エコペイズ お勧め決済手段 決済手段

【仮想通貨時代】ecoPayz(エコペイズ)で入出金への道(ecoCard8月6日から利用不可に・国内銀行入金・ビットコイン入金対応)

投稿日:

☆☆☆☆☆
評価:4.11-221件

ecoPayz/エコペイズ

 

ecoPayz(エコペイズ)で入出金への道

エコペイズ(ecoPayz)

↑エコペイズ(https://www.ecopayz.com/ja/)

ブクメ
国内銀行振り込み入金、ビットコインなど仮想通貨入金可能、ecoカードがあれば、ATMで現金引き出しもできる現在日本で最強の電子お財布的なサイトがエコペイズです。

ダメだし犬
オンラインギャンブルで使いません!と宣言してそういうアカウントにしないと、クレジットカード入金できなくなったのは痛い!でも、ウィリアムヒルとか、柔軟で凄いことをやってくれるきっかけにもなった!

ウィリアムヒルであれば、エントロペイ(クレジットカード入金可能)⇒エコペイズ払い戻しが可能です。

詳しくは、【日本市場に力を入れる英国最大手】William Hill(ウィリアムヒル)にて

(2018年7月13日追記)エコカード終了の2018年8月6日以降のお勧め出金手段

エコカード終了が大きなニュースになっていますが、エコペイズを利用してブックメーカーで遊ぶというところまでであれば、手数料などに多少甘めに見てあげれば、日本の銀行からの入金や、仮想通貨での入金もできますので、そこまで大きな問題でもないとも言えます。

ただ、セブン銀行のATMで引き出しができるという、大きな大きなメリットを失うことは、クリスティアーノ・ロナウドがユヴェントスに移籍してツイッターのフォロワーが95万人減ってしまったレアル・マドリッドのクリロナロスならぬ、エコカードロスでエコペイズ離れする人も出てくるかもしれません。

これを機に、どうしますか?

エコペイズをそのまま利用して何とかしたい

エコペイズからの引き出しで、エコカード以外でも、海外送金があります。手数料は高いし、最近は、銀行によっては受け取らなかったり、そうでなくても、わざわざどういう用途か電話で聞かれて、別の理由を考えるなど、とにかく面倒なことが増えています。

でも、エコペイズ直接の場合は、この方法しか残りません。

エコペイズが利用できるブックメーカーを経由する

エコペイズをそのまま利用し続けて出金がしたいとなった時には、当サイトが紹介しているブックメーカーの中で、割と多くのブックメーカーが最近は、入金履歴があれば、他の決済手段への払い戻しも可能としているため、それを利用することが現実的です。

その1つは、NetBet(ネットベット)の利用。入金のフレキシブルさを売りにしているネットベットでは、エコペイズ入金でビーナスポイント出金がOKになります。当サイトとしては、なんとなくビーナスポイントの仕組みに便利だから利用してね!という気分にならず推していませんが、この方法が現実的です。

ネットベットサイトへ

☆解説ページ:【出金のフレキシブルさに注目して!】ネットベット(NetBet) の初回登録から入金、賭け、ボーナス獲得まで

もう1つは、1xbet(ワンバイベット)

賛否両論あるブックメーカーですが、かなり斬新な試みをやってくれている面白いブックメーカーで私の中では現在NO.1のブックメーカーとなっています。1度入金した決済手段に払い戻せるということは同じで、そこに入金額を1.1倍に1回賭ける(マネーロンダリング対策)という条件が加わりますが、1xbetの違いは、払い戻し先に国内銀行(2018年7月現在では、ゆうちょ銀行)があるということ。なので、エコペイズで入金して、ゆうちょ銀行への払い戻しも可能です。

また、仮想通貨も10種類以上使えるので、仮想通貨取引所に口座を持って仮想通貨を持っていれば、そちらに払い戻して、日本円にすることも可能です。

・・・まあ、1xbetを利用するのであれば、エコペイズにこだわらず、直接国内銀行で入出金とか、仮想通貨で入出金もできるので、エコペイズ利用をしなくても良いとも言えますけどね。色々な応用ができるのが1xbetです。

