スポーツベットアイオー(Sportsbet.io) ブックメーカー プロモーション

【スポーツベットアイオー】15試合まとめて賭けて120円が700万円に!?「マルチベットマスターは誰だ!?」キャンペーン

このページでは、人気ブックメーカー『スポーツベットアイオーSportsbet.io』が提供するキャンペーン『マルチベットマスター』を紹介しています。15試合的中させて1.5ビットコイン(約735万円)、15試合は無理でも最上位は、0.15ビットコイン(約73万円)がもらえます!*2021年3月1日時点の1BTCのレート=約490万円で換算

*ビットコインの急激なレートの上昇を受け、2021年1月第2週から15試合的中の賞金が3BTC⇒1.5BTC、最上位の賞金が0.3BTC⇒0.15BTCに変更になっています(参加の最小ベット額が円の場合は120円据え置き、ビットコインの場合の最小額0.1mBTC/100μBTCも据え置きなので、参加費を抑えたい方は、円での参加が現在はお得。)

*仮想通貨推奨のスポーツベットアイオーでは、プロモーションの賞品などで仮想通貨のビットコインがたびたび登場します。その際に、1ビットコイン=1000mBTC(1000,000μBTC)と表記されます。理由は、ビットコインの1に対するレートが高すぎるため、口座残高が0.0001など、小数点でわかりにくくなることを防ぐため(のはず。)

ブックメーカーに関して

友だち追加

ダメだし犬
↑わからなかったらLINEでブクメに聞いてしまおう

マルチベットマスター

2021年2月第4週

↓2月第4週対象試合と結果

イングランド・プレミアリーグ 5試合(ウェスト・ブロムウィッチ 1-0 ブライトン・ホーブ・アルビオン、リーズ 0-1 アストン・ヴィラ、ニューカッスル 1-1 ウォルヴァーハンプトン、クリスタル・パレス 0-0 フラム、チェルシー 0-0 マンチェスター・ユナイテッド)

スペイン・ラリーガ 3試合(レヴァンテ 1-1 アスレチック・ビルバオ、エイバル 1-1 ウエスカ、グラナダ 2-1 エルチェ)

ドイツ・ブンデスリーガ 3試合(シュツットガルト 5-1 シャルケ04、ウニオン・ベルリン 1-1 ホッフェンハイム、マインツ05 0-1 アウグスブルク

イタリア・セリエA 3試合(トリノ 延期 サッスオロ、ボローニャ 2-0 ラツィオ、ASローマ 1-2 ACミラン

フランス・リーグアン 1試合(ボルドー 1-2 メス

フェイバリットで賭けた場合に、2試合(1試合は延期)しか的中しない、波乱が多い週で、9試合的中させた方が、最上位になりました。

2021年2月第4週のフェイバリット(オッズが最も低い人気の高いもの)参考にどうぞ

フェイバリットで賭けた場合は、何試合的中?⇒波乱だらけで、たったの2試合でした。

*2021年2月25日17時時点のオッズのため、試合によってはフェイバリットが入れ替わる可能性もあります

2021年2月第3週

↓2月第3週対象試合と結果

イングランド・プレミアリーグ 5試合(ウォルヴァーハンプトン 1-0 リーズ、バーンリー 0-0 ウェスト・ブロムウィッチ、フラム 1-0 シェフィールド・ユナイテッド、アストン・ヴィラ 1-2 レスターマンチェスター・ユナイテッド 3-1 ニューカッスル)

スペイン・ラリーガ 4試合(ベティス 1-0 ヘタフェ、エルチェ 1-0 エイバル、ヴァレンシア 2-0 セルタ、レアル・ソシエダ 4-0 アラヴェス)

ドイツ・ブンデスリーガ 3試合(ボルシアMG 1-2 マインツ05、1.FCケルン 0-1 シュツットガルト、シャルケ04 0-4 ボルシア・ドルトムント

イタリア・セリエA 2試合(ACミラン 0-3 インテルアタランタ 4-2 ナポリ)

フランス・リーグアン 1試合(サンテティエンヌ 1-1 レイム)

2/22 17時時点のランキングが最終として書きます(夜に最終更新がされるケースが頻繁にあるため、おそらく最終順位ですが、暫定として置いています。⇒確定)

フェイバリットだけで11試合的中という週で12連勝2名が最上位。2月22日のビットコインが600万円越えをしているため、2名で分けても45万円ずつくらいとすごいことになってます!

2021年2月第3週のフェイバリット(オッズが最も低い人気の高いもの)参考にどうぞ

フェイバリットで賭けた場合は、たったの11試合的中でした。

*2021年2月18日20時時点のオッズのため、試合によってはフェイバリットが入れ替わる可能性もあります

2021年2月第2週

↓2月第2週対象試合と結果

イタリア・セリエA 5試合(ボローニャ 1-1 ベネヴェント、ナポリ 1-0 ユヴェントス、ASローマ 3-0 ウディネーゼ、サンプドリア 2-1 フィオレンティーナ、インテル 3-1 ラツィオ)

イングランド・プレミアリーグ 4試合(レスター 3-1 リヴァプール、ブライトン・ホーブ・アルビオン 0-0 アストン・ヴィラ、サウサンプトン 1-2 ウォルヴァーハンプトン、エヴァートン 0-2 フラム

スペイン・ラリーガ 4試合(セルタ 3-1 エルチェ、エイバル 1-1 ヴァジャドリッド、レアル・マドリッド 2-0 ヴァレンシア、ヴィジャレアル 1-2 ベティス

ドイツ・ブンデスリーガ 2試合(シュツットガルト 1-1 ヘルタ・ベルリン、ヴェルダー・ブレーメン 0-0 フライブルク)

フェイバリット(オッズ上可能性が一番高いとされるもの)に賭けた場合たったの4試合しか的中しないという引分けや波乱が多い週となる中で10試合的中で単独最上位の方が出ています(⇒訂正、2名でした。月曜日午後にチェックしたので最終結果かと思いましたが、最終更新がその後あったようです。)・・・私は5試合的中w

