Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに登録 ライブドアブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

entropay


entropay(エントロペイ)からの現金引き出しへの道 

2017年6月16日更新

エントロペイへ引き出したお金を手元に現金で手にするための手順です。現在ブクメがいるカンボジアで作業をしたために、面白トラブルが発生してしまい、途中で止まっています。こういう国以外で試されれば、特に問題ないと思います。その、もしかすると知っておいた方が良いかもしれない情報を含めて、紹介しますね。

基本的に、カンボジアという国は、ブックメーカー側もあまり好ましい国とは考えていないらしく、そもそも例えばbet365などは、カンボジアの回線でログインしようとすると、許可されていないエリアですと表示されてしまいます。

私自身、基本的に拠点をここにしているだけで、ブックメーカーの作業は、基本的に他のところでやっています。

でも、たまにサボって大丈夫かなと思って新しいことをすると、こういうことになります。

 

手順です。

エントロペイからの払い戻しには、そもそもアカウントのアップグレードが必要です。エコペイズを利用する場合は、仕組みとしては、払い戻しではなくて、エコペイズからdepositでエントロペイにクレジットカードとして入れる感じですから、スターターのままでも利用できますが、ウェブ上のやり取りだけで、プレミアまで上げられるので、今後のために挙げておいた方が良いとは思います。

エントロペイでログインした状態でマイアカウントを見ると、アカウントの状態がスターターになっていいますね。

アカウントをアップグレード!をクリックして進めていきます。

 

スターター⇒ベーシック⇒プレミアと3種類のステータスがあります。

 

ベーシックにすることで払い戻しができるようになります。ただし、この状況では、引き出し限度額が1年で800ユーロ程度までになります。

ベーシックへのアップグレードは、追加の個人情報を提供するEメールアドレスを認証するの2つの条件を満たす必要があります。

プレミアになると、1か月45000ユーロまでの引き出しができるようになります。

プレミアにするには、アカウントの認証が必要となります。

追加の個人情報を提供するに関しては、最初の登録時に入力していなかった住所などの必須項目をマイ・プロファイルで入力する作業になります。

 

Eメールアドレスを認証の作業もマイ・プロファイルから行います。上記リンクをクリックします。

認証ページに入りますので、右下の認証Eメールを送信するをクリックします。

登録アドレス宛に、有効化コードの入ったメールが届きます。

有効化コード入力欄にコードを入力して、Eメールアドレスの認証をクリックします。

 

上記表示が出ればOKです。

 

ベーシックにアップグレードされました。

 

アカウントの限度額などが上がります。

引き出し限度額は、365日ごとに800ユーロです。

プレミアへのアップグレードもウェブ上でできますが、少し面倒な作業が加わります。

パスポート、政府発行書類、運転免許証のいずれかの書類のデータを添付します。

続いて住所確認の書類が必要となります。ここでは、銀行口座明細書、公共料金請求書、政府発行書類、運転免許証の4種類からデータを添付します。

アップロードするファイルは、確認表示されずに送られるという意味の注意書きがあります。

送信をクリックして必要書類のデータを送りましょう。スキャンがベストですが、デジカメでも大丈夫です。

その後、無事プレミアになりました。

これで、エントロペイで利用できるサービスはフルに利用できる状態になりました。

エントロペイ利用の場合は、エコペイズ経由でのATMからの現金化が推奨されているという状況ですが、エントロペイ自体にも銀行引き出しが用意されているんですよね。

これを有効活用できる手段も現在模索しています。

 

それを踏まえて、エコペイズも挑戦してみるべきだよなということで次からはエコペイズの登録の手順です。

 

2017年1月よりウィリアムヒルでエコペイズのみでの入出金が可能になったということです。当初、このページにエントロペイからのエコペイズという流れで掲載しようと途中まで作成していましたが、エコペイズ単体のページを作成し、そちらにエコペイズ関連の情報は掲載していきますね。

エコペイズで入出金への道

 

ページトップへ

 

独占プロモ第1弾スタート!詳細

△日本語解説