MENU

【スポーツベットアイオー】NBA、NFL、NHL連勝で毎週賞金(最大約70,000円)をGET!【全期間終了】

このページでは、人気ブックメーカー『スポーツベットアイオーSportsbet.io』が提供するキャンペーン『オールアメリカン・スーパー連勝キャンペーン』を紹介しています。

開催期間は、1月5日~2月1日の4週間。この期間中にアメリカ人気スポーツ、NBA、NFL、NHLの3種類の条件を満たすベットの連勝数によって賞金がもらえます(プロモページからの参加申請必須)!

1位は約70,000円相当~10位が7,000円相当の賞金(1位以外は、フリーベットで進呈)

*2021年2月2日時点の1BTCのレート=約350万円で換算

*仮想通貨推奨のスポーツベットアイオーでは、プロモーションの賞品などで仮想通貨のビットコインがたびたび登場します。その際に、1ビットコイン=1000mBTC(1000,000μBTC)と表記されます。理由は、ビットコインの1に対するレートが高すぎるため、口座残高が0.0001など、小数点でわかりにくくなることを防ぐため(のはず。)

ブックメーカーに関して

友だち追加

ダメ出し犬
↑わからなかったらLINEでブクメに聞いてしまおう
目次

オールアメリカン・スーパー連勝キャンペーン

“//partners_click.sportsbet.io/?serial=2104&creative_id=213&anid=” title=”スポーツベットアイオーのプロモーションページからチェック!”

2021年1月第1週(1月5日09:01~1月11日08:59)

第1週は少し短めの6日間でカウントされます。

第1週最終結果は、7連勝(平均オッズ1.62倍)のsta*****さんとなりました!第1週の賞金圏内は、4連勝(オッズ平均1.88倍)までということで、これを参考に第2週も上位を目指してください!5位のcoh*****さんや9位uss*****さんは、平均2倍越えでの連勝ということで、これはこれで凄いです。

アメリカの1月9日の試合終了後のリーダーボードは以下、第1週は残り1日間

6連勝が2名、5連勝が5名、4連勝が2名、そして3連勝が11名

3連勝だとほぼ賞金圏内は厳しい状況になり、1位の6連勝も2名出ている、そこまで1勝伸ばすだけの方も数名いるということで、1位争いや、賞金圏内の10位に何連勝までが食い込めるのか、全く分からなくなってきました!

再度書きますと、『※同着の場合、キャンペーン期間中に勝った賭けのオッズの平均が高いプレイヤーが上位となります』と規約にはあります。

アメリカの1月8日の試合終了後のリーダーボードは以下、第1週は残り2日間

日本時間の8日の夜くらいに見たときには、一時的に7連勝まで到達している方もいましたが、9日の午後にチェックした以下の時点では6連勝が1位。

注目すべきは、3連勝到達者が9人いるため、『※同着の場合、キャンペーン期間中に勝った賭けのオッズの平均が高いプレイヤーが上位となります』というルールを考えた時には、少なくとも4連勝以上までは行かないと賞金は厳しいかもしれません。

アメリカの1月7日の試合終了後のリーダーボードは以下、第1週は残り3日間

5連勝まで到達した方が1名、4連勝も1名でています。賞金を意識した場合は、止めどころが難しいですね。

アメリカの1月6日の試合終了後のリーダーボードは以下、第1週は残り4日間

3連勝が1名出ていますね。

アメリカの1月5日の試合終了後のリーダーボードは以下、第1週は残り5日間

2021年1月第2週(1月11日09:01~1月18日08:59)

第2週は、フルに1週間開催されることと、この週からNHLが開幕します(現地1/13開幕予定)

2週目の最終結果(オッズ平均も含めたランキング)

第1週の7連勝を超えた8連勝が2名、その中で、僅かに平均オッズで上回ったnak******さんが第2週の1位となりました。結果的に賞金圏内の10位は第1週同様に4連勝の方が入ったものの、オッズ平均は、1.9倍以上の方が入りました。

アメリカの1月16日の試合後のリーダーボード

このプロモでの賞金圏を狙っている方で上位の方は、待ちに入るか、もう1つ2つ連勝の積み上げを狙うかで難しい状況ですよね。前日8連勝が2名いましたが、1名外したようで、待ちの状態の1名が1位、7連勝の2名も待ちの状態で順位を上げたことになります。10位圏内が5連勝以上になっています。やはり、戦略的にも数字的にも1週目よりも高い水準での戦いになってますね。

アメリカの1月15日の試合後のリーダーボード

なんと8連勝が2名登場しています。そのうち1名は、前日上位にもいなかった方ですね。10位以内は4連勝のままですが、4連勝でもオッズ平均によっては、圏外になる流れ。

アメリカの1月14日の試合後のリーダーボード

4日目は、引き続きsta******4さんが7連勝で1位も、2位以下の追い上げが見られます。前日3連勝まで届いていなかったnak******6さんが、6連勝まで伸ばし、5連勝も3名、そして4連勝の方までで10位となり3連勝では、10位にも届かない状況になっています。

アメリカの1月13日の試合後のリーダーボード

3日目は、sta******4さんが7連勝で単独1位ながらも更に連勝を伸ばしています。4連勝も5名に増え、3連勝が5名でこの時点で11位以内と賞金圏外になる可能性も出ています。

今後の連勝の積み上げを狙う中で、連勝記録がリセットになるケースもあるとはいえ、2週目は、やや高い数値での上位争いになりそうですね。

アメリカの1月12日の試合後のリーダーボード

2日目にして6連勝が既に1名出ています。ユーザーネームを見る限りは、前回1位の方ですね。すごい安定感。

アメリカの1月11日の試合後のリーダーボード

今週は1日目から4連勝の方が出ています。1週目より少し高い連勝数での賞金圏争いになるかもしれません。

2021年1月第3週(1月18日09:01~1月25日08:59)

第3週のリーダーボードの経過を紹介します。

1位は10連勝のyod******さん!凄いのは、平均オッズも1.88倍と高めで10連勝まで到達したということ。スポーツベットアイオーの連勝系プロモでは、1.5倍でOKのものと、1.8倍以上条件の2タイプのプロモがこれまで出ているのですが、1.5倍では10連勝もポツポツ出るものの、これが1.8倍以上になった瞬間に一気にハードルが高くなり、プロ野球対象の時は、当初の1か月の期間では達成者が出ずに、更に期間が延びたということもありました・・・ということで、凄いな~と思うわけです。

また、前日終了時は10位以内が5連勝以上でしたが、残り少ない時間の中で、勝負した方が外れたようで、結果的に4連勝で平均オッズの高い方が10位に滑り込むという結果になっています。

アメリカの1月23日の試合後のリーダーボード

前日9連勝まで伸ばしていた方が、10連勝まで連勝数を伸ばしています。賞金圏内の10位も5連勝で平均オッズが低い場合は、外れる可能性も出てくる接戦。日本時間25日の8:59精算分まで計上されるため、アメリカ時間の24日の早い時間に結果が出るものであれば、まだ連勝を伸ばすこともできますので、どうなるか!?

アメリカの1月22日の試合後のリーダーボード

第3週にして初めて9連勝まで届く方が出てきました。残り1日での1位争いは、9連勝を基準に探る形か、更に上の基準で競われるのか。賞金圏内の4連勝も3名と、賞金圏内自体が5連勝以上を狙う必要性も出てきていますね。

アメリカの1月21日の試合後のリーダーボード

8連勝まで届いた方が1名出てきましたね。そして、賞金圏内の10位以内が4連勝以上になっています。

アメリカの1月20日の試合後のリーダーボード

1位は7連勝1名で動かず、5連勝が2名、4連勝が5名ということで、2位以下がジワリジワリと迫っていますね。

アメリカの1月19日の試合後のリーダーボード

1位は7連勝1名で変わらず、2位以下は、4連勝が3名、3連勝がたくさんという展開になっています。

アメリカの1月18日の試合後のリーダーボード

第1週1位、第2週3位で賞金を獲得しているsta******4さんが7連勝で抜け出しています。安定感が凄いです。現時点では、2連勝が賞金圏内。

アメリカの1月17日の試合後のリーダーボード

早くも1日目にして5連勝の方が1名(もう上位常連と言った感じ)出ていますね。3連勝も3名と、勢いの良いスタートの第3週となっています。

***

2021年1月第4週(1月25日09:01~2月1日08:59)

最終結果

英語版のページでは更新されていたようですが、日本語版に最終結果が反映されていなかったということで、確認が遅れてしまいましたが、以下、最終結果です。

かなりの接戦で、8連勝で並んだ2名の平均オッズ差も僅か0.01差でした。掲載が10位までなので、5連勝が何人並んだのかは不明ですが、平均オッズ1.76倍の方までが賞金圏内に入りました。

アメリカの1月30日の試合後のリーダーボード

上位の連勝数や順位は動かず(最上位は7連勝)、賞金圏争いで5連勝前後で外れた方が数名いるようですが、5連勝で11位、4連勝も5名いるので、締め切りまでに終了する試合で、どのくらい動くかですね。

アメリカの1月29日の試合後のリーダーボード

最終週は、上位争いで抜け出す方が登場せず、賞金圏内自体が高い数字での混戦状態が続いています。この時点だと、5連勝していても、平均オッズが低い3名が賞金から漏れる状態。

アメリカの1月28日の試合後のリーダーボード

最上位は7連勝で1名。最終週は、賞金圏10位以内の連勝数の基準が高めになりそうで、この時点で、5連勝でも8位。平均オッズが分からない状態で9位の4連勝が6名いる状態です。

アメリカの1月27日の試合後のリーダーボード

最上位は、6連勝が3名で全体的に接戦状態で、4連勝でも11位になる可能性がある方が出る状況。まだまだ全く分かりません。

アメリカの1月26日の試合後のリーダーボード

第4週は、3日目まで来てこれまで程大きく抜け出すプレイヤーがいない状況の中、1名が5連勝に届いています。賞金圏内はギリギリ2連勝まで1名入っています。

アメリカの1月25日の試合後のリーダーボード

前日の5連勝の方がいったん外れても再び2連勝まで伸ばしているなと思いつつ、現時点では、最上位は4連勝が2名となっています。

アメリカの1月24日の試合後のリーダーボード

最終週1日目にして、5連勝(上位常連の方)が1名出ています。

***

アメリカ3大スポーツの連勝数で賞金を狙え!


“//partners_click.sportsbet.io/?serial=2104&creative_id=213&anid=” title=”スポーツベットアイオーのプロモーションページからチェック!”
ごくごく簡単に説明すると、NBA、NFL、NHLのすべてのマーケットの1.5倍以上に1300円(0.5mBTC/500μBTC)以上賭けて、連続で的中した数字で上位を競い毎週10位以内に入れば、賞金がもらえるというシステム。

賞金は以下、

連勝記録は負けたら0に、止め時も大事

キャンペーン参加のルールは以下、注意点を赤枠で囲ってみました。

リーダーボード系を多く提供するスポーツベットアイオーでも、週ごとに賞金を提供するタイプは、おそらく初めてだと思います。

ポイントは、外した段階で連勝記録がリセットされるということで、リーダーボードでじゅにを眺めながら、ある程度連勝を伸ばして賞金圏内まで進めたら、その週は条件に該当する賭け方をストップして、確実に賞金を狙っていくというのも楽しみの一つかと思います。

※同着の場合、キャンペーン期間中に勝った賭けのオッズの平均が高いプレイヤーが上位となります

↓毎時更新されるリーダーボードをチェックしながら、止めどころも見極めて賞金を狙おう!

NBA、NFL、NHLを主戦場とするベッターの方は是非挑戦してみてください!

↓参加申請忘れずに!

↓参加して以下の表示になって初めてカウントされるのです!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる