ブラックジャック

初心者でもすぐに遊べるブラックジャックのルール解説

投稿日:

カードゲームとしてお馴染みのブラックジャックはランドカジノやオンラインカジノでも必ずお目にかかるゲームですが、きちんとしたルールを知っている人は意外と少ないものです。

イメージ的にルールが難しそうだと敬遠している人も少なくないようですが、基本を抑えればあとは実戦で覚えていくのが最も手っ取り早い理解の方法とも言えます。

ここでははブラックジャックが初めての人でも、すぐに楽しく遊べるようになる基本的なルールやゲームの流れ、ゲーム中に使われる用語についてまとめてみました。

ブラックジャックの基本

トランプを使ったカードゲームの一種であるブラックジャックは、ジョーカーを除いた52枚のカードを使用してプレイします。

通常はディーラーとプレイヤーが1対1で行うゲームですが、オンラインカジノではディーラー対複数のプレイヤーで勝負することもあります。

*ゲームの基本的なルール

ブラックジャックのルールは意外と単純で、配られたカードの合計数を21にすれば良いだけです。

もし21にならなかった場合は21に近い数字を揃えた方が勝ちですが、22を超えた場合は負けとなります。

カードの合計が21を超えなければ自分の好きなだけカードを引くことができますが、22を超えないようどこまでカードを引き続けるのかを見極めることが大事です。

*ディーラー側に適用されるルール

ブラックジャックの基本的なルールはディーラーとプレイヤーのどちらにも当てはまるものですが、一部ディーラーのみに適用されるルールもあります。

そのせいもあってブラックジャックはプレイヤーに有利なゲーム、勝ちやすいゲームとも言われています。

そのルールとは「カードの合計が17以上になるまでカードを引き続ける」、「17以上になったらカードが引けない」の2つです。

このルールがある以上カードを引き続けたり、逆に引くのを止めたりという選択が自分の意思でできないということになり、手元に最後に残るカードの数は17~21.あるいは22以上の6パターンのみということになります。
またゲームの流れでも触れますが、ディーラーは最初に配られたカードのうち1枚をプレイヤーに見せなければなりません。

ディーラーのみに適用される2つのルールと最初に手元に来る2枚のカードのうち1枚はプレイヤーに見られてしまうことから、ブラックジャックのルールはプレイヤーに有利で勝ちやすいと言われるのもあながち間違いではないと言えるでしょう。

*カードの点数

プレイの前に覚えておかなければならないのは、基本的なルールだけではありません。
ブラックジャックに使われるのは家庭でもお馴染みのトランプと同じですが、数字のカード以外の絵札とAの点数は独特の数え方をするので、それがわからなければ21を目指してカードを引くこともできません。

ただし、それほど複雑なものではなくJ、Q、Kは全て10として数え、Aは1か11のどちらか状況に応じて好きな方に数えられると覚えておくだけです。

例を挙げると、最初に配られる2枚のカードがQとAだった場合は21、Aと10の時も21です。
これをブラックジャックと言い、ゲームの中でも最高の手が完成したことになります。

*ゲームの進め方

オンラインカジノでブラックジャックをプレイする際のゲームの流れは次の通りです。

  1. 掛ける金額を決めてベット
  2. Dealボタンを押してゲームスタート
  3. ディーラーとプレイヤー双方に2枚のカードが配られる
    -ディーラーの2枚のカードのうち1枚は数字がわかるよう表向きに配られる
  4. プレイヤーはカードの数が21に近づくようスタンドかヒットを選択
  5. ディーラーは17以下ならヒット、17以上ならスタンド
  6. カードの合計が21になるか、21により近い方が勝ち

勝敗の決まり方

ルール同様にブラックジャックの勝敗の決まり方もごく単純なものです。

《勝ち》

カードの合計が21になった方、または22以下で21に近い数字を揃えた方が勝ちとなります。

《負け》

カードの合計が21を超えた時点で負けが確定、ディーラーとプレイヤーのどちらかのカードの合計数が21を超えてしまった場合はプレイヤーが負けとなります。

また3枚以上のカードの数字を合計してプレイヤーのが21を揃えた場合でも、ディーラーが2枚のカードだけで21になっていれば、プレイヤーが負けということになります。

《引き分け》

双方のカードの合計が同じの場合は引き分けとなります。

ブラックジャック用語集

-ブラックジャック(Black Jack)
最初に2枚のカードが配られた際、AとJ、Q、Kいずれかの絵札の組み合わせになっていること

-ヒット(Hit)
カードを1枚引くこと

-スタンド(Stand)
カードを引くのを止めること

-バースト(Bust、Busted)
カードの合計数が22以上になること

-アップカード、ホールカード(Up Card、Hole Card)
ディーラーに配られる2枚のカードのうち表向きに置かれるものがアップカード、裏返しのものがホールカード

-サレンダー(Surrender)
最初のカードが配られた時点で勝てないと判断して勝負を放棄すること
ベットした金額の半額が戻ってくる

-スプリット(Sprit)
配られた2枚のカードが同じ数字だった時に別々に分けて勝負をすること
分割後のゲームの進め方は通常通りで、スプリットはプレイヤーのみが行使できるアクション

-ダブルダウン(Double Down)
最初に配られる2枚のカードを見て勝てると判断した場合にベット金額を倍にすること
ブラックジャックが成立している時は不可、追加できるカードは1枚のみ

-インシュランス(Insurance)
ディーラーのアップカードがAだった場合、ブラックジャックが出来上がっているかどうかに賭けること
保険金として賭ける額は最初のベット額の半分、当たった場合は保険金の2倍の払い戻しを受けることができ、外した場合は没収される

-パス(Pass)
インシュランスをかけずに勝負すること
ディーラーがブラックジャックだった場合はプレイヤーの負けとなり、掛け金は没収

-プッシュ(Push)
双方のカードの合計が同じで引き分けになること

ブラックジャックを覚えるにはプレイするのが一番

ルールは意外と簡単で勝ち負けもわかりやすく、何よりもプレイヤーにが勝ちやすい有利なルールもあるのが他のカードゲームとは異なるところで、ブラックジャックにしかない楽しみとも言えるでしょう。

カードの数え方や使われる用語を覚えるまでは、落ち着いて遊べないかもしれませんがオンラインカジノで何度かプレイしている間に自然に覚えられる程度の簡単なものです。

少しでもブラックジャックに興味があるなら、まずはプレイしてみるのが一番!
オンラインカジノの無料ゲームなど、気軽に遊べるものもたくさんあるので実際にお金を賭けてゲームする前に試してみるのがお勧めです。

【最新版】人気のオンラインカジノランキング

スマホ対応No.1!ベラジョンカジノ

スマホオンラインカジノの先駆け的な存在です。操作性の良さからヘビーリピーターが急増中。入金不要ボーナスも充実。無料プレイも!スマホでカジノやるならベラジョンカジノです。

カジ旅

入金不要ボーナス公式サイト】業界初RPG型オンラインカジノです。そのゲーム性からハマる人が続出中!

ワイルドジャングルカジノ

入金不要ボーナス公式サイト】10年以上運営をしている老舗で、多くの日本人プレイヤーからの絶大なる信頼のオンラインカジノです。

ハッピースターカジノ

入金不要ボーナス公式サイト】出金とにかく早い!ボーナス充実のカジノです。

インターカジノ

入金不要ボーナス公式サイト】歴史ある老舗オンラインカジノです。初心者向けで入金不要です。

ネットベットカジノ

入金不要ボーナス公式サイト】ゲームの種類が業界最多のカジノです。豊富なゲームで常に楽しめます!

-ブラックジャック

Copyright© オンラインカジノSUPER攻略ガイド , 2019 All Rights Reserved.