ワンバイベット1XBET(入金方法)

ワンバイベット(1xbet)の新規登録の流れを紹介します!

■1XBET/ワンバイベット(Deposit入金手順)

→入出金に関しては、管理人がワンバイベットより委託でテストを行っています。随時入出金状況に関してアップしています。最小額や最大額、エラーなど出ていないかなど、最新の情報は、以下のページを参考にしてください。

まずは、クレジットカード入金を試してください。

*2020年2月時点でクレジットカードは、入金手段として表示されてはいません。すぐに復活したりするので、ある場合はまずクレジットカードという程度で試してみてください。使えれば、一番楽な入金手段なので。

シンプルですよ。カード番号、有効期限、カードに記載の名前(名)、苗字(姓)、国を選んで、メールアドレスを入力する流れで入金できます。

このように、基本的にブックメーカーでは、クレジットカード入金が推奨されているのですが、利用できるクレジットカードが、流動的、手元にあるクレジットカードが入金に利用できるのであれば、断然クレジットカードが便利です。

なので、まずは試してみてください。

 

クレジットカードがダメだったら、試してみて1(スティックペイ/STICPAYでの入金)

スティックペイの売りは、STICカードというプリペイドカードを発行しており、それを経由することで、1xbetから払い戻した残高をATMで引き出せること。

ATMで現金が引き出せるスティックペイ(STICPAY)サイトヘ

解説ページ⇒【海外FXでおなじみ】ATM出金も可能なスティックペイ(STICPAY)がエコカード亡き後の救世主に!!

 

スティックペイ(STICPAY)から1xbetへの入金手順を簡単に紹介

ログイン後、入金からSTICPAYを選択。最小入金額は、円の場合は112円。金額を入れて「確認する」をクリック。

スティックペイのログイン画面が出ますので、スティックペイのログイン情報でログイン。

先ほど入力した入金額が表示されます。PAY NOWをクリックすると入金が完了し、1xbetの画面に戻ります。

上記のように112円が入金されました。

ちなみに、円で入金した場合でも、スティックペイの履歴を見る限りは、ユーロで取引されている表示ですが、金額は、調整されていて、1xbetの入金も112円、スティックペイから引き出された額も112円ということで、ここで損をすることはありません。

クレジットカードがダメだったら、試してみて2(仮想通貨での入金)

1xbetでは、多くの仮想通貨の取り扱いがあるため、こちらもお勧めです。

使用できる仮想通貨にも若干ですが、変更が加わることがあります。

*2020年10月13日時点の対応仮想通貨(2020年10月に久しぶりに新たな仮想通貨EOSが追加されています。)

ぱっと見で分かる方は仮想通貨を結構調べている方だと思いますが、この4つは、ステーブルコインと呼ばわれるもので、いずれも法定通貨のアメリカドル(USD)と連動する固定相場(ペッグ)制の仮想通貨になります。

これらの4通貨は、現時点では、ウォレットの追加のリストには入っていないので、入出金にのみ利用できる状況です。

1XBETでは、CREX24.comという仮想通貨の取引所を経由して常時10種類以上の仮想通貨での入出金が可能です。

CREX24 仮想通貨取引所

https://crex24.com/

どんなところか覗いてみましたが、正直仮想通貨取引所としては、ちょっと使いにくいと思います。基本的には、CREX24を使わなければならないのではなく、ワンバイベットで仮想通貨を利用する場合は、ここのレートでワンバイベットのスタッフが売り買いしますよというイメージ。