ブックメーカー ワンバイビット(1XBIT) ワンバイベット(1XBET) ワンバイベットライブストリーミング

1XBETワンバイベット1XBITワンバイビット(ライブストリーミング | 登録なしで多数視聴可能。ポルノのみ18禁?)

投稿日:

1XBET(ワンバイベット)


1XBIT(ワンバイビット)projected by 1XBET(仮想通貨だけに集中したい投資家向け)

お勧め記事:1XBETワンバイベット vs 1XBITワンバイビット(ブックメーカーの未来を感じる多彩さ)

(公開日:2017年12月6日 / 最終更新日:2018年2月14日)

ワンバイベット(1XBET)とワンバイビット(1XBIT)では、賭けだけではなく、ライブ視聴をするための環境が提供されています。

多様性を追求するワンバイベット(1XBET)だけあって、当初紹介し始めたころには、仮想通貨をメインアカウントに設定して遊べるなど、仮想通貨に特化したいのであれば、ワンバイビット(1XBIT)と差別化が図られていたものの、ワンバイベットでもメインアカウントを仮想通貨にできるようになり、差がプロモーションくらいしかなくなってしまっているような現状。

進化していくと担当の方は言っていますが、今のところどちらで遊ぼうかな悩んでいる方は、両方登録して(それぞれ、別アカウントとして持てる)ワンバイベット中心に遊んでいくとかで良いかと思います。

 

基本的な賭けの提供試合も同じ、オッズの控除率には差はありますが、ライブストリーミングにおいても、同じです。

・・・言ってしまえばどちらも凄いのですが。

■1XBETワンバイベット1XBITワンバイビット(ライブストリーミング)

では、具体的に、ライブストリーミングについて解説していきますね。

ACL2018予備予選

■ワンバイビットは、登録していなくても視聴はできてしまう(2018年1月現在)

ライブストリーミング提供ブックメーカーで有名なbet365の登録、ログイン、そして、アカウントに残高があることが視聴条件と比べると、いずれもゆるめです。

ワンバイベットは、登録してログインすること(残高の有無は関係ない)で視聴可能です。

ワンバイビットはというと、

・ログインする必要がない(アカウント登録が条件ではない)

・アカウントに残高がある必要がない (アカウント登録が条件ではない)

要するに誰でも見られます。

■ライブストリーミング視聴手順(スマホ、タブレット)

PCもスマホ、タブレットもほとんど視聴手順は同じになりますが、それぞれわけて視聴手順を紹介しますね。

以下は、ワンバイベットの方のスマホページ。ワンバイベットは、視聴する際にログインが必要になります。

ワンバイベット、ワンバイビットライブストリーミング視聴手順 スマホ

画面上部のLIVEをタップすると、ライブベット対象の試合(試合開始直前~試合中は、スポーツからこのカテゴリにカードが移る)が表示されます。このうちのテレビのマークにLIVEと表示されていれば、その試合は、ライブストリーミング視聴対象試合になります。

視聴する際は、まず対戦カードをタップします。

ワンバイベット、ワンバイビットライブストリーミング視聴手順 スマホ

その試合単独の画面に切り替わります。その中で、パネル、ビデオ、1XZONEの3つのタブがありますが、このビデオから視聴ができます。

ビデオにタブを移し、再生ボタンが表示されたらタップします。

ワンバイベット、ワンバイビットライブストリーミング視聴手順 スマホ

これで試合が視聴できます。

■ライブストリーミング視聴手順(アプリ)

まだ、日本語対応していないので利用している方も少ないかもしれませんが、ワンバイベットにはアプリもあります。アプリのデザインは、PC版やスマホ、タブレット版のウェブサイトと比べると、独特のスタイルで作られています。

視聴手順もボタンの形などが少し違うので、簡単に解説しますね。

ワンバイベット、ワンバイビットライブストリーミング視聴手順 アプリ

ログイン後の画面は上記のようになります。最初からLiveで現在行われている試合が表示され、その再生マークの付いた試合が視聴対象試合なので、見たい試合が表示されていれば、これをタップして視聴することもできます。

見たい試合を探す場合は、Liveがハイライトされている状態で、該当のスポーツのボタンをタップします。赤丸の箇所は、少しわかりにくいですが、サッカーボールです。

現在Liveの試合一覧が表示されます。

一番上のAFC Champions Leagueをタップしてみます。

現在の試合のライブベット画面が表示され、その上に再生ボタンが表示されます。

再生ボタンをタップすると上記のように視聴ができます。スマホ版の場合は、試合を見ながらオッズもチェックをすると、ストリーミング画面が小さくなってついてくるようなイメージになりますが、アプリ版の場合は視聴画面は固定されて、オッズがスライドするような形になるので、慣れるとこちらの方が使いやすいかもしれませんね。

■ライブストリーミング視聴手順(PC)

視聴の流れも簡単。不便な点としては、基本的にどの競技のどのリーグや大会が視聴対象かは、利用していれば感覚でつかめてくるものの、試合開始辺りにLIVEの項目に表示が移るまでは視聴対象かがわかりません。この辺りは、bet365の方が、そこそこ早めに普通にオッズをチェックするだけでライブ視聴対象かどうかがわかるので便利とも言えます。

 

ページを開き、LIVEを選択、対象の試合の横にLIVEと書いてあるものは、視聴対象です。

LIVEをクリックすると、画面右に再生ボタンが表示されます。上記は、アイスホッケーの試合ですね。

例えば、バスケットボールのNBAの試合を選択した場合はこんな感じです。再生ボタンをクリックします。

このタイミングで、ワンバイベットの場合は、再生ボタンを押したときにログインがされていないとログインが必要と言う表示が出ます。ワンバイビットは、必要なし(今のところ。)

しばらくすると、ライブがスタートします。画面右上に、オッズも表示されます。

表示を拡大したいときは、マウスを動かすと表示される3つのボタンの一番右をクリックすると拡大表示されます。

画面を戻すときは、キーボードのESCボタンです。

と、視聴するのは簡単です。

■Eスポーツの試合も視聴可能

注目のeスポーツの試合も視聴可能です。

カウンターストライクの大会のライブ視聴画面。

 

体感としては、スポーツのライブ視聴に関しては、比較的安定して見られる感じがします。安定しているときは、bet365よりも、きれいかも。

ただ、eスポーツの大会や、サイバースポーツ系の視聴は、やや不安定なケースが多いので、これに関しては、要望として担当に伝えています。

視聴対象に関しては、サッカーなどでも、メジャーな大会やリーグの視聴は、似ているものの、マイナーなリーグに関しては、1XBITのほうが対象の幅は広いです。

視聴できる大会やリーグに関しては、今後確認しながら追加していく予定です。

ワンバイビット ライブストリーミング

視聴する試合によっては、別ウィンドウで上記のような画面が表示される大会やリーグもあります。その場合は、KSi Streamingと書いてあるところに、視聴対象の試合が入っていることが多く、その中から視聴したい試合を選べば同じように視聴ができます。

■視聴対象リーグや大会(2018年2月14日現在)

◆サッカー

サッカーリーグNAVI掲載のリーグにはリンクをつけています。)

国外の大会、リーグなど

世界大会(クラブワールドカップ)、南米(コパ・リベルタドーレス)、アジア(東アジア選手権、AFC U23チャンピオンシップ、AFCアジアチャンピオンズリーグAFCカップ)、ヨーロッパUEFA(UEFAチャンピオンズリーグ*グループステージ以降決勝トーナメントも含む、UEFAユースリーグ)

国内リーグ、カップ戦

アゼルバイジャン(1部)、アラブ首長国連邦UAE(1部)、アルジェリア(1部)、アルバニア()、イスラエル(イスラエルカップ)、イタリア(3部レガ・プロコッパ・イタリア)、イラン(1部)、イングランド(プレミア2部チャンピオンシップイングランドFAカップ)、インド(Iリーグ)、インドネシア(プレジデントカップ)、ウェールズ(1部)、ウルグアイ(1部)、エジプト(1部)、オランダリーグ(1部)、カタール(1部)、キプロス(1部、FNLカップ)ギリシャ(1部、2部、ギリシャカップ)、クウェート(1部)、クロアチア(1部)、シリア(1部)、スコットランド(プレミア)、スウェーデン(スウェーデンカップ)、スペイン(1部、1部女子、2部セグンダ3部セグンダB、4部テルセーラ)、セルビア(1部)、タイ(2部)、チュニジア(1部)、チリ(1部)、ドイツ(1部2部、5部、ドイツカップ、ブンデスリーガU19)、トルコ(1部スーパーリーグ、2部ファーストリーグ、3部)、パラグアイ(1部)、ブラジル(各地域選手権)フランス(1部2部フランスリーグカップフランスカップ)、ベルギー(1部)、ポーランド(1部エクストラクラサ)、ボリビア(1部)、マレーシア(1部プレミアリーグ)、ヨルダン(1部)、ルーマニア(1部リガ1)

