、スムーズに利用できなくなる可能性があります。)

2.bet365の入金(Deposit)の際にiDebitを選択し、入金額を指定して進める。

3.自動的にiDebitサイトのログイン画面が表示され、ログインします。

4.自動的に入金手段の選択画面に行きます。日本の銀行手段も複数選択できます。

5.選択した銀行のオンラインバンキングにいつも通りログインする形で進めていき、振り込みを完了。

6.自動的にbet365画面に戻り、入金が完了となります。

***********************

ごくごく簡単に流れを紹介します。

サイト右上のLog In/Sign Upのボタンをクリックします。

新規登録になりますので、Sign Upをクリックします。

必要項目を入力します。Enter the characters aboveに関しては、都度表示が違いますので、その時に表示されているものを入力してください。Continueをクリックします。

ここでの注意点としては、日本の銀行を利用したい場合は、Preferred LanguageをJapaneseに必ずしてください。

Currency of iDebit Accountは、bet365で使用している通貨と一致させたほうが良いです。

Continueをクリックします。

登録が完了します。今後は、ログインすると、上記のように表示されます。

情報の変更や、入出金の確認などもここから行います。

上記まで終わったら、iDebitのサイトから行う作業はあまりなくなります。

bet365から入金(deposit)する際に選択項目にiDebitがあります。

私は、通貨単位をユーロ(EUR)で登録していますが、最低入金額は、15ユーロになっています。

入金額を入力して、Make Depositをクリックします。

自動的に、iDebitのbet365への入金画面に切り替わります。

画面右上に、PAY TO Bet365 / AMOUNT 15.00 EURと表示されていますね。Bet365に15ユーロ支払う手続きですという意味ですね。

iDebitに登録したメールアドレスとパスワードでログイン(Log In)します。

画面右上にFEE 0.00EURとTOTAL 15.00EUR(1803.00JPY)が加わりました。手数料0ユーロ、15ユーロは、その段階のレートで日本円で1803円になりますということですね。

Select Your Bankをクリックすると、利用できる日本の銀行一覧が表示されます。

2016年8月現在で、みずほ銀行、りそな銀行、ジャパンネット銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、新生銀行、楽天銀行の7つの銀行が利用できます。

みずほ銀行で進めてみました。

これに関しては、銀行ごとのログインの流れになりますので、各銀行のオンラインバンキングを利用するイメージで進めてください(セキュリティが最も高いレベルでの入力になるというイメージです。)

お客様番号を入力し、

合言葉1を入力し、

合言葉2を入力し、

ログインパスワードを入力し、ログイン。

引き出し口座を選択して、

第2暗証番号から指定の番号を入力し、振込実行をクリックします。

再度書きますが、この入力項目の内容は、利用する銀行で登録している情報になりますので、銀行ごとにことなります。項目について何を入力すればよいのかわからない場合は、銀行側で確認する必要があります。

通常であれば、この段階でbet365の画面に自動的に戻り、振込がすぐにできていて、iDebitから送金されれば、入金完了という流れになると思いますが、私の場合は、以下の流れになりました。

入金が失敗しましたという表示で、もう一度行うか、別の手段を試してくださいと出ています。

*2016年9月15日以前の場合によく出ていたエラーのようです。現在は、bet365の決済手段からネッテラー(9月15日まで使えた主流になっていた決済手段)が消えましたので、エラーは出ないと思いますが、もし出た場合には、members > historyからhistory typeでdepositを選んで、入金したと思われる期間(すぐに確認している場合はLast 24 hoursで大丈夫です)を選んでshowをクリックしてチェックしてみて下さい。

入金自体は、しっかりされていて残高にもプラスされているはずです。

 

もし、入金に関して、Deposit Unsuccessfulのような状態が立て続けに出るようでしたら、サポートに問い合わせる必要があります。

英語が苦手な方で問い合わせたい場合は、一番伝えやすい方法は、エラーが出た時のキャプチャを取って、ログインした状態で、membersに入り、右上辺りにContact Usとある項目のEmailから問い合わせてエラー画面をそのまま添付して、文面にはWhy?などと入れて、送るのもありだと思います。

その後の返信は、google翻訳など使えば、的確でなくてもサポートの意図する内容くらいは拾い上げることができます。

そこまでやってうえで、解決が難しい状況になった場合は、しばらくの間は、エラーの状況や、スムーズに他の方も入出金で来ているかを確認したいこともあるため、

bookmaker@securesanctuary.com

までお問合せください。ただ、レスポンスは遅いですし、関係ない内容に関してはスルーする可能性も高いので、その点は悪しからずです。

 

 

▲bet365サイトへ(www.bet365.com/)