スポーツベットアイオー(Sportsbet.io) ワンバイベットライブストリーミング ベット365(bet365) ワンバイビット(1XBIT) ブックメーカー ワンバイベット(1XBET)

【某黒船いらず】ライブストリーミング視聴は、bet365が最強!入金しやすさで1xBET、Sportsbet.ioスポーツベットアイオー、188betもお勧め!

投稿日:

ブックメーカーでは、多くのスポーツを一定の条件を満たすことでライブ視聴することが可能です。

現在当サイトで取り上げている中で、ライブストリーミング視聴(インターネット回線を通じた生放送)を提供しているブックメーカーが4つあります。

☆4つのストリーミングを提供しているブックメーカーの2019年10月30日現在の状況

*2019年10月中旬辺りから、視聴対象が激減や不可になっていた、スポーツベットアイオーと1xbetの視聴対象が戻りつつあります。

スポーツベットアイオー ベット365
188ベット ワンバイベット
視聴条件 残高必要 残高必要 残高必要 残高必要なし
入金手段 VISAカード*現在は、利用できず
マスターカード*現在は、利用できず
エコペイズ(銀行入出金可)
スティックペイ(クレカ)
仮想通貨(クレカ直接購入可)
アストロペイ
ウェブマネーカード
(au-Wallet含む)
オリコカード
アストロペイ
JCBカード
マスターカード
エコペイズ
アストロペイ
-
多数あるが
視聴に入金の
必要なし
全画面視聴 × × ×
視聴クオリティ
視聴対象数 多い 普通 少ない 幅広い
特徴 *** 欧州主要リーグほぼ視聴可
視聴クオリティ高い
クレカ入金可 超マイナー試合視聴可

*視聴条件は、登録、ログインが前提

*視聴クオリティに関しては、自宅wifiで視聴した際の状況。

*現在、スポーツベットアイオーへの直接のクレジットカード経由の入金ができなくなっています。利用通貨をビットコインにすれば、クレジットカード購入という形で利用できます。または、スティックペイ(クレジットカード入金可)の利用をご検討ください。

お勧め
【クレカ入金、ATM引き出しを可能に】スティックペイ(STICPAY)がエコカード亡き後の救世主!!

このページでは、ATMカードが利用でき、今後、多くのブックメーカーで入出金手段として採用が期待されるスティックペイ(STICPAY)を紹介します。 ↑スティックペイサイトヘ 日本における、オンラインで ...

続きを見る

 

3つのブックメーカーの参加方法などを最後にまとめています。

ライブストリーミング視聴紹介をお読みいただきありがとうございました。←ページ内で最下部に移動します。

では、本編です(以下、もともと1xbet/1xbitのライブストリーミング紹介ページだったところを修正加筆しているため、当面は、1xbetの内容が多数になっています)

***

ブックメーカーのライブストリーミングでは、現在は、放送数が不安定ですが、順調に戻ってくれば、ベースとして利用をお勧めできるのは、ライブストリーミング視聴を多数提供しているブックメーカー『スポーツベットアイオー(sportsbet.io)』になります。

視聴の条件の入金の流れなど詳細は、当サイト作成の『【全てのブックメーカーの長所を持つ】スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)【スティックペイ、ビットコイン可】』内のライブストリーミング(Livestreaming)視聴の手順で紹介しています。

参加方法
【全てのブックメーカーの長所を持つ】スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)【クレジットカード入金できます】

*2019年9月現在、円の入金にクレジットカードが使えなくなっています。システムの追加にだいぶ時間がかかっているようで、7月中と聞いていたところから伸びて8月中にはみたいになったり、ちょっとわからなく ...

続きを見る

2019年3月末より紹介を再開した188ベットでも、ライブストリーミング視聴が可能です。まだ、視聴対象試合の幅は確認できていませんが、そこまで幅広くはないように感じます・・・が!188ベットであれば、入金にJCBカードとVISA、マスターカードが利用できるため、視聴条件のための1回の入金を手早く行いたいという方には、お勧めです。

現在視聴対象リーグ数は多くはありませんが、ドイツブンデスリーガや、イタリアセリエA、オランダエールディヴィジ、オーストリアブンデスリーガなど、日本人が活躍するリーグが視聴対象になっていることは確認できています。

*スポーツベットアイオーに関しては、しばらく視聴ができない状態でしたが、2019年10月下旬辺りから徐々に視聴対象が復活しています。ただし、全画面視聴ができなくなるなど、ストリーミングサイトの契約先を変えている可能性が高く、それに伴って、視聴対象にも変化が出ているので、再度確認し直しています。

各ブックメーカー ライブストリーミング視聴対象試合(サッカー)

