スピンパレス(SpinPalace) ブックメーカー

【日本人担当者定着率高しの安心感】スピンパレス(SpinPalace)

投稿日:

内容の前に、なぜ「日本人担当者定着率高し」を前面に出して紹介に入るのか。それは、ブックメーカー業界のある意味海外らしくある意味問題点でもあるポイントなのです。

ダメだし犬
日本語を扱って、日本マーケットに力を入れて、日本人担当者を入れるところは増えている。でも、割と多くのブックメーカーの日本人担当や日本語ができる担当者は、短いスパンで入れ替わってしまうので、日本向けのクオリティやサポートに安定感安心感がないところが多いという事実

そこに登場したのが、今回紹介する「スピンパレス」です。

私、正直言いますと、オンラインギャンブルのブックメーカーのところを長年紹介しているのですが、ブックメーカー以外には、興味が持てず、カジノ方面は、ほとんどチェックもしていなかったのですが、日本のオンラインカジノとしては、地位を確立しているのがスピンパレスなのですね。で、そのスピンパレスがスポーツブックも始めたということです。

スピンパレスの仕組み

ブックメーカーでは、巨大な英国系ブックメーカーなどでは、独自のシステムを構築して賭けを提供しているところが多いですが、スピンパレスは、比較的、よく利用されているシステムを利用したベットページの構成となっています。

使いやすいので、よく利用されているというだけですので、この形が使いやすいという方には、スタートさせやすいとも言えます。

その中で、完全に日本語表示にして紹介するようなブックメーカーもあったりするのですが、スピンパレスの仕組みは個人的に好きな、参加においての諸々はしっかり日本語化されているが、チーム名など、日本語にすることで、おかしなことになりやすいものは、英語のままで提供している適材適所翻訳型の日本語ブックメーカーだったりします。

ログインするまでは、オッズが表示されないので、まずは、登録が必要になります。これ、割と珍しいパターンだと思います。

ピナクルとか、ログイン前とログイン後で若干表示が変わるところはありますが、こういう仕組みは、あまり見たことないですね。

私も遊び始めたばかりですが、紹介するポイントは、完璧だからではありません。足りないと思われる要素もありますが、とにかく日本人のマーケット担当者がしっかりしていることが最大のポイントです。

プロモーションの方向性とか面白くて、なんだか、ネタと思えるような商品をプロモーションとして用意するのも特徴です(商品が若干ぶっ飛んでいるので、いらないという方は、それ相当のキャッシュにもできるのでご安心くださいw)

ダメだし犬
細かいことは、実際に見ればわかるから、遊び方を教えてくれ!

ということで、流れを紹介します。

スピンパレスに参加する⇒こちらから

現時点での、知っておくべきところ

参加する前に、紹介しながら、実際に利用して見て、気になるところを箇条書きで入れていき、解決したら消していきます。

・ログアウト後に言語が英語に戻ってしまう(ログインすると日本語に戻る)

・チーム名などは、英語表記のままである(これは、私個人的には、メリットの方だと思っている。)

・デイリープロモーションの適用ルールがPCからだと激しく見にくい。

スピンパレスに登録する

シンプルです。

登録をクリックし。

ユーザーネーム、Eメール、パスワードを2回入力(ここは、半角英数字で入力しましょう。)

お名前、ご名字は、アルファベットで。通貨は、利用する決済手段で選ぶ形になりますが、一般的なのは、表示されているEuro(ユーロ)ですね。

住所もアルファベットで入れるわけですが、

日本の住所から逆で入れる流れです。

例えば、〇県△市× 1-2-3という住所の場合は、

1-2-3 Batsu Sankaku-shi Maru-ken

という順番になります。

携帯番号も海外式で、最初から日本の国番号の81が入ってますので、その隣には、市外局番の最初の0を除いた電話番号を入力しましょう。

スピンパレスでは、市区町村の項目と、都道府県は選択式になっているので、それ以外のところを住所1と住所2に入れればOKです。

最後に、「私は18歳以上で、カジノ規約に同意いたします。」にチェックを入れて、登録ボタンです。

ブックメーカーもカジノ規約と同様なので、その項目をしっかり読んでください。18歳未満は遊べません。

お金を使う作業は全てログインから始まる

登録が完了し、ここからは、実際のお金(リアルマネー)に関わる、入金、賭け(ベット)、払い戻しなどの作業は、全てログインから行っていくことになります。

画面上にログインボタンがあります。

登録した際に入力した、ユーザーネームとパスワードを入力してログインを行ってください。

 

スピンパレスでボーナスをもらう

2018年4月現在は、新規登録した方向けに、最高200ドル/ユーロのフリーベットボーナスが用意されています。

最新の情報は、必ず、ページ上部のウェスカムフリーベットから確認してください。

初回入金額の100%を最大で200ドル/ユーロまでもらえるという内容ですね。細かい規約は「フリーベット規約 - こちらをクリック」から確認してください。割と細かいルールもあります。

重要なところだけピックアップすると

10ドル/ユーロ以上の入金からがボーナスの対象

・アカウントを開設してから7日以内に入金する必要がある

・フリーベットを有効化するには、入金額の5倍分のベットが必要(そのベットは、オッズ1.3倍~10.0倍の間である必要がある)

・フリーベットを有効化するには、初回入金後7日以内に条件を満たす必要がある

ダメだし犬
実は、ここの管理人のブクメは、紹介する前にまず登録しておこうとして、初回入金するまでに7日以内ということに気が付かずに、ボーナスもらい損ねたんだよな

ブクメ
お恥かしいw それに気が付かずに、デイリープロモしか出ていなくて、紹介する文章を書くときに、大混乱したというのは内緒だよ。

ボーナス規約は変更になることがあるので、必ずご自身でしっかり読んでボーナスをもらってくださいね。

スピンパレスに入金する

ベットするためのお金を入金する手順を紹介します。

ログイン後、メニューにある「ご入金」から行います。

2018年4月30日現在は、入金の画面では、ecoPayz(エコペイズ)、クレジットカード、デビットカードが表示されています。

お手持ちのクレジットカードが利用できるのであれば、クレジットカードで入金するのが最も簡単です。

エコペイズでの入金の流れ

現在スピンパレスでは、お勧めの入金手段として一番上に出ているようにエコペイズが主流です。まずは、エコペイズでの入金の流れを紹介します。

お勧めの入金手段に表示されているecoのマーク、ecoPayzの右側にある「入金」をクリックします。

エコペイズからの入金画面に移ります。入金金額を指定、または、「その他」のところで、直接金額を入力します。最低入金額は、ユーロの場合は、10ユーロからになりますので、最低入金額だけ入れたい場合は、その他に10と入力して、次へをクリックします。

この後、エコペイズのログイン画面に進むのですが、ポップアップブロックがされていると、上記のような表示になります。特に問題はないので、続行をクリックします。

エコペイズのログイン画面です。

⇒エコペイズにまだ登録していない場合は、こちらより登録してみてください(日本語ありです。)

エコペイズの、ユーザー名とパスワードを入力しログインします。

スピンパレス側は、JackpotCityという名称でマーチャント名に入ります。

エコペイズの残高が、入金額以上あれば、「送信」をクリックすれば、すぐに入金できます。

入金額に満たない場合は、「資金を追加」からエコペイズへの入金をまず行ってください。

上記の表示がでれば、入金は完了です。

ちなみに、一度エコペイズで入金を行うと、次回から入金の際に、「お気に入りの入金方法」として上部に表示されます。

エントロペイでの入金の流れ

スピンパレスでは、エントロペイからの入金も可能ですが、入金項目の中にエントロペイという名称は表示されていません。もともと、エントロペイを利用する際に作成することになるバーチャールカードをデビットカードという扱いで入金する流れになります。

エントロペイでカード情報を表示したときに表示される、上記の情報を利用して入金を進めます。

お勧めの入金方法の中から、デビットカードの右側の「入金」をクリックします。

カード情報の入力項目が出ますので、エントロペイで作成したカードの情報を入力していきます。

入力ができたら、次へをクリックします。

住所情報を確認してくださいの項目では、スピンパレスで登録した住所が、表示されます。住所情報は、エントロペイとスピンパレスで一致させる必要があります。住所が違う場合には、編集でエントロペイの住所と一致させてください。

問題なければ、次へをクリックします。

金額の入力画面が表示されます。ここでは、入金最低額の10ユーロを入金してみます。

右下に10と入っていますが、ここは、最初「その他」と表示されている箇所で、そこに10と入力しています。

次へをクリックします。

入力した情報の確認画面が出ますので、間違えなければ、次へと進みます。

上記表示が出れば入金完了です。

請求明細には、The Palace Groupと表示されます。

エントロペイに入金額分の残高がない場合は、エラーになりますので、事前にエントロペイへの入金は済ませておきましょう。

スピンパレスで賭ける

スピンパレスでの基本的な賭けの流れを紹介します。

基本的な、賭けの画面は、ブックメーカーではよくある構成になっているので、他のブックメーカーで慣れている方は、すぐに遊べると思います。上部に、メインとなるメニューが表示され、左側に、カテゴリ別で選択するためのメニューが縦に並びます。画面中央には、その時点でのお勧めの賭けが表示される仕組みで、実際に賭けるためにオッズをクリックした場合に、右側のベット伝票に詳細が表示され、賭けていく流れになります。

事前に賭けたい試合があって探す場合には、左メニューから選択していくことが多いと思います。

左メニューの上部には、お勧めの試合や、大会名、リーグ名などが、トップイベントとして表示されます。

その下に、現在行われている試合に、ライブで賭けることができる、「ライブベッティング」が目立つオレンジハイライト表示されており、その下に、スポーツ事のカテゴリなど表示されています。

例えば、サッカーでワールドカップ2018の日本代表の優勝オッズに賭けたい場合には、左側のメニューでまず、「サッカー」をクリックし、以下のように進めていきます。

サッカーで現在賭けの対象になっている一覧が表示されます。

注目のリーグ大会や、選択した国でお勧めのリーグなどが、トップリーグとして上部に表示されます。日本の場合は、上記にもあるように、日本のJリーグもトップリーグに表示されていますね。

ワールドカップに賭ける流れとは直接関係ないですが、対象の試合が開始される時間の~以内という絞り方をすることもできます。

これという決めて賭ける試合が特にないけど、近い時間に開催されるもので差が相当するときなどは、24時間以内などで絞り込んで探すことをお勧めします。

先ほどの表示の状態で、24時間以内に絞り込むと、上記のように絞り込まれました。

さて、話を戻します。

賭けの対象になっているリーグ戦や大会などが、アルファベット順に並びます。日本語に変換されているものでも、順番としては、アルファベット順で並びます。Italy Cupの後に日本 - J1リーグが表示されているのは、順番としては日本(Japan)のJとして判断されているからです。

ということで、ワールドカップは、アルファベットでは、最後の方になるWになるので、この段階では、一番最後にWorld Cup 2018という形で表示されていました。

ここをクリックします。

サッカーに限らずですが、基本的にまず表示されるのは、勝ち負け引き分けを予想する(1X2)が上記のように表示されます。

上部メニューに「すべての市場」「メイン」「ゴール」「ハーフ」「Specials」「ピリオド」「リーグベットマー...(これは、リーグベットマーケットのこと)」と言うメニューが表示されます。

優勝オッズは、一番最後の「リーグベットマーケット」の中にあります。

この項目には、単発の試合ではない、優勝や得点王などのオッズが表示されますが、優勝オッズは、アウトライト(OutRight)になります。

OutRightをクリックすると、ワールドカップ2018の優勝オッズが表示されます。スピンパレスでは、2018年5月1日時点で198.75倍のオッズが日本の優勝についています。賭ける場合は、オッズを直接クリックします。

オッズをクイックすると、ベット伝票に選択した内容が入り、賭け額を入力する流れになります。最低賭け額を調べるために、あえて明らかに無理であろう0.01(ユーロ)と入力して、ベットするをクリックしてみると、最低額は、0.06(ユーロ)と表示されました。

とりあえずということで、日本の優勝に最低額の0.06を賭けてみます。合計コストと、的中した場合の配当が合計リターンとして表示されます。

ベットするをクリックすると、緑色のハイライトで決定されたベットと、そのチケット番号が表示されます。

決定されたベットは、「マイベット」に移ります。賭けの内容や経過は、マイベットから見ることができます。

マイベットに移動してみました。上記のように表示されています。

賭けの流れの基本は、こんな感じです。

実際に賭けに慣れてくると、おそらく多くの方が挑戦すると思われる、試合中の試合に賭けられるライブベットでの賭けの流れも一つ紹介しておきますね。

ちなみに、入金合計30ユーロほど入れて、払い戻しの最低額が50ユーロからということなので、払い戻しの流れを紹介するスクリーンショットをとるために、先ほど賭けたワールドカップ日本優勝の0.06ユーロを引いた、29.94ユーロを利用して50ユーロまで増やそうと思い、それにあったオッズを探して分析なしで賭けましたw

ライブベットをクリックすると現在行われている(または、間もなくキックオフ)の試合が表示されます。このタイミングで開いた時に、1.80倍に賭ければ、50ユーロは超えるなと言うことで、既に試合が始まってハーフタイムに入っているCeske v Viktoria(2-1)でCeskeリードの試合のCeske勝利の1.80倍に賭けることにしました。

この時点でリードしていて、後半残り45分でリードを守り切るか、追加点を決めて勝ち切れば、的中です。

まあ、ハーフタイムでリードしていて、これだけオッズが高いと、アウェイ側の方が強いということなのですが、とりあえず、良いかなと賭けて進めています。

29ユーロ賭けて的中すれば、52.2ユーロになります。

実際賭けると、上記のようにマイベット内で、現在の試合の経過時間や状況がライブで表示されます。そして、この試合に関しては、下に「キャッシュアウト23.78ユーロ」と表示されています。

これは、試合の経過に応じて、試合結果が確定する前に払い戻し「キャッシュアウト」ができる機能です。

この時点では、この試合ハーフタイムの時点で2-1とリードしている状況で、29ユーロ賭けていて、今払い戻せば、23.78ユーロですよということなのですが、例えば、このまま得点が動かず試合時間が経過していけば、キャッシュアウト額は増えていき、最終的には、52.20に近づいていくことになります。また、例えば、追加点を決めて3-1とかになれば、より早く、満額に近い数字に近づいていきます。

後半が開始して、3分ほど経過したところで、スコアが動かずに残り試合時間が少し減ったところで、キャッシュアウト額が24.28ユーロに増えていますよね、こういうことです。

こんな感じで、進むか追加点を決めてくれれば良いなと思っていたのですが・・・

アウェイチームの猛攻に合い、72分(後半27分くらい)には、追いつかれて2-2とされてしまっています。

このままのスコアで終われば、もちろん、負けになります。要するに、外れる可能性が高まっているのですが、この時点で、例えば、流れが悪くなったから、損は出るけど外すなら、いくらか戻しておきたいという方は、7.02ユーロというタイミングでキャッシュアウトすれば、少額ですが戻ります。

もちろん、この後に、再び逆転してリードしたら、損になりますが、このまま引き分けで終わったり、アウェイチームに逆転された場合は、もちろん外れで0になってしまいます。

この辺のコントロールをできるのがキャッシュアウトになります。

・・・まあ、結局、私は再度の逆転を期待して、そのまま2-2で終了して、払い戻し最低額の50ユーロにとりあえず増やそう計画は、この時点では失敗に終わります。

ちなみに、賭けの結果が確定した後は、マイベットからは、表示は消えるので、その後の賭けの内容や結果を確認するには、画面の左上辺りに表示されるBetting Historyからになります。

上記のように内容が確認できます。

これが、賭けの流れになります。

注目の大会は、大会が近づけば上部に入ります(ワールドカップなど)

注目のビッグイベントは、大会が近づいてくると、ページ上部のメニューに表示されます。例えば、2018年6月中旬開幕のサッカーのワールドカップ2018ロシア大会は、開幕の1か月ほど前に、ページ上部にWorld Cupという項目で追加されました。

通常は、別途検索から調べたり、カテゴリからサッカーを探してなどの手順が必要になりますが、これが手軽になります。上記のスクリーンショットは、PC版になります。

モバイル版の画面が上記になります。私個人的には、モバイル版が若干使いにくさを覚えているのですが、ワールドカップに賭けたいという方は、ログイン後にQuicklinks(クイックリンク)というボタンがありますので、そこをクリックすると、PC版の上部のメニューと同じものが、開きます。

ちなみに、スピンパレスの売りとして、他とは一線を画したプロモーションを提供してくれるということがあり、既に他のブックメーカー紹介サイトでは、いくつかプロモーションが実行されており、斬新だ!という声が多く、私も凄いなということで、担当者と話をして、ワールドカップ2018ロシア大会向けに、面白プロモーションを現在準備してもらっています。

紹介できるタイミングになったらすぐにこのページなどで紹介しますのでお楽しみに!

ロシアだけに○○〇・・・みたいなプレゼント系のプロモーションになると思います!

 

スピンパレスから払い戻す

画面上の目立つ場所に、払い戻しという項目はなく、流れとしては、まず、「ご入金」から入金の画面を表示させ、その項目内にある「引き出し」から、進めていくことになります。

引き出しに関しては、最初の画面では、特に払い戻し先を選択する項目はなく、引き出し希望額を入力して次へと進めます。

で、引き出しの最低金額が50ユーロなんですよね。この額を確認して、賭け方の項目で行ったライブベットで50ユーロ以上にしようという流れで計画性のない賭け方で溶かしてしまったので、引き出しの細かい流れの掲載は、しばらくお待ちくださいw

そして・・・その翌日、エントロペイより今ある残高の44ユーロを入金し、それを50ユーロに増やすべく、またあまり考えずに開いた時に、大丈夫そうな試合に賭けました。結果は、、、

