burly victory

バーネット法(1326法)

投稿日:

バーネット法(1326法)

バーネット法(1326法)とは

バーネット法は、ルーレットの赤黒ベット、ブラックジャック、バカラ、クラップスなどのイーブンベットで使われるマネーマネジメントシステムで、始めに1賭けて勝ったら3、2、6と賭けて行くベッティングシステムです。6で勝った場合は、また最初に戻り1から賭けていきます。

負けた場合はその時点で1に戻って再度同じように賭けていきます。1回目に負けた場合は-1, 2回目に負けた場合はトータルで-2, 3回目に負けた場合はトータルで+2、4回目で負けたら±0となります。すべて勝った場合は+12となります。

負けた場合はそれほどリスクもないですが、勝った場合でも大きい利益が取れるわけではないというのが1つの特長です。このシステムですと2連勝と4連勝が多い場合は儲けが増えていく仕組みになります。

投資表

  1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回
勝敗 × × × ×
掛金 1 1 3 1 3 2 1 3 2 6
敗北時損益 -1   -2     2       0
累計利益 -1 0 -2 -1 2 0 1 3 2 0

1から始めて負けたときを1セットとして表を見ていただくと、理解しやすいと思います。この表で言うと左から、1が1セット、1.3が1セット、1.3.2が1セット、1.3.2.6が1セットとなります。累計利益がたまたま0になっていますが、もともと極端に利益が動くタイプの投資法ではないですので、十分考えられます。4連勝での勝ち金が非常に大きいですので、流れを読みながら連勝が多いと判断できるようなタイミングでこのシステムを使うと効果的だということがいえます。

バーネット法の弱点

負けたときにもそれほどマイナスにならないのですが、勝ったときに大きい利益が出ないという欠点があります。結局ジリ貧になりそうな感もありますね。

バーネット法を駆使した戦略

逆に勝ったときに大きい利益が出ませんので、流れが読めて連勝の可能性があるときに、単位数を上げてそこで勝ち逃げするというのは1つの方法かと思います。(例えば1点1ドルではなく、1点10ドルを賭ける)

-burly, victory

Copyright© オンラインカジノSUPER攻略ガイド|おすすめカジノサイトをご紹介! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.