MENU

【2021年最新版】ブックメーカーお勧め入出金決済手段

目次

ブックメーカーお勧め入出金決済手段

このページでは、ブックメーカーお勧めの入出金手段を上部で表で簡潔に、ページ下でそれぞれ文章で解説しています。

ブックメーカー(bookmaker)について

まず前提として、日本では、オンラインギャンブルは、公の機関には嫌われており、正攻法でブックメーカー側が行くと「オンラインギャンブルはダメ!」となる現状。よって、クレジットカードと国内銀行での入出金や国際送金形式での銀行での受け取りも含めて、国がオンラインギャンブル解禁!という動きを取らない限りは、限定的な決済手段となります。

ダメ出し犬
絶対にやっておくべきことは、日本の仮想通貨取引所に登録して、本人確認書類の提出なども全てやっておくこと。ブックメーカー各社がクレジットカードや、銀行決済を頑張って入れてくれているけど、いつ使えなくなるかはわからない状況。2021年現在レートは不安定でも、決済手段として一番安定して利用できるのは仮想通貨。今後もこの動きは変わらない。

2021年6月時点での当サイトの提案としては、ブックメーカー経験の段階で意識するべき入出金手段の流れは、

  1. ブックメーカーが初めて⇒国内銀行入金orクレジットカード
  2. 慣れてきたら⇒エコペイズ
  3. 将来的には現実的に必須⇒仮想通貨(ビットコイン)

となり、1~3の順番に、現在は使えても便利だけど入出金手段として、利用ができなくなる可能性が高い(規制を受けやすい)というイメージで利用されると良いと思います。

このことを前提に、お勧めの決済手段を紹介していきます。

友だち追加
ダメ出し犬
↑わからなかったらLINEでブクメに聞いてしまおう

マッチベター

特徴

クレジットカード入金手数料無料、国内銀行引出し可能、仮想通貨入手金可

*スポーツベットアイオーは、円口座で入金しても、ユーロ(€)換算で為替手数料で4%~5%かかってしまうので注意!

*2021年3月現在、遅延や問い合わせても回答が来ないなど少しマイナスの情報が多く聞こえるようになっています。

あわせて読みたい
【クレカ入金手数料無料】マッチベター(MuchBetter)でブックメーカーへの入出金が便利に ⇒海外のブックメーカーの入出金手段として注目されているマッチベターを紹介します⇒ブックメーカー(bookmaker)について *ここ最近、仕様変更などが多く不便な状況にな...

エコペイズ

利用可能ブックメーカー

ほぼすべてのブックメーカーで使用可

人気のbet365で長年エコペイズが採用されませんでしたが、2020年7月より日本円アカウントで使用可能になりました!

特徴

国内銀行で入出金可能(入金のみJCBカードやAmex利用可)

注)エコペイズへのクレジットカード入金は以前から利用可能ですが、VISAカードから入金した場合は、オンラインギャンブルで利用不可。これが2020年4月にJCBカードからの入金が可能になり、JCBカードに関しては、オンラインギャンブルでの使用が可能ということで、多くのブックメーカーでも利用が可能になりました。

あわせて読みたい
【エコペイズ入金がお勧め】bet365(ベット365)【2021年8月より日本語対応の人気NO.1ブックメーカー】 bet365(ベット365) *2021年8月10日よりついについに日本語対応になりました!(日本語サポートはチャットで15:00~翌02:00の時間帯のみ可/それ以外は英語) 当サ...

仮想通貨(ビットコイン)

特徴

仮想通貨取引所があれば簡単利用

面倒でも日本で仮想通貨取引所を作っておくことをお勧めします。エコペイズやスティックペイへの入出金にも使えますので、実質、仮想通貨があれば、どのブックメーカーでも入金可能です。

アストロペイ

利用可能ブックメーカー

bet365

1xbet

ネットベット

特徴

仮想通貨購入可能

国内銀行入金での購入可

2021年6月時点仮想通貨への出金可(ただし、Astropayカード入金対応していても出金ができないところが大半なので、1xbetなど1部のブックメーカー以外は恩恵はありません。そもそも1xbetであれば、ビットコイン入出金直接できるので。)

ヴィーナスポイント

利用可能ブックメーカー

10ベット

ネットベット

特徴

対応ブックメーカー間で資金移動が可能、ヴィーナスポイントから国内銀行への出金可能

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる