MENU

【公式依頼で入出金テストやってます】1xbetワンバイベット(決済手段が多彩)【FCバルセロナ グローバルパートナー】

このページでは、提供される賭けの幅広さが群を抜き、入出金手段も多数提供されている、ロシア系ブックメーカー1xbet(ワンバイベット)を紹介しています。

2021年を1xbet本格的紹介再始動元年とします!

理由は、日本語サポート(日本人)が5人体制となった点。その担当の方とのコミュニケーションにより、 できることとできないこと、要望を出して改善できそうなところや、難しそうなところなどが洗い出しやすくなったため。

このページ内での1xbetの紹介の内容も少しずつ変更していく予定です。

2021年5月26日(お知らせ)

2021年4月より、1xbetの日本マーケットの部署(部署がロシアとウクライナの2つあり、それぞれでマーケティングをしているいびつな構造)のロシア側の、よりサポートに近い部署のコンサル的とコンテンツのアドバイス的なところに外部から関わっています。

手探りなので、お手伝いと書いていましたが、2か月ほど関わってきて3か月目も必要としてくれているので、そろそろ仕事として書いても良いかなということで、公式依頼で仕事として挑戦していますと明記しておきます。

既に以前から1xbetをご存知で利用している方は、マイナスのイメージも大きいと思いますが、まあ、関わってみても、1xbetの本体を変えるのは、難しいというか、体質というか、そういうところから戦わなければと、驚きの連続です。

改善点も多すぎですが、逆に、プレイヤー側が、マイナスイメージを盾に、自分のミスを1xbetのせいにして、気分が悪いとツイッターで騒ぐようなケース(そこにフォロワーが多いと迎合されるので、結局1xbetの非にされてしまう)も、これまでは、真実がわからなかったところが、理不尽なことする方も多いのだなと、わかることも多かったり。

また、詐欺に利用するアフィリエイターなどもいて、その手口が酷く、全てアフィリエイターに非があるのに、そこで1xbetを利用されたために1xbetの評価が下がる。

そんなことも起こったりしています。

くどいようですが、1xbet本体の意識が日本マーケットに追いついていないところや、実際に、直すべき点も多いのも事実です(要望は、常に伝えてもらっているものの、日本マーケットのきめ細かさは、世界のマーケットでは、必要ないという判断をされるケースが多くて、改善しない点も多いのが実情。)

できないことも多く見えてきたりしましたが、2か月経過して、やるべきことは、サポートサイドの質向上と強化による評価の向上ということで、このあと触れる、1xbet公式日本語ガイド(ワンバイナビ)に特に力を入れて私は関わっています。

ブックメーカーファンとはまた別の、1xbet側の立ち位置で、1xbetを伝えることで、利用しやすさ、そして、外部の目として、プレイヤー側の理不尽さも伝わっていますということもお伝えしながら、「もう、いらないからクビ!」と言われるまで、できるところまで頑張っていきたいと思います。

(追記:2021年8月で関わってから5か月目に入っていますが、今は大きな課題として、他のブックメーカーで感じていた通りですが、部署内での外国人の権限がある方の数名が、日本人へのサービスに必要なところを、『海外では○○』という逃げ方で向き合わないケースが多発していて、サイトへの情報やその情報の拡散の仕方なども含めて、ほとんど取り組むべきことを受け入れてもらえない流れになっています。できることからやっていますが、少し1xbetの限界も感じるところも最近は出てきています。)

ワンバイナビ(https://onebainavi.com/)とは、一見、紹介サイトのようですが、これは、1xbet公式が運営する紹介ページとす。このページで日本向けの限定プロモなどが開催されます。1xbetの日本語サポートに近い位置で運営されているので、本当に公式運営か信用できないという方は、サポートに聞いていただいてもOKです。

現在開催中(直近終了)の1xBET公式日本語ガイドサイト主催のアマギフプロモ

  • 全米オープンテニス2021男女シングルス優勝選手を予想(~9月11日)
  • 大谷翔平がホームランを打つか(~9月4日)

↓当サイトの1xbetのボーナス・プロモ紹介ページでも情報を追加しています。

あわせて読みたい
1xbet(ワンバイベット)のボーナス、キャンペーン ワンバイベット(1xbet)のボーナス・キャンペーンを紹介します! ワンバイベット(1xbet)サイトへ 【1xbet(ワンバイベット)の現在お勧めのプロモーション】 1xbet(ワン...
目次

1XBET(ワンバイベット)

1XBETについて

SBCアワード2020は、eスポーツオペレーターオブザイヤーを獲得。

SBCアワード2020結果など/英語

SBCアワード2019は、1部門で大賞を受賞。確かに毎週確定でアフィリエイト報酬が出れば支払われるのは、良いですが、提供しているサービスの方での受賞はなかったようです、なるほど。

2021年6月現在、仮想通貨が利用できるブックメーカーは、かなり多くなりましたが、その中でも1xbetは攻め続けていて、かなり多くの仮想通貨を入出金に利用できます。

1XBET(Xは、エックスではなく、かける意味で使われていて読み方もワンバイベットになります。)

色々と面倒な日本マーケットにおいて、決済手段が多種多様というだけでもかなり利用するメリットがあるブックメーカーですが、更に多種多様なのは、アカウントの登録方法。

これは、まず遊ぶという敷居をかなり低くしてくれているものであり、ワンクリックという怪しげなワードでの登録方法を利用すると、本当に国と通貨を選ぶくらいでアカウント登録は終了してログイン可能

もちろん、その後のお金を実際の入出金の手段によって、個人情報の登録や、認証は必要になりますが、とにかく敷居が低いです。SNSのアカウントでの登録も可能で、2021年6月現在では、フェイスブック(facebook)やツイッター(Twitter)のアカウントを利用しての登録やログインもできてしまいます。

ブックメーカーって難しそうだなという方に、驚くほど簡単な作業での参加を可能にしています。仮想通貨を持っている方であれば、実は入出金も簡単(慣れればw)

その多様性が故の危うさを感じてしまう部分もありますが、これまでにないお勧めできる要素がたくさんという結論がワンバイベットです。

■1XBET(ワンバイベット)概要

●ライセンス(licence)オランダ領キュラソー(Curacao)
●ボーナス(bonus)初回入金12300円ボーナス
●ボーナス条件アキュミュレータベット(3試合以上)の1.40倍にボーナスの5倍分の金額を賭ける・・・無理そうなので非推奨
●入金手段(deposit method)クレジットカード(Credit Card)、ビットコイン(bitcoin) 、*他、多くの仮想通貨に対応
お勧め⇒スティックペイ(STICPAY)、エコペイズ(ecoPayz)、マッチベター(MuchBetter)、アイウォレット、アストロペイなど
●言語(language)日本語あり
●払い戻し手段
(withdraw method)
ビットコイン(bitcoin) *他、多くの仮想通貨に対応 お勧め⇒スティックペイ、エコペイズ(ecoPayz)、マッチベター(MuchBetter)、アストロペイなど
→入出金に関しては、管理人がワンバイベットより委託でテストを行っています。随時入出金状況に関してアップしています。
●サポート(support)メール(日本語)は、[email protected] 電話、チャット、LINEなど
*2021年6月現在、日本人サポートが5名います(既に担当の方とやり取りしましたが、かなり質の高い対応をしてくれます。)2021年6月現在のサポート対応時間(日本時間)
平日 PM3時~AM3時
土日祝 PM3時~PM11時
PCのトップページに

LINE公式のボタンが2020年7月から追加されています。ここからLINEで登録すれば、気軽にLINEから問合せが可能です。
↓実際にサポートとやり取りしてみました
●アプリ(APP)iOS,Android共にあり(Yes)
●その他(NB)登録手段が簡単で豊富、メインアカウント以外にサブアカウントとして、マルチカレンシー運用可能。
●アドレス(website)https://www.1xbet.com/ja/(←以前のベースだったこのアドレスは、現在は、エラーになる)⇒現在有効なアドレスは、https://jp.1xbet.com/ja/