1xbetサイトヘ

☆解説ページ:【国内銀行入出金可】1XBETワンバイベット(決済手段が多彩な脅威のブックメーカー)

(2018年6月4日追記)エコカードの利用が2018年8月6日より使用できなくなります(公式発表あり)

こうなるだろうと思っていたことが、公式に発表されました。2018年6月4日にエコペイズからのメールで、2018年8月6日からは、欧州経済領域(EEA)外へのカード発行が禁止になり利用が禁止になるそうです。ようするに、手元にエコカードがあっても、そのカードは、利用できなくなるということです(ヨーロッパに持っていけば使えるとかではなく、日本で発行したカードは無効になるということ。)

ということで、この下でお伝えしていた方法が現金引き出しには必要になってくるという流れになりました。ただ、今回の発表で一つ安心したのは、エコペイズ自体の日本撤退がワールドカップくらいのタイミングで来てしまうのではないかと恐れていたので、まずは、少なくともワールドカップが終了するまでは、現行エコカードを持っているケースであれば、ワールドカップ期間中は、問題なくATM引き出しができる目途が立ちました。

そして、2か月の猶予ができたので、この期間に日本で仮想通貨取引所に口座を作っておいてください。おそらく、エコペイズに登録して利用するまでの経験をされている方にとっては、仮想通貨取引所の口座開設(本人確認なども含めて)は、難しくありません。

そして、それをすることで、現金での引き出しは問題なくできます。エコペイズは、仮想通貨の入金を受け付けていますので入金はOKですし、1xbetなど仮想通貨の入出金を受け付けているブックメーカーをいったん経由すれば(1.1倍に賭けるルールなどはある)、仮想通貨取引所に引き出して、そこから日本の銀行へ出金すれば良いだけです。

基本的にブックメーカーで仮想通貨を扱っているところは、受け取る場所は、ブックメーカー自体ではなく、取引している仮想通貨取引所の口座になります。事件性が出ない限りは、それ自体を調べられることはありません。気にするのは、仮想通貨の相場の変動くらいです。

(2018年5月25日追記)エコペイズ新規登録でエコカードが発行できない現金引き出し希望の方へ

既にエコペイズを以前から利用していてエコカードが利用できる方は特にそのエコカードが使えなくなるという発表などは、ありませんのでATM出金が可能な状況ですが、最近エコペイズに登録された方は、エコカードが発行できないために、ブックメーカーで買ったお金をエコペイズに移動しても現金にする手段が国際銀行送金(手数料がかなり取られ、また受取先の日本の銀行で断られたり、電話で質問されるなど面倒なケースが増えている)しかなくて困っているいう方も多くなっていると思います。

やや遠回りになりますが、一つの手段として、ロシア系のブックメーカー1xbetを経由するという方法があります。

1xbetでは、1度入金したことがある決済手段であれば、他の決済手段からの入金でも引き出すことができます(入金額を1.1倍以上に1回賭ける必要がある)

注目点は、1xbetの引き出し手段にある、国内銀行(2018年5月25日時点では、エラーが出ている)やビットコインを始めとした仮想通貨があります。

国内銀行に関しては、現在引き出しに関してエラーになるケースが多く、対応中ですが、ここが上手く機能すれば、直接日本の銀行に日本の口座から入るので、もっとも手っ取り早く現金になります。

また、ビットコインなど仮想通貨で引き出しもできるので、ビットフライヤーなど日本の仮想通貨取引所で口座を持っていれば、そこから一度入金をして入金履歴を作ってしまえば、その口座にビットコインとして払い戻すことができます。

