【某黒船いらず】bet365ライブストリーミング☆登録入金でサッカー生視聴、テニスなど(PC/スマホ視聴)

☆2020年8月10日に、ブックメーカーのライブストリーミング関連のページを1つにまとめました(ごちゃごちゃしてしまっていたのでw)

今後は、『【某黒船いらず】ライブストリーミング視聴は、bet365が最強!入金しやすさで1xBET、188betもお勧め!』を参考にご利用ください。

スポーツ生中継(bet365 Live Streaming)

英国ブックメーカーbet365は、賭けだけではなく、ライブストリーミング(生放送)を提供しています。

bet365は、多くのスポーツへに賭けられるブックメーカーで同時に、かなり多くのライブストリーミングも提供しています⇒そもそもブックメーカー(bookmaker)とは?

ベット365
視聴条件残高必要
入金手段エコペイズ(日本円JPYアカウントのみ)、アストロペイ
全画面視聴
スマホ横向き全画面対応
視聴クオリティ
視聴対象数かなり多い
特徴欧州主要リーグほぼ視聴可
視聴クオリティ高い

↑スマホ全画面視聴のイメージ

bet365ライブストリーミングとは?

bet365と言うブックメーカーが、放映権を購入して提供しているインターネット生配信になります。

これにより、対象の試合をライブで視聴することが可能になります。

視聴条件は?

このライブストリーミング動画で生放送でサッカーなどを見る条件は、bet365に登録をして会員になり、口座に残高がある状態であること。

最近、中国系のサイトなどライブストリーミングを違法に運営しているところがありますが、bet365はきちんと試合ごと、大会ごとの放映権を買って提供しています。

⇒bet365入金手段として便利なエコペイズで国内銀行入出金が利用できるため、bet365自体に国内銀行は使えませんが、実質銀行利用が可能と言えます。
*他のブックメーカー紹介サイト様でエコペイズ(ecoPayz)新規登録時の条件が良いところがありますので、エコペイズの利用に関しては、調べていただき条件の良いところでの登録をお勧めします。

bet365への登録は当サイト経由でしていただけると嬉しいです。

↓bet365サイトへ

関連記事

 ↑エコペイズ(https://www.ecopayz.com/ja/)[st-kaiwa-25329]国内銀行振り込み入金、ビットコインなど仮想通貨入金可能。ATM引き出しができたecoカードのサービスは[…]

ライブストリーミング視聴の条件や視聴対象リーグ

視聴対象リーグは、『【某黒船いらず】ライブストリーミング視聴は、bet365が最強!入金しやすさで1xBET、188betもお勧め!』に移動して掲載しています。

ここからは、内容や手順、知っておくべき条件などを紹介しますね。

ダゾーン(DAZN)に加入しなくても、結構見たい試合が見られます。

ただし、気をつけるべきこととして「ホスト国の試合をその国で見ることはできない」ことが規約に載っていますので注意してください。これは放映権やTV局と競合しないようにということなのでしょうね。見たら罰則と言うことではなく回線接続をする国のIPアドレスで判断して見られない地域ではその旨のメッセージが出るのでビクビクすることではありません。*ブックメーカー側で表記している”host country”の意味は開催国ということではなく、参加国という考え方をしたほうが良いかもしれません。

実は、Jリーグも海外の回線であれば、国によっては視聴できるのですが、この理由で視聴できません。

あと、私もずっと視聴対象になることを期待してきた『イングランドプレミアリーグ』は、ずっと視聴対象になりません(FAカップは視聴できます。)

サッカー以外のイベント

・テニス(ATPツアー/WTAツアー/4大大会)
・スヌーカー(ビリヤードのようなものですが、明確に定義すると違う競技のようです・・が、よくわかりません)
・競馬(英国、アイルランドのレース)*競馬のみ有料で5ポンド、8ユーロ、他の通貨は相当額以上をかけた場合にライブストリーミング可能になります。)
・クリケット(国際大会など)
・ラグビーリーグ(海外リーグ)
・ダーツ
・ハンドボール(国際大会など)
・バレーボール(海外リーグや国際大会など)
・バスケットボール(海外リーグや国際大会など/例:アメリカNBA、FIBAワールドカップ予選)
・アイスホッケー(海外リーグや国際大会など)
・バドミントン(国際大会など)
・ビーチサッカー
・ビーチバレー
・卓球(世界卓球など)
・ボーリング
・スカッシュ

ライブ中継なので回線速度やパソコンのスペックによってかなり左右されます。

このLive Streamingは独立したページになっていますが、元々ブックメーカーを楽しむためにあるものなのでLive In-Playと組み合わせて実際の試合を見ながら賭けるのがベストだと思います。

☆ブクメ判断の勝手なbet365生中継の魅力☆
・メジャーな試合がで見られる(1度入金すればその後はと言う意味)
・日本ではお金を払っても放送しない、でも見たい試合が見られる。
・テニス好きでテニスが見たいけど4大大会以外はまずテレビでやらないことにイライラしているテニスファンの方
・やっぱり賭けるなら試合展開を実際に見ながら賭けたいけど、でも意外と海外の試合とか賭けたいけど見られないし、試合見ながらできるから賭けで負けても諦めが付く・・なんてことはないですけどw
・対象試合数はPCサイトより少ないが、スマートフォン(Android/iPhone)でも視聴可能なため、お出かけ中でも試合を見ることができる。

注意事項 – ブックメーカーファンは、毎年40000以上のライブストリーミングを提供するbet365とパートナー関係にありますが、提供されるイベントによっては国レベルで権利を有しているものも、お住まいのロケーションによってあります。そのため、制限によって視聴できない可能性もあります。特定のイベントの視聴を目的にbet365に登録し、入金する際には、事前にお住まいの国で視聴を希望するイベントが視聴可能かどうかを確認することを強くお勧めします。

関連記事

bet365(ベット365)このページでは、英国最大手のブックメーカーbet365の登録から入金出金遊び方などを紹介しています。一度入金して残高がある状態にすれば世界中の多くの試合をライブストリーミング視聴可能です。*ブックメーカー[…]

ベット365bet365
【アストロペイカード入金がお勧め】bet365(ベット365)【人気NO.1?ブックメーカー】’]

▲bet365サイトへ(www.bet365.com/)

基本的に、bet365が最も多くのイベントのライブストリーミングを提供していますが、マイナーリーグが視聴対象になっている1xbetや入金方法のハードルの低さが低い188betなど、その他のライブストリーミング提供ブックメーカーを比較して以下で紹介しています。

ライブストリーミング情報まとめ

関連記事

*天皇杯の無料配信を謳った偽サイトに誘導してクレジットカード情報を不正に盗み出すという被害が出ているようですのでご注意ください。当サイトは、海外で公式にライセンスを取得して運営しているブックメーカーが、放映権を獲得した上で提供しているライブ[…]