【レベルブクメ】EPLファンタジーリーグで毎月アマギフ3000円10名+α 詳細はこちら

【1回入金でずっと視聴】ライブストリーミング視聴は、bet365が最強!188betもお勧め!【海外サッカー日本人1/23視聴可能試合】

このページでは、主にサッカーの視聴をベースにページを作成しています。サッカー以外にもテニスやバスケットボールなど多くのスポーツがブックメーカーのライブストリーミングで視聴できます。

bet365ライブストリーミング(ベルギーリーグの試合)

イングランドプレミアリーグのスタジアム内でよく見かけるbet365(ベット365)などのブックメーカー(動画提供サイトではなく、本来は、海外で国際ライセンスを取得して様々な賭けを提供するサービスです。)の一部では、多くのスポーツを一定の条件を満たすことでライブ視聴することが可能です。

1円でも残高があれば視聴できます!
目次

ブックメーカーでライブストリーミング視聴しよう!

188betの放送スケジュールは、以下から直接確認いただけます(188betは銀行入金できます。)

放送予定カレンダー(日本人選手出場状況)、対象リーグ、TV放送

海外サッカー日本人選手ライブ配信予定試合(日本時間)

bet365ライブストリーミング

188betTV

現地2022年1月23日
1/23 14:05- セントラルコースト・マリナーズ(3.20倍) 1-3 メルボルン・シティ(2.05倍)/X-3.75倍 +
*サイ・ゴダード(セントラルコースト・マリナーズ/~後半15分

1/23 16:45- ブリスベン・ロアー(2.37倍)1-3 アデレード・ユナイテッド(3.00倍)/X-3.30倍 +
*加藤カレッティ丈(アデレード・ユナイテッド/ベンチ外
*指宿洋史(アデレード・ユナイテッド/後半開始~

1/23 20:00- ナコン・ラチャシマ(1.85倍) 2-2 JLチェンマイ・ユナイテッド(3.75倍)/X-3.30倍
*清水慎太郎(ナコン・ラチャシマ /フル出場、1アシスト
*エスクデロ競飛王(チェンマイ・ユナイテッド/後半29分~

1/23 21:30- ハノーファー96(2.10倍) 0-0 ディナモ・ドレスデン(3.80倍)/X-3.20倍 +
*室屋成(ハノーファー96/ベンチ外

1/23 22:00- ブルゴス(3.30倍) 4-0 レガネス(2.37倍)/X-3.10倍
*柴崎岳(レガネス/~前半終了

1/23 22:30- PSVアイントフォーヘン(3.50倍) 1-2 アヤックス(1.95倍)/X-3.80倍 +
*堂安律(PSV/~後半42分

1/23 22:30- ペルゴレッテーゼ(4.33倍) 0-2 スドティロル(1.61倍)/X-3.75倍 *188betのみ
*手嶋秀(ペルゴレッテーゼ/後半23分~

1/23 23:00- スペツィア(2.62倍) 1-0 サンプドリア(2.70倍)/X-3.25倍
*吉田麻也(サンプドリア/ベンチ外・怪我

1/23 23:00- ボルドー(4.00倍) 4-3 ストラスブール(1.90倍)/X-3.50倍
*川島永嗣(ストラスブール/ベンチ

1/24 00:00- ユニオン・サン・ジロワーズ(1.95倍) vs ゲンク(3.50倍)/X-3.75倍
*三笘薫(ユニオン・サン・ジロワーズ)
*町田浩樹(ユニオン・サン・ジロワーズ)
*伊東純也(ゲンク)

1/24 00:30- ギマーレス(2.00倍) vs エストリル(4.00倍)/X-3.20倍
*食野遼太郎(エストリル)

1/24 00:45- スパルタ・ロッテルダム(3.40倍) vs ユトレヒト(2.15倍)/X-3.30倍 +
*前田直輝(ユトレヒト/ベンチ外・怪我・待ってる!)

1/24 03:00- ジル・ヴィセンテ(1.95倍) vs ポルティモネンセ(4.00倍)/X-3.30倍
*藤本寛也(ジル・ヴィセンテ)
*中村航輔(ポルティモネンセ)
*川﨑 修平(ポルティモネンセ)
*中島翔哉(ポルティモネンセ)

その他注目の視聴可能試合↓


*開催中のアフリカネイションズカップは基本的に全試合視聴可能

ブックメーカー視聴対象外の注目日本人選手の試合(または、視聴対象リーグでチェック時対象外のカード)↓


・放送対象試合の探し方も視聴対象の下に掲載していますので参考にしてみてください。
・確認できるところのみで漏れも多いです。試合が近づいてから視聴対象表示される試合もあるため、見つかり次第追加します。
・基本bet365視聴対象(188betでも視聴できる試合には+追記しています。チーム名横の数字は、bet365発表のオッズ)

・AFCアジアチャンピオンズリーグは、ベスト16以降もbet365、188bet共に日本チーム含めてほぼ全試合視聴対象
・スコットランドプレミアリーグは、視聴対象もセルティックの試合は外れるケースが多い
・bet365⇒北中米カリブ地区、南米地区予選が全試合視聴対象表示
・188bet⇒北中米カリブ地区、アジア地区予選のほとんどの試合が視聴対象表示

☆視聴可能カードは、日本時間の昼頃にチェックして対象になっている試合を掲載しています。その時点で視聴対象になっていなくても、試合が近づくと視聴対象表示に変わるものも複数確認できています(その逆パターンもあるので注意)ので、夜辺りに、bet365でチェックしていただくことをお勧めします。

*bet365のオッズも掲載できるものは掲載しています。日本人選手の活躍と併せて、データ上の力関係の基準として利用していただくと、より楽しんでいただけます。実際に、賭けることもできます。

AFCアジアチャンピオンズリーグ2021(ACL)の独占放映権をDAZNが取得していますが、現時点では、日本のチーム関連試合含めてほぼ全試合視聴対象になっています。

*日本人が多く所属する、シンガポールプレミアリーグやタイプレミアリーグは、基本的にbet365で全試合視聴可

*日本時間の昼頃の段階で視聴対象試合になっている試合のみ掲載(この時点で視聴対象になっていなくても、試合のタイミングでは視聴対象になる可能性もありますので、推しの選手の試合の視聴を希望の方は、試合が近づいてからbet365サイトでご確認ください。)

天皇杯の無料配信を謳った偽サイトに誘導してクレジットカード情報を不正に盗み出すという被害が出ているようですのでご注意ください。当サイトは、海外で公式にライセンスを取得して運営しているブックメーカーが、放映権を獲得した上で提供しているライブストリーミング情報を提供しています(天皇杯やルヴァンカップを放送しているブックメーカーは当サイトで扱っているところでは、現在はございません。)

海外ベースのライブスコアサイトなどで、イベント視聴対象と表示されているブックメーカーでも、地域的な縛りがあり、日本では視聴できないイベントがあります(例、Jリーグやアジアチャンピオンズリーグなど)のでご注意ください

ブックメーカー自体は、海外のライセンス取得した賭けを提供するサービスで、ライブストリーミングは、それぞれのブックメーカーが、賭けに補足した形で提供する視聴サービスです(要するに、各ブックメーカーへの入金は、視聴するためではなく賭けるためのものなので、賭けに使うこともできますし、入金額分は一定のオッズに1回賭けることで引き出すことも可能なので、実質無料とも言えます。)

ブクメ
初回入金は必要ですが、基本的に、ブックメーカーで賭ける方のために、ライブストリーミングも提供するという位置づけになるので、1度入金して対象ブックメーカーに残高がある限りは、基本的に追加入金なしで視聴し続けることが可能です。また、2021年5月末に188betで銀行入金が再開されたため、初めての方の入金のハードルも下がっています。

現在当サイトで取り上げている中で、ライブストリーミング視聴(インターネット回線を通じたライブ配信生放送)を提供しているブックメーカーが複数ありますが、その中から3つのブックメーカーを中心に紹介します。

友だち追加
ダメ出し犬
↑わからなかったらLINEでブクメに聞いてしまおう

放送予定と前日の結果は毎日ツイートしています

日本人選手放送予定と前日の結果、出場状況は、毎日ツイートもしています⇒ブックメーカーファン公式ツイッター

ライブストリーミング視聴方法

bet365ライブストリーミング視聴方法

視聴条件残高必要
日本語あり(2021年8月10日から)
入金手段エコペイズ(日本円のみ)
アストロペイ
全画面視聴
試合によってPCでも全画面視聴できるものもあり
視聴クオリティ
視聴対象数かなり多い
特徴欧州主要リーグほぼ視聴可
視聴クオリティ高い
英国の上場企業のため信頼性高い

このライブストリーミング動画で生放送でサッカーなどを見る条件は、bet365に登録をして会員になり、口座に残高がある状態であること。

最近、中国系のサイトなどライブストリーミングを違法に運営しているところがありますが、bet365はきちんと試合ごと、大会ごとの放映権を買って提供しています。

⇒bet365入金手段として便利なエコペイズで国内銀行入出金が利用できるため、bet365自体に国内銀行は使えませんが、実質銀行利用が可能と言えます。

*他のブックメーカー紹介サイト様でエコペイズ(ecoPayz)新規登録時の条件が良いところがありますので、エコペイズの利用に関しては、調べていただき条件の良いところでの登録をお勧めします。

上記のように再生マークがついている試合が視聴可能です。ブックメーカーの中でも最もルールに遵守してライブストリーミングを豊富に提供しているのがbet365です!

是非ご利用くださいね。

bet365への登録は当サイト経由でしていただけると嬉しいです。

↓bet365サイトへ

あわせて読みたい
【仮想通貨時代】ecoPayz(エコペイズ)で入出金への道(ecoCard終了・国内銀行・ビットコイン入金、そし... ↑エコペイズ(https://www.ecopayz.com/ja/) 【ecoPayz(エコペイズ)で入出金への道】 エコペイズ利用可能なお勧めブックメーカー ブックメーカー(ロゴをクリックでサ...

PCで視聴できない場合

2021年5月あたりから、PCでライブストリーミングを視聴しようとした際に「Please ensure browser/system view settings are set to 100% zoom or below in order to watch livestreaming」という表示が出て閲覧できない状況が起こることがあります。

文字通りだと、ブラウザのビュー設定を100%以下にするようにとあるのですが、画面のサイズを100%にしても直らない(少なくとも私の場合はそうでした。)

↓Chromeの場合、以下の手順でページのズームで100%に設定できるのですが、私の場合は、その設定をしてもダメでした。

確実な方法は不明ですが、例えばWindowsでChromeのブラウザであれば、ファンクションキー(F12)でデベロッパツールから、画面サイズをモバイルにしたり、Firefoxであれば、F12でレスポンシブルデザインモードに切り替えるすることで、Microsoft Edgeの場合は、デバイスエミュレーションの切り替えでPCからでも視聴ができますが、具体的な原因とPCで普通に視聴できる方法は調査中です。

↑ブラウザにより、呼び方は異なりますが、Windowsの場合は、F12で開発者ツールを開いて、上記のようなマークからモバイルのサイズに変更できるケースがほとんどです。

*開発者ツール(デベロッパツール)は、アップルのMACの場合は、「Command + Option + I キー」で開くようです(私は環境を持ち合わせていないんので実際に確認はできません。)

視聴対象試合の探し方(bet365参照)

サッカーを開くと、

「今後の試合」という項目があります。注目の試合は、「トップリーグ」に入り、それ以外は、「次の12時間」や「次の24時間」など、オッズ対象試合の状況により表示が変わります。

「今後の試合」の「トップリーグ」を開くと、デフォルトで、「次の24時間」に開催される試合が開きます。表示される試合で再生ボタンの表示があるものがbet365の視聴対象です。

このページでは、膨大すぎて全ての対象試合を紹介することはできないため、日本人選手所属チーム視聴対象試合のみを、この手順以降は手動でピックアップして掲載しています。

ご自身の見たいチームや選手のチームが放送対象かどうかは、この手順でチェックしてみてください!

日本のサッカー放映権取得局(2021年11月現在)

DAZN(ダゾーン)ワールドカップアジア最終予選 / ワールドカップ欧州予選/ UEFAネーションズリーグ / アジアチャンピオンズリーグ(ACL)/ 日本Jリーグ(J1,J2,J3) / イングランドプレミアリーグ / スペインリーグ(ラ・リーガ1部、2部) / イタリアリーグ(セリエA) / フランスリーグ(リーグアン) / ベルギーリーグ / オランダリーグ(エールディヴィジ) / スコットランドスコットランドプレミアリーグ / イタリアカップ(コッパ・イタリア) / ドイツカップ(DFBポカール)/ イングランドカップ(FAカップ) / ギリシャスーパーリーグ / UEFAチャンピオンズリーグ(女子)/ イングランド(FAユースカップ) / AFC女子アジアカップ /
*その他、注目のカードが随時追加されています。

WOWOWUEFAチャンピオンズリーグ2020-2021 / UEFAヨーロッパリーグ2020-2021 / スペインリーグ(ラ・リーガ1部、2部)

スカパードイツブンデスリーガ(1部、2部) / 日本(ルヴァンカップ) / 日本(天皇杯)

J SPORTS(Jスポーツ)FIFA U-20女子ワールドカップ / FIFA U-17女子ワールドカップ / 高円宮杯プレミアリーグ(ユース)

*アジアチャンピオンズリーグ(ACL)は、放映権を取得しているテレビ局がないらしく、テレビで放送されない可能性も。先んじて行われた西アジアゾーンのグループステージは、ブックメーカーのbet365で視聴可能でした。⇒2021年6月26日時点では、これまで通り、視聴対象になっています。
放映権の問題もあり、上記の大会やリーグは、ブックメーカー側で放映権を取っていても、日本からは視聴できないケースもありますが、イングランドプレミアリーグを除く、ドイツ、スペイン、フランス、イタリアのリーグや、日本人選手が所属する欧州のリーグの多くは、ブックメーカーで視聴が可能です。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる