【レベルブクメ】EPLファンタジーリーグで毎月アマギフ3000円10名+α 詳細はこちら

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)【入出金にノーストレス】

スポーツベットアイオーは、日本からでも参加可能なスポーツに賭けて的中すると配当がもらえるブックメーカーです⇒ブックメーカー(bookmaker)について知りたい

ブクメ
スポーツベットアイオーをご存知ですか?2021年現在最も先進的で評価を急激に上昇させているブックメーカーです。無料で参加できる4-3-フリーというサッカー試合予想や、サッカーのプレミアリーグ公式主催のファンタジープレミアリーグと連動した、毎週フリーベットを狙えるキャンペーンなど、予算が少なくても気楽に長期間楽しめる内容盛りだくさんです!
友だち追加
ダメ出し犬
↑わからなかったらLINEでブクメに聞いてしまおう

先日のブラックフライデー企画のスーパー7でリーダーボード上で1位の方が、賞金をもらえず、サポートから他に1位がいたから賞金はないという回答があり、他サイト様に相談が行くという情報がありました。

その際に、SNS上では、あげる気がないのにプロモやるなという内容など、かなり残念な投稿が目立ちました。

当サイト、ブックメーカーファンとしては、スポーツベットアイオーは、キャンペーンでズルをするブックメーカーではないと、これまで取り上げて、私自身も紹介するだけでなく、キャンペーン含めて楽しませてもらってきた中で、また、深いところまで担当の方とたびたびやり取りする中で、しっかり見つめてきた中で断言します。

ただし、以前からの問題点として以下の部分に関しては感じていました。

①システム的な設定の不具合で英語ページでないと表示されないケースがキャンペーンで目立つ(英語と日本語で表示がずれることがある)
②マイナーチェンジが増えている

(直接相談されたわけではないため、あくまで私自身が、独断で今回のケースに関して、スポーツベットアイオーの担当の方に連絡をした流れでは、)今回は、担当の方に確認する限りは、問題点の①に若干近い部分で、キャンペーンの設定のところで、実際のリーダーボードが正常に表示されなかったことが理由のようです。

今回のケースに関しては、相談された方に一定の報酬が支払われることで解決となったようですが、他のブックメーカーであれば、突っぱねられても仕方がないケースで誠実に対応したということが評価されるべきだと思います。

スポーツベットアイオーでは、キャンペーンそれぞれに、英語のページで表示される内容が最終的に効力を発揮するという内容が明記されています。

もちろん、今回のケースは、おそらく頻繁にアイオーを利用されている方はご存知かと思いますが、キャンペーン内のシステムは見切り発車が多いので、見ていて、おかしな表示が出たりはよくしますし、これは、まずは試してから問題点を修正ということでスピード感を出しているメリットと同時に今回のような、ユーザ側にとって不満を生んでしまうような表示上のミスを生んでしまうデメリットもあります。

また、今回、攻撃的な言葉がSNSに並んだのは、先ほどの②の要素でのユーザ側の不満がここ最近重なったことも理由にあると思います。

マイナーチェンジに関しては、面白そうなものは見切り発車で行う分、それが、会社にとって大きなマイナスになる時には当然行われることで、ここは残念であるという意思表示は、私もしますし、されるべきだとは思いますが、この方針があるからこそ、他ではないような魅力的なキャンペーンが生まれるのもスポーツベットアイオーなので、利用される方(特に、大型のキャンペーンで賞金をしっかりもらってきたり、これまで恩恵を受けてきた方は、)冷静な目での発信をしてもらえると嬉しいです。

今後もより良いサービスを期待しながら、今回のような誤解を生むようなケースがなくなるように期待しながら紹介していきます。

目次

スポーツベットアイオーとは

Sportsbetioの読みは、スポーツベットイオではなく、スポーツベットアイオーと読みます。

スポーツベットアイオーのお勧め要素を4ポイントに絞りました

出金がスムーズ – 大きめの金額の払い戻しでも拒否されるなどの規制をほとんど聴いたことがない

キャンペーン(プロモーション)が楽しすぎる – 気楽に参加できて、内容も楽しいプロモが多い。特にリーダーボード系のキャンペーンは楽しい)

あわせて読みたい
スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)のボーナス、キャンペーン ブックメーカー、スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)のボーナスがもらえるキャンペーンを紹介します! スポーツベットアイオー&簡単登録ページへ 【スポーツベット...

入出金手段が豊富 – 国内銀行入金を可能にする(SUMO PAY)や、エコペイズに加えて、仮想通貨も利用可能。仮想通貨に関しては、ビットコインを直接クレジットカードで購入する形での入金も可能。

仮想通貨メインで遊ぶと通常より高めのオッズ設定に切り替わる

上記4点をベースにこのページでは、スポーツベットアイオーの魅力を紹介していきます。

その他、

登録もシンプルで、無駄に多い個人情報は求められない。

日本語サポートもあり、チャットもスムーズ

賭けの種類も1xbetほどではないものの多い。そして、フルライセンスをしっかり宣言している。

ね、紹介するには十分すぎるでしょう。

更に!