↑訂正

2021年2月第2週のフェイバリット(オッズが最も低い人気の高いもの)参考にどうぞ

フェイバリットで賭けた場合は、たったの4試合的中でした。

*2021年2月11日18時時点のオッズのため、試合によってはフェイバリットが入れ替わる可能性もあります

2021年2月第1週

2月第1週は、NFLのスーパーボウル対象に内容は違うものの、その試合の15種類の事象系のマルチベットのプロモが組まれていることから、同系統があるから、マルチベットマスターはなしという解釈なのかもしれません。⇒この週は、キャンペーンの項目からマルチベットマスター自体が消え、対象になりませんでした。

2021年1月第5週

↓1月第5週対象試合と結果

イングランド・プレミアリーグ 6試合(エヴァートン 0-2 ニューカッスル、アーセナル 0-0マンチェスター・ユナイテッド、サウサンプトン 0-1 アストン・ヴィラ、レスター 1-3リーズ、ウェストハム 1-3リヴァプールブライトン・ホーブ・アルビオン 1-0 トッテナム)

イタリア・セリエA 3試合(トリノ 1-1 フィオレンティーナ、ボローニャ 1-2 ACミラン、アタランタ 1-3 ラツィオ

ドイツ・ブンデスリーガ 2試合(バイエルン・ミュンヘン 4-1 ホッフェンハイム、RBライプツィヒ 1-0 レヴァークーゼン)

スペイン・ラリーガ 2試合(ヴィジャレアル 1-1 レアル・ソシエダ、バルセロナ 2-1 アスレチック・ビルバオ)

フランス・リーグアン 1試合 (リヨン 2-1 ボルドー)

⚽リベルタドーレスカップ決勝 1試合(パルメイラス 1-0 サントス)

今回は、文句なしの2位以下に2試合差をつけて12試合的中のsat******aさんが最上位となりました。

フェイバリットに賭けた場合の的中は7試合と、オッズ通りにならない結果が多く、その中でも、フェイバリットが引分けに持ち込まれたわけではなく、完全に不利なチームが快勝しているケースも目立つ中での12試合的中は、ただただ凄いです。

2021年1月第5週のフェイバリット(オッズが最も低い人気の高いもの)参考にどうぞ

フェイバリットで賭けた場合は、約半分の7試合的中でした。

*2021年1月29日0時時点のオッズのため、試合によってはフェイバリットが入れ替わる可能性もあります

2021年1月第4週

↓1月第4週対象試合と結果

イングランド・プレミアリーグ 1試合(アストン・ヴィラ 2-0 ニューカッスル)

FAカップ 4試合(サウサンプトン 1-0 アーセナル、ブレントフォード 1-3 レスターマンチェスター・ユナイテッド 3-2 リヴァプール)

ドイツ・ブンデスリーガ 3試合(ボルシアMG 4-2 ボルシア・ドルトムント、レヴァークーゼン 0-1 ヴォルフスブルク、シャルケ04 0-4 バイエルン・ミュンヘン

イタリア・セリエA 2試合(ACミラン 0-3 アタランタラツィオ 2-1 サッスオロ)

フランス・リーグアン 2試合 (パリ・サンジェルマン 4-0 モンペリエ、モナコ 3-1 マルセイユ)

スペイン・ラリーガ 2試合(レアル・ソシエダ 2-2 ベティス、アトレチコ・マドリッド 3-1 ヴァレンシア)

⚽コパ・スダメリカーナ決勝 1試合(ラヌース 0-3 デフェンサ・イ・フスティシア

イングランド2部チャンピオンシップ1試合(ストーク 1-2 ワトフォード

2020年7月第4週以来の最上位が13試合的中まで届く展開になりました。下でも紹介していますが、フェイバリットに賭けておけば10試合的中というオッズ上順当な結果が多いため高い数字での接戦となりました。

2021年1月第4週のフェイバリット(オッズが最も低い人気の高いもの)参考にどうぞ

今回は、フェイバリットに賭けておくだけで10試合的中できる順当な週になりました。

*2021年1月22日0時時点のオッズのため、試合によってはフェイバリットが入れ替わる可能性もあります

2021年1月第3週

↓1月第3週対象試合と結果

イングランド・プレミアリーグ 6試合(リーズ 0-1 ブライトン・ホーブ・アルビオン、フラム 0-1 チェルシーレスター 2-0 サウサンプトン、アストン・ヴィラ 延期 エヴァートン、シェフィールド・ユナイテッド 1-3 トッテナム、リヴァプール 0-0 マンチェスター・ユナイテッド)

イタリア・セリエA 3試合(ラツィオ 3-0 ASローマ、ナポリ 6-0 フィオレンティーナ、インテル 2-0 ユヴェントス)

ドイツ・ブンデスリーガ 2試合(ヴォルフスブルク 2-2 RBライプツィヒ、シュツットガルト  2-2 ボルシアMG)

ポルトガル1部 1試合(FCポルト 1-1 ベンフィカ)

オランダ1部 1試合(アヤックス 1-0 フェイエノールト)

⚽トルコ1部 1試合(ベジクタシュ 2-0 ガラタサライ)

イングランド2部チャンピオンシップ1試合(ワトフォード 2-0 ハダースフィールド)

1月第3週は、11試合的中の方2名が最上位で0.075BTCずつ分け合う形になりました。2021年1月18日のビットコインのレートは約370万円なので、約27万円くらいずつですね。

フェイバリットのみに賭けていれば8試合的中となる週だったため、上位直接対決で想定できた引分けなど当てられるかが鍵となった感じですかね。

2021年1月第3週のフェイバリット(オッズが最も低い人気の高いもの)参考にどうぞ

今回は全てフェイバリットに賭けていたら8試合的中(1試合延期)でした。

*2021年1月14日18時時点のオッズのため、試合によってはフェイバリットが入れ替わる可能性もあります

2021年1月第2週

*2020年のビットコインの高騰を受け、この週から15試合的中の賞金が3ビットコイン⇒1.5ビットコインに変更、最上位の賞金も0.3ビットコイン⇒0.15ビットコインに変更になっています。

↓1月第2週対象試合と結果

イングランドFAカップ 4試合(アストン・ヴィラ 1-4 リヴァプール、アーセナル 0-0 ニューカッスル*結果自体は延長2-0アーセナルですが、1x2なので、結果は0-0引分け扱い、マンチェスター・ユナイテッド 1-0 ワトフォード、サウサンプトン 延期 シュルースバリー

