2月回終了【レベルブクメ】EPLファンタジーリーグ&sorareで毎月アマギフ3000円10名+α 詳細はこちら

まるでロナウド!?ロランド・マンドラゴラが決めたボレーとは

【PR】最新ブクメお勧めプロモ

スクロールできます

スポーツベットアイオー

🐎競馬好き!サッカーも好き?⇨

📅期限なし(終了未定)

初回入金前に参加申請必須!

最大22,500円キャッシュバック

まとめ

初回入金後、週末の競馬のレースへのベット対象、負け額の100%がキャッシュで返金(最大22,500円まで)

スポーツベットアイオー

⚽️サッカー好き!野球も好き?⇨

📅2024年2月23日〜2024年12月9日

初回入金前に参加申請必須!

最大33750円相当⚽️フリーベット

まとめ

ベット額により最大3万円分のサッカー対象フリーベットがもらえます!ベット対象はサッカー以外OK

スポーツベットアイオー

⚾️野球好き!F1も好き?⇨

📅期限なし(終了未定)

初回入金前に参加申請必須!

最大150,000円相当キャッシュバック

まとめ

1週間の野球ベットの負け額を最大20%キャッシュバック!(%は、ベット額合計による)

スポーツベットアイオー

🏁F1好き!アイオーって何?⇨

📅2024年2月26日〜2024年3月2日

初回入金前にボーナス選択必須!

最大75,000円フリーベット

まとめ

選択した条件に必要な額を一括入金&期間内に必要額をベットするとバーレーンGPで使えるフリーベット獲得

スポーツベットアイオー

スポーツベットアイオーとは⇩

キャンペーンの楽しさで人気のブックメーカーです!

新規向けキャンペーンも全て併用可

解説ページ(当サイト内)

⇒ブックメーカーは、『ブックメーカーファンSP byブクメ』で!

イタリア代表にたくさんの〇〇名手がいますが、今回飛び出したのはボレーの名手ともいうべき存在です。

決めたのはウディネーゼのロランド・マンドラゴラ。なんとクリスティアーノ・ロナウドのようなロングボレーを決めて見せたそうですよ。

試合が行われたのは3月30日のことですが、今だ忘れえぬ素晴らしいボレーについてみてみましょう。

 

目次

壮絶!マンドラゴラのロングボレーに世界が注目

3月30日、ウディネーゼvsジェノア戦にイタリア代表のミッドフィルダー、ロランド・マンドラゴラが出場しました。

ジェノアの下部組織から上がってきたロランド・マンドラゴラは、今シーズンからウディネーゼでプレーしています。そして3月30日、ホームのジェノア戦に出場したのです。

試合は前半4分にウディネーゼのステファノ・オカカが先制点を挙げると、後半17分、ロランド・マンドラゴラが右サイドからの浮き球クロスをロランド・マンドラゴラが胸トラップ、落ち際のボールを左足で振りぬいたのです。

この時ロランド・マンドラゴラがいたのはペナルティエリア外、しかもゴールからはおよそ30メートル離れていたのですが、このドライブシュートはゴールネットを揺らしました。

この素晴らしいゴールをイギリスの衛星放送は「クリスティアーノ・ロナウドのようなゴール」と表現。またフランス紙も「古巣相手にロランド・マンドラゴラが壮絶な30メートルボレーを決める」と絶賛しました。

実はもともとユヴェントスにいたロランド・マンドラゴラ、ユヴェントスには買戻しオプションがあり、将来性などを見据えてロランド・マンドラゴラを買い戻すのかどうかにも注目が集まっています。

 

ロランド・マンドラゴラとは

ロランド・マンドラゴラはイタリアカンパニア州ナポリ出身のミッドフィルダーです。

ジェノアCFのユースからトップチームに昇格すると、2014年10月末のユヴェントス戦でデビューします。

2015-2016シーズンはデルフィーノ・ペスカーラ1936というセリエBのチームで過ごしたものの、2016年1月19日にユヴェントスに移籍、しかし残りのこのシーズンはレンタル移籍という形でペスカーラで終えることになりました。

また4月にけがを負うと2016-2017シーズンはなかなか出場機会を得られず、2017年夏にクロトーネへレンタル移籍、翌年の夏にプレシーズンキャンプに参加していたウディネーゼ・カルチョへ移籍が決まりました。ただしこの移籍は完全移籍ながら2600万ユーロでの買戻しが可能となっているため、今後の活躍次第ではロランド・マンドラゴラがまたユヴェントスに戻ることもあり得るのです。

イタリア代表としては2015年8月のハンガリーU-21代表との親善試合でデビュー、各年代で招集されており、U-19では1得点挙げています。

 

ロランド・マンドラゴラのプレースタイルを知る

ロランド・マンドラゴラはまだ若い選手ですから、よく知らないという方も多いでしょう。

そんな方のために、ロランド・マンドラゴラのプレースタイルをご紹介します。

ピルロ2世といわれるロランド・マンドラゴラ、ポジションとしてはインサイドハーフ、アンカーをメインとしています。またU-20イタリア代表ではセンターバックを務めたこともあります。

アグレッシブなミッドフィルダーのロランド・マンドラゴラ、ボールを撮りに行くディフェンダーとしても知られています。また視野が広く、パスが上手いということも特徴といえるでしょう。

俊敏でキレのいい行動はタックルにも通じ、アンカーの位置でボールを刈り取るプレーは圧巻です。

テクニックにもたけており、パスは長短いずれも器用にこなします。試合を作る能力もあり、前線の選手を素早く見つけると、3列目からパスを出して試合を決めることもできます。

ピルロ2世と目されているロランド・マンドラゴラですが、ピルロとはアンドレア・ピルロのことです。同じイタリア出身の元イタリア代表の元サッカー選手で、パスが正確で高度な戦術眼を持っていることで知られていました。そのプレースタイルは稀代のレジスタといわれ、フリーキックの名手として知られています。

1995年、ブレシアでセリエAデビューしたアンドレア・ピルロは、ロベルト・バッジョから後継者として指名されました。ロベルト・バッジョはイタリアの元代表で、1993年度欧州年間最優秀選手、FIFA世界年間最優秀選手を受賞しました。2003-2004シーズンに引退しましたが、現役時代はセリエA通算205位、キャリア318ゴールと記録を打ち立てています。

そんなロベルト・バッジョから後継者として指名されたアンドレア・ピルロ、1998年にインテルに移籍しました。

インテルはあこがれのチームであり、トップ下という重責を担うポジションとなったのです。ところがマークがきついトップ下に対しアンドレア・ピルロのフィジカルは弱く、インテルではろくに出場機会のないまま1999年にレッジーナ、2001年にブレシアにレンタルされました。ブレシアで中盤の底のプレーを経験したアンドレア・ピルロは、2001年にミランに完全移籍します。ところがトップ下にはすでにスーパースターがいたため、出場機会を得ることができません。

2001-2001年に監督がカルロ・アンチェロッティ氏に代わっても出場機会はなかなか得られず、アンカーとして起用してほしいと直訴。ブレシアで経験していたことを監督も知っていたため、しょづあくしました。

中盤の底はトップ下ほどフィジカルのあたりが強くないため、さらにチームメイトにも恵まれ、攻撃の指揮を任されるようになります。そして長短のパスを供給し、レジスタとしてポジションを確立したのです。

2007年にはバロンドールの投票で4位に入り、2011年故障もあったため、ユヴェントスに移籍しました。

ユヴェントスではジネディーヌ・ジダンらが付けていた21を身につけ、ミラン時代に見せた正確なパスでチームにとってなくてはならない存在となります。

さらに2015年、ニューヨーク・シティに移籍しましたが、2017年に現役を退いたのです。

イタリア代表として、アンドレア・ピルロがA代表初出場を果たしたのは2002年の事です。それ以降はずっと代表として試合に出続け、UEFA EURO2004に出場、アテネオリンピックはオーバーエイジ枠として出場、銅メダルに貢献しました。

さらにFIFAワールドカップ2006のノールックパスなど、3回マン・オブ・ザ・マッチに輝くと、イタリアの優勝に貢献します。

その後は負傷もありましたが、UEFA EURO2012では新戦術の中心人物となり、プレッシャーをはねのける活躍を見せたのです。

しかし2014FIFAワールドカップを最後に代表引退を表明。FIFAコンフェデレーションズカップ2013ではイタリア代表史上5人目の通算100試合出場を決め、マン・オブ・ザ・マッチとなりました。

引退試合はミランの本拠地で開催され、セリエAの元選手らとプレー、背番号21、デビューが5月ということから、試合は2018年5月21日に行われたのです。

 

ロナウドも!スーパーシュートの数々

今シーズン飛び出したほかの素晴らしいスーパーシュートを見てみましょう。

まずはクリスティアーノ・ロナウドです。

チャンピオンズリーググループステージ第4節マンチェスターユナイテッド戦に出場したクリスティアーノ・ロナウド、なんと背後からロングパスをそのままボレーでゴールに叩き込みました。

後半20分、レオナルド・ボヌッチが前線へロングパスを送ると、ペナルティーエリアに走り込んできたクリスティアーノ・ロナウドが落下地点に合わせてダイレクトにシュートして見せたのです。さすがのゴールキーパー、ダビド・デ・ヘアも反応することができず、移籍後チャンピオンズリーグ初ゴールを、ミラクルシュートで決めて見せました。

リオネル・メッシのスーパーシュートも見てみましょう。

2月23日、リオネル・メッシはセビージャ戦でハットトリックを達成、特に1点目のダイレクトボレーは称賛を浴びました。

前半22分に1点を許したバルセロナは、26分、ルイス・スアレスがポストプレーを披露、左サイドからイバン・ラキティッチが浮き球のクロスを放つと、リオネル・メッシがゴール前で左足を不利抜き弾丸シュートを放ったのです。