・・・ということで、仮想通貨取引所から日本の銀行に引き出しをすれば良いだけなのです。

遠回りで面倒ですが、現金で手にするという方法を考える方は、エコカード復活を待つと同時に、そういった方法もありますのでお伝えしておきます。

>> 1xbet参加方法

(2018年5月25日更新)クレジットカード中止と新しい現地銀行の預金オプション追加

聞いていた4月11日から送れること3日(海外らしいw)、ついにエコペイズでクレジットカード入金ができなくなりました。

入金項目にクレジットカードは残っていますが、上記のような表示が出てきます。クレジットカード入金した残高は、ブックメーカーでの利用はできないということになりますね。

で、こちらも予告されていた、新しい現地銀行の預金オプションの追加。

上記のように、入金に新しいWire Payオプションが加わっています。

ふむ、手数料は5%ということで、これを高いと見るかどうか。

手順としては、まず、入金先アカウントと入金額を指定します。

続いて、上記項目がでますので、進みます。

入金額に対する日本円の請求金額が出ますので、この金額を振り込むことになります。

最終画面で、銀行情報が出ます。これらの情報に指定金額を振り込むと1営業日以内で支払いが認証され、アカウントに入ります。

紹介する側のルールとして、銀行詳細などには言及しないようにとありますので、文字ベースでの掲載になりますが、国内銀行入金で実際に振り込みができます。

(2018年4月5日追記)クレジットカード入金ができなくなるそうです。

ウィリアムヒルの発表でと言う不思議な手順にはなりますが、エコペイズへのクレジットカード入金が4月中でできなくなるそうです。

現在のエコペイズへの入金としては、仮想通貨での入金もありますし、どのような形での追加になるかによって、短命な決済手段になるかもしれませんが、クレジットカードが使えなくなるタイミングで国内銀行決済ができるようになるようです。

直接的な影響は、エコペイズ利用メインの方には、大打撃ということまでは行かない流れになりそうですが、エントロペイのみ利用可能だったbet365では、国際銀行送金での払い戻しが拒否されるケースが増えてきていることから、これまでセオリーだった、エントロペイの残高をエコペイズへクレジットカード入金として入金し、その後、ecoCardでATMで現金引き出しという手順ができなくなるという不便な要素は間接的に出てきそうです。

ちなみに、ウィリアムヒル、ワンバイベット、ベットビクターなどは、エントロペイで入金してエコペイズへ出金ができるそうですのでクレジットカード経由で利用する場合は、エントロペイへクレジットカード入金し、ブックメーカーへ入金し、払い戻しは、エコペイズへ、そして、ecoCardでATMで出金も可能です。

(2018年1月25日追記)ビットコインなど仮想通貨での振込が可能に

仮想通貨での入金は、Alternative Payments(オルタナティブ・ペイメンツ)から行います。

エコペイズの入金に15種類以上の仮想通貨が使える

デンマークのブロックチェーン決済会社、コイニファイ(Coinify)を使用した仮想通貨を利用してのエコペイズ入金が可能になっています。

日本でも比較的知られているビットコイン(Bitcoin)、イーサリアム(Ether)の他、ライトコイン(Litecoin)、ドージーコイン(Dogecoin)、ノヴァコイン(Novacoin)、レッドコイン(Reddcoin)、ディジバイト(Digibyte)、マスターコイン(Mastercoin)、スタートコイン(Startcoin)、ストレージ(Storjx)、カウンターパーティ(Counterparty)、テザーUSD(TetherUSD)、ニュビッツ(Nubits)、ビットコインキャシュ(Bitcoin Cash)、ペアコイン(Peercoin)

*2018年1月25日現在で15種類利用可能。

これは、特にコイニファイの口座を持っていないと使えないということではなく、仮想通貨の換算に関して、コイニファイのシステムを利用するだけですので、例えば、コインチェックやバイナンスなどで、該当の仮想通貨を持っている場合は、エコペイズの入金から代替通貨入金を選択して、送りたい仮想通貨を選択し表示されたアドレス宛に送るだけです。

その段階の換算額でエコペイズに入金されます。*手数料はかからないが、レートは、コイニファイのレートになるため、その時のレートと送り元の仮想通貨取引所のレートで入るわけではないので注意してください(そこまで差はありませんが。)

 

 

エコペイズのエコカードに関して(2018年5月25日追記)

(2018年5月25日追記)

2018年4月下旬に、再びATM出金が可能なエコカード(ecoCard)が日本で発行できなくなりました。既にあるカードは、利用可能です。

(2017年5月3日追記):ヨーロッパのみでの利用に限定されていたと思われるアカウント残高をマスターカードキャリアのATMで現金で引き出せるecoCardの申し込みが、再びできるような表示になっていました。私は、まだ申し込み自体していなかったので、申し込みをしたところ、問題なく、申請完了となりました。

2017年5月3日の時点で申請でき、申し込みの承認もされたという内容のメールも届いています。これは、復活か?違うのか?

届きました。ということで、復活ですね。

***

↑参考動画(あまり参考にならないかもですが。)

 

2017年1月よりウィリアムヒルで、ecoPayz一つで入金も払い戻しもできるようになりました。また、2017年11月より、ベットビクターのモバイル版でもエコペイズが利用可能に。

ということで、エコペイズの利用の流れを、紹介します。

 

日本語ページがありますので登録には特に問題ないと思います。

これは、ブックメーカーで遊ぶ倍の大原則ですが、使用通貨単位はできるだけ、利用するブックメーカーや関係する決済手段に合わせて作りましょう。

 

 

 

実際に登録を進めてみて、特に迷う項目はなかったのですが、ビル名/ビル番号というところが、建物名がないところだと入力する必要がないのに入れないとエラーで進めないという問題がありました。

ここは、0とかnullとか、入れておけば良いと思います。

で、無事登録・・・と思ったのですが以下のように、ストップがかかってしまいました。

 

情報
注記:サービスへのアクセスは現在閲覧のみです

「???」となりました。

で、その後に届いたメールを見ると、私がこの登録作業をカンボジアで行ったことでシステムで怪しまれて利用が制限されてしまったということのようです。

・・・いま、カンボジアにいるので、間違えなく本人ですからとサポートに連絡しても、ダメです、日本に戻ってから日本から連絡してくださいですと。。

ということで、エコペイズ利用の検証は、ストップしております。

次の1時帰国は1月ですが、また短いのでやり切れるのかすごく心配です。そもそも、それ以外にやることが多いので、忘れるのではないか。

すみません。

でも、今回、エントロペイなどを調べていて、今はブックメーカーの情報ページも、以前のようにパクリ優先でということではなくて、しっかりした情報収集とコミュニケーションをとって紹介しているサイトが2つほど見つかり、少しうれしくなりました。

ライバルなのですが、やはり誠実にサイト運営している方がいるのは嬉しいのが同業者の本音です。

続く

(追記2017/1/10)

先日日本に一時帰国し、さっそくエコペイズのサポートに連絡しました。すると・・・じゃっかん、なれなれしい(日本語のうまい外国人と言うだけだと思いますがw)日本語で、解除はしましたけど、カンボジアで開くとまた凍結されますとか。

上記のようなメールが届き、凍結解除はされたのですが・・・カンボジアではブロック、なるほど。もうカンボジアに戻ってきてしまった。

とりあえず、シルバーへの上昇は、メールでできる模様。パスポートはもちろん手元にあるし、幸い、住民票は3か月以内のものを別の用事で持参していたということで、これはやってみました。

Silver eco Accountになりました!

でも、カンボジアでログインすると、また凍結されるので、この先には進めない。

とりあえず、近々行く国であるベトナムでは大丈夫か聞いてみたところ。

ベトナムでは大丈夫です!よし!

 

ということで、ここまで来ました。

でも、どう考えてここまでの流れは、エコペイズの利用方法ではないですよね。たぶん、日本語もあるので、日本で自力で挑戦された方がスムーズだと思います。

でも、ネタにもなるかなということで、この先の流れも追記しつつ。

一通りの流れができたら、まとめて流れがわかるようにも掲載する予定です。(2017/01/13時点)

前回のやりとりから、日本に帰国できる日が伸びて3月に入って帰国し、サポートに日本に戻り日本からつないでいる旨を伝えると、保留状態はすんなり解除されました。

ecoカードが利用できることがecoPayzのメリットと聞いていた気がするので、その項目がシルバーの状態ではないので、ゴールドだったかな?と進めてみます。

まずは、カードの確認。

利用するクレジットカードの情報を入力して、1~2ユーロの間でランダムな入金ができることで、そのクレジットカードが信頼できるものであることを証明する必要があるということですね。よし、やろうではないか。

順調にここまで完了しました。

ここまで終わって再び疑問が・・・ゴールドにアップグレードする条件厳しくないか?ecoカード手に入れるのに、そこまで条件厳しいなんて聞いていなかったはずだが・・・

カードで2500ユーロ相当か、総額5000ユーロの入金。60万円くらいか・・・

え、マーチャントに25000ユーロ相当額を送金・・・

何かがおかしい・・・。

ということで、調べてみたところシルバーでecoカード作成できる条件は変わらないが2017年2月にユーロ圏以外居住者には、ecoカードが作れない(表面的には休止)になったらしいです。

入金は、クレジットカードでできることは、わかりました(追記:入金に関しては、ビットコインも利用可能です。)

でも、払い戻しが、銀行送金しかないということですね。そして、その銀行送金は、国際送金扱いになるので、手数料とか変わらない・・・というか、結局、ecoカードという存在がなければ、エントロペイとの差がないような・・・。利用する手段としては、有効。

ただ、引き出しの際に目減りするのは確実。なので、大きく儲けて払い戻すような方でないと、損した気分満載になるのではないかなと感じる、ようやく日本に戻って確認できた時に知ってしまった事実でした。

ビットコイン入金もできる(払戻はできないが・・)という点で少しだけメリットがあるか、そうでもないか。。

(2017年5月16日)

ecoCardが復活したので早速有効化作業をしました。ログインし左側のメニューのecoCardに入ります。アクティブ化待機中になっていますね。

そのアクティブ化待機中にカーソルを合わせると、上記のようなウィンドウが出ます。有効化してがリンクになっているため、こちらをクリックします。

まず、届いたカードの番号の下4桁を入力し、誕生日を選択します。

次へ進みます。

続いて、これは、おそらく登録時に決めたものによって質問は変わると思いますが、私の場合は、母親の旧姓の入力が求められました。

入力して、カードを有効にするをクリックすれば、有効化は完了のはずなのですが、私の場合は、なぜか、このサービスは現在ご利用いただけませんという表示がでてしまい、問い合わせ中です。つくづく私とecoPayzの相性の悪さを感じますw

(2017年5月19日追記)

サポートが、こちらの質問の内容を理解せずに少しやり取りが、不必要に増えましたが、もう一度試してみてくださいという内容のメールの後に試してみたら、問題なく有効化できました。

エラー出ず。

届いたメールにある管理コードリンクをクリック。

 

暗証番号取得ページが出ますので、暗証番号を取得をクリック。

 

4ケタの暗証番号が表示されます。ATM引き出し時に必要な暗証番号ですので、表示されている30秒の間に必ずメモして忘れないようにしてください。

30秒が経過すると自動的に暗証番号のページは閉じて、上記ページに戻ります。ようやくステータスが有効な状態になりました。

これで、届いたエコカードでマスターカードで引き出しができるATMを利用することで現金で引き出すことが可能になりました。

海外に住んでいることもありますが、ここまでだいぶ苦戦しました。

 

エコペイズで遊べるお勧めブックメーカー
ワンバイベット(1XBET)
■始めるまでのハードルが低い簡単登録
■ビットコインでの入出金も可能
ウィリアムヒル(William Hill)
■英国最大手
■初回登録入金で最大100ドルのマッチベットボーナス

-エコペイズ, お勧め決済手段, 決済手段

Copyright© ブックメーカーファンSP by ブクメ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.