1xbet最新情報

1xbetのスポンサー状況(2021年9月9日更新)

イタリア・セリエA、スペイン・ラ・リーガ、FCバルセロナ、アフリカネイションズカップ

のスポーツパートナーになっています。また、eスポーツのチームへのスポンサードにも積極的なようです。

【2021年6月】1xbetアプリ(iPhone用)に便利な方法が追加

2021年現在、App Storeで1xbet関連のアプリが上記4種類表示されてしまうというおかしなことになっているのですが、2021年4月に登場した(上記赤枠のもの)が非常に使いやすいと話題です。

以前は、1xbet公式ページのモバイルページとの連動がない(表示されるアプリのページからだと、このアプリに行きつかなかった)状態でしたが、2021年6月現在は、iOSの端末で1xbetを開いた際のアプリのバナーから直接インストールページへ入るようになりました。

関連のページも作成しましたので、是非参考にしてご利用ください。

【2021年最新版】ワンバイベット1XBETアプリ(便利なアプリを利用しよう)↓

あわせて読みたい
【2021年最新版】ワンバイベット1XBETアプリ(便利なアプリを利用しよう) 2021年6月現在、iOS版で登場したアプリが公式サイトからも連動して紹介されるようになり、公式アプリとなった模様。 ワンバイベット(1xbet)のちょっと複雑なアプリにつ...

サイトアドレスに関して注意

2019年3月19日にhttps://1xbet.com/ja/のアドレス(大半の方がこのアドレスだと思います)で1xbetを開くと、This Website is not available in your country. (このウェブサイトは、あなたの国では利用できません)というエラーが出てしまう状況になっています。

そのアドレスの復旧を待たず、https://jp.1xbet.com/ja/ をご利用ください。

更に、2019年5月中旬からは、1xbetアプリ(私の確認端末はiPhoneなので、アンドロイド端末に関しては不明)がAppを検証できませんと出て開けなくなりました。通常は、デバイス管理で検証すればOKなのですが、それすらできない。色々、日本でインストールが再びできるように、試したようですが、2019年7月時点でもちょっと強引すぎてできないよという内容だったり、それでも実際できないでしょと言う状況。

ワンバイベット(1xbet)紹介をお読みいただきありがとうございました。Thanks

いかがでしたか?

ブックメーカー紹介サイト界隈では、2018年終盤あたりから、非常に風当たりが強くなっているのが1xbetでもありますが、1xbetほど魅力的なコンテンツを提供しているブックメーカーは、他にはまだ出てきていません。

入出金テストを当サイトが受け持たせてもらっているのと同時に、現時点で問題になっているサポートの質の問題、また、日本の常識がわからずに、できるから良いでしょという姿勢で問題の火種になっている事象など、確認でき次第、かなり強い口調で担当者に伝えることを実際にやった結果、2020年夏ごろには、日本マーケット専門の部署が作られ、サポートも含めて日本人5人体制で、まず、一番の問題だったサポート面での改善が急速に進んでいます。

2021年に入り、担当の方とのやり取りで、改善点を頻繁にやり取りしながら進めています。

1xbet自体が巨大な企業になっているため、深いところが変わるのには時間がかかるかもしれませんが、徐々に良くなっているのは確かです。

そうなると、マーケットの幅や視点は群を抜いている1xbetですので、当サイトとしても少しずつですが、紹介をまた強化していく方針です。

2021年は、1xbet再始動元年としてお手伝いしながら紹介していきます!

ワンバイベット(1xbet)

決済手段が多彩!日本人による日本語サポート5名体制で評価上昇中!

面白ければ多少は許せる方へw

仮想通貨、スティックペイ入出金OK

  • 日本語
  • 日本語サポート
  • ロシア系
  • 18歳以上
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる