オンラインカジノ攻略

日本版IRに求められる「ゲートウェイ」は情報発信と手配を一括でできる!

投稿日:

法律になった日本版IR(統合型リゾートに不可欠な要素は7つの施設ですが、このうち「送客施設」は、なかなかイメージしづらいです…。

これまでの施設に注目してみると、似ているのは点々とする観光案内所くらいです。

 

この点在する観光案内所が、IRの中でどのように機能するのでしょうか?

その中身を探ってみましょう。

 

グランドキャニオンのゲートウェイはラスベガス

 

アメリカのアリゾナ州にあるグランドキャニオンを例にとると、毎年全世界から多くのツーリストたちが訪れます。

 

巨大な渓谷が有名なスポットで、渓谷を目的にグランドキャニオンに訪れる観光客は数多いです。

 

古くから巨大な渓谷の玄関口になっていたのが、ネバダ州にあるラスベガスです。

 

街全体がIRとも言えるようなラグジュアリーなリゾート都市です。

グランドキャニオンのツアーにも含まれているケースが多いです。

 

セスナなどの遊覧飛行機で行くと片道1時間、バスツアーの場合、約5時間はかかります。

長時間に及びますが、これでもアメリカでは日帰り圏内のツアーコースです。

 

 

ラスベガスはさらに遠くにあり、癒しのパワースポットとして人気のセドナやアンテロープキャニオンのツアー出発点になることも多いです。

 

IR整備法施行令の中で、送客施設に求められているのがショーケース機能とコンシェルジュ機能です。

 

コンシェルジュ機能

 

 

利用者の興味のあることを考慮しながらプランを組んでくれます。

交通アクセス、宿泊場所の手配もワンストップでしてくれます。

 

 

ショーケース機能

 

全国各地の観光スポットの魅力やツアー客に必要な情報を発信します。

 

ヴァーチャルリアリティ技術なども活用して体験してもらいます。

 

コンシェルジュ機能とショーケースは多言語に対応しているから、どこの国から来ている観光客でも安心です。十分なスペースもあります。

 

IRにこのような施設があれば、IRエリアの中での娯楽だけではなく、外国人観光客の日本旅行がさらに促進できますよね。

 

ラスベガスからグランドキャニオンに行くように、IRを玄関口として、日本の観光モデルが出来上がりそうです。

 

外国からの観光客は増えている!

 

日本に旅行しに来る外国人は、いまだ増えています。

 

現在、この取り組みの中心になっているのが、観光庁の日本政府観光局です。

世界各地に20以上の海外事務所を持っています。

 

ニーズに応じて日本の観光促進を目指し、プロモーションを進めています。

 

7月1日には観光庁内に「国際観光部」が新たにでき、IRの開業に向けた体制整備も進んでいます。

 

IRの送客施設と日本政府観光局が連携すれば、インバウンド・ツーリズムにいい反応が得られる可能性もあります。

 

IRは日本が目指している観光促進へのエンジンになるかもしれませんね!

【最新版】人気のオンラインカジノランキング

スマホ対応No.1!ベラジョンカジノ

スマホオンラインカジノの先駆け的な存在です。操作性の良さからヘビーリピーターが急増中。入金不要ボーナスも充実。無料プレイも!スマホでカジノやるならベラジョンカジノです。

カジ旅

入金不要ボーナス公式サイト】業界初RPG型オンラインカジノです。そのゲーム性からハマる人が続出中!

ワイルドジャングルカジノ

入金不要ボーナス公式サイト】10年以上運営をしている老舗で、多くの日本人プレイヤーからの絶大なる信頼のオンラインカジノです。

ハッピースターカジノ

入金不要ボーナス公式サイト】出金とにかく早い!ボーナス充実のカジノです。

インターカジノ

入金不要ボーナス公式サイト】歴史ある老舗オンラインカジノです。初心者向けで入金不要です。

ネットベットカジノ

入金不要ボーナス公式サイト】ゲームの種類が業界最多のカジノです。豊富なゲームで常に楽しめます!

-オンラインカジノ攻略

Copyright© オンラインカジノSUPER攻略ガイド , 2020 All Rights Reserved.