*1xbetとスポーツベットアイオーは、視聴不可になったり放送数が激減、更には、増えつつあるものの、利用するプラットフォームが変更された可能性が高いため、2019年10月から再度視聴対象を確認しなおしています。

基本全試合(◎)、視聴数が多くないが視聴可能(〇)、ラウンドによってなど条件付きで視聴可能(△)、視聴不可(×)、未確認(未)

視聴可否(2019.11.19現在) 1xbet bet365 アイオー 188ベット
国際大会↓
ワールドカップ予選(アジア) × ×
AFCアジアチャンピオンズリーグ ×
AFC U19選手権 × × ×
CONCACAFネーションズリーグ ×
UEFAネーションズリーグ ×
UEFAチャンピオンズリーグ △(予選のみ) 〇(予選まで確認済み)
UEFAチャンピオンズリーグ(女子)
UEFAユースリーグ
UEFA欧州選手権予選(女子) ×
UEFAヨーロッパリーグ △(予選のみ) 〇(予選まで確認済み)
国内リーグ(カップ)↓
アメリカMLS(1部) ×
アメリカUSL(2部)
アラブ首長国連邦UAEリーグ(1部)
アルゼンチンスーペルリーガ(1部)
イスラエルリーグ(1部) × ×
イタリアセリエA(1部)
イタリアセリエB(2部)
イングランドプレミアリーグ(1部) × × ×
イングランド2~5部 ×
インドスーパーリーグ(1部) ×
インドネシアリーガ1(1部) ×
ウクライナカップ
ウルグアイリーグ(1部) ×
エクアドルカップ ×
オーストラリアAリーグ(1部)
オーストリアブンデスリーガ(1部)
オーストリアリーグ(2部)
オーストリアカップ
オランダエールディヴィジ(1部)
オランダリーグ(2部)
オランダリザーブリーグ
カザフスタンプレミアリーグ(1部) × ×
カタールリーグ(1部) × ×
カタール2部
韓国Kリーグクラシック(1部) ×
韓国Kリーグチャレンジ(2部) ×
ギリシャスーパーリーグ(1部) ×
ギリシャカップ
グアテマラリーグ(1部) ×
クウェートリーグ(1部) ×
クロアチアリーグ(1部) × ×
クロアチアカップ
ケニアプレミアリーグ(1部) × ×
コパ・アメリカ(南米選手権) ×
コロンビアリーグ(2部) × × ×
サウジアラビアリーグ(1部) × ×
シリアリーグ(1部) × ×
シンガポールリーグ(1部) × ×
スイススーパーリーグ(1部)
スイスリーグ(2部)
スウェーデンリーグ(1部)
スウェーデンリーグ(2部)
スコットランドプレミアリーグ(1部) ×
スズキカップ(東南アジアNO.1を決める大会) ×
スペインリーガエスパニョーラ(1部) ×
スペイン2部リーガセグンダ ×
スペイン・コパデルレイ ×
セルビアスーパーリーガ(1部) ×
中国スーパーリーグ(1部)
チェコリーグ(1部)
チェコリーグ(2部)
チェコカップ ×
デンマークスーパーリーグ(1部) ×
デンマークリーグ(2部) ×
ドイツブンデスリーガ(1部)
ドイツ2部リーグ
トルコスーパーリーグ(1部) ×
トルコカップ ×
ニカラグアチャンピオンシップ(1部) × × ×
ニカラグアカップ × × ×
日本J1(1部) × ×
日本J2 × ×
日本J3 × ×
日本ルヴァンカップ × ×
ノルウェーエリーテセリエン(1部) ×
パラグアイリーグ(1部)
パレスチナリーグ(1部) ×
ハンガリーリーグ(1部) ×
ハンガリーカップ
フランスリーグアン(1部) × ×
フランスリーグドゥ(2部) ×
フランスナシオナル(3部) ×
ブラジルセリエA(1部) ×
ブルガリアリーグ(1部) × ×
ベトナムVリーグ(1部) × ×
ベネズエラリーグ(1部)
ベラルーシプレミアリーグ(1部)
ベルギーリーグ(1部) × × ×
ペルーリーグ(1部)
ポーランドエクストラクラサ(1部) ×
ポルトガルプリメイラリーガ(1部)
マレーシアスーパーリーグ(1部) × ×
マレーシアプレミアリーグ × ×
メキシコリーグ(1部) ×
リトアニアリーグA(1部)
ルーマニアリーグ(1部) ×
ルーマニアカップ
ルワンダナショナルリーグ(1部)
ロシアプレミアリーグ(1部)

 

 

■1XBETワンバイベット1XBITワンバイビット(ライブストリーミング)

では、具体的に、ライブストリーミングについて解説していきますね。

ACL2018予備予選

ライブストリーミング単独

ライブベット内でのストリーミング

■ワンバイビットは、登録していなくても視聴はできてしまう(2019年11月現在)

視聴に一切お金がかからない

ライブストリーミング提供ブックメーカーで有名なbet365の場合、登録、ログイン、そして、アカウントに残高があることが視聴条件と比べると、いずれもゆるめです。

ワンバイベットは、登録してログインすること(残高の有無は関係ない)で視聴可能です。

ワンバイビットはというと、

・ログインする必要がない(アカウント登録が条件ではない)

・アカウントに残高がある必要がない (アカウント登録が条件ではない)

要するに誰でも見られます。

*時々、ワンバイベットでもログインなしで視聴できることがあります。試合によって分けているのかは不明。

登録に一切お金がかからないですし、ワン・クリック登録と言う簡単な方法で登録はすぐにできるので、登録はしましょう。

(お金に関わる作業になると、詳細な情報登録など必要になりますが、その前の段階でログインするだけなら、国と利用する通貨単位を選択するだけで登録できる)

■1xbetライブストリーミング視聴手順(スマホ、タブレット)

PCもスマホ、タブレットもほとんど視聴手順は同じになりますが、それぞれ分けて視聴手順を紹介しますね。

以下は、ワンバイベットの方のスマホページ。ワンバイベットは、視聴する際にログインが必要になります。

画面上部のLIVEで現在試合中(または、間もなく試合開始)の試合を表示した際に、再生マークの表示がある試合がライブストリーミング視聴対象試合。

視聴する際は、まず対戦カードをタップします。テレビっぽいマークもあって紛らわしいのですが、フィルムのようなマークがライブストリーミング視聴するためのボタンです。

▲ボタンをタップすると再生されます。

画面表示を拡大する矢印もあるのですが、数秒で以下の状態になります。

スマホ画面の固定設定をしていなければ、この状態で画面を横向きにすれば、画面いっぱいの表示になって視聴できます。

これで試合が視聴できます。

1xbetの参加方法を紹介しています

■1xbitライブストリーミング視聴手順(PC)

視聴の流れも簡単。不便な点としては、基本的にどの競技のどのリーグや大会が視聴対象かは、利用していれば感覚でつかめてくるものの、試合開始辺りにLIVEの項目に表示が移るまでは視聴対象かがわかりません。この辺りは、bet365の方が、そこそこ早めに普通にオッズをチェックするだけでライブ視聴対象かどうかがわかるので便利とも言えます。

ページを開き、LIVEを選択、対象の試合の横にLIVEと書いてあるものは、視聴対象です。

LIVEをクリックすると、画面右に再生ボタンが表示されます。上記は、アイスホッケーの試合ですね。

例えば、バスケットボールのNBAの試合を選択した場合はこんな感じです。再生ボタンをクリックします。

このタイミングで、ワンバイベットの場合は、再生ボタンを押したときにログインがされていないとログインが必要と言う表示が出ます。ワンバイビットは、必要なし(今のところ。)

しばらくすると、ライブがスタートします。画面右上に、オッズも表示されます。

表示を拡大したいときは、マウスを動かすと表示される3つのボタンの一番右をクリックすると拡大表示されます。

画面を戻すときは、キーボードのESCボタンです。

と、視聴するのは簡単です。

ブラウザによっては、Flashを有効にする必要があります。

以前は、この表示は特になかったのですが、google chromeを利用して視聴しようとすると、最近は、設定によっては、以下の表示が出ます。

ロシア語も混ざっていますが、視聴するには、Adobe Flash Playerを有効にする必要があるという表示です。

有効にするをクリックすると、

更に、上記の表示が出て、許可をクリックして、ようやく放送が開始されます。

■ワンバイベット1xbetの視聴クオリティに満足できなければ・・・

以前と比べると、だいぶ安定して視聴できるようになったと思いますが、まだ、スムースな視聴と行かない時もあるのが事実です。

幅広さと下部リーグまで対応しているのがワンバイベットの魅力ですが、重複してbet365でも視聴対象になっている場合は、クオリティは、そちらの方が上になります。

bet365ライブストリーミング解説↓

bet365で視聴
【某黒船いらず】bet365ライブストリーミング☆登録入金でサッカー生視聴、テニスなど(PC/スマホ視聴)

英国最大手のブックメーカーbet365で、多くのスポーツのライブ視聴が可能です! このページの目次1 bet365ライブストリーミング2 スポーツ生中継(bet365 Live Streaming)2 ...

続きを見る

 

bet365参加方法は以下を参照してください↓

参加方法
ベット365bet365
【ウェブマネーカード、auウォレットで入金】bet365(ベット365)【人気NO.1?ブックメーカー】

bet365(ベット365) *2019年8月あたりにウェブマネーカードでの入金ができない事例が増えているという話が聞こえてきましたが、2019年8月21日に私自身でウェブマネーカード経由でbet36 ...

