menu
閉じる
  1. ブックメーカーのクレジットカード使用は皆無か!?
  2. 【復活!】【ベットビクター/払戻し条件なし】アジア頂点へ!浦和勝利に賭…
  3. 【1ユーロベット/ウィリアムヒル】イングランドプレミアリーグ2014-…
  4. 【プチ独占プロモ/ベットビクター】エコペイズでかかった手数料が返金され…
  5. 【1ユーロベット/ウィリアムヒル】2015年錦織圭がグランドスラム(4…
  6. 【1ユーロベット/ウィリアムヒル】プレミアリーグ挑戦の岡崎慎司の個人成…
  7. 【結果追加】ドバイワールドカップデー2017迫る(NRMB=Non R…
  8. 【ウィリアムヒル】超期間限定で様々変化するワールドカップ期間新規登録者…
  9. ベットビクター任せ予想2017年9月27日21時辺り【7/10的中】
  10. 【1ユーロベット】ワールドカップ2014 グループ最下位候補の逆襲【結…
閉じる
閉じる
  1. ワールドカップ2018inロシア特集ページを作成しました。
  2. 2017/12/01 メルマガ – bitcoinで遊べる…
  3. 【復活!】【ベットビクター/払戻し条件なし】アジア頂点へ!浦和勝利に賭…
  4. 2017/11/24 メルマガ – bitcoinで遊べる…
  5. 2017/11/17メルマガ – bitcoinで遊べるブ…
  6. 【1XBET】E-SPORTSが順当転がしに適しているか検証中。
  7. 仮想通貨時代のブックメーカーを少し考えて書いてみました。
  8. 2017/11/10メルマガ – bitcoinで遊べるブ…
  9. 【1XBIT】ビットコインは2017年中に10000ドルに到達するかが…
  10. 【bet365】In-Play Bet Offerが仕組みが変わって個…
閉じる

ブックメーカーファンSP by ブクメ

仮想通貨時代のブックメーカーを少し考えて書いてみました。

ビットコインの価値が、ややありえない上がり方を繰り返す最近。

久しぶりに80万円台後半から、3日間ほどで一気に75万円前後まで下落するということがあり、

「10%下がった!」

と騒がれていますが、そもそも上下動の幅が広くて、冷静に見ると、1ドル115円が112円になったくらいのインパクトしかありません(でかいかw)

その理由の一つとして、ビットコインからハードフォークして生まれるとされていたSegWit2xの延期が決まったことで、ビットコインに対する不安が高まったということなのですが、なんとなく、投機的な意味合いしかないと思うんですよね。

仮想通貨が流行りだしてから、割と資金を多く集めている人で情報を多く得られる人によってコントロールができて、その幅を見て、乗る人が多いような状況から生まれているような。

仮想通貨は、富裕層がより富裕層になるための通貨とかどこかで書いてあったような気もしますし。

・・・で、そういう話はまあ良くて、今回の出来事によりビットコインキャッシュが円で言えば、7万円ほどの価値だったものが、一気に12万円くらいまで上がっています。とてつもないですよね。1BCH(ビットコインキャッシュ)7万円分持っていたら、たった1日2日でその価値が5万円増えるわけですから。

ビットコインが安定してきているか、そこがぐらついてきたら、次に安定していると考えられるものは、どこか、そんな流れで推移するとしたらと考えたら、改めてビットコインで遊べるブックメーカーを考察してみたいと思ったんですよね。

基本的に、時代は仮想通貨へ動いていき、ブックメーカーでも、仮想通貨を決済手段に導入できるかどうかで足踏みしているようなところは、おそらく今後どんどん置いて行かれるでしょうね。

現在、ブックメーカーファンPC版では、仮想通貨が使えるブックメーカーの紹介を強化しています。

ブックメーカーは、より多様性を提供してエンターテイメントを提供しなければならないものですから、面白いもの、新しいものをフットワーク良く取り入れていかないと遊んでいる人も他と似たり寄ったりで面白くないですから。

その辺での注意喚起も含めて、もちろん、多少のリスクもありますので、選択するのは、見ていただいている方ということになりますが、ビットコインで強みを発揮しているブックメーカーの1XBET(プロジェクトの1XBITも含めて)や、ビットコインが利用できて、なおかつほかにベッティングエクスチェンジの世界的に地位を得ているBetfairのプラットフォームを日本市場で独占提供する権利をもって、挑戦してきた21ベットを追加したという経緯があります。

日本にいると、とにかく「石橋を叩いて渡る」までも届かず、「石橋にリスクがありそうなので、触らない」で全く前に進まないことが多々あります。

この辺は、私はカンボジアにいるので、日本vs中国の戦いを見ていて、確かに裏の部分でずるいことが多いとはいえ、勝負の世界では、まず、やってみることを迅速にすることも重要で、それにより生まれる新しいこと、問題が起きたところで解決していくという考え方が致命的に欠けているのも気になります。

やや脱線しましたが、そもそもギャンブルというリスクがあるものですから、それを提供するブックメーカーもこれまでのように、完全に安全ですよと言えるものだけでなく、少し雑なところはあるけれど、このくらい突っ走るところでないと、ダメでしょうという判断基準で紹介をすることにしています。

もちろん、参加するのは自己責任です。

現在のブックメーカーで当サイトで掲載しているものを冷静に判断すると、

ブックメーカー自身で仮想通貨を直接入出金に使えることが大前提になります。さらに、ビットコインをそのまま使えるパターンと、ビットコインをいったん外貨に変換して使えるところがベスト。

その2つをクリアしているのが、

ワンバイベット(1XBET)です。このワンバイベットが仮想通貨をそのまま賭けるために用意したプラットフォームがワンバイビット(1XBIT)になります。

ここが独り勝ち状態に、「これがあったらいいのに」を提供しまくってます。

ビットコインだけでなく、ビットコインキャッシュを含めた16種類の仮想通貨が(1XBETは、FunCoinのみ使えず15種類)利用できます。登録の簡単さも抜群でしょう。必要に応じて、この作業するには、この情報が必要ですという形で都度必要なものをクリアしていく流れも良い。

 

私個人的には、仮想通貨の入金を別の通貨に変えるというところで為替手数料などが確実に発生してしまい、目減りしてしまうことや、仮想通貨自体の価値をいったん払い戻さなければならない仕組みということを考えると、

仮想通貨をいったん外貨に換える仕組みでないと使えない

日本語対応:21ベット(21 BET)、ワンバイベット(1XBET)

日本語未対応:マラソンベット(Marathon Bet)、

よりも、仮想通貨そのまま使える

日本語対応:ワンバイビット(1XBIT)

日本語未対応:バイタルベット(Vital Bet)、

のほうが、仮想通貨利用者に対しては、親切だと私は考えます。もちろん、投資に重きを置いた場合には、ブックメーカーでの投資も絡めて、いったん外貨に変換してブックメーカーのアカウントで利用するという点では、前者も必要です。

最近では、ネッテラー(日本サービスからは撤退したが今でも海外では、決済手段の主流)や、日本でおなじみのエコペイズも、そのアカウントへの入金にビットコインを採用しているところも出てきましたが、払い戻しにまでは、対応できていないことで、まだほぼ入金のみ仮想通貨対応には、メリットは生まれていないと私は思います。

それ以外のところは、はっきり言って紹介はしていますが、私にとっては不満の方が大きいです。

ただし、紹介しているブックメーカーは、いずれも担当者が熱心で仕事が早いという点は重視しています。担当者の意欲とは裏腹に、基本的に上にヨーロッパマーケットがあっての、その下のアジアマーケットという形になっていることが多いので、担当者がすごく理解して頑張ってくれていても、「何それ?ヨーロッパマーケットだと、そんな必要ないよ、却下!」みたいなケースが多くなるというのも見ています。

なので、基本的に掲載しているブックメーカーの担当者は、熱心で仕事ができる、早い方が多いですが、そのブックメーカー自体のサービスは、思ったほど使いやすくならない、時間がかかるというケースが多いのも事実です。それでも掲載するのは、担当者が熱心であれば、良くなっていく可能性が高いから・・・しかし、以前少し愚痴のような文章は書きましたが、ウィリアムヒル(William Hill)は、日本人担当者がいなくなり、そのあたりの周知やもろもろが信じられないほどお粗末で、別に外国人になって、英語でやり取りするのは良いんですけど、一連の流れで私の中での紹介意欲は、一気に低下してしまいました。そもそも、使いにくいサイトがより使いにくくオッズが探しにくいリニューアルをされたところでも、かなり萎えています。でも、英国最大手ですからね。

今回は、仮想通貨視点で書きましたが、もろもろ差し引いても、やはり使いやすくて一番使っているbet365(ベット365)など、視点を変えれば、仮想通貨だけでおすすめの順位が決まるわけでもないのですが、仮想通貨とブックメーカーの時代に移ってきているので、その辺を、少ししっかり書きたかったので、少し長めの文章でお届けしました。

もろもろ踏まえて、ブックメーカーファンのPC版のページの紹介の仕方も仮想通貨にも重きを置いて情報提供するようになりました。

やや、雑な部分はありますが、日本語対応で仮想通貨対応。それ以外でも、便利な要素が多い。そして、担当者のロシア人(?)が強烈に仕事ができて早い。

これらを加味して、以下2サイトをPC版の方からまず、強化して紹介するようにしました。評価サイトや、評判が悪いという方もいるのは周知の上です。多様性の紹介として、もちろん、参加は自己責任でお願いしますというのが当サイトの方針ではありますが。

例えば、冒頭に書いた、ビットコインが10%下がって、ビットコインキャッシュが急激に高騰した。状況を考えて、ブックメーカー投資もしたいけど、ビットコインキャッシュは、仮想通貨のままで賭けたいなと考えた方が、今すぐその要望で投資できるのは、1XBITです。その逆に、ブックメーカー側にある高騰した仮想通貨で増やした分でビットコインキャッシュ(追記:ビットコインキャッシュも利用可能ですが、アカウントの選択できる仮想通貨単位には、まだビットコインキャッシュは含まれていませんでした。現時点では、ビットコインキャッシュ⇒ビットコインへの入金や、イーサリアム⇒ビットコインキャッシュへの払い戻しのような形になります。)に払い戻しという形で買い足したいという要望に応えられるのも1XBITです。

ニーズが起きたときに、あるかないか。それだけで、大きな差が出ます。

1XBET
(ワンバイベット)

1XBIT
(ワンバイビット)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【1XBIT】ビットコインは2017年中に10000ドルに到達す…

おすすめ記事

  1. 【復活!】【ベットビクター/払戻し条件なし】アジア頂点へ!浦和勝利に賭けよう!勝てば10%上乗せですから!
  2. 2017/11/24 メルマガ – bitcoinで遊べるブックメーカーとbitcoin初心者のブクメ近況
  3. 【1XBIT】ビットコインは2017年中に10000ドルに到達するかが賭けの対象に!
  4. 2017/11/03メルマガ – bitcoinで遊べるブックメーカーとbitcoin初心者のブクメ近況
  5. 【プチ独占プロモ/ベットビクター】エコペイズでかかった手数料が返金されます!

*掲載しているブックメーカーの参加について/ 注意:18歳以上のみベットが可能です。利用規約が適用されます。 責任あるゲームの内容を必ず読み理解して参加してください。
*As for bookmakers we recommend/ NOTE: Only persons +18 may place a bet.T&Cs apply. Player must read RESPONSIBLE GAMBLING at each bookmakers.

参照掲載しているブックメーカーのオッズは、変動する可能性があります。

ページ上部へ戻る