【お勧めブックメーカー】オッズの高さに定評のピナクル 詳細はこちら

ブックメーカー紹介サイト運営21年目(2004年9月に前身となるスポーツベットファンをオープンし、2006年1月に現在のブックメーカーファンに移行し、現在に至る/間に色々ありましたがw)の管理人ブクメです。

シンプルに、スポーツに賭けることができるブックメーカーというエンターテイメントを多くの方に知ってほしいという思いから、紹介サイトの運営をスタートし、成功、失敗を繰り返しながら、経験値を積み、各ブックメーカー担当者の方と良い関係を築かせていただきながら、じっくりブックメーカーを日本人の文化にするべくやってきました。

この20年ほどで、英語のみで名前も知られていなかったブックメーカーは、日本語提供、日本語サポートは当たり前になり、日本人のマーケット担当者も普通、サポートも日本人による日本語サポートも提供されるようになり、知られる存在へと進化を遂げてきました。

やや当サイトが目指してきた役割は終了したとも感じる2023年ごろ

現在は、ブックメーカーそれぞれを紹介する方向性は薄め、1つの企画レベルブクメを育てて、ここを軸に、前のめりにならなくてもブックメーカーを一つのゲームの要素として楽しめるような試みに転換して情報を提供しています。

2024年からは、紹介ブックメーカーの基準を少し雑にします(良い意味でw)

SNSなどで、投資やボーナス、穴のマーケットなどを狙う情報が溢れていますが、そのような参加方法を続けると、ほとんどのブックメーカーで規制やアカウント停止されます(特にSNSなどでの情報共有による、一斉行動が、グループベットなど不正を疑われる理由になっていることも事実です。)

逆に、基本的な、例えば、応援するチームの勝利ベットするなどエンタメ要素での参加であれば、悪名高いと言われるところでも、規制されることはまずありません

基本的に日本語対応、日本語サポートがあっても、前提として、運営は海外で行われており、海外の基準で判断される要素も多いため、日本語対応でも深いところでは日本人としては納得できないことも多くなるのも事実ですが。

と言うことで、目立つところが起こす評価を気にしていると、ブックメーカー側も顔色を伺う変な構造になって、紹介する側も楽しめなくなるので、今後は、シンプルにプレーを楽しむだけなら問題ないところで、担当者の方とのコミュニケーションが良好なところを、今後は、ガンガン掲載していこうと考えています。

当サイトの情報を利用する際に以下の2点を必ずお読みいただき理解していただいて上でご活用ください

掲載ブックメーカーの参加について

注意:18歳以上(または、各ブックメーカーが指定した年齢以上の方)のみベットが可能です。利用規約が適用されます。 責任あるゲームの内容を必ず読み理解して参加してください。
*As for bookmakers we recommend/ NOTE: Only persons +18 may place a bet.T&Cs apply. Player must read RESPONSIBLE GAMBLING at each bookmakers.参照掲載しているブックメーカーのオッズは、変動する可能性があります。

免責事項

当サイトは、海外のブックメーカーを国際ライセンス取得国のサーバー上で日本人が自己責任において健全に楽しむために、インターネットで収集できる情報提供サイトでブックメーカーの運営サイトではありません。プレイされる場合は、各サイトに参加条件があることに留意していただき、各国または地域の法律を遵守し、自己の責任においてご参加下さい。掲載情報に誤りがあったことにより参加者等に損害が生じたとしても、当サイトは損害賠償等いかなる責任を負うものではありません。以上をご理解とご承認のうえ当サイトをご活用下さい。

オンラインギャンブルは違法という言葉が飛び交う昨今、潜ってしまって色々活動を継続しているところも増え、それって闇カジノと変わらないでしょ、という動きをするところも出てきている最近ですが、当サイトは、長年ブックメーカーは日本に導入されるべきものであるという思いを元に慎重に運営してきたサイトですので、基本的には潜らず、これまで通りに紹介をしていきます。

多くの方が気にされている合法と違法の線引きですが、実際のところ、目についたらいくらでも理由をつけてどんな行動でも違法にもできるという状況です。

とりあえずの解釈ですが、
ブックメーカーへの登録⇨問題なし
ブックメーカーの登録住所が日本⇨問題なし
ブックメーカーへの入金⇨問題なし
ブックメーカーでのライブストリーミング視聴⇨問題なし
が、確実なラインで要するにアカウントを持ち、入金しても問題なし

ここに、日本からベット⇨違法と解釈の方向が2024年現在とお考えください。

これが、一歩でもその解釈が問題ない国に入って同じアカウントでベットしても全く問題ないということです。

MLBあたりで通訳的な方の件で起こっている問題は、州によっては合法のアメリカの違法の州で、違法ブックメーカーでやらかした方のストーリーです。解釈を勘違いしないように。

担当者の方とコミュニケーション良好なお勧めブックメーカー

2024年5月1日現在以下のブックメーカーの担当者様とのコミュニケーションが良好(連絡自体は取れるブックメーカー様は他にも多数ありますが、頻繁に連絡を取り合う方がいるブックメーカーです。)

ウィリアムヒル

遊雅堂

担当の方の変更や退社などで、やり取りが減ったため、コミュニケーション不足気味のところ(サイトのお勧め度は変わりません)

188ベット(188bet)

スポーツベットアイオー

ピナクル(Pinnacle)

ブックメーカー育成系

担当者と共に意見を聞きながら、じっくりと成長を見守るポジションで応援するブックメーカーです。

ラッキーブロック(Lucky Block)

ウィンズ(Winz.io)

ブックメーカーファンについて

あわせて読みたい
ブックメーカーファン管理人ブクメについて わたくし、ブックメーカーファン管理人ブクメについて謎に思っている方も多いと思いますので、このサイトの著者、管理人になった理由や、実際私が歩んできた道のりなど...

ブックメーカーファンや管理人ブクメについては上記ページでまとめましたので情報の信頼度の参考にしてくださいね。

今後も、信頼できる、応援したいブックメーカーの担当者の方々と協力しながら、ブックメーカー自体の成長改善のお手伝いもしつつ、参加される方に魅力的なブックメーカーを紹介していきます。

経験豊富、失敗例豊富だからこそ、できることがあります!

ブックメーカーファンの使命

ブックメーカーは日本に導入されるべきであるという主張を続けていきます!

イギリスでは、ブックメーカーは文化の1つとして浸透しており、運営元には上場企業も名を連ねています。一方、日本ではブックメーカーはあまり知られていません。また、ブックメーカーの存在を知っても、なぜか認められない傾向が強いのです。

これは、ブックメーカーに対して違法なギャンブルのようなイメージがあることや、ブックメーカーの仕組みがよくわからない人が多いことが原因だと考えています。

そのため私たちは、ブックメーカーの魅力を伝えることが使命だと考え、約20年以上前からブックメーカーを紹介するサイトを運営しています。このサイトは、ブックメーカーを始めたい人のためのサイトです。

この思いは、2024年現在の日本の難しい情勢でも変わりません。

詐欺に注意!

最近は、投資詐欺(【注意喚起】ブックメーカー投資詐欺に遭わないために)などの目的に使われるケースも増えてきています。本来、日本の法律上では、個人で予想して賭けて楽しむことが許されるものであり、集まって遊ぶものではありません。趣味として楽しみながらお金が稼げるチャンスであると同時に、純粋に応援するチームなどに賭けて勝った際のプラスαを楽しむものです。このようなブックメーカーの真実を多くの方に伝えたいと考えています。

エンタメ要素満載のリーダーボードキャンペーンを提供する人気ブックメーカーSportsbet.io(スポーツベットアイオー)がスポンサーを務めていたイングランドのアーセナルのユニフォーム(選手サイン入り)*上記は、2022年にスポーツベットアイオーのオフィス訪問させていただいた時にいただいたもの

管理人はビジネス重視が苦手


当サイトのリンクから新規登録をいただいている方がスムーズ(お困りの時とか当サイトからのお客様の方が親身に対応してくれます。場合によっては、IDが分からないと相談自体できないケースもあります)



*他の紹介サイト様開催のイベントに関しては質問されても答えられません。

2024年の運営方針(若干これまでと変えていく予定)

この数年は、紹介していた当初と比べて、周りの声を聞きながら、紹介ブックメーカーなどもやや同調していく傾向がありましたが、多くの方が否定するブックメーカーやトラブルで騒がれるところも、割と、実際は、純粋に楽しむ分には、問題なく使ってますよという表に出ない声も多かったりします。

SNSなどで目立つ方は、それなりに規制ギリギリのところを攻めていたりするため、多くのブックメーカーで制限を受けているケースが多くなり、そのため、純粋に楽しむには問題ないサイトでも否定的な解説がされる傾向があります。