続きを見る

 

ライブストリーミング視聴紹介をお読みいただきありがとうございました。Thanks

いかがでしたか?ブックメーカーの歴史と同時に、ブックメーカーが提供するライブストリーミングの歴史もこの10年ほどで大きく変化しています。

その中でも不動のクオリティを誇り続けるベット365(bet365)が未だにお勧めですが、英語のみ、入出金手段が限定的なことから、胸を張ってお勧めが難しい状況です。ただし、ストリーミングは、ネット環境と視聴者の数に依存するところもあるため、ブツブツ途切れたりすることが多いのも事実。

その点、全画面表示ができない、視聴対象の数など比較すると一見デメリットが多いbet365に見えますが、視聴クオリティの高さと言う武器では、実はまだここを超えるところは出てきていません。

そのbet365を試してみたいという方は、以下バナーから参加してみてください。

bet365ライブストリーミング

▲bet365サイトへ(www.bet365.com/)

参加方法
ベット365bet365
【ウェブマネーカード、auウォレットで入金】bet365(ベット365)【人気NO.1?ブックメーカー】

bet365(ベット365) *2019年8月あたりにウェブマネーカードでの入金ができない事例が増えているという話が聞こえてきましたが、2019年8月21日に私自身でウェブマネーカード経由でbet36 ...

続きを見る

 

そして、本来であれば、最強であるはずだったのが、最近急激に勢力を拡大したロシア発のワンバイベット(1xbet)のライブストリーミング。

登録簡単、ログインだけで視聴可能(残高の必要がないので入金の必要もない)、全画面視聴可能に、イングランドプレミアリーグ含めて膨大な視聴対象ということで、強く推していたのですが、ライセンス取得してまっとうにやっていると聞いて信用していたら、実は、勝手に放送したりしていたものも多数あったということが発覚し、その辺りが明るみになるにつれて、視聴対象数も激減してしまいました。

今(2019年1月現在)の状況は、問題をクリアしたところのみ放送しているというところでしょう。売りだったイングランドプレミアリーグの視聴もできなくなりました。

それでも、視聴ハードルの低さや、現在でも、某黒船でも全く対応できていないような、マイナーなリーグや大会がポッと視聴対象になっていることも多いので、幅広く見たい方や、例えば、知っている日本人選手が、かなり視聴が難しい国のリーグに入ったけど視聴できるかなと言う方には、十分お勧めできます。

参加方法
【公式依頼で入出金テストやってます】1xbetワンバイベット(決済手段が多彩)【FCバルセロナ/リヴァプールFC/チェルシーFC グローバルパートナー】

2019年10月10日辺りから1xbetの閲覧が不安定な状態が続いていましたが、10月26日に改善しています。 今後同様の症状が起こった時には、代替手段としてですが、1xbetは、ミラーサイト的なアド ...

続きを見る

 

で、上記以外にお勧めできるブックメーカーとして長く紹介していた、スポーツベットアイオー(Sprotsbet.io)ですが、2019年にしばらくライブストリーミング提供がされない時期を経て、2019年10月下旬に復活したものの、以前で来ていた全画面視聴ができなくなっていたり、放送される試合も激減しているため、どこまでお勧めして良いのかは、様子見の状況です。それでも、しっかり元に戻れば、最もお勧めできるのは、スポーツベットアイオーです。

参加方法
【全てのブックメーカーの長所を持つ】スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)【クレジットカード入金できます】

*2019年9月現在、円の入金にクレジットカードが使えなくなっています。システムの追加にだいぶ時間がかかっているようで、7月中と聞いていたところから伸びて8月中にはみたいになったり、ちょっとわからなく ...

続きを見る

視聴の条件の入金の流れなど詳細は、当サイト作成の『【全てのブックメーカーの長所を持つ】スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)【スティックペイ、ビットコイン可】』内のライブストリーミング(Livestreaming)視聴の手順で紹介しています。

 

まあ・・・比較していますが、一番良いのは、3つとも登録して入金して視聴できる状態にして置くことなんですけどね。

私の最近の流れは、全て視聴できる状態にして、まずスポーツベットアイオーで視聴⇒視聴クオリティが低い場合は、1xbetをチェックし視聴できれば、そちらで。

または、クオリティのみを追求した場合は、全画面視聴はできなくてもbet365でストレスなく視聴するなど。

ご利用ください!

-スポーツベットアイオー(Sportsbet.io), ワンバイベットライブストリーミング, ベット365(bet365), ワンバイビット(1XBIT), ブックメーカー, ワンバイベット(1XBET)

Copyright© ブックメーカーファンSP byブクメ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.