イタリア・セリエA 4試合(ベネヴェント 1-4 アタランタ、ASローマ 2-2 インテル、パルマ 0-2 ラツィオ、ウディネーゼ 1-2 ナポリ

スペイン・ラ・リーガ 3試合(セルタ 0-4 ヴィジャレアルセヴィージャ 3-2 レアル・ソシエダ、アトレチコ・マドリッド 延期 アスレチック・ビルバオ

ドイツ・ブンデスリーガ 2試合(ボルシアMG 3-2 バイエルン・ミュンヘン、RBライプツィヒ 1-3 ボルシア・ドルトムント

オランダ1部エールディヴィジ 1試合(アヤックス 2-2 PSVアイントフォーヘン)

ブラジル全国選手権 1試合(フラメンゴ 0-2 セアラー

最終結果。

2試合が延期になるなか、9連勝4名が最上位となりました。1人0.0375BTCが進呈。2021年1月9日~10日に1ビットコインが一気に400万円から350万円ほどまで下がるなど、不安定な動きを見せていますが、350万円計算だと、一人13万円ほどになります。もちろん、最近の傾向からすると、一旦ストンと落ちても、また上昇して軽く400万円を超えて上に行くという可能性もありますので、引き出しどころが難しいところですね。

8試合終了(2試合延期)時点のリーダーボード↓

2021年1月第2週のフェイバリット(オッズが最も低い人気の高いもの)参考にどうぞ

今回は全てフェイバリットに賭けていたら7試合的中(2試合延期)でした。

*2021年1月6日15時時点のオッズのため、試合によってはフェイバリットが入れ替わる可能性もあります

***

2021年1月第1週

↓1月第1週対象試合と結果

イングランド・プレミアリーグ 7試合(エヴァートン 0-1 ウェストハムマンチェスター・ユナイテッド 2-1 アストン・ヴィラ、トッテナム 3-0 リーズ、ブライトン・ホーブ・アルビオン 3-3 ウォルヴァーハンプトン、ウェスト・ブロムウィッチ 0-4 アーセナル、ニューカッスル 1-2 レスター、チェルシー 1-3 マンチェスター・シティ

ドイツ・ブンデスリーガ 3試合(アイントラハト・フランクフルト 2-1 レヴァークーゼン、シュツットガルト 0-1 RBライプツィヒボルシア・ドルトムント 2-0 ヴォルフスブルク)

スペイン・ラ・リーガ 3試合(ベティス 1-1 セヴィージャ、レアル・マドリッド 2-0 セルタ、アラヴェス 1-2 アトレチコ・マドリッド

イタリア・セリエA 1試合(アタランタ 5-1 サッスオロ)

イングランド2部チャンピオンシップ1試合(スウォンジー 2-1 ワトフォード)

1月4日午後15時現在では、最上位が12試合的中で7名となっていますが、先週この時間で最終結果と思っていたら、夜に再度更新になっていたので、夜遅めくらいに再度チェックして最終結果としてスクリーンショットなど追加します。

↓結局、夜になってもそのままだったので、確定でしょうということで、今回は順当な試合が多いため、0.3ビットコインを7人で分ける形になりましたが、1ビットコインが300万円を超える状況のため、一人当たり13万円あたりはもらえる計算に。

2021年1月第1週のフェイバリット(オッズが最も低い人気の高いもの)参考にどうぞ

対象全試合15試合が終了し、フェイバリットで賭けた場合は11試合が的中(以下のデータでスウォンジーvsワトフォードで間違ってワトフォードに赤枠を付けてしまいましたが、フェイバリットはスウォンジーの方です。)

2020年12月第4週

↓12月第4週対象試合と結果

イングランド・プレミアリーグ 8試合(レスター 2-2 マンチェスター・ユナイテッド、フラム 0-0 サウサンプトン、アーセナル 3-1 チェルシー、マンチェスター・シティ 2-0 ニューカッスル、シェフィールド・ユナイテッド 0-1 エヴァートンリーズ 1-0 バーンリー、ウェストハム 2-2 ブライトン・ホーブ・アルビオン、ウォルヴァーハンプトン 1-1 トッテナム)

ブラジル・全国選手権 2試合(アトレチコ・ミネイロ 2-0 コリーチバ、フォルタレーザ 0-0 フラメンゴ)

オランダ1部 1試合(ユトレヒト 2-2 AZアルクマール)

ベルギー1部 1試合(アンデルレヒト 2-0 ベールスホット)

ポルトガル1部 1試合(ベレネンセス 1-2 スポルティング・リスボン

⚽トルコ1部 1試合(トラブゾンスポル 0-2 ガラタサライ

イングランド2部チャンピオンシップ1試合(ワトフォード 1-0 ノーリッジ)

↑昼過ぎの更新で確認したものを以下載せましたが、夕方に更新がされており、最後の1試合の適用がされていなかったようで、改めて更新されたものでは、1名が12試合的中で単独最上位で0.3ビットコイン獲得となりました。1名で80万円以上相当ということで、めちゃくちゃ羨ましい限りです

↓以下は、暫定

2020年最後のマルチベットマスターは、11試合的中の方が2名が最上位で0.15ビットコインずつとなりました。結果発表の12月28日前後は、ビットコインの変動が大きく、一時は、290万円を超えるところになり、その後一気に下落して270万円を切るくらいになりましたが、12月28日の昼くらいで280万円前後で推移しています。

このレートで計算すると、1人42万円ほどとなります。ちょっとした1位賞金を軽く超えるくらいの大きめの金額となりました。

今回から、オッズが一番低い(順当とみられるもの/フェイバリットFavoriteと呼ばれる)ところを全て選択した場合には何試合的中したかを残すため、一定の時点での最も低いオッズを以下のように残して最終結果後に眺めてみたいと思います。2020年12月22日17時時点のオッズ(赤枠はこの時点で最も低いオッズ)

12月第4週は、フェイバリットのみで賭けた場合は、8試合的中となりました。

2020年12月第3週

↓12月第3週対象試合と結果

イングランド・プレミアリーグ 5試合(クリスタル・パレス 0-7 リヴァプール、サウサンプトン 0-1 マンチェスター・シティエヴァートン 2-1 アーセナル、トッテナム 0-2 レスターマンチェスター・ユナイテッド 6-2 リーズ)

イタリア・セリエA 3試合(サッスオロ 1-2 ACミランアタランタ 4-1 ASローマ、ラツィオ 2-0 ナポリ)

ドイツ・ブンデスリーガ 3試合(ウニオン・ベルリン 2-1 ボルシア・ドルトムント、ボルシアMG 1-2 ホッフェンハイム、レヴァークーゼン 1-2 バイエルン・ミュンヘン

スペイン・ラ・リーガ 1試合(バルセロナ 2-2 ヴァレンシア)

フランス・リーグアン 1試合 (リール 0-0 パリ・サンジェルマン)

ブラジル・全国選手権 1試合(フラメンゴ 4-3 バイーア)

イングランド2部チャンピオンシップ1試合(ハダースフィールド 2-0 ワトフォード)

リーダーボードの更新時間が日本時間の11時40分あたりで表示されていたので、確定と思いつつ、対象試合のいくつかが結果で確定表記になっていなかったので、しばらく様子を見ましたが、16時頃に結果が全て確定表記になっても、リーダーボードはそのままなので、今回は、なんと、約半分の8試合的中の3名が最上位となりました。

もちろん波乱も多かったものの、順当なところだけ並べても8試合的中くらいは行きそうな結果だったので、この数字には驚きました。

12月21日時点のビットコインのレートがなんと、240万円まで跳ね上がっているので、0.3ビットコインの3人山分けで0.1ビットコインずつになっても、1人当たり、約24万円がもらえるということになります!

↓ちなみに、今回は、6試合的中でダメダメと思っていましたが、最上位まで2試合差と考えると、割と惜しかったのかなと思いつつの結果でした(ドルトムントの不調とウニオン・ベルリンの好調で、ドルトムントが勝てなそうとは思っていましたが、引分けを選んでしまったり、怪しさを感じていたものの、アイオーがスポンサーということで、サウサンプトンとワトフォードは勝ちにしたことなど悔やまれますw)

2020年12月第2週

↓12月第2週対象試合と結果

イングランド・プレミアリーグ 6試合(リーズ  1-2 ウェストハム、ウォルヴァーハンプトン 0-1 アストン・ヴィラ、マンチェスター・ユナイテッド 0-0 マンチェスター・シティ、エヴァートン 1-0- チェルシー、サウサンプトン 3-0 シェフィールド・ユナイテッド、アーセナル 0-1 バーンリー

スペイン・ラ・リーガ 2試合(ヴァレンシア 2-2 アスレチック・ビルバオ、レアル・マドリッド 2-0 アトレチコ・マドリッド)

イタリア・セリエA 2試合(アタランタ 3-0 フィオレンティーナ、ジェノア 1-3 ユヴェントス

フランス・リーグアン 2試合 (マルセイユ 2-1 モナコ、パリ・サンジェルマン 0-1 リヨン

ドイツ・ブンデスリーガ 1試合(レヴァークーゼン 4-1 ホッフェンハイム)

ブラジル・全国選手権 1試合(フラメンゴ 4-1 サントス)

イングランド2部チャンピオンシップ1試合(バーミンガム 0-1 ワトフォード

パリ・サンジェルマンやアーセナルなど、パッと見順当に勝ちそうなチームがホームで敗れるなどの波乱があるなか、今週も重複はなく、11試合的中の1名が最上位となりました。ビットコインは今週180万円台まで下がるタイミングもありましたが、月曜日には200万円あたりに戻っているので、0.3ビットコイン⇒約60万円です。

↓ちなみに私は7試合でした。

2020年12月第1週

↓12月第1週対象試合と結果

イングランド・プレミアリーグ 4試合(ウェストハム 1-3 マンチェスター・ユナイテッドチェルシー 3-1 リーズ、トッテナム 2-0 アーセナル、リヴァプール 4-0 ウォルヴァーハンプトン)

ドイツ・ブンデスリーガ 3試合(アイントラハト・フランクフルト 1-1 ボルシア・ドルトムント、バイエルン・ミュンヘン 3-3 RBライプツィヒ、シャルケ04 0-3 レヴァークーゼン

スペイン・ラ・リーガ 2試合(アスレチック・ビルバオ 0-2 セルタ、セヴィージャ 0-1 レアル・マドリッド

イタリア・セリエA 3試合(インテル 3-1 ボローニャ、ASローマ 0-0 サッスオロ、サンプドリア 1-2 ACミラン

フランス・リーグアン1試合 (モンペリエ 1-3 パリ・サンジェルマン

ブラジル・全国選手権1試合(ボタフォゴ 0-1 フラメンゴ

イングランド2部チャンピオンシップ1試合(ワトフォード 0-1 カーディフ

久しぶりに、かなり順当な結果の試合が多かった中で、最上位の方は12連勝が1名となりました。これで、3週連続で、単独最上位で0.3BTC獲得ですね、今週も1ビットコイン200万円あたりなので、約60万円相当、羨ましい!

↓私は、8試合のみ

2020年11月第4週

↓11月第4週対象試合と結果

イングランド・プレミアリーグ 6試合(クリスタル・パレス 0-2 ニューカッスル、ブライトン・ホーブ・アルビオン 1-1 リヴァプール、エヴァートン 0-1 リーズ、サウサンプトン 2-3 マンチェスター・ユナイテッド、チェルシー 0-0 トッテナム、アーセナル 1-2 ウォルヴァーハンプトン)

ドイツ・ブンデスリーガ 2試合(ボルシアMG 4-1 シャルケ04、レヴァークーゼン 0-0 ヘルタ・ベルリン)

スペイン・ラ・リーガ 2試合(ヴァレンシア 0-1 アトレチコ・マドリッド、レアル・ソシエダ 1-1 ヴィジャレアル)

イタリア・セリエA 4試合(サッスオロ 0-3 インテル、アタランタ 0-2 ヴェローナ、ACミラン 2-0 フィオレンティーナ、ナポリ 4-0 ASローマ)

イングランド2部チャンピオンシップ1試合(ワトフォード 4-1 プレストン)

引分け4試合、驚きの波乱も多かった15試合でしたが、今回も最上位が10試合までしか届かなかったものの、複数で分け合うということがなく単独でbur******3さんが0.3mBTC獲得!この1週間は、一時的にビットコインの暴落があって170万円ほどまで下がるタイミングもありましたが、賞金が進呈される月曜日には、再び190万円を超えるところまで戻しているので、約57万円獲得です!

ちなみに、私もマルチベットマスターに参加しだしてから初の15試合でたったの2試合しか的中しないという結果にw↓

2020年11月第3週

↓11月第3週対象試合と結果

イングランド・プレミアリーグ 5試合(ニューカッスル 0-2 チェルシー、トッテナム 2-0 マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド 1-0 ウェスト・ブロムウィッチ、リーズ 0-0 アーセナル、リヴァプール 3-0 レスター)

ドイツ・ブンデスリーガ 3試合(シャルケ04 0-2 ヴォルフスブルク、アイントラハト・フランクフルト 1-1 RBライプツィヒ、ヘルタ・ベルリン 2-5 ボルシア・ドルトムント)

スペイン・ラ・リーガ 3試合(ヴィジャレアル 1-1 レアル・マドリッド、アトレチコ・マドリッド 1-0 バルセロナ、アラヴェス 2-2 ヴァレンシア)

イタリア・セリエA 2試合(インテル 4-2 トリノ、ナポリ 1-3 ACミラン)

フランス・リーグアン1試合(モナコ 3-2 パリ・サンジェルマン)

イングランド2部チャンピオンシップ1試合(クイーンズ・パーク・レンジャーズ 1-1 ワトフォード)

5試合引分け、ちょっとした波乱もポツポツあった11月第3週の中で、11試合的中したmit******rさんが単独で最上位で0.3ビットコイン獲得!11月23日前後でビットコインのレートが190万円あたりまできているので、57万円相当!なかなかすごい!

↓私は、私にとって割と多い初日(金曜日開催の試合)は的中と好スタートを切って、そこから外れまくる流れで引分け2つ当てたりはしたものの、合計で6試合的中にとどまり惨敗w

2020年11月第2週

↓11月第2週対象試合と結果

ワールドカップ南米予選 3試合(コロンビア 0-3 ウルグアイ、チリ 2-0 ペルー、ブラジル 1-0 ヴェネズエラ)

UEFAネーションズリーグ・リーグA 8試合(スウェーデン 2-1 クロアチア、ドイツ 3-1 ウクライナ、スイス 1-1 スペイン、ポルトガル 0-1 フランス、デンマーク 2-1 アイスランド、オランダ 3-1 ボスニア・ヘルツェゴビナ、イタリア 2-0 ポーランド、ベルギー 2-0イングランド)

UEFAネーションズリーグ・リーグB 1試合(トルコ 3-2 ロシア)

ブラジル全国選手権セリエA 3試合(サントス 2-0 インテルナシオナル、パルメイラス 2-0 フルミネンセ、フラメンゴ 1-1 アトレチコ・ゴイアニエンセ)

引分け2試合、割と順当という流れで、かなり多く的中させた方が多かったため、11試合的中が16名とかなり出ていますが、そんな中で、1名が12試合的中!

0.3ビットコイン獲得。11月16日時点のビットコインのレートが170万円をこえているため、50万円以上!すばらしい!

2020年11月第1週

↓11月第1週対象試合と結果

イングランド・プレミアリーグ6試合(サウサンプトン 2-0 ニューカッスル、エヴァートン 1-3 マンチェスター・ユナイテッド、ウェスト・ブロムウィッチ 0-1 トッテナム、レスター 1-0 ウォルヴァーハンプトン、マンチェスター・シティ 1-1 リヴァプール、アーセナル 0-3 アストン・ヴィラ)

イタリア・セリエA3試合(サッスオロ 0-0 ウディネーゼ、ラツィオ 1-1 ユヴェントス、アタランタ 1-1 インテル)

ドイツ・ブンデスリーガ2試合(ボルシア・ドルトムント 2-3 バイエルン・ミュンヘン、レヴァークーゼン 4-3 ボルシアMG)

スペイン・ラ・リーガ2試合(バルセロナ 5-2 ベティス、ヴァレンシア 4-1 レアル・マドリッド)

イングランド2部チャンピオンシップ1試合(ワトフォード 3-2 コヴェントリー)

⚽ブラジル全国選手権1試合(アトレチコ・ミネイロ 4-0 フラメンゴ)

本日の朝の段階では、9試合的中が大多数という状況でしたが、最後のブラジル全国選手権の結果が追加されたところでの最終結果で10試合的中が3名に絞られました。0.3ビットコインを3名で分けるということで、0.1ビットコインずつになりますが、ちょうど、ビットコインも160万円前後に高騰していることから、日本円に直すと、16万円ずつくらいですね。

おめでとうございます!

↓私は、5試合と散々な結果でしたw

この週にこれだけの試合が集まるかというくらい、11月第1週は、今シーズン好調のチームや強豪チームの直接対決が多数集まっています。予想が難しいw

2020年10月第5週

↓10月第5週対象試合と結果

イングランド・プレミアリーグ5試合(ウォルヴァーハンプトン 2-0 クリスタル・パレス / シェフィールド・ユナイテッド 0-1 マンチェスター・シティ / バーンリー 0-3 チェルシー / アストン・ヴィラ 3-4 サウサンプトン / マンチェスター・ユナイテッド 0-1 アーセナル)

ドイツ・ブンデスリーガ3試合(シャルケ04 1-1 シュツットガルト / アルミニア・ビーレフェルト 0-2 ボルシア・ドルトムント / ボルシアMG 1-0 RBライプツィヒ)

イタリア・セリエA3試合(クロトーネ 1-2 アタランタ / ASローマ 2-0 フィオレンティーナ / サンプドリア 1-1 ジェノア)

スペイン・ラ・リーガ2試合(アスレチック・ビルバオ 2-1 セヴィージャ / アラヴェス 1-1 バルセロナ)

イングランド2部チャンピオンシップ1試合(バーンスリー 1-0 ワトフォード)

⚽ブラジル全国選手権1試合(フラメンゴ 1-4 サンパウロ)

今回は、10試合的中の2名が最上位となりました。残り5試合くらいでチェックした時には、既に8試合的中が複数、7試合的中がかなり多いという状況でしたが、その後の試合で伸ばせない方が多かったようです。

↓私は、6試合的中でした。完敗ですね。

現地10月30日試合終了時経過(2試合終了時で、全勝は既に消え、1試合的中が最上位で多数。私もここw)

2020年10月第4週

対象試合と結果⇒ サッスオロ 3-3 トリノ / アストン・ヴィラ 0-3 リーズ / ウェスト・ハム 1-1 マンチェスター・シティ / RBライプツィヒ 2-1 ヘルタ・ベルリン / バルセロナ 1-3 レアル・マドリッド / ジェノア 0-2 インテル / マンチェスター・ユナイテッド 0-0 チェルシー / ボルシア・ドルトムント 3-0 シャルケ04 / アトレチコ・マドリッド 2-0 ベティス / サウサンプトン 2-0  エヴァートン / ウォルヴァーハンプトン 1-1 ニューカッスル / ヴェルダー・ブレーメン 1-1 ホッフェンハイム / アーセナル 0-1 レスター / リヨン 4-1 モナコ / インテルナシオナル 2-2 フラメンゴ

↓10月第4週結果(6試合と多めに引分けが出た中で、lee******4さんが11試合的中で単独最上位に!私は、土曜日の段階で最上位と1試合違いの6試合的中からの日曜日は、レスター勝利しか当たらず合計7試合でした。)

↓10月第4週対象(イングランド・プレミアリーグ6試合、ドイツ・ブンデスリーガ3試合、イタリア・セリエA2試合、スペイン・ラ・リーガ2試合、フランス・リーグアン1試合、ブラジル全国選手権1試合)となります。

2020年10月第3週

対象試合と結果⇒ニーム 0-4 パリ・サンジェルマン、グラナダ 1-0 セヴィージャ、エヴァートン 2-2 リヴァプール、ホッフェンハイム 0-1 ボルシア・ドルトムント、チェルシー 3-3 サウサンプトン、インテル 1-2 ACミラン、マルセイユ 3-1 ボルドー、アヤックス 5-1 ヘーレンフェーン、シェフィールド・ユナイテッド 1-1 フラム、モナコ 1-1 モンペリエ、ヴィジャレアル 2-1 ヴァレンシア、トッテナム 3-3 ウェストハム、レスター 0-1 アストン・ヴィラ、ASローマ 5-2 ベネヴェント、ベティス 0-3 レアル・ソシエダ

↓10月第3週結果(最上位の方は、11試合的中が2名。金曜日のパリ・サンジェルマン大勝スタートで、今回も順当な流れかと思いきや、土曜日以降で実際順当な結果も多かったとはいえ、引分けが5試合出るという流れでの11試合的中を見ると、今週もこの2人スゲー!となりますw 私は・・・先週より悪い5試合的中w)

↓10月第3週対象(イングランド・プレミアリーグ5試合、フランス・リーグアン3試合、スペイン・ラ・リーガ3試合、イタリア・セリエA2試合、ドイツ・ブンデスリーガ1試合、オランダ・エールディヴィジ1試合)となっています。代表戦ウィーク明けのリーグ戦にしては、なかなかの好カードぞろいで色々な要素が絡みそうで、これまた予想が難しい。

2020年10月第2週

対象試合と結果⇒ブラジル 5-0 ボリヴィア / コロンビア 3-0 ヴェネズエラ / ウクライナ 1-2 ドイツ / スペイン 1-0 スイス / ヴァスコ・ダ・ガマ  1-2 フラメンゴ / アトランタ 0-1 ニューヨーク・レッドブルズ / パルメイラス 0-2 サンパウロ / アイルランド 0-0 ウェールズ / クロアチア 2-1 スウェーデン / イングランド 2-1 ベルギー / フランス 0-0 ポルトガル / ポーランド 0-0 イタリア / ニューヨーク・シティ 1-2 ニューイングランド・レヴォリューション / オーランド・シティ 延期 コロンバス・クルー / パルメイラス 0-2 サンパウロ

↓最終結果。最上位の方は11試合的中の1名に。7試合終了時に6試合的中が50人以上いる状況で、1試合が延期になり除外され全14試合となった中で、その後引き分けも3試合でた中での単独の11試合はただただ凄いと思います・・・私は・・・結局、その後外れまくって6試合的中のみでしたw)

↓10月10日(対象試合7試合終了時点)超順当4試合が超順当な結果に終わり、その他の試合もオッズが低い方に賭けて置けば的中ということで、全試合的中は消えたものの、6試合的中が50人で収まらなくらいになっていますw

↓10月第2週対象(UEFAネーションズリーグ、リーグA6試合、リーグB2試合、ワールドカップ南米予選2試合、ブラジル全国選手権2試合、アメリカMLS3試合)となっています!難しい代表戦+アメリカ色強めの対象試合構成となっています。

2020年10月第1週

↓10月第1週結果(大波乱も多く起こった回となりましたが、9試合的中が8名となりました。私は6試合的中)*ユヴェントスvsナポリは延期(or不戦勝扱い)で実質14試合

↓最初のサンプドリア引分け的中スタートでしたし、そこそこ波乱も起こりそうな気がして波乱を混ざていたのですが、その辺がことごとく逆に進みという形の6試合のみの的中でした。

↓10月第1週対象試合(プレミアリーグ5試合、セリエA3試合、ラ・リーガ3試合、ブンデスリーガ1試合、フランスリーグアン1試合、ロシアプレミアリーグ1試合、ブラジル全国選手権1試合)

2020年9月第4週

↓9月第4週結果出ました。10試合的中が5名と言う結果になりました。それにしても超順当と思われた強豪が大敗など驚きの先週末でしたね。。そうそうに私はダメかと思っていたのですが、終わってみれば、8試合的中していたので、惜しかったのかも?

↓9月第4週対象(プレミアリーグ4試合、ブンデスリーガ3試合、ラ・リーガ3試合、イングランド2部1試合、セリエA3試合、トルコ1部1試合)スポーツベットアイオーがスポンサーのワトフォードは、毎回対象に入る雰囲気ですねw

2020年9月第3週

↓9月第3週結果(比較的順当な試合が多くなった中で複数被ると思われましたが、12試合的中が1名!凄い!)

↓9月第3週対象カード出ました。今週末開幕のドイツブンデスリーガから4試合、同じく開幕のイタリアセリエAから3試合。プレミアリーグから4試合、フランスリーグアンから1試合、スペイン・ラ・リーガから2試合、そして、アイオーがスポンサーと言うことからだと思いますが、イングランド2部チャンピオンシップのワトフォード絡みの試合が1試合の構成になっています。既に開幕していますが、レアル・マドリッドは今週末が初戦になるので、ややデータが崩れやすい試合が多い構成になっていますね。

2020年9月第2週

↓9月第2週は、11試合的中が3名となり・・・私が入ってるw

ということで、初めてマルチベットマスターで最上位に入りました。最上位の賞金は0.3BTCですが、最上位が3人いるので、0.1ビットコイン(11万円くらい)かと思っていたのですが、0.15BTC(15万円くらい)入ったようです。

↓これが表示された時には、「お!」と思わず声を出してしまいましたw

こんな感じでした↑

↓9月第2週の対象試合は以下(プレミアリーグ5試合、フランスリーグアン3試合、スペインラ・リーガ3試合、トルコ1部1試合、イングランド2部1試合、ロシア1部1試合、ブラジル1部1試合

↓賭けてみました。全試合的中したら8000万円くらいw

2020年9月第1週

↓9月第1週結果(順当な試合が多く、全試合的中はいなかったものの、最上位の12試合的中は、9名となりました。)

↓私はというと、7試合だけでした。

↓9月第1週対象試合

国際Aマッチデー的なあれなので、11試合がUEFAネーションズリーグ、その他、イングランドリーグカップ1試合、J1リーグ1試合、中国スーパーリーグ1試合、ブラジル全国選手権1試合となっています。

2020年8月第5週

↓8月第5週結果(なかなか波乱が多かったようで、そもそもパリ・サンジェルマンの試合が延期で1試合除外の状況で8試合的中の方15名が最上位となりました。私は、5試合的中でした。)

↓8月第5週対象カード(ベルギージュピラープロリーグ1試合、フランスリーグアン5試合、アメリカMLS2試合、Jリーグ1試合、中国スーパーリーグ1試合、ロシアプレミアリーグ3試合、イングランドコミュニティシールド1試合、ブラジル全国選手権1試合)・・・幅広い!

2020年8月第4週

↓8月第4週結果

最上位は、8試合的中の方が1名!

↓私はと言うと、お恥ずかしながら、4試合のみ的中(考えずに、全部ホーム側に賭けました、今回w)

8月第4週対象でました!今回は、ヨーロッパリーグ決勝に始まり、アメリカMLS2試合、中国スーパーリーグ1試合、フランスリーグアン開幕戦が3試合、ロシアプレミアリーグ2試合、ブラジル全国選手権4試合、メキシコ1部リーグ1試合、そして、スペイン2部昇格プレーオフ第2戦の1試合と幅広く、また難しい状況の試合も多いですね。

⇒私は、考えるのが面倒で、なんとなく全部1x2の1(ホーム扱い)の方を選びましたw

***

2020年8月第3週

8月第3週結果

今回は最上位が10試合的中の方でした、そして、2週連続だそうです、凄い!私は、7試合でした。

8月第3週対象試合発表!

かなり幅広い対象でもあり、癖のあるチームや、ラウンドを選んだなと言う印象です。

2020年8月第2週

8月第2週結果!10試合的中が4名と言うことで、一人当たり75mBTC(2020年8月11日のレートで9万円くらい)になります!おめでとうございます!私は5試合でした。。

8月第2週対象試合が発表!(UEFAチャンピオンズリーグ4試合、J1リーグ3試合、ロシアプレミアリーグ3試合、オーストラリアAリーグ1試合、中国スーパーリーグ2試合、ノルウェー1部1試合、ブラジル全国選手権1試合)*チャンピオンズリーグが再開初戦だったり、ロシアやブラジルは開幕戦ということで、なかなか予想が難しそうな組み合わせ位なりましたね。

2020年8月第1週

8月第1週結果(12試合が1名・・・私は、実は、最初5試合全試合的中で、ザワザワしていましたが、終わって見れば9試合でしたw)

8月第1週対象試合が発表!

フランスリーグカップ(エムバペ負傷中)、FAカップ決勝と、セリエA最終節が5試合、Jリーグが2試合、韓国Kリーグが1試合、スウェーデンリーグが1試合、

中国スーパーリーグが4試合と結構な組み合わせ

2020年7月第4週

7月第4週

対象は、イングランドプレミアリーグが10試合、イタリアセリエAが5試合となっています。 ↓今回は、かなり多く的中させた方が多いらしく1位は13試合が3名 ☆ちなみに私は、5試合的中のみw

2020年7月第3週

7月第3週

↓第2週に続いて波乱が多くなった第3週は、最高位の方が11試合的中(3名)でした(私は、8試合・・・)

ちなみに10試合的中が16名と、大きな波乱以外では順当な試合も多かったとも言えますね。

スポーツベットアイオーが多くのキャンペーンを用意するマルチベットという賭け方をご存知ですか?

通常、ブックメーカー(スポーツに賭ける)は、例えば、Aチーム vs Bチームの試合でAの勝利の1.50倍に1000円賭けて、的中すれば、1500円になるという1つの事象に対して賭けて配当を得るのが一般的です。これは、シングルベットという賭け方になります。

これを、複数の試合をまとめて賭けるという賭け方もあり、これをマルチベットと言います。

例えば、

試合①(AチームvsBチーム)でAチーム勝利1.5倍

試合②(CチームvsDチーム)でCチームの勝利2倍

この2つの試合に資金1000円で賭けたいときに500円ずつ(シングルベット2つというイメージ)賭けて的中すると

試合①1.5倍に500円=750円

試合②2倍に500円=1000円

合計1750円になります。

これを試合①と試合②をまとめて、1000円賭けるのがマルチベットで的中すると

(試合①1.5倍x試合②2倍)に1000円=3000円

合計3000円になります。

要するに、複数試合賭けたい内容があって自信がある時には、まとめてマルチベットで賭けることで、配当を引き上げることができるということですね。

もちろん、シングルベット2つであれば、1つが外れても1つが当たれば、配当は残りますが、マルチベットでまとめた場合には、まとめて1つ扱いになるため、通常は、複数のうちの1つが外れただけで賭け額は全て失うことになります(マルチベット5試合に対して1つ外してもフリーベットのようなキャンペーンがスポーツベットアイオーでは、良く登場しますので、救済キャンペーンもあります。)

これがマルチベットになります。

「マルチベットマスターは誰だ!?」キャンペーンはマルチベット15試合への挑戦

複合版という形でサッカー版マルチベットマスター復活(2020年5月22日~

2020年5月16日よりドイツブンデスリーガが再開され、ようやくスポーツに明るい話題が出だしたところで、2020年5月第4週末より、サッカー対象のマルチベットマスターが帰ってきました!

記念すべき復活第1弾の対象試合は以下でした。

ドイツブンデスリーガ1部2部+eスポーツが2試合ということで完全復活というよりは、複合版にはなりますね。おそらく、この流れを見る限りは、欧州人気リーグの開催が増えると、eスポーツ版は、消えていくのかなと言う雰囲気もありますが、とにかく、サッカー版が戻ってきました!

人気のマルチベットマスターにeスポーツバージョンが登場!(2020年3月27日~

↑画像も、eスポーツ用に作成され変更されました。

サッカーが対象で好評のマルチベットマスター

新型コロナウィルスの影響でスポーツが激減する中、試合数が確保されているということで注目のeスポーツを対象にしたバージョンが登場しています!

これの良いところは・・・そもそも15試合的中なんて予想しても難しい話なので、詳しくなくても楽しめることw

初回は、リーグ・オブ・レジェンド(LoL)とカウンターストライク(CS)の2つの世界的に人気のeスポーツタイトルの海外のリーグの試合が対象になっています。

スポーツベットアイオーのプロモーションページからチェック!

なんとなく、このキャンペーンを2019年12月に見つけたときに、キャンペーンの説明の中にも「参加ボタンは毎週クリックが必要」とあるように、1回限りではなく、定期的に、開催することが期待されます。

このプロモーションは、キャンペーンページ内では、以下のように表示されます(確認時点では、割と後の方に表示されていました。)


スポーツベットアイオーのプロモーションページからチェック!

https://www.digital-sanctuary.net/bookmaker/sp/sportsbetio/

賞金は、なんと3ビットコイン!!

キャンペーンページ内に「勝者への入り口は狭き門」とあるように、簡単ではないのですが、スポーツベットアイオーがその週末に指定した15試合をマルチベットで賭けて、全試合的中した方には、なんと賞金が3000mB(3ビットコイン)もらえます。2019年12月4日現在では、ややビットコインのレートが下がって77万円ほどになっていますが、それでも230万円程度の賞金になります。

1回120円から挑戦可能

キャンペーン参加のルールは以下、注意点を赤枠で囲ってみました。

まず、このキャンペーンは、そのキャンペーンページ内に「参加する」ボタンがありますので、クリックして参加する必要があります。

最低賭け額は、120円なので、ギャンブルと言うよりは、ゲーム感覚で気楽に参加できます。

また、15試合を的中させるのがどれだけ難しいかは、後ほどオッズにしてどのくらいになるかも含めて追加しますが、その1点だけではなく、勝者がいなかった場合は、最も勝ち数が多いプレイヤーに300mB(0.3ビットコイン)が進呈されるとあります。2019年12月4日のレートでは1ビットコインが約77万円なので、23万円ほどになります。これでも十分な額ですよね!

上記の「参加する」ボタンをクリックします。

表示が 「参加されました!」になればOKです(最近スポーツベットアイオーの反応が悪いことがよくあり、ボタンをクリックしてもすぐに表示が変わらないことがありますが、その場合には、再度キャンペーンページから開きなおせば、表示が変わっていることが多いです。)

15試合を的中する難しさは、オッズで見れば一目瞭然

このキャンペーンが登場して最初に対象になっている2019年12月7日、8日の指定された15試合は以下

この15試合の1x2(勝ち、引分け、負け)を予想して、全試合的中を目指すわけです。

一つずつ選ぶ必要はなく、試合スケジュールの上にある「さっそく賭ける」のボタンをクリックすると、まとめて表示されます。

上記のように「スポベ・スペシャル,Multi Master, Multi Master Challeng」として15試合が表示されます。

では、実際に12月7日、8日の15試合の対象に賭けて挑戦してみます。

オッズがどのくらいのものなのかを知ってもらうべく、今回は、15試合全てで一番オッズが低いものをピックアップ(最小オッズが同じものは、ホームチーム)で選択して見ます。

試合の対戦カードをクリックして選択する流れは、以下がスムーズかと思います。

選択した試合のカードが右に表示されつつ、1x2の表示あたりをクリックします。

オッズが表示されます。選択したいところをそのままクリックします。

ベットスリップ(賭け明細)に選択したものが追加されて、シングルのところに選択した試合の数が入ります。

この作業の繰り返しで指定された15試合を選択していくわけですね。

1つ選択したら、上記の赤枠で囲った「Multi Master Challenge」をクリックすると、再び15試合が表示される画面に戻ります。

この繰り返しの作業をしていきます。

15試合全ての勝敗オッズを選択すると上記のようになります。シングル15とは言っていますよね。で、このままだと、1つ1つに賭けるシングルベットになるので、その隣の「マルチベット」をクリックしてください。

これで選択した15試合が1つの賭けとして表示されます。この際のオッズを見てください。

なんと、42838.88倍(4万倍以上w)

キャンペーンの説明であった最小賭け額の120円を入れると、この15試合マルチベットが的中すると、5140665.60円(500万円以上w)になると表示されますね。

「賭ける!(グッドラック!)」をクリックし、

更に「賭けを確定!」をクリックします。

上記表示になれば、賭けは確定され、このキャンペーンの条件も満たしたと言うことになり、あとは結果を待つだけです。

選択されて試合が割と最小オッズで2倍程度の競った試合も多く選択されていたこともありますが、日本のトトでも10試合予想でほぼ当たらないわけですから、15試合の勝敗を全て当てるというのが、そもそも厳しいわけです。

「勝者への入り口は狭き門」

とキャンペーンの最初に書いてあった意味は、これですね。

でも、この狭き門に可能性を広げてくれる要素が、全試合的中が出ない場合は、最も当てた人が300mB(0.3ビットコイン)という、通常のランキングボード的な楽しみ方を含めたところですよね。

こういう仕組みの作り方が、本当にスポーツベットアイオーは絶妙だなといつも思います。

夢がありますよね。

ビットコインのレートは上下を繰り返していますが、そもそも3ビットコインの賞金がもらえる場合は、普通に最小額を15試合マルチベットで的中された配当も加わるわけですから、合計で1000万円とか、そういう夢のある話になってくるわけです。

どうでしょうか?

私は、無機質にでも毎週登場するのであれば、毎週120円ずつ賭けて楽しもうと思います!!

https://www.digital-sanctuary.net/bookmaker/sp/sportsbetio/

-スポーツベットアイオー(Sportsbet.io), ブックメーカー, プロモーション