当サイトも、ある程度、そのようなサイトの紹介は避けてきたところがありますが、2024年は、少し悪い噂が多いところでも、私自身が被害を受けていないところは、まず紹介はしていこうと考えています。

また、基本的に新規向けに提供されるボーナスは、現金化は難しいと私は考えているので、その辺りの条件が難しいとか、そういうところも、あまり判断基準にしないなど、私自身の考え方で判断しようと思います。

もちろん、私自身が好ましくないという思うマーケットなどには厳しいことを書いていくこともあると思いますが、基本紹介してみて、ここ嫌だなというところは、嫌だなと書きつつ(w)、担当の方とやり取りしながら、実際に起こることを見つめながら紹介の幅を広げて検証していく、過去の路線に少しずつ戻していく予定です。

これまでも、これからも、変えないのは、マーケット担当者との信頼関係が構築できると判断したところのみを紹介します(だから、担当者もあまりコロコロ変わってほしくないなと思う今日この頃ですw)

当サイト経由でブックメーカーに登録するメリット

各ブックメーカーの担当の方とのコミュニケーションが良好です。私自身ビジネスライクな付き合いができないタイプなので、信頼関係は他サイトより確実に強いです。それにより、限定企画もいただきやすいです。

当サイトの性質上、ブックメーカーを純粋に楽しむ方が小規模で集まる傾向があり、限定企画をいただいた際の当選確率が高いです。

お気軽にお問い合わせください

ブックメーカーに関しての質問などは、気軽にツイッター(@BookmakerBukume)LINE公式アカウントからどうぞ!

友だち追加

参考(参照)サイト様

当サイトのサッカー情報の速報や、データについては、以下2サイト様をベースに参照させていただいています。

①Flashscore.co.jp様

②Soccerway様

目線別おすすめブックメーカー(bookmaker)

まずは、管理人ブクメが様々な目線でお勧めのブックメーカーを挙げますので、参考にしてくださいね。

基本的なベットにおすすめランキング

1位:ピナクル(オッズが高い!)

理由

  • オッズが他社と比較してかなり高い!
  • 勝ちすぎても規制されない(不正はだめ)
  • アービトラージOK

ボーナスなど用意しない代わりに、オッズの高さに還元すると明言している通り、他社と比較してもかなり高いオッズがつけられています。マーケットの精査もプロ級なので、緩いマーケットが登場しないと言うデメリットもありますが、ブックメーカーで遊ぶならまずピナクルをベースにするのが常識です!

あわせて読みたい
【アビトラ歓迎/勝ちすぎてもOK】ブックメーカーPinnacle(ピナクル)でプロベットに挑戦 ピナクル様には、当サイトの企画レベルブクメの2023-2024シーズンの開催全10回に協賛していただいております!FPLやsorareを利用した簡単参加の企画でアマギフなどもら...

2位:ワンバイベット/1xbet

理由

  • マーケットの種類がかなり多く、決済手段も多い

否定的な意見も多い1xbetですが、マーケットの種類や、角度など、群を抜いて多く面白いです。絶対に、界隈の方が勧めるようなマーケットを狙ったり、ミスをつこうとしないでください。

シンプルに遊ぶなら断然おすすめです!

あわせて読みたい
1xbetワンバイベットとは?FCバルセロナ グローバルパートナーの実力や入出金方法・キャンペーン情報を解説 このページでは、提供される賭けの幅広さが群を抜き、入出金手段も多数提供されているブックメーカー、1xbet(ワンバイベット)を紹介しています。 無料で1xbet(ワンバ...

3位:スポーツベットアイオー

理由

  • 自分選んで指定のオッズを高められるベットブーストあり
  • リーダーボード系のキャンペーンが豊富

2023年あたりから、やや起用するアンバサダーや、提供する内容の路線に品がなくなってきている部分もありますが、それでも、リーダーボード系のキャンペーンや、スポンサーを務めるサッカーチーム関連のキャンペーンなど、面白い要素が多くなります。

競馬目線おすすめランキング

当サイトで力を入れている競馬のブックメーカー前売りオッズ情報とオッズ傾向などを見てきた中で、お勧めしたいブックメーカー3つをご紹介します(競馬関連記事一覧はこちら)。

1位:ウィリアムヒル

理由

  • 1番人気に高めのオッズをつける傾向
  • 他社と違った競走馬をオッズ対象にする傾向
  • 過去に珍しい新規登録者に競馬限定ボーナスを提供した実績

国内競馬のG1レースの前売りオッズ登場時期は、1xbetと比べると遅いものの、1番人気に高めのオッズをつける傾向が1位にお勧めする理由。2020年には、新規登録者向けのフリーベットプロモで競馬限定版を登場させた実績があります。他のお勧めブックメーカーと比べると、日本のG1レースのオッズの登場はやや遅め。

あわせて読みたい
ウィリアムヒル(William Hill)とは?英国老舗ブックメーカーの魅力から入出金方法・キャンペーン情報... このページでは、英国老舗ブックメーカーウィリアムヒルの紹介について紹介しています。英国の老舗ブックメーカーウィリアムヒル。ライセンスルールに縛られがちな英国...

2位:スポーツベットアイオー

理由

  • リーダーボード毎週開催(条件で競って1位に賞金)不定期
  • 1着、2着以内、3着以内にベット可能
  • 競馬対象のスペシャルオッズが登場
  • 単勝、馬連、3連単対象のエキゾチックも登場(2024年3月〜)

以前は、他者のプラットフォームを使っていたスポーツベットアイオーですが、現在は、独自のプラットフォームを作成し、競走馬というカテゴリで日本の競馬を含めて、1着以外にも2着以内、3着以内の3パターンのマーケットをベースとして提供

また、関連のキャンペーンも多く登場するようになり、選択した競走馬のオッズを高められるブーストをベースとして、2022年7月には1位になると毎週1000USDT(約14万円)が進呈されるリーダーボードも登場!

3位:ワンバイベット/1xbet

理由

  • 前売りの段階で2位、3位、4位以内のオッズが登場する頻度が多い

オッズ登場も早く、2位以内、3位以内、4位以内と幅広く登場することも多いので、総合的に見るとおすすめです(オッズが逆転しているなどの難はあり)。

あわせて読みたい
1xbetワンバイベットとは?FCバルセロナ グローバルパートナーの実力や入出金方法・キャンペーン情報を解説 このページでは、提供される賭けの幅広さが群を抜き、入出金手段も多数提供されているブックメーカー、1xbet(ワンバイベット)を紹介しています。 無料で1xbet(ワンバ...

4位:ラッキーブロック(Lucky Block)

理由

  • 基本的なオッズ提供や配分はスポーツベットアイオーと同じ
  • 1着〜3着までのオッズが基本で登場
  • 利用可能仮想通貨がかなり幅広くマニアック

オッズの登場は、前日あたり〜当日と、事前オッズはないものの、日本の人気G1レースなど含め、1着〜3着までのオッズが基本で登場するため、幅広く応援する競走馬に賭けられるのが魅力!

人気ブロックチェーンゲームの独自仮想通貨が結構使えるので、遊びながら運用をラッキーブロックの競馬でという楽しみ方もできます。

イベント・事象系目線おすすめランキング

一般的に知られているスポーツに賭けるという点から少し離れた、イベントや今後起こることに対しての賭けを目線としたおすすめのブックメーカーを3つご紹介します。

1位:188ベット(188bet)

理由

  • オリンピック開催の可否オッズ
  • 世界の美しい顔など、コンテスト系のオッズ
  • K-POPなど東アジアを対象にした賭けも多い

オリンピック開催する、しないオッズなど、攻めたスペシャルオッズや、やや、日本以外の東アジアが対象になるケースは多いものの、K-POP関連のオッズや、世界の美しい顔など、方向性が一味違ったオッズが登場

あわせて読みたい
188ベット(188bet)とは?魅力から入出金方法・キャンペーンまで詳しく解説 F1公式アジアスポンサーや、バイエルン・ミュンヘンのエリアパートナー、リバプールの公式アジアベッティングパートナーとアジア地域ベースにスポンサー活動の幅も広げ...

2位:ワンバイベット(1xbet)

理由

  • 過去に世界の終わりがいつ来るかのオッズが出ていた
  • 日本の総選挙関連オッズもオッズ対象に
  • 最近は宇宙関連のスペシャルベットも多い

過去に世界の終わりがいつ来るかをオッズ対象にしたり、日本の総選挙関連のオッズなど、ユニークな特別オッズには目が離せません。批判されてもおかしくない際どい視点の賭けも頻繁に登場するため、2位にしました。

あわせて読みたい
1xbetワンバイベットとは?FCバルセロナ グローバルパートナーの実力や入出金方法・キャンペーン情報を解説 このページでは、提供される賭けの幅広さが群を抜き、入出金手段も多数提供されているブックメーカー、1xbet(ワンバイベット)を紹介しています。 無料で1xbet(ワンバ...

ボーナス・プロモーション目線おすすめランキング

ボーナスシーカー(Bonus Seeker)向けではなく、その内容自体が楽しくて、自然と利用したくなるようなものを提供してくれるブックメーカーを3つご紹介します。

1位:スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)

理由

  • 小さな資金で大きなチャンスのプロモが多数
  • リーダーボード(条件で競って上位に賞金)のプロモが豪華

ダントツの1位です。最近のアプリゲームなどのランク付けで言えば、2位以下がAだとしたらSを飛び越えてSSランクと言っても良いくらい抜けています。

参加条件が緩く誰でも気軽に参加できるものが多数、プレイヤー同士で競うタイプのプロモの設定が上手い、賞金額に夢があり、その条件に届かなくても、比較的手が届きやすい位置の救済系の賞金も用意してくれる。2021年4月末~5月あたりから「フリー6-6で賭ける(解説)」の無料で参加できてフリーベットや1000万円がもらえるプロモも登場

2位:ウィリアムヒル(William Hill)

理由

  • 低めのオッズを2.00倍に引き上げるエピックオッズが魅力
  • イベント指定の10ドルベット10ドルフリーベットのプロモ多数
  • コンボベットのオッズで争うリーダーボードプロモが楽しい

以前から、イベント指定で10ドル賭けると10ドルもらえるようなフリーベットが多く登場して、わかりやすく使いやすい点でお勧めでしたが、2022年の夏ごろから、主にプレミアリーグを対象に、エピックオッズという、通常のオッズが1.1倍~1.3倍くらいのマーケットからピックアップして2.00倍に引き上げるという、物凄いオッズが最低週1回は登場しています!

あわせて読みたい
ウィリアムヒル(William Hill) ボーナス、プロモーション、答え合わせ ウィリアムヒル(William Hill)のボーナス・プロモーションを紹介します! ウィリアムヒル(William Hill)サイトヘ 【ウィリアムヒル(William Hill)ボーナス・プロモーシ...

3位:ステイク(Stake.com)

理由

毎週50,000ドル山分け、毎日10,000ドル山分けのハイローラー向けプロモが凄い

スポンサーを務めるワトフォード関連のプロモが充実

初のUFCベッティングパートナーとして関連のプロモも登場

仮想通貨メインなので初心者向けではないものの、提供されるサービスの質は高く、プロモーションもワトフォードが勝利すると仮想通貨のドージーコイン配布など、工夫された内容が多く魅力的です。

あわせて読みたい
ステイク(Stake.com)のボーナス、キャンペーン ブックメーカー、ステイク(Stake.com)のボーナスがもらえるキャンペーンを紹介します! ステイク(Stake.com)サイトヘ/登録時にコードにbookmakerfanでレーキバック10% ...

最新おすすめブックメーカー(bookmaker)

目線別お勧めブックメーカーを参考にしていただきつつ、当サイトでおすすめのブックメーカーをご紹介します。

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)

2020年にビットコインの上昇とともに大躍進!スポンサーを務めるサウサンプトンに2021年2月に南野拓実が加入、同9月にアーセナルに冨安健洋が加入と、日本人選手を引き寄せる強運も持ち合わせるのがスポーツベットアイオーです。2023年現在も、アーセナルとサウサンプトンのスポンサーは継続中で、プレイヤーに対してのVIPツアーが提供されるキャンペーンの登場も増えてきました。

スポーツベットアイオー (Sportsbet.io)

おすすめポイント

  • 簡単登録 ・リーダーボード系キャンペーンが豊富で少ない投資で大きな利益のチャンス
  • 仮想通貨メインで遊ぶとオッズが上がる!
  • 公式スポンサー(ユニフォームにロゴ): サウサンプトン(プレミアリーグ) フラメンゴ(ブラジル1部)
  • ベッティングパートナー(特別オッズやプロモーションが提供される) アーセナル(プレミアリーグ)
  • 元大相撲力士の把瑠都さんがアンバサダーに就任

おすすめ入出金

  • 国内銀行
  • 仮想通貨(推奨)ビットコイン以外にもバイナンスコイン、イーサリアムやリップル、カルダノ、ドージーコインなど利用可能
あわせて読みたい
スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)とは?魅力から入出金方法まで解説 スポーツベットアイオー様には、当サイトの企画レベルブクメの2023-2024シーズンの開催全10回に協賛していただいております!FPLやsorareを利用した簡単参加の企画でア...

ピナクル(Pnnacle)

ブックメーカー界では、以前から異質な魅力を持った存在として認知されているピナクル

有名なのは、アービトラージ歓迎、ボーナスフリーベットは出さずにオッズに還元する(オッズが高い)、規制は基本しない、など、通常のブックメーカーでは信じられないようなサービスを提供し続けています。

2023年現在は、日本人マネージャーも入り、特に日本マーケットに力を入れているピナクルです!

ピナクル(Pinnacle)

2023年2月回よりレベルブクメに協賛していただいおります!

  • ボーナス提供がない分、オッズが高い
  • 規制が基本ない
  • アービトラージOK

おすすめ入出金

  • エコペイズ
  • 仮想通貨
  • JCBカード

解説

あわせて読みたい
【アビトラ歓迎/勝ちすぎてもOK】ブックメーカーPinnacle(ピナクル)でプロベットに挑戦 ピナクル様には、当サイトの企画レベルブクメの2023-2024シーズンの開催全10回に協賛していただいております!FPLやsorareを利用した簡単参加の企画でアマギフなどもら...

188ベット(188BET)

ブックメーカーで異色のF1アジア公式スポンサーを務める188ベット。

F1系の大型プロモーションなどが毎年開催されているため、特にF1好きは、ベッターに限らず要チェックのブックメーカーです。

188ベット

当サイト限定初回入金額の最大50%キャッシュバック(最大USD 50)

  • 2020-2023年F1アジア公式スポンサー
  • アジアに力を入れており、スペシャルベットは、K-POP系など他とは違った角度で提供されています。

おすすめ入出金

  • 国内銀行

更新

  • 188betにトレンドベット機能が追加(人気試合の賭けの傾向がわかります)

その他、バイエルン・ミュンヘンやリヴァプールともユニフォームではないですが、パートナー契約を2021年から結んでいます。

解説

あわせて読みたい
188ベット(188bet)とは?魅力から入出金方法・キャンペーンまで詳しく解説 F1公式アジアスポンサーや、バイエルン・ミュンヘンのエリアパートナー、リバプールの公式アジアベッティングパートナーとアジア地域ベースにスポンサー活動の幅も広げ...

ワンバイベット(1xbet)

ワンバイベット (1xbet)
  • 仮想通貨など多数賭けの幅広さとエンタメ性はNO.1。でも、頻繁に法律紙一重のクオリティに変わる。
  • 私が公式依頼で入出金テストやってます

おすすめ入出金

  • エコペイズ(経由で国内銀行入金可)
  • スティックペイ(経由でATM引出しを実現)
  • マッチベター(経由でJCBカード入金可)
  • 仮想通貨(めちゃくちゃ色々な仮想通貨を使えます)

更新

  • 2020年7月よりLINEでの問い合わせ対応(日本人サポートあり)
  • 当サイトが、1xbetの入出金テストを公式依頼で行っています。
  • 日本マーケット用に1xbet公式の日本部署が運営する「ワンバイナビ」というサイトあり

解説

あわせて読みたい
1xbetワンバイベットとは?FCバルセロナ グローバルパートナーの実力や入出金方法・キャンペーン情報を解説 このページでは、提供される賭けの幅広さが群を抜き、入出金手段も多数提供されているブックメーカー、1xbet(ワンバイベット)を紹介しています。 無料で1xbet(ワンバ...

プロモーション

あわせて読みたい
1xbet(ワンバイベット)のボーナス、キャンペーン ワンバイベット(1xbet)のボーナス・キャンペーンを紹介します! ワンバイベット(1xbet)サイトへ 【1xbet(ワンバイベット)の現在お勧めのプロモーション】 1xbet(ワン...

ウィリアムヒル(William Hill)

英国老舗でシンプルなフリーベット対象プロモが頻繁に登場。昨年から登場したリーダーボード系プロモが2021年も期待できます!

ウィリアムヒル (William Hill)
  • 競馬関連のオッズが充実。フリーベット系プロモ充実の英国最大手の老舗
  • Jリーグ(J1)得点者オッズにも賭けられる(推しの選手にベット!)
  • 相撲への賭けで初めて「決まり手」ごとのオッズを提供

おすすめ入出金

  • エコペイズ
  • マッチベター

解説

あわせて読みたい
ウィリアムヒル(William Hill)とは?英国老舗ブックメーカーの魅力から入出金方法・キャンペーン情報... このページでは、英国老舗ブックメーカーウィリアムヒルの紹介について紹介しています。英国の老舗ブックメーカーウィリアムヒル。ライセンスルールに縛られがちな英国...

プロモーション

あわせて読みたい
ウィリアムヒル(William Hill) ボーナス、プロモーション、答え合わせ ウィリアムヒル(William Hill)のボーナス・プロモーションを紹介します! ウィリアムヒル(William Hill)サイトヘ 【ウィリアムヒル(William Hill)ボーナス・プロモーシ...

ステイク(Stake.com)

ブックメーカーで初めてUFCとのベッティングパートナー契約を結んだブックメーカー。

ハイローラーの方は、遊んでいるだけで、毎週55万円相当の賞金が抽選でもらえたり、ベット額上位になるだけで賞金のチャンスもあります。

サッカーでは、プレミアリーグのワトフォードや、4部のスウィンドン・タウンのスポンサーで関連のプロモも頻繁に登場しています。

  • 複数の仮想通貨をそのままアカウント通貨として利用可能
  • プラットフォームは、スポーツベットアイオーと同じ(構成は独自の要素も加えている)

おすすめ入出金

仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、リップル、ドージーコインなど)

*法定通貨での入金は、計画はあるものの未定(現在あるカナダドルとブラジルレアルは、日本からの入金は不可)

解説

あわせて読みたい
【プロモの角度が魅力的】ステイク(Stake.com)【ハイローラーは特に美味しい】 ステイク(Stake.com)は、日本からでも参加可能なスポーツに賭けて的中すると配当がもらえるブックメーカーです⇒ブックメーカー(bookmaker)について知りたい 【ステイク...
あわせて読みたい
【2024年最新版】ブックメーカーお勧め入出金決済手段 【決済手段目線のみで見たお勧め入出金ランキング】 NO.1は、20bet 表示上の入出金手段は圧倒的(1xbetより多くベガウォレットやタイガーペイも使用可能)。対応仮想通貨...

ブックメーカー(bookmaker)とは?どんな仕組み?

ブックメーカーとは、あらゆるスポーツや出来事に賭けられる日本で言う競馬のようなものです(賭けた時のオッズが採用されるなど違いはありますが。)英語ではbookmakerといいます。また、スポーツブック(英語表記では、Sports BookやSports Booking)、スポーツベット(英語表記では、Sports BetやSports Betting)と呼ばれることもありますが、基本的に同じです。

下の画像は、イギリスの大手「ウィリアムヒル」です。ブックメーカーの仕組みはいたってシンプル。サッカーの試合であれば、「勝ち」「負け」「引き分け」にそれぞれオッズという倍率がつき、賭け額を決めてベット(賭け)します。予想がみごと的中すれば、賭け額×オッズの金額が配当でもらえるという仕組みです。

この画像の場合は、ガンバ大阪対浦和レッズの試合で、オッズがそれぞれ ガンバ大阪の勝利:2.9 引き分け:3.4 浦和レッズの勝利:2.1 となっています。 なので、例えばガンバ大阪の勝利に1,000円賭け、予想通りガンバ大阪が勝てば、配当として1,000×2.9の29,000円がもらえる、というわけです。 

ブックメーカーの特徴は、スポーツ以外にもあらゆる出来事が賭けの対象になることです。例えば、イギリスで「キャサリン妃の赤ちゃんは男の子か、女の子か」オッズ対象になったこともありました。王室系のオッズは多く、2019年には、ヘンリー王子とメイガン妃の子供の名前もオッズ対象になっていました。

ブックメーカーの始め方って?

ブックメーカー発祥の地イギリスでは、上場しているところ多くあります。日本の宝くじ売り場のように、店舗でも賭けられますし、電話やインターネットで賭けることもできます。 日本からは、認可されてライセンスを取得しているブックメーカーにインターネットから参加することになります。 日本から参加するための流れは、ごくごく簡単に説明すると、以下のとおりです。

  1. 利用するブックメーカーへの会員登録
  2. アカウントへの入金
  3. 好きな試合などに賭ける
  4. 配当を得る
  5. アカウントから払い戻す

慣れてきたら、応用編として入出金を簡単にするための決済手段に登録したり、各ブックメーカーのプロモーションを利用してボーナスをもらったりするのもよいでしょう。また、比較してオッズの高いところに賭けてみたり、攻略法を見つけて楽しんだりする方もいます。

ブックメーカーってギャンブルでしょ?公営ギャンブルじゃないギャンブルって違法じゃないの……?」とご心配の方もいるかと思います。

日本でブックメーカーに参加するには、海外で運営されているサイトに日本からアクセスします。ここでアクセスするブックメーカー各社は、それぞれ合法な国で厳正なライセンスを取得して運営されています

ブックメーカー発祥の国イギリスでは、法律でOKどころか、上場して大企業になっているところもあります。このように、社会的地位にも問題なく、人々の日常に浸透しています。

しかしながら、日本ではギャンブルに対する法律がやや複雑で厳しいという事情があります。

みなさんに安心して利用していただくために、当サイトの考えと最近の社会的・法律的な動きについてご紹介します。

当サイトは、海外のオンラインギャンブル合法国在住の日本人の方がブックメーカーに参加するために役に立つ情報を提供する目的で情報提供しているサイトです。

運営会社が英国などで法人として合法に認められており上場していることや、オンラインギャンブル提供が正式に世界に向けて可能と認められている国のライセンスを取得して運営していることなど、信頼できるブックメーカーをしっかり見極めて、個人がインターネットを介して参加するのであれば、自己責任の範囲内であれば問題ないというのが当サイトの考え方です。
(もちろん、店舗で賭けをさせるなどは完全に違法ですが、個人がインターネットを介して参加することについては、インターネットの性質上、賭けが行われているのは、合法国のサーバー内ということになります。)

2016年に入ってから、日本からのブックメーカー参加を違法にするという動きが強くなり、逮捕者が出る事態になりましたが、結果的に裁判で勝訴し、不起訴(無罪)という結果になりましたこれによって、基本的に個人が遊ぶ形であれば、問題がないことが証明されました。

ただし、パチンコOK、公営なら競馬でも競輪でもお金かけてOKだからねという異質な状況から、オンラインギャンブルだけは違法にしたいという不可解な流れは続いており、違法にしたい人たちもいるという点は注意が必要です。また、大腕を振るって、みんなで目立つ形で遊んで良いというものでもないという認識も必要でしょう。

以下は、参考記事からの引用です。

本日時点において,オンラインカジノプレイヤーが対象となった賭博罪被疑事件で争った案件は国内でただひとつであり,そのひとつは,不起訴となった。

言うまでもなく,不起訴は不処罰であり,何らの前科はつかない。平たく言うと「おとがめなし」ということだ。

営利の目的なく個人の楽しみとしてする行為を対象とする単純賭博罪の不当性をうったえ続けている弁護士として,この結果を嬉しく思う。そしてちょっぴり誇りに思う。

賭博罪改正を願う弁護士津田岳宏のブログの記事を引用⇒不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件

つまり、ブックメーカーは違法ではありません⇨が・・・この解釈を覆したいという動きが強いので、日本でのプレーは推奨しません(断言できるのは、日本の住所で登録するところまでは問題ないというところまで。そこからは、基本は当サイトから言えるのは、プレーは問題ない国で行う方が無難ですという感じ。)

ちなみに、このような様々な事情の一方で、八百長などの不正を見つけるためのノウハウをブックメーカーから提供を受けて利用しているケースがあります。

Jリーグは、八百長抑制にブックメーカーのシステムを採用している

上記、ゲキサカより引用

J1、来季から八百長監視システムを導入

ブックメーカーのシステムが、こんな風に利用されてます。

さらに、ワールドカップ2018において、驚きの出来事がありました。それは、

参照:サンスポ(この記事へのリンクは、こちら

大会のオッズを参照して掲載する日本国内の大手メディアは、これまでも結構あったのですが、サンスポのこの記事では、オッズ参照だけでなく、日本マーケットがあることや、そのベットビクター(現在は、日本マーケットからは撤退)のサイトアドレスや、好評受付中とまで表示している。

これが、問題なくなるということは、かなり日本も良い方向に進むと私は感じています。

その後、エンタメとしてじっくり日本人にも浸透していくことを願って進めてきた当サイトの試みは、壊れつつあります。オンラインカジノ方面で、そもそものこの業界の日本での解釈を無視して、儲けの手段として、品のない方向で広めようとする動きが大きくなってしまいました。

2024年現在は、オンラインカジノ方面での出来事から違法解釈に進む流れが強くなっています、お気をつけください。