このゴールにアンストッパブルボレー、角にくぎを打つようなボレーとメディアは称賛。メッシを止めることはできないボレー、世界最高峰の選手であると証明したと次々とリオネル・メッシをたたえたのです。

その後再逆転されたバルセロナでしたが、後半22分にパスワークからリオネル・メッシが同点弾を放つと、40分にこぼれ球からループシュートでまたリオネル・メッシがゴールを決め、この時点で得点ランキング2位に9点差をつけ首位を独走する状態となったのです。

次に紹介するのは2018年のシュートです。

場所はアメリカ。ユナイテッドサッカーリーグという2部相当のリーグで、ゴールから50メートル離れた位置からダイレクトボレーでシュートを放ったのがケニー・ウォーカーです。

ケニー・ウォーカーはシンシナティ所属のミッドフィルダー。4月28日に行われたオタワ・フリュー戦で魅せたゴールでした。

シンシナティがゴールキックで前線を狙ったもののオタワのディフェンダーに阻まれてしまいます。するとボールはセンターラインを越えた右サイドよりに戻り、そこに居たのがケニー・ウォーカーでした。そしてその浮き球をケニー・ウォーカーは半身の体制から右足をけりだし、ダイレクトでボレーを放ち、猛スピードでゴールネットを揺らしたのです。

あまりの素晴らしいゴールに、ギャラクシーに加入したばかりのイブラヒモビッチを引き合いに出し、「ズラタン、脇にどいてください、ケニー・ウォーカーの到着です」とコメント付きの動画を公開、ファンから賛辞のコメントが多く寄せられました。

このように世界にはたくさんの名ゴールが生まれ続けています。今シーズンもそうですが、どのシーズンでも美しいシュートが見られ、その最高のシュートを決める賞まであるのです。昨シーズンはクリスティアーノ・ロナウドが受賞しましたが、今シーズンは誰が受賞するのかも楽しみですね。

お勧めブックメーカー

ブックメーカー
(ロゴをクリックでサイトへ)
特徴(日本語対応は共通) 入金 出金
 ハッピースター(Happi Star) ・入金不要ボーナス10ドル
・国内銀行入出金/エコペイズ利用可
・シンプルな初心者向け構造
・エコペイズ
・エコバウチャー
・アイウォレット
・クレジットカード
・エコペイズ(⇒日本の銀行へ)
・アイウォレット(⇒日本の銀行orATM引き出し)
 188ベット(188bet)参加方法 ・当サイト限定入金不要ボーナス20ドル
・国内銀行入出金/エコペイズ利用可
・ライブストリーミング提供
・エコペイズ
・アストロペイカード
・クレジットカード
・エコペイズ(⇒日本の銀行へ)
 10ベット(10bet)参加方法 ・国内銀行入出金/エコペイズ利用可
・ビットコイン利用可
・エコペイズ
・ビーナスポイント
・スティックペイ
・ビットコイン
・エコペイズ(⇒日本の銀行へ)
・ビーナスポイント(⇒日本の銀行へ)
・スティックペイ(⇒ATM出金)
・ビットコイン受け取りサイトへ
ネットベット(NetBet)参加方法 ・VISA/マスターカード利用可
・日本語サポートの質
・プロモが面白い
・エコペイズ
・ビーナスポイント
・アストロペイカード
・エコペイズ(⇒日本の銀行へ)
・ビーナスポイント(⇒日本の銀行へ)
・アイウォレット(⇒日本の銀行orATM引き出し)
 スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)参加方法 ・わかりやすく質の高いサイト
・幅広いライブストリーミング
・Jリーグ/野球リーダーボードプロモ
・エコペイズ
・スティックペイ
・ビットコイン(直接購入可)
・エコペイズ(⇒日本の銀行へ)
・スティックペイ(⇒ATM出金)
・ビットコイン受け取りサイトへ
188ベット(188bet)参加方法 ・英国最大手の信頼感
・常にbet365と対等に比較される
・上乗せオッズが充実
・エコペイズ
・ウェブマネーカード
・auウォレット
・エコペイズ(⇒日本の銀行へ)
ワンバイベット(1xbet)参加方法 ・賭けの種類が飛び抜けて多い
・複数通貨で利用可能
・ライブストリーミング提供
・エコペイズ
・スティックペイ
・ビットコイン
・その他仮想通貨多数
・エコペイズ(⇒日本の銀行へ)
・スティックペイ(⇒ATM出金)
ワンバイビット(1xbit)参加方法 ・仮想通貨特化型
・プロモ商品も仮想通貨
・ビットコイン
・その他仮想通貨多数
・ビットコイン
・その他仮想通貨多数

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次