2-0でIllertissenというチームがリードしている状況での1.16倍勝利に44ユーロ賭けて、的中すれば51.15ユーロになり、最小払い戻し額になるところに賭けました。その後、追加点を決めて3-0になって、もう大丈夫だなと安心して放置していて後半残り少しというところで見たら2点返されて3-2という冷や冷やな状態に一気になっていたものの、そのまま3-2で勝利してくれたので、ようやく、払い戻しできる50ユーロの残高を超えました。

進めます。

残高は、52.09ユーロあります。引き出し額の指定のところで、50と入力し、次へをクリック。

ご希望の支払い方法ということで選択する項目が表示されます。

ここには、入金したことある決済手段が入っています。今回は、エントロペイに払い戻ししてみます。

エントロペイを選択すると、一覧からカードを選択する項目が出てきます。ここで、入金したカードが出てきますので、ここは、エントロペイで入金すれば、どのカード番号でもOKということではなく、入金したことがあるカード番号にのみ引き出せるようです。

利用規約を読んで条項に同意します。を読んでチェックを入れて次へをクリックします。

最終確認の画面がでますので、問題なければ、「引き出し」をクリックします。

問題がなければ、引き出しの正常終了という表示が出ます。

ちなみに、払い戻しの手続きが完了した画面にも出ている、リクエストが完了するまでは、取消可能とありますが、実際に取消を行う場合には、「ご入金」の項目に入ると、上記のように引き出しの取り消しの表示が出ています。ここから消えた場合は、リクエストが完了したということになりますので、もう取り消しはできません。

また、払い戻しが完了したら追記します。

この後は、エントロペイに払い戻されたら再び50ユーロほどを入金して、エコペイズへの返金を試すという流れになります。

・・・で、払い戻しを試したところ、しばらくして、サポートより連絡が来て「あなたのエントロペイの入金に利用したカード、マルタ共和国発行ですけど、本当にあなたのものですか?セキュリティが怪しんでます」的な連絡があり、しかも、タイミングが悪いことに、電話連絡をいただいたタイミングが、海外にいて電話がつながらない時で、若干やり取りがごちゃごちゃしています。

この辺もマーケット担当の日本人の方とやり取りをしつつ、決済部門のやり取りは、別にしっかり個人として進めてもらっています。

その後、日本に帰国し、担当からの連絡が来たのですが、マルタ共和国発行のヴァーチャルカードに関しては、エントロペイ要因ですが、それによって、海外利用も疑われた(日本語サポートの方は丁寧です。ただ、どのブックメーカーもそうですが、リスク部門という危険を察知する部門があって、そこが怪しいと疑えば、しっかり確認しないと進めないのは、どのブックメーカーも同じですし、ここが緩いところは、逆に危険。)ということもあるようです。

電話での対応が済み、これで、手続きがされて、24時間以内くらいでエントロペイに届くのかなと思っていたのですが、週末をはさんだものの、それでも平日入れて3,4日そのまま動きがなかったので、ライブチャットで連絡してみたところ、受け渡しが上手く行ってなかったようで、またもや同じような質問をされてしまいました(こういうところは、担当の方とはやり取りスムーズでも正直に書きます。)

結果的に、そこでスムーズに確認していただき、翌日手続き、その後24時間の保留期間を経て入る(払い戻しキャンセルが可能になる時間ということで設定されているようです)ということで、その後、無事に届きました。

エントロペイ内の表示では、Baytonという名前で入金がされていました。

ちなみに、スピンパレスでのエントロペイへの払い戻しには、手数料が若干かかるようです。今回50ユーロを引き出したのですが、0.98ユーロ(この時点でのレートで130円くらい)が引かれています。

その点ご注意ください!

プロモーションなどのメールを止めたい場合は、サポートに連絡しよう!

スピンパレス登録後から、登録した携帯電話の番号宛に、上記のようなメッセージが頻繁に届くようになります。私も最初意識がなかったので、外国っぽい電話番号から、よくわからないアドレスのリンクが入ったメッセージが届くなと思っていたのですが、内容を調べたら、スピンパレスからのメッセージでした。同じような内容が、登録したメールアドレス宛にも届いているので、どちらかにしたいとか、そもそもプロモーションのメールはいらないという方は、ライブチャットなどで、連絡して停止してもらうと良いかと思います。

プロモーションメールは、件名にスピンパレス(Spin Palace Sports)と入っているのでわかりやすいですね。

 

 

実際の状況と言うことで、また進捗があれば追記していきます。

 

-スピンパレス(SpinPalace), ブックメーカー

Copyright© ブックメーカーファンSP by ブクメ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.