エコペイズ エントロペイ お勧め決済手段 決済手段

【裏技ぽい】エントロペイのみでも、ATM引き出しできます!

更新日:

簡単に言うと、

2018年4月にウィリアムヒル(英国最大手ブックメーカー/日本語対応)が、エントロペイ入金からのエコペイズ引き出しを可能にすると発表したことによって、あるブックメーカーに日本で遊びやすくなるという道が開きました。

それは・・・今どきエコペイズ対応せずにエントロペイのみ対応しているbet365(ベット365)なんですね。

ブクメ
まず、ベット365入金(エントロペイにて)

ブクメ
続いて、ベット365で賭けて的中させて残高UP

ブクメ
儲かったのでベット365から引き出し(エントロペイへ)

ダメだし犬
今までは、国際送金で銀行のお姉さんから電話が来て、「この金何?怪しいんじゃないの?」とかいう流れになって、エントロペイから現金に戻すのがめんどくさかったし、最近は、断るところも出てきているから面倒だよ、本当に

ブクメ
ここにウィリアムヒルのエントロペイ入金エコペイズ引き出しOKとなったことで、エントロペイの残高をウィリアムヒルを通せば、エコペイズに引き出せるということになるという仕組み

ブクメ
結果的に、エコペイズのecoカード利用でATM引き出しができるので、ウィリアムヒルを通すことで結果的に、ベット365で遊んだお金だろうが、ATM引き出しに持って行けるということになるわけ

ダメだし犬
それは、凄い!よく悪知恵が働くな!今調べたら、加えてウィリアムヒルにエントロペイで入金すると、その額の2.9%分を毎週まとめてウィリアムヒルのアカウントに振り込んでくれるらしいな。

ブクメ
こういうこともできることをウィリアムヒルが理解してやっているかは、わからないけど、ベット365だけで遊んでいた人がウィリアムヒルを登録するきっかけにはなるし、日本語対応、日本語サポートありで、以前と比べると日本人にとっても、遊びやすい仕組みになってウィリアムヒルに移る人も期待できるし、メリットはあるよね!

ということで、まだ検証中の部分もありますが、今回のウィリアムヒルの発表は、結果的に頑固者ベット365のエントロペイしか使わせない問題も解決してくれる見込み。

☆ウィリアムヒルに関してのページ作成しました⇒【日本市場に力を入れる英国最大手】William Hill(ウィリアムヒル)

⇒そもそも、ブックメーカーがよくわからないなら「1から始めるブックメーカー」を読んで見て!

 

以下、おまけ

応用編として、実は、応用編として、ワンバイベット(1xbet)という決済手段が豊富なブックメーカーでも、この方法が利用できます。

ワンバイベットの場合は、

・1度入金したことがある決済手段への払い戻しが可能

という、かなり柔軟な仕組みなので、エントロペイとエコペイズで入金したことがあれば、そもそもこの2つでの移動も可能

ただし、大きな条件として、入金した額を1.1倍以上のオッズに賭けること(小さなリスクを負って洗浄?)で初めて払い戻せるようになります。

このくらいのリスクどうってことないという方であれば、ワンバイベットでは、2018年4月時点では、国内銀行での入出金も可能なので、直接国内の銀行に振り込むということも可能です。

-エコペイズ, エントロペイ, お勧め決済手段, 決済手段

Copyright© ブックメーカーファンSP by ブクメ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.