オシドリが長崎県の情報公開条例に基づいてIR事業者選定関連の会議情報公開要求!

長崎県が長崎IR事業者に選定しなかった2者のうちの1者「オシドリ・インターナショナル・ホールディングス合同会社」が、2021年8月13日に正式な「公文書開示請求書」を、また2021年9月1日にその2回目を提出したとのことです。

これらの2つの請求は、長崎県情報公開条例に基づいて、長崎知事あてにオシドリ・インターナショナル・ホールディングス合同会社の弁護士が提出したとのことです。

どのような話題なのか、様々な内容も含めてご紹介していきます。

目次

オシドリが長崎県の情報公開条例に対しIR事業者選定関連会議情報公開要求!

長崎県がIRの事業者選定に選ばなかった2者のうちの1者である「オシドリ・インターナショナル・ホールディングス合同会社」は、正式な「公文書開示請求書を」2021年8月中旬と9月上旬に提出しました。

これらの2つの請求は、長崎県情報公開条例に基づいた内容で、長崎県知事である中村法道氏あてにオシドリ・インターナショナル・ホールディングス合同会社の弁護士が作成して提出しました。

2つの請求書共に、長崎県の判断の根拠となった部分と、文書や写真、電磁的記録などの資料を求めています。
2021年8月13日の請求の中では、長崎県が依頼した調査会社発行の廉潔性調査の報告書と長崎県の顧問が行った助言の内容の公開を求めました。

請求を求めている具体的な内容は、カジノ・オーストリア、NIKI、オシドリの3社の廉潔性調査の内容の公開です。

2021年9月1日に請求した内容は、2016年1月1日から2021年8月31日までに、長崎県とカジノ・オーストリアやその代理人のアドバ―ザーなどの間で取り交わされた全ての会合や、全ての会食の記録の公開を求めています。

長崎県は事業者登録に立候補した3者のうち、選定しなかった2者に対して、事業者選定のプロセスが公正に行われていないと主張しました。
それにより、審査委員会へ2者の最終プレゼンテーション以前に辞退を求めたられたことを主張しています。
オシドリ・インターナショナル・ホールディングス合同会社は、これらのプロセスを不当行為と受け止めており、NIKIは問題がある流れと主張しています。

NIKIの代表取締役は、2021年7月227日開催の長崎県の代表者との緊迫となった会合終了後に、法的措置を取ろうと述べました。
今回の事態により、オシドリ・インターナショナル・ホールディングス合同会社も法的措置の検討をしているいとのことです。

長崎県はカジノ・オーストリアが長崎IRに合うと主張

2021年8月30日、長崎IRについてカジノ・オーストリアの基本協定締結として、施設の設置や運営を行う事業予定者として正式決定としました。

長崎県によると、カジノ・オーストリアは長崎IR予定地であるハウステンボス内の西側31ヘクタールの広大な土地に7つのスク伯施設や国際会議などを開催できるMICE施設をはじめ、日本の伝統文化発信のための複合施設設置などを提案しており、長崎らしいIR作りの手助けになると捉えて選定したということです。

また、カジノ・オーストリアはヨーロッパなどの世界各国で事業実績を持っており、それらを活かしながら伝統的で高級感あふれるハウステンボスと調和した世界最高のIR実現を混ざす事業提案を提出しており、長崎県の考えに一致するというのが選定をした理由と言われています。

NIKIが主張する長崎県の審査のやり直し請求とは

オシドリ・インターナショナル・ホールディングス合同会社の前に審査のやり直しを求めているのが、NIKIです。
NIKIは、長崎県が実施した長崎IRの設定打寝位事業者選定の二次審査の際に、NIKI側に反社会勢力との関係が確認される「廉潔性」の調査の際に、事実と違う内容により評価を受けてしまったことに対し、不透明な点があると主張しています。
反社社会的勢力との関与を確認する廉潔性な調査の内容が事実に基づいていないという主張です。

有り得ない評価をされてしまったことにより、長崎県側に公正な評価に基づき審査をやり直してもらいたい旨を要望書に記載し、2021年8月18日に長崎県に提出しました。
提出した要望書には、具体的な調査内容は記載していません。
しかし、何の関連もないゴシップに基づいた審査となっていると指摘しています。

同じくオシドリ・インターナショナル・ホールディングス合同会社も、選考過程に問題があったと主張しています。

この要望書に対して長崎県は、募集要項に伴い公平公正に審査をしたと主張しています。

NIKIとオシドリ・インターナショナル・ホールディングス合同会社は、公平な審査をされず選ばれなかったということで、NIKIは要望書提出を、オシドリ・インターナショナル・ホールディングス合同会社は関連の情報公開を請求しています。

長崎IRはスムーズに進んでいた事業だったため、ここにきて大きな汚点が付いたといえます。

カジノ・オーストリアが1番長崎IRに合う事、NIKIとオシドリ・インターナショナル・ホールディングス合同会社なぜダメだったのかを長崎県が明確に説明しない限り、この問題は執着しないといえるでしょう。

【最新版】人気のオンラインカジノランキング

スマホ対応No.1!ベラジョンカジノ
★★★★★

ベラジョンカジノ

スマホオンラインカジノの先駆け的な存在です。操作性の良さからヘビーリピーターが急増中。入金不要ボーナスも充実。無料プレイも!スマホでカジノやるならベラジョンカジノです。

カジ旅

入金不要ボーナス公式サイト】業界初RPG型オンラインカジノです。そのゲーム性からハマる人が続出中!

ワイルドジャングルカジノ

入金不要ボーナス公式サイト】10年以上運営をしている老舗で、多くの日本人プレイヤーからの絶大なる信頼のオンラインカジノです。

ハッピースターカジノ

入金不要ボーナス公式サイト】出金とにかく早い!ボーナス充実のカジノです。

インターカジノ

入金不要ボーナス公式サイト】歴史ある老舗オンラインカジノです。初心者向けで入金不要です。

ネットベットカジノ

入金不要ボーナス公式サイト】ゲームの種類が業界最多のカジノです。豊富なゲームで常に楽しめます!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる