オンラインカジノ攻略

北海道が全国で初めてカジノ誘致を断念!正式に表明

投稿日:

カジノを含むIR(統合型リゾート)施設の受け入れに対し、北海道の鈴木知事は道議会の本会議で誘致を断念する見通しを示しました。

 

IRの誘致を予定、検討している全国で8つの地域の中で、断念を宣言したケースは異例です。

 

北海道・苫小牧市の植苗地区をIRの候補地に挙げていたものの…

 

北海道はIR誘致の是非について、苫小牧市の植苗地区を候補地に考えていました。

 

課題だったのは、

 

・インフレーションの整備に時間がかかり、費用の調達が期待できないこと

 

・道がおこなったアンケート調査によると、カジノ誘致に不安を抱えている北海道民が66%

にのぼること

 

・候補地に希少価値の高い動植物が生息し、自然環境への悪影響のリスクがあること

 

の3つです。

 

ただし鈴木知事は、IRは経済、社会に大きな影響をもたらし、持続的に発展させるべきプロジェクトだと話しています。

 

来る時に備え、今後も準備をしっかり進めていくと前向きな姿勢は崩しません。

 

カジノ誘致を全面的に否定しているわけではなく、あくまで現段階では、カジノ誘致を諦めるだけであり、未来に向けて準備は進めていく模様です。

 

このように、カジノ誘致を断念した例は北海道が初めてです。

そのほか横浜、東京、大阪はまだ検討中です。

 

カジノ誘致の断念について苫小牧市長は「残念」と話す

 

IR誘致を目指して一生懸命取り組んできた苫小牧市の岩倉博文市長は、記者会見でこのように述べています。

 

岩倉博文市長:「市長に就任してから、IR誘致に向けて必死にがんばってきました。

その経緯があるため、今回誘致を断念したということで、残念でなりません。

 

知事の判断について率直な感想としては、どうしてなのかなぁという思いがあります。」

 

しかしこのようにも述べています。

 

岩倉博文市長:「苫小牧市としては、国際リゾート構想を諦めることはせず、まちづくり戦略の可能性に挑戦していきます。」

 

岩倉博文市長とは異なり、苫小牧市の市民は誘致断念に賛成はの意見が多いようです。

 

苫小牧市に住む30代の女性は、海外からも多くのお客さんが集まることはいいものの、カジノで治安が悪化するリスクが心配だったと話しています。

 

今後もIR誘致をしない方向でいってほしいと話しています。

【最新版】人気のオンラインカジノランキング

スマホ対応No.1!ベラジョンカジノ

スマホオンラインカジノの先駆け的な存在です。操作性の良さからヘビーリピーターが急増中。入金不要ボーナスも充実。無料プレイも!スマホでカジノやるならベラジョンカジノです。

カジ旅

入金不要ボーナス公式サイト】業界初RPG型オンラインカジノです。そのゲーム性からハマる人が続出中!

ワイルドジャングルカジノ

入金不要ボーナス公式サイト】10年以上運営をしている老舗で、多くの日本人プレイヤーからの絶大なる信頼のオンラインカジノです。

ハッピースターカジノ

入金不要ボーナス公式サイト】出金とにかく早い!ボーナス充実のカジノです。

インターカジノ

入金不要ボーナス公式サイト】歴史ある老舗オンラインカジノです。初心者向けで入金不要です。

ネットベットカジノ

入金不要ボーナス公式サイト】ゲームの種類が業界最多のカジノです。豊富なゲームで常に楽しめます!

-オンラインカジノ攻略

Copyright© オンラインカジノSUPER攻略ガイド , 2019 All Rights Reserved.