2021-2022シーズンのスポンサーチームがすごい!
アーセナル(イングランドプレミアリーグ)、サウサンプトン(イングランドプレミアリーグ)フラメンゴ(ブラジル全国選手権)

2021年7月に新たにサンパウロ(ブラジル全国選手権)ともパートナーに。

2020年には、元大関の把瑠都さんをアンバサダーに迎え、2021年に入り、スポンサーのサウサンプトンに加入した南野拓実との対談まで実現しています。以下は、その際のツイッター

著名なヒップホップアーティストであり、起業家であり、慈善家でもあるキング・カカをスポーツベットアイオーのアンバサダーに2022年に就任したとのこと(すみません、私、あまり詳しくなくよくわかりませんが、凄そうです、なんというかアンバサダー契約をする著名人の方向性がアイオーらしく斜め上で楽しみではあります。)

こんなことを行うと、記載されていますので楽しみに待ちましょう!

登録方法

スポーツベットアイオーの登録について簡単に紹介します。

画面上の「登録」から行います。

SNSアカウントを利用しての登録もできます。2020年1月現在では、ツイッター(Twitter)、フェイスブック(facebook)、ライン(LINE)や、テレグラム(Telegram)が利用できます。

↓ツイッターを利用する場合の画面

↓facebookを利用する場合の画面

↓LINEを利用する場合の画面

↓テレグラムを利用する場合の画面

上記SNSでの登録も簡単ですが、入力しての登録もアカウント名、Eメール、生年月日、パスワードの4つを入力するだけと簡単です。

それ以外にも上記のようにユーザー名を決めて、Eメール、生年月日、パスワードでもアカウントの作成ができます(その後の入金や出金作業に応じて必要書類などが出てくる可能性があります。)

登録完了後、利用する通貨単位を決めます。ここで決めたものが、一応は、メインアカウントとして利用する通貨になりますが、登録後にもいつでも切り替えて利用できるので、どれでも良いと言えばどれでも良いです。

入金方法

法定通貨(円やドルなど)での入金

スポーツベットアイオーには多彩な入金手段が用意されています(スポーツベットアイオー自体は、仮想通貨の利用を推奨しています。ビットコインや、イーサリアム、リップルなど利用可能)

*以下、お勧め入金パターンに対応したお勧め出金手段は、以下で紹介しています。

2021年10月1日現在の入金手段(2020年12月31日でクレジットカードの入金が終了

現在は、SUMO PAY(国内銀行入金)マッチベター(経由でJCBカードで無料入金)の2種類が利用可能

*エコペイズ(Ecopayz)の取り扱いは、2021年10月いっぱいで終了(既に入金はできず、出金のみ10月いっぱいまでは可)

*スティックペイ(Sticpay)の取り扱いは、2020年8月いっぱいで終了しました

*アストロペイ(Astropay)の取り扱いは、2020年6月に終了しました

2020年6月上旬にSUMO PAYなるものが追加

毎度のことですが、ブックメーカー直の国内銀行入金は、基本的に非推奨(日本の金融機関との相性が悪いので、割と長続きせずに使えなくなることが多い)ですが、使える間は最も便利な入金手段となります。

お勧め入金パターン1(国内銀行入金/SUMO PAY)~ 指定の口座に振り込み⇒スポーツベットio

スーモじゃなくて、相撲ペイですかねw

推奨手段ではありませんが、実際のところ、指定の口座に振り込むだけで入金ができる最も簡単な方法なので、流れを紹介します。

JPY(日本円)の入金時にSumo Payを選択します。

最小額は5000円~

金額を入れて、入金を続けるに進むと以下画面に

上部に意味不明な、5000円で入金ができないという表示がありつつ、4種類のJPY5000と入ったアニメ的なバナーが登場しますので、どれかを選んで、

名前、苗字、電話番号を入れて、入金を続けるに進みます。

詳細が表示されますので、問題なければ、確認するへ

もうすぐ完了しますと表示されますので、支払いを続けるに進みます。

ここでようやくSUMO PAYの表示が出て、「振込みコード」に関しての説明があります。

その下に進むと、三井住友銀行(SMBC)と楽天銀行(楽天)、そして、その他の銀行の3種類の表示があります。

それぞれ開くと、振込先の口座が表示されます(ここで個人名が表示されていたりするブックメーカーの場合は、かなり怪しいのですが、第3者機関の会社名が表示されているので比較的安全だと思われます。)あとは、そこに振り込むだけです。

いずれの振込先にも口座情報以外に「振込コード」が個別に用意されています。これは、入金を受けた側がスポーツベットアイオーのユーザーの誰からの入金のお金かを判別するために必要です。振り込み元の銀行によって、入力する箇所が違ってくるのですが、基本は、振り込みの際の名前に、振込みコードを加える形が多いと思います。

依頼人名を振込みコードにして送る感じです。

これが受け付けられると、スポーツベットアイオーの口座に確認され次第入金されます。

お勧め入金パターン2(マッチベター)~ 基本は、クレジットカード⇒マッチベター⇒スポーツベットio

マッチベターの利用に関しては、以下で紹介しています

あわせて読みたい
【クレカ入金手数料無料】マッチベター(MuchBetter)でブックメーカーへの入出金が便利に ⇒海外のブックメーカーの入出金手段として注目されているマッチベターを紹介します⇒ブックメーカー(bookmaker)について *ここ最近、仕様変更などが多く不便な状況にな...

入金手段で上記のロゴのマッチベターがお勧め

最低額1000円から入金ができるのですが、

マッチベターに登録の電話番号を入力して進める(最初の0はとる)のですが、

50ユーロ相当未満の入金では、1%の手数料がかかるようです。1ユーロは、2020年12月に125円前後ですので、多めに計算して、大体130円くらいで計算すると、6500円以上入金すれば手数料が無料ということですが・・・

今回は、1000円入金します。

入金額1000円を入力して、上記で「確認する」をクリックして進めると、

入金手続き中の画面に移ります。ここに資金を追加するのボタンがありますが、このボタンで入金が完了するわけではなく、ここからは、マッチベターのアプリでの操作になります。

マッチベターは、スマホアプリ完結型の決済サービスになりますので、そちらに、今回の入金申請が届きます、

こんな感じに、マッチベターアプリを開くと、スポーツベットアイオーから入金リクエストが来てますよというメッセージが表示されます。

今回は手数料がかかるということで、1000円ではなく、1045.11円と出ていますね。これ、約5%ですね。

そして、試しに手数料がかからないと言われる7000円で入金してもマッチベター側では7300円ほど請求されたので、結果的に、4%~5%は手数料がかかるという認識は必要です。

それを差し引いても、JCBカードやVISA/マスターを使えるのでエコペイズと比べても便利です。

メリット:マッチベターへのクレジットカード入金手数料が無料(JCBも可)のため、実質スポーツベットアイオーでクレジットカード入金ができるのと同じ

デメリット:スポーツベットアイオー側で、手数料無料とあるものの、実際は、通貨はユーロ(€)で計算され、日本円での入金で為替手数料込みで4%ほど手数料がかかってしまう。

仮想通貨で入金

スポーツベットアイオーには多彩な入金手段が用意されています。

円やドルなどの法定通貨の方が馴染みがある方がほとんどだと思いますが、スポーツベットアイオーは、仮想通貨での利用を推奨しているブックメーカーであり、仮想通貨メインで利用することで、オッズが高めに設定されるというのも特徴の一つです。

2021年10月22日現在の仮想通貨の入金手段

ベースは、ビットコインとなり、その他

オールスポーツコイン(SOC)、テザー(USDT)イーサリアムライトコイントロンリップル(XRP)、カルダノ(ADA)、ドージーコイン(DOGE)

2021年10月下旬にドージーコインが追加されました。

と9種類の仮想通貨の利用が可能です。

基本的には、別途仮想通貨取引所を開設して、そちらで対応の仮想通貨を購入し、そちらから送る形での入金になります。

スポーツベットアイオーの便利な点は、ベースとなるビットコインに関しては、別に仮想通貨取引所がなくても、直接スポーツベットアイオーの口座上で仮想通貨を購入することができます。

仮想通貨を口座のメインに設定する流れ

スポーツベットアイオーの口座の仕組みとして、基本的に、利用する通貨を1つに決める必要のない造りになっています(いつでも切替えて使うことが可能。)

ログイン後に現在のメインの通貨単位と残高が表示されている箇所がありますが、ここを開くと、ウォレット画面に入ります。

例えば、ビットコインを選択している場合は、以下のように現時点でメインとなっているものに「有効にする(有効になっているという意味だと思う)」という表示が出ています。

で、全通貨使える状態にはなっていますが、「通貨を追加/削除する」から追加しないと表示自体されない仕組みになっています。

既に表示されているものにはチェックが入っています。

追加されたものは、ウォレットに表示されます(スマホの場合は横にスライドして表示できます。)

メインの通貨でないものは、「無効にする(現在無効と言う意味だと思うw)」となっているので、「通貨を使用する」を選択することでメインの通貨にできます。

ここからは、お勧め入金パターンを紹介

いくつかのケースに分けて紹介していきます。

お勧