【お勧めブックメーカー】オッズの高さに定評のピナクル 詳細はこちら

ラッキーブロック(LUCKY BLOCK) 【ブックメーカー育成系】

【PR】最新ブクメお勧めプロモ

スクロールできます

遊雅堂

📅 6月14日〜ユーロ2024開催中毎日

EURO 期間中、毎日開催「トーレスブースト」

その他、最大13,000円フリーベットなどもあるよ

ラッキーブロック

新規紹介開始ブックメーカー

🔥仮想通貨特化型
🔥無料ライブストリーミング
🔥競馬へのベットも可能

サイト解説はこちら

スポーツベットアイオー

⚾️野球好き!競艇好き?⇨

📅期限なし(終了未定)

初回入金前に参加申請必須!

最大150,000円相当キャッシュバック

まとめ

1週間の野球ベットの負け額を最大20%キャッシュバック!(%は、ベット額合計による)

スポーツベットアイオー

競艇好き!アイオーって何?⇨

📅期限なし(終了未定)

初回入金前に参加申請必須!

最大22,500円相当キャッシュバック

まとめ

1週間の競艇ベットの負け額を100%で最大22,500円キャッシュバック!

スポーツベットアイオー

スポーツベットアイオーとは⇩

キャンペーンの楽しさで人気のブックメーカーです!

新規向けキャンペーンも全て併用可

解説ページ(当サイト内)

信頼できる担当者が紹介しているブックメーカーと言うことで、まだ調査段階の部分も多いですが、調べながら紹介をしていきたいと思います。紹介しながら担当者とやり取りをしながら、成長を見守るブックメーカー育成系という位置付けで紹介していきます。

ここでは、ラッキーブロック(LUCKY BLOCK) を紹介します。当サイトでは、ブックメーカーのみを検証して、できるだけシンプルに必要な項目だけ紹介していきます。

目次

ラッキーブロック(LUCKY BLOCK) とは

ラッキーブロックは、2022年に登場した新しいブックメーカーです。ブックメーカー名同様の仮想通貨トークンなども利用可能な、仮想通貨特化型のブックメーカーで、基本的な参加にはKYCが必要なく、仮想通貨があれば、すぐにでも参加できる点が魅力です。

当サイトでは、このラッキーブロックの担当の方と共に、このブックメーカーの成長を見守り、手助けしながら紹介しいきます。

上記は、2023-2024シーズンのシュツットガルトvsバイエルン・ミュンヘンの試合

ブンデスリーガのLED広告でも見られるラッキーブロック(Lucky Block)です。

UFC殿堂入りのレジェンド、マイケル・ビスピン氏がアンバサダーに

元総合格闘家のマイケル・ビスピン氏がラッキーブロックのアンバサダーに就任し、様々なキャンペーンにも登場しています!

ラッキーブロック(LUCKY BLOCK) で必要な仮想通貨について

仮想通貨特化と聞いて、怪しい、難しい、と感じる方も多いと思います。ブックメーカー同様に、国によっての仮想通貨の考え方や規制も様々ですが、日本の住所でブックメーカーを登録されている方は、仮想通貨での入金の道のりとして、以下のルートが一般的です。

利用する国によって様々変わるため、詳細方法は紹介しませんが、

日本の仮想通貨取引所で口座を作る(ここでKYCなどしっかり)⇨銀行などから円入金して、その取引所内で仮想通貨を購入⇨個人ウォレット(メタマスクやファントムなど)のアプリなど入れて、口座を作り、一旦そちらに送る⇨ブックメーカーに送る

この手順が正当で一般的です。個人ウォレットは、すごく大雑把にいうと、国などで管理されていない自由度の高いウォレットですが、トラブルが起こった場合に相談が難しいなどあるものの、セキュリティ設定をしっかりすれば大変便利な仮想通貨を管理できるお財布(もちろん、受け取ったり、送ったり、SWAP機能があるところでは仮想通貨同士の両替もできます。)

日本からの承認は受けていませんが、独自で海外のルールに近い形で運営する仮想通貨取引所の利用であれば、間に個人ウォレットなど解さなくても利用できたり、不安定ですが、クレジットカード利用で仮想通貨購入もできます。2024年現在では、バイビット(Bybit)など人気ですが、正当ではないため、今のサービスで使い続けられなくなる可能性もあります。

割と便利で正当なのに利用されていない方法として、ブロックチェーンゲーム(BCG)で獲得した仮想通貨を運用してのプレーで、BCGは、参加の際にクレジットカードやApple Pay、Google Payなど利用が可能なところも増え(stepnやsorareはそれらのいくつかの方法での入金可能)で、そのゲーム内で、SWAPも可能。更に、ラッキーブロックで使用可能なSOLやUSDCへのSWAPがゲームアプリ内で可能になるため、BCGで稼いでラッキーブロックで運用のような使い方もできます。

ラッキーブロックでは、ERC20、BEP20、Polygon3つのチェーンのUSDCが利用可能

ラッキーブロック(LUCKY BLOCK) ライセンス

ラッキーブロックは、キュラソーライセンスの元運営されているブックメーカーです。

サイトの下部に詳細なライセンスの表示とリンクが記載されています。

ラッキーブロック(LUCKY BLOCK) プロモーションとボーナス

ラッキーブロックでは、様々なキャンペーンが提供されています。スポーツベットに関しては、2024年から力を入れているカテゴリになるため、まだ多くありませんが、今後、追加される予定です。

2024年5月のおすすめのスポーツキャンペーンは、1万ユーロ争奪マンスリースポーツトーナメント

参加条件を満たしたベットでポイントを獲得し上位に賞金が進呈されるという内容です!賞金総額は、1万ユーロ(約170万円)で、1位になると4,000ユーロ(約68万円)がもらえます!

ラッキーブロック(LUCKY BLOCK) 登録

ラッキーブロックへの登録は、メールアドレスとパスワードでのシンプルな登録や、仮想通貨系の対象ウォレットと直接繋ぐことでの登録も可能です!

ラッキーブロック(LUCKY BLOCK) 入金

ラッキーブロックは、仮想通貨専用ブックメーカーです。ラッキーブロックで対応しているお手持ちの仮想通貨を送金する方法での入金もできますし、クレジットカードなどでサイト上で仮想通貨を直接購入する方法での入金も可能です。

仮想通貨を直接送って入金

基本的には、仮想通貨取引所や個人ウォレットなどから送るため送金元の画面は、利用する方で全く変わってきますが、例として、私の個人ウォレット(今回は、ファントムを利用)からラッキーベットで利用できるソラナ(SOL)を送る流れでの入金の流れを紹介しますね。

スクロールできます

ラッキーブロックでウォレットを開き、預金から、SOLを選択すると、送信先のアドレスが表示されます。

最小預金が0.00SOLとありますので、0.01程度あれば問題ないと思われます。

予めある程度SOLの残高があるファントムのウォレットでSOLの送信を行い、ラッキーブロック側で表示されたアドレスを入力します。

0.02SOL送ってみます(この時のレートで3.26ドルほど)

ファントム側から送る際のネットワーク手数料で0.0008ドルかかるとあります(日本円換算でこの時は、15円くらい、手数料はネットワークや状況で都度変わるイメージ)

送信します。

ファントム側で送信完了となりました。

しばらくすると、ラッキーブロック側の残高に反映されます。

この時点では、英語表記ですが、入金成功の表示も出ています。

仮想通貨自体は、仮想通貨取引所で購入したものを送る流れになりますが、トラベルルールなどで、直接送れないことも増えていますので、基本的には、一旦個人ウォレット(ファントムやメタマスクなど)に一旦送ってから、ブックメーカーへ送信する癖をつけるとスムーズです。

ウォレットコネクト(Wallet Connect)を利用

Metamaskなどウォレットコネクトに対応した仮想通貨ウォレットをお持ちの場合は、ウォレットを接続して、そのままMetamaskなどの残高から入金することができます。以下、ウォレットコネクトを利用しての入金までの流れの例です(今の段階ではMetamaskの残高不足で私は入金完了まではできいませんが、流れはわかると思います。)

スクロールできます

入金する場合は、Metamaskなどに残高がある必要があるため、他で仮想通貨を購入してMetamaskに送っておくなどしましょう!

仮想通貨をサイト内で購入して入金(現在利用できません)

機能としては、あるのですが、決済で利用するムーンペイ(moonpay)が日本に対応していないため、購入できない模様(ブックメーカーに限らず、海外ブロックチェーンゲームあるあるですw)

スクロールできます

購入は、USDかEURの法定通貨で、購入できる仮想通貨はBTCのみ(最低額30ドル分から)

額を入力すると、受け取れるBTCの枚数が表示されます。規約に同意するにチェックを入れてBuy instantlyから購入を進めていきます。

受け取りアドレスは、自動的に割り振られます。

Continueに進みます。

本来は、ここでクレジットカード情報など入力して決済に進むのですが、残念ながら、決済会社のムーンペイが日本に現在対応しておらず、、

ユニスワップ(Uniswap)内で仮想通貨を購入して入金(日本からは利用できません)

結論から言うとラッキーブロックと同名のLBlock(LuckyBlock)という仮想通貨がメニュー内で購入が促されるボタン設置されており、スワップができるユニスワップサイトへと導かれていき、ユニスワップで仮想通貨の購入を見つけて、クレジットカードやApple Pay、Google Payなど利用できるような表示に辿り着く方も私のようにいるかもしれませんが、諸々KYCなど進めても、最終的に日本(の住所での登録された端末)からは利用できないため、直接購入はできません。

最終的にこうなりますw

現状、LBlock自体が推奨されているわけではなく、他の仮想通貨で利用できるため、基本的な利用は他の仮想通貨で良いかなという印象です。ユニスワップ自体は利用可能ですが、仮想通貨の購入は、仮想通貨取引所を利用しましょう。

ラッキーブロック(LUCKY BLOCK) 賭け方

最初にブックメーカー以外の画面が表示されている時は、メニューからsports(スポーツ)を選択してブックメーカーの項目に移動してください。

⚽️シュトゥットガルト vs ボルシアMG(ドイツブンデスリーガ)にベット

基本的な賭け方の例として、日本人選手が活躍するドイツブンデスリーガのシュトゥットガルト vs ボルシア・メンヒェングラートバッハの試合に賭ける流れで紹介します。

スクロールできます

Sportsを選択

該当の試合を探します。基本的なサッカーへのベットは1×2(90分の勝ち負け引き分けを予想する賭けの種類)が最初に表示されます。

だいぶ、シュトゥットガルトが有利な試合ですが、日本人対決ということで、勝利は選べないということでドローの7.00倍にベットします。

オッズを選択すると上記のようにベットスリップのボタンに選択した項目が入り、1と表示されます。

ベットスリップを開きます。

最小ベット額は、0.1ユーロ相当になります。

今回は、1ユーロでベットします。

ベット額を入力後、ベットするを選択するとすぐに確定されますので、入力間違えのないようにご注意ください。

一つ前の項目のオッズ設定を開くと上記のように表示されますが、最初から選択されている、オッズの上昇を受け入れるのままが推奨です。

ベットが成功すると上記のような表示になります。

これで賭けが成立していますので後は結果を待つのみです。

ベット内容や結果は、上記の赤枠の項目からチェックできます。

結果の出る前のベットは、オープンベットに入っています。

*途中でキャッシュアウトも可能です。

しっかり負けたので、的中した内容を載せるべく、低いオッズで別のイベントにベットしましたw

ラッキーブロック(LUCKY BLOCK) 出金

無事的中させて残高が増えたら、出金、払い戻しをしましょう!

ラッキーブロックでは、引き出し(出金)の際に2FA(二要素認証)の有効化が必須となっています。まずは、2FAの有効化を行いましょう。

2FAで一般的なアプリは、上記のGoogle Authenticatorとなります。

スクロールできます

2FAの設定を行ったら、実際に引き出す流れです。

スクロールできます

ウォレットの引き出すから、送り先のアドレスを入力し、出金額を入力して引き出すに進みます。

2FAアプリコードを入力します。

2FAアプリコード(時間切れにならないように注意)

上記の表示までくれば手続きは成功です(まだ出金が成功したわけではありません)

残高は、成功の可否問わず一旦減ります。

メールでも出金リクエストを受け取った旨の内容で来ているはずです

サイト上で経過や結果を確認するには、右上の人のマークを開き

設定を開きます。

タブをアクティビティに合わせ、最初はベットの項目に合っているので、取引を選択します。

この項目に入出金系の手続きの履歴が入ります。

出金が成功すると上記のメールが届きます。

引き出した先にも届きました!

出金がエラーになった時には、サポートに問い合わせるとスムーズです。

今後、全体的に日本語化される予定ですが、2024年5月時点では、入出金系の経過結果のメールは英文で届きます。以下は、試しに出金したところリクエストが通って、後に出金が拒否された際のメールと、その後のサポートへの問い合わせの流れです。

自動翻訳機能でのやり取りになりますが、利用した感じでは、サポートとのやり取りはスムーズです。

ラッキーブロック(LUCKY BLOCK) サポート

困ったことが起こった場合は、ライブチャットで問い合わせることが可能です。

PC

スマホ

日本人サポートはいませんが、自動翻訳を使って回答されます。実際に利用してみた感想としては、思った以上にスムーズにやり取りができました。もちろん、翻訳の精度などもあるため、質問する場合には、文章の書き方など、あまりに口語的にならないように注意する方がよりスムーズです。

実際のやり取りでも、最初に上記のように翻訳機を使用している旨表示されます。

ラッキーブロック(LUCKY BLOCK) ライブストリーミング

ラッキーブロックでは、数多くのスポーツイベントをライブで視聴することが可能です!

視聴条件登録&ログインのみでOK
日本語サイトあり
入金手段仮想通貨
人気:BTC / ETH / LTC / BNB / SOL / XRP /TRX
ドルと連動:USDT / USDC
その他:FLOK / TON / MATIC / BONK / BCH / TAMA / SHIB / ETH / DOGE / PEPE / ADA
/ LBLOCK
*サイト内でクレジットカードなどで仮想通貨購入も可能
*WalletConnect使用可能
全画面視聴スマホ横向き全画面対応
(試合による)
視聴クオリティ
視聴対象数かなり多い
特徴とにかく、視聴可能試合が膨大
視聴対象は、試合が始まるまで分からない
*試合開始から数分後から試合対象になるイベントもあり
スクロールできます

スポーツ⇨LIVEで開催中の試合を選び、再生ボタンの表示のある試合が視聴可能な試合です(対象試合は、試合開始からしばらくしてから視聴対象になることもあります。)

データを見ながら、オッズを見ながら上記のように小さい画面で視聴することも可能ですし、

上記だと、伝わりにくいですが、全画面視聴にして、スマホの画面を横にすると画面全体で視聴可能です。

ブックメーカーファンでは、ラッキーブロックで視聴可能な海外日本人サッカー選手の所属リーグの試合情報や結果を毎日更新しています!

あわせて読みたい
【1回入金でずっと視聴】ライブストリーミング視聴は188betがお勧め!【海外サッカー日本人6/20視聴可能... 多くのブックメーカーが賭けと共に、ライブストリーミングを提供しています。無料視聴で日本人選手を応援&ベットできます! 【ライブストリーミング視聴可能リーグ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次