(対象試合数少ない)スペイン1部、

◆フットサル

国外の大会、リーグなど

アジア(AFCフットサルチャンピオンシップ)

国内リーグ、カップ戦

 

◆バスケットボール

国外の大会、リーグなど

ヨーロッパ(FIVAチャンピオンズリーグ、ユーロリーグ、VTBユナイテッドリーグ・ユースリーグ)、アジア(アジア・バスケットリーグ)

国内リーグ、カップ戦

アイスランド(プレミアリーグ)、アメリカ(NBA、NCAA)、アルゼンチン(LNB)、ウルグアイ(ウルグアイ選手権)、オーストラリア(NBL)、韓国(KBL、WKBL女子、)、中国(中国選手権)、ドイツ(BBL)、フィリピン(フィリピンカップ)、モンゴル(モンゴル選手権)、ロシア(スーパーリーグ、スーパーリーグ女子、U16選手権、VTB学生リーグ、

◆バレーボール

国外の大会、リーグなど

世界(FIVB世界クラブ選手権)、ヨーロッパ(CEVカップ女子)

国内リーグ、カップ戦

イタリア(スーパーリガ)、スロヴァキア(エクストラリーガ、エクストラリーガ女子)、ドイツ(ブンデスリーガ女子)、トルコ(スーパーリーグ)、日本(Vリーグ、Vリーグ女子)、ポーランド(プルシュリーガ)

◆卓球

国外の大会、リーグなど

国内リーグ、カップ戦

アルメニア(ITTカップ)、ウクライナ(TTカップ、スミー・オブラスト・オープン)、チェコ(TTスター・プロシリーズ)、ロシア(プロリーグ、マスターツアー)

◆アイスホッケー

国外の大会、リーグなど

オリンピック(平昌オリンピック)、ヨーロッパ(ユーロ・アイスホッケー・チャレンジ)

国内リーグ、カップ戦

アメリカ(NHL、NA3HL)、カナダ(CCHL2、GOJHL、CWHL女子)、スロバキア(エクストラリーグ)、チェコ(1部)、フィンランド(SMリーグ、メスチスリーグ)、ベラルーシ(JHL)、ロシア(SHL、マイナーホッケーリーグ)

◆バドミントン

国外の大会、リーグなど

ヨーロッパ(チーム・チャンピオンシップ)

国内リーグ、カップ戦

 

◆闘鶏(コックファイト)

フィリピン(AO1、DC1、IE4、IP4)

◆その他大会

平昌オリンピック(カーリング)

 

その他

ちなみに、1XBITには、やや特殊な賭けとして、ポルノ(アダルトビデオ)の内容に賭ける賭けの種類などもあり、その結果がライブ視聴として見られるのですが、こちらに関しては、スマホ版のみで、アカウント登録とログインが必要になります。これは、通常のスポーツライブと違い、ポルノは、18禁なので、ログインで判別するという理由ですね(ポルノの賭けのカテゴリ自体、ログインしてLIVEを開かないと表示されません。

こちらも、やや動画自体は、重たいことが多いような印象です。

■ワンバイベットの視聴クオリティに満足できなければ・・・

2017年終盤の時点から比べると、だいぶ安定して視聴できるようになったと思いますが、まだ、スムースな視聴と行かない時もあるのが事実です。

幅広さと下部リーグまで対応しているのがワンバイベットの魅力ですが、重複してbet365でも視聴対象になっている場合は、クオリティは、そちらの方が上になります。

 

-ブックメーカー, ワンバイビット(1XBIT), ワンバイベット(1XBET), ワンバイベットライブストリーミング

Copyright© ブックメーカーファンSP by ブクメ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.