2 in 1法 - オンラインカジノ攻略法・必勝法

オンラインカジノSUPER攻略ガイド

ネットベット

カジ旅

インターカジノ

ジパングカジノ

ジャックポットシティカジノ

ワイルドジャングルカジノ

ウィリアムヒルカジノ

2 in 1法

マーチンゲール法モンテカルロ法ココモ法|2 in 1法
グランマーチンゲール法ウィナーズ投資法

2 in 1法とは

2 in 1法は、2回の負けを1回で取り戻す方法です。方法は簡単です。負けた金額をまず書いて、その左端と右端の数字の合計金額を賭けていきます。

たとえば、1を賭けて負けた場合は「1」と書きます。次はこの書いてある数字1を賭けます。
負けた場合は「1 1」と書いて、その次は左端と右端の合計の2を賭けます。
これを繰り返して4連敗すると、「1 1 2 3」となります。
その次の賭け金は4で、それに勝ちますと、勝ったときは、左端と右端の数字を消しますので、数列は「1 2」になります。その後は1と2の合計の3を賭けます。

モンテカルロ法にちょっと似てますね。
このように数字を書いて、勝った場合に両端の数字を消していくやり方ですすめていく投資方式をキャンセレーションシステムといいます。

2 in 1法を実践してみよう!

ワイルドジャングルカジノ

日本人が1億円越えの大勝ちをし、週刊新潮に掲載された知名度NO.1のオンラインカジノ。 日本人の高額当選者が多い。

30ドル お試しクーポンを使って、プレイする

2 in 1法の投資表

1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回
勝敗 × × × × ×
数列   1.1 1.1.2 1.1.2.3 1.1.2
3.4
1.1.2
3.4.5
1.2.3
4
2.3
賭け金 1 2 3 4 5 6 5 5
累計損益(勝利時:2倍設定) -1 -3 -6 -10 -15 -9 -4 1

上の図を見るとよりイメージがわきやすいかもしれません。
2回目は、「1.1」の数列ですので、1+1=2 を賭け、同様に「1.1.2」の数列で、1+2=3 を賭け、「1.1.2.3」の数列で、1+3=4 をかけています。
6回目に当たってますので、7回目は「1.1.2.3.4.5」から両端の「1.5」を削って、「1.2.3.4」の数列で、1+4=5 をかけてますね。そして全8回で3勝5敗にも関わらず、累計損益は+1になっています。 このように2倍の回収率で3分の1の勝率でも損益が+1になっております。

2 in 1法を駆使した戦略

このように最初の負けを一回で取り戻すのではなく、複数回で見て取り戻す戦略は、2 in 1法や、モンテカルロ法ウィナーズ投資法などかなり効果的な戦術といえます。

長い目で見ると確率は大数の法則により収束していきますので、その点を突いた投資法は基本的には非常に面白いと思います。

ただし、オンラインカジノの場合は、完全にランダムであればこの戦術は通用すると思うのですが、そのランダム性に関してはどこまで信じきれるかという部分に疑問が残ります。

「回収モード」といって、一時期は確率とは関係ないところで勝てない出目の流れをするケースもあるといわれている現在では、このような戦略を妄信するのは危険と思います。

次は、グランマーチンゲール法を見てみよう!>>

攻略法を実践しよう

ブラックジャック

ルーレット

プレイ

ジパングカジノでお試しチップをもらおう

ジパング
ジパングカジノ

プレイ登録をするだけで、本番プレーで使える
30ドル(約3,600円)チップがもらえます!
今月末までの期間限定の目玉ボーナスです。

ジパングカジノの遊び方≫

ボーナスもらってお試しプレイ