スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)入金方法(ビットコインなど仮想通貨)

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)の入金方法(ビットコインなど仮想通貨)を紹介します!

*このページでは、スポーツに賭けることができるブックメーカーの中からスポーツベットアイオーの出金方法を紹介しています⇒ブックメーカー(bookmaker)とは何?

スポーツベットアイオー&簡単登録ページへ

スポーツベットアイオーのお勧め入金方法(仮想通貨)を教えちゃいます!

スポーツベットアイオーには多彩な入金手段が用意されています。

円やドルなどの法定通貨の方が馴染みがある方がほとんどだと思いますが、スポーツベットアイオーは、仮想通貨での利用を推奨しているブックメーカーであり、仮想通貨メインで利用することで、オッズが高めに設定されるというのも特徴の一つです。

出金
スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)出金方法

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)の出金方法を紹介します! スポーツベットアイオー&簡単登録ページへ このページのコンテンツ1 スポーツベットアイオーのお勧め出金方法を教えちゃいます! ...

2021年3月3日現在の仮想通貨の入金手段

ベースは、ビットコインとなり、その他

オールスポーツコイン(SOC)、テザー(USDT)イーサリアムライトコイントロンリップル(XRP)、カルダノ(ADA)*カルダノは、2021年3月に追加されています。

と8種類の仮想通貨の利用が可能です。

基本的には、別途仮想通貨取引所を開設して、そちらで対応の仮想通貨を購入し、そちらから送る形での入金になります。

スポーツベットアイオーの便利な点は、ベースとなるビットコインに関しては、別に仮想通貨取引所がなくても、直接スポーツベットアイオーの口座上で仮想通貨を購入することができます。

仮想通貨を口座のメインに設定する流れ

スポーツベットアイオーの口座の仕組みとして、基本的に、利用する通貨を1つに決める必要のない造りになっています(いつでも切替えて使うことが可能。)

ログイン後に現在のメインの通貨単位と残高が表示されている箇所がありますが、ここを開くと、ウォレット画面に入ります。

例えば、ビットコインを選択している場合は、以下のように現時点でメインとなっているものに「有効にする(有効になっているという意味だと思う)」という表示が出ています。

で、全通貨使える状態にはなっていますが、「通貨を追加/削除する」から追加しないと表示自体されない仕組みになっています。

既に表示されているものにはチェックが入っています。

追加されたものは、ウォレットに表示されます(スマホの場合は横にスライドして表示できます。)

メインの通貨でないものは、「無効にする(現在無効と言う意味だと思うw)」となっているので、「通貨を使用する」を選択することでメインの通貨にできます。

ここからは、お勧め入金パターンを紹介

いくつかのケースに分けて紹介していきます。

まだ仮想通貨取引所をお持ちでない、ビットコインを送る仕組みをご存知ない方(お勧め入金パターン2へ

既にビットフライヤーなどの仮想通貨取引所で口座開設済みでビットコインが使える方(このままお勧め入金パターン1をご覧ください

お勧め入金パターン1(仮想通貨取引所)~ 仮想通貨取引所で既にお持ちの仮想通貨を送る形での入金

既に仮想通貨取引所の口座をお持ちで、ビットコインを購入している状態であれば、スポーツベットアイオーの口座専用のビットコインアドレスに送るだけで入金できます。

ウォレットでビットコインを選択し、入金に進みます。

QRコードと、ビットコイン用のアドレスが表示されます。

例えば、私の場合は、日本の仮想通貨取引所のビットフライヤーのアカウントを持っており、ビットコインも残高としてある状態なので、入出金でビットコインを選択して、送付から、先ほどのスポーツベットアイオーで表示されたビットコインアドレスへ、入金したい額(枚数)を送ることで入金ができます。

*ビットコインの送金手順などは、仮想通貨取引所によって違いますので、わからない場合は、各取引所のサポートに問い合わせてくださいね。

*最小入金額は、1mBTC(1ビットコインの1000分の1)、1000μBTC(1ビットコインの1000000分の1)になります。

複雑に見えますが、1ビットコインが100万円の場合は、1000円が最小額というイメージです。

お勧め入金パターン2(クレジットカード)~ スポーツベットアイオーでビットコイン購入(クレジットカード)

仮想通貨取引所が無い場合は、直接スポーツベットアイオーと連携した仮想通貨取引所が利用できます。

ビットコインのみになりますが、スポーツベットアイオーの口座内でビットコインを購入(入金)することが可能です。

動画も作ってみました↑

上記は、私のスポーツベットアイオーの入金用のアドレスなので、ここに入金すると、私のアカウントに入金されてしまいますが、それぞれのアカウントごとに入金の際にビットコインを選ぶと専用のアドレスが表示されます。

既に、日本の仮想通貨取引所などでビットコインなどスポーツベットアイオーで仮想通貨を持っている方は、このアドレスに送り、ビットコインとして入金することで、スポーツベットアイオーで賭けることができます。

以前は、その方法のみかと思っていたのでですが、スポーツベットアイオーを紹介しだして1か月ほど経って、「ビットコインの購入」から、直接スポーツベットアイオーアカウントにクレジットカードでビットコイン入金ができることがわかりました。

手順を紹介しますね。

ログイン後、残高をクリックすると、ウォレットが開きます。

ウォレット内に「ビットコイン購入?」という項目がありますので、ここで「ビットコインを買う」に進みます。

上記のようにビットコイン購入の画面に進んでいきます。

わかりやすいのは、上記のように入金する際の通貨単位をJPYに合わせて金額を入力。最低2mBTC以上の入金が必要です(1BTCが100万円の場合は、2000円くらい)

金額を入力すると、今回必要な手数料も表示されますので、参考にしてください。

入力したら、「ビットコインを買う」に進みます。

スポーツベットアイオーでは、BTCXという仮想通貨取引所を経由します、スポーツベットアイオーのビットコインのアドレスが連動して最初から入っていますので、入金の場合は、そのまま「支払う」へ進みます。

VISAカードやマスターカードが利用できますので、カードに登録している名前や住所などをローマ字で入力してください。

画面の下の方にクレジットカードの詳細を入力する箇所があります。

利用するクレジットカードの認証画面に進みますので、必要項目を入力して進めます。

私が持っているクレジットカードでは、今回は上手く行きませんでした。。

(担当に、状況を調べてもらっていますが、全体では、ビットコイン直接購入の方は、クレジットカード購入の成功率は高いと聞いているとのことでした。状況が分かり次第追記します。)

以前、上手く行ったときの情報を以下に載せますね。

ログインして入金を開いた後、お客様のウォレットをmB(ビットコインの口座/表示は、実際のビットコインの1000分の1でmBと表示される)にします。

入金、出金の後にある「ビットコインの購入」を選択します。

金額をしていします。最低購入枚数は、3mB以上になっています。JPYにして日本円を選択すると、その時のレートで何mB分購入できるかが自動的に表示されますので、入力しながら調整してください。

金額(購入枚数)を指定したら、取引開始をクリックします。

支払い方法として、「銀行送金」と「クレジット/デビットカード」の2種類が表示されます。

クレジットカードで購入(入金)してみます。

BTCXという仮想通貨取引所を経由する形になり、上記のような画面に入ります。

カードの詳細情報を入力します。

日本語で表記されていますが入力はアルファベットになります。

カードによって表示が異なりますが、私の場合はDCカード利用なので、上記認証があります(ここに入力するのは、カード側のログインIDとパスワード)

認証の流れで、入力した携帯電話にSMS(ショートメッセージ)で8桁の番号が届くのですが、その際に、注意が必要になります。

『電話番号は日本の国旗を選んだ後、「0」をつけてご記入ください』

とあるのですが、おそらく、以前利用していたフォームがあって、その時は国旗を選ぶ形だったのかもしれませんが、2019年4月現在は、国旗はないので、日本であれば、国番号+81を選ぶ必要があります。

また、これも、ちょっと驚いたのですが、注意書きでは、0をつけてとあるのですが、その状態で入力したところSMSは届きませんでした。

電話番号を最初の0を取ったものに修正したところ、SMSが届きました。なので、通常国番号を入れた場合は、最初の0を取るのが普通なので、あえて、その必要がないと表記していて届かないという状況になっているいびつな状況(私の携帯電話だけに起っている症状の可能性も捨てきれませんが)になっていますので、この点は、担当に確認中です。

携帯電話番号の最初の0を取った状態で入力しなおしてSMSを再送信しところ、8桁ワンタイムパスワードの入ったSMSが届きました(届く8桁は、都度変わります。)

入力後、「アドレスを確認してください」をクリックすると、

正常に購入(入金)が完了しました。

メリット:仮想通貨取引所とビットコイン残高があれば、すぐにスポーツベットアイオーに入金できる。なくても日本の銀行やクレジットカードで直接ビットコインを購入することもできる。
デメリット:払い戻しの手段として直接現金にする方法がないため、現状は、他の仮想通貨取引所のアドレスに送るか、仮想通貨入金対応しているブックメーカーや、仮想通貨取引所に送るしかない

2020年11月現在、上記手段以外に、Moonpayという仮想通貨取引所を利用してクレジットカード入金もできるようになっていますが、注意も必要です。

↑基本的には、個人情報を入力しながらクレジットカードで入金する流れは、BTCXと同じですが、レートの悪さと手数料の高さが致命的です。

ほぼ同時刻のレートでチェックすると、一般的に検索した時のレートでは1ビットコインが170万円のタイミングで

通常のビットコインを買うの手順でBTCXを利用した入金の場合は、176万円あたり(ビットコイン販売所で購入時にこのくらいレートが上がるのは、日本の仮想通貨取引所でも普通)ですが、今回のMoonepayで進めてみると・・・

180万円越え+手数料+ネットワーク料まで取られるということで、かなりのレートの悪さw

私は、この画面で入金手続きを止めましたw

ということで、通常の仮想通貨購入での入金手続きでクレジットカードが使えなかった時に、それでもどうしてもクレジットカードでということであれば、利用する程度のオプションで当サイトではお勧めはできません。

お勧め入金パターン3(スティックペイ)~基本は、クレジットカード⇒スティックペイ⇒ビットコインに両替⇒スポーツベットアイオー

登録すれば、即入金可能なクレジットカードが利用でき、ATM引き出しが可能になります*ATMカード発行にはパスポートの情報が必要です)

登録が必要になりますが、クレジットカード入金ができるのは、かなりの魅力(スポーツベットアイオーでもクレジットカードは使えますが、入金成功の可能性はスティックペイの方が高くなります。)

メリット:とにかく、クレジットカードが使えるのが大きい、とにかくATMで引き出せるのが大きい
デメリット: 手数料は、そこそこかかります。STICPAYカードの維持手数料なども理解して利用する必要があります。

このスティックペイには、利用通貨を仮想通貨に両替する機能があり、例えば、クレジットカードでスティックペイの日本円口座に入金し、ビットコインに両替して、出金で仮想通貨を選択して、スポーツベットアイオーの仮想通貨のアドレスに送ることで、入金が可能です。

日本円⇔ビットコインのウォレット間送金でできることが広がりました。

2019年5月より、日本円の残高を両替してビットコインに、ビットコインの残高を両替して日本円にできるようになりました(←ウォレット間移動)

*ビットコインから日本円に変換した残高を引き出すためには、再度ビットコインに変換する必要があり、その際に0.5%の手数料がかかります(ビットコイン⇒円の手数料は無料。)

*別手段で日本円口座に入金した円をビットコインに変換することはできないようです(確認済み)←結構重要

お客さまのウォレットをビットコイン(mB)にすると、「ウォレット間送金」という項目が追加されています。

クリックすると、mBと円(選択形式になっているので、今後は、ドルなどにも変換できるようになるかもしれません)が表示されており、隣に1mB=現在のレート円が表示されています。

例えば、上記のようにmbのところに1と入力すると、そのレートで変換した金額の873.12円が表示されます。

続いて、「円へ送金する」をクリックすると、日本円の口座に送金ができます。

ちなみに、ビットコインはレートの変動が激しいため、秒単位で変わることが多く、為替レートが変わりましたという表示とともに、「為替レートを更新する」ボタンが表示されますので、クリックして最新のレートに変更して確定する流れになります。

*表示上は、小数点第2位まで表示されていますが、実際は、小数点第4位となるようで、表示上は、代わっていなくても変動はしているようです。

進めてみますと、

完了!と表示され、

日本円で873.1199円が追加されました。

入金履歴を確認すると上記のようになっています。

同じくウォレットを日本円にして、ウォレット間送金を行うこともできます。その際には、0.5%の手数料がかかります。

ちなみに、残高が上記のように2973.1199円あるのですが、送金可能額が、先ほどビットコインから送金した873.1199円分しかできないと表示されていますよね。

表示が間違っているだけで、1000円分をビットコインに移動させようと思ったのですが、やはりその額しかできないとエラーになります。

このウォレット間送金が実装されたことで、仮想通貨取引所からビットコインでスポーツベットアイオーに入金してから、日本円に変換して賭けることが可能になります。

*日本円で直接引き出しができないため、メリットは、口座の残高がビットコインで置いてあると、変動が大きくて不安定なため、いったん日本円に変えてレートの変動をあまり気にせず使えることくらいしか感じませんがw

-スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)