海外競馬やG1レース、国内地方競馬に賭ける(ライブストリーミング対象)-bet365

関連記事

bet365(ベット365)このページでは、プレミアリーグをテレビで見ていたら、英国最大手のブックメーカーbet365の登録から入金出金遊び方などを紹介しています。一度入金して残高がある状態にすれば世界中の多くの試合をライブストリーミン[…]

ベット365bet365

▲bet365サイトへ(www.bet365.com/)

競馬(bet365で海外注目レースや地方競馬に賭ける)

bet365では、凱旋門賞やドバイワールドカップ、メルボルンカップなど海外の競馬や、ジャパンカップのような国内のG1レース、更には、2020年現在は、日本国内の地方レースにも賭けることが可能です。

競馬のオッズをチェックしたり賭ける場合は、上部のメニュー(スライドさせないと出ていないことが多い)のRacingを開くか、

左上のメニュー(A-Z)のHorse Racingからになります。

世界中のオッズ対象レースの今日明日のオッズをチェックしたり賭けたりする場合は、Coupons

ある程度先に開催されるレースのオッズをチェックしたり、賭けたりする場合は、Antepost

大まかに分けると、競馬はこの2項目を理解すると利用しやすいです。

Antepostについて

レースの注目度によっては、1年近く前から、まだ参戦馬も決まらないころからオッズ対象になるのもbet365の特徴になります。

上記では、まだ対象になっていませんが、凱旋門賞やドバイワールドカップデーも遅くとも数か月前にはオッズ対象になり、その際には、Antepostに入ります。

そして、レース数日前までそこで表示され、前日当日には、Couponsの方に移動します(いわゆる大きなレースも、その国のレース場のその日に開催される複数のレースの1つに該当するので、最終的には、開催地とレース番号の中に組み込まれます。)

Couponsについて

Atepostの説明を踏まえていただくとわかりやすいと思いますが、Couponsは、前日当日のオッズ対象のレース場の全てのレースをチェックして賭けることができる項目です。

要するにG1レースも最終的には、ここに入りますし、Antepostでは対象にならない各地の競馬場のレースも、前日からここでチェックし賭けることができます。

ここからは賭け方を紹介しますが、AntepostとCouponsでルールが違ってくる点もあるため、分けて紹介しますね。

賭け方(Antepost)

ちょうど、Antepostでの賭けの注意点も伝えやすいということで、『香港カップ2020のアーモンドアイ勝利』に賭ける流れで紹介します。

Antepostに入り、Internationalを開き、Hong Kong Cupを開きます。

1番人気にアーモンドアイ(Almond Eye)が入っています。この時点でのオッズは、1.66倍ですね。

まず、ブックメーカーは、日本の競馬と違い賭けた時のオッズで固定されて配当が支払われます。この時点では、1.66倍ですが、レースまでには状況によってオッズが上下しますが、賭けた時点のオッズが最後まで適用されます。

賭け方は簡単で、賭けたい馬をクリックすると、

画面下に選択した内容が入ります。続いて、Set Stakeに賭け額を入れます。

今回は、100円を賭けます。数字を入れると、右のPlace Betがクリックできる状態になり、賭け額に対して的中した場合の配当が表示されます。

この状態でPlace Betをクリックすれば、賭けは確定されます。

Bet Placed(賭けました)の表示と同時に内容が表示されます。

競馬に限らずですが、bet365のAntepostには、E/W(イーチウェイ)という表記がある場合には、1位と、指定の順位以内に入れば配当を一緒に賭けることもできます。

香港カップでは、E/W 1/4 3 Placesとありますが、これは、3位以内に入れば、表示のオッズの1/4の配当という意味。

この形式で賭けたいときは、上記のようにE/Wの横のチェックボックスにチェックを入れてください。

賭け額の入力がUnit Stake(ユニットステーク)表示になっています。

上記のように20を入れると、Place BetのStakeには2倍の40が表示されています。

これは、優勝に1つと、E/Wに1つ、2つ分賭けるという形ですね。

賭けを確定すると、40円使って配当が56.66円となっています。

内訳は以下↓

20円×1.66倍=33.3円

20円×1.165倍(1.66の1/4)=23.3円

*bet365では、オッズ表記が小数点2位まででその後は視覚的には切り捨てて表示されますが、実際のオッズは、それ以上のこともあります。

↑賭ける時に少し大きめの金額を入れてみると、実際のオッズが見えます。アーモンドアイの1.66倍表記は実際のオッズは、1.66666…倍のオッズ

・・・Antepostへの賭け方はこんな感じです。

そして、最も注意すべき競馬のAntepostに賭ける場合のbet365などブックメーカーでの特別ルールを次に紹介します(超重要!

競馬以外のスポーツでは、Antepost系のベットでは、賭けた対象が実際に参加しないなどあった場合は、キャンセル払い戻しになるのですが、競馬の場合は、出走しなかった場合は、あるタイミング前までは、賭けが負けになります。

あるタイミングというのは、以下のケースで、

レースが近づいた時に(NRNB=No Runner No Bet)が追記されたタイミングで初めて出走しなかった場合に賭け額が払い戻されるようになります。

Antepostでのベットは、出走時のオッズが採用(SP)と比べると、タイミングでオッズが高い時に賭ければ、かなり大きなオッズで配当が得られる可能性もありますが、NRNBになるまでは、もし賭けた馬が出走しない場合でも賭け額が戻ってこないというリスクがあるということですので理解した上で賭けてくださいね。

前日、当日にCouponsから賭ける

手順は違っても基本的な賭け方は同じになりますが、Couponsの賭け方を紹介しますね。

Couponsを選択し、Internationalを開くと、

例として、日曜日の東京競馬場の第5レースに賭けてみます。

その日の曜日と次の日の曜日(通常は、土曜日Saturdayと日曜日Sunday)から選び、レース場のエリア(例:東京競馬場であればTokyo)とレース番号、レースまでの時間などで判断する流れになります。

Sunday >> Tokyoの5を選びます。

オッズ表示がなくPlaceになっていますね。レースによって、タイミングによってそれぞれのオッズが表示されている場合には、賭けたオッズが採用されるのはAntepostと同様ですが、Place表記だけの時は、出走時のオッズが採用される形での賭け(SP)になります。

100円を賭けてみます。出走時のオッズなので、配当金の表示は出ません。

このCouponsから地方競馬に賭けてみましたが、大きなレースも最終的には、Antepostから消えて、Couponsに移動しますので、前日や当日に賭ける場合は、レース場とレース番号に入って賭けることになります。

若干複雑ですが、慣れれば問題なし・・・ですよね!

▲bet365サイトへ(www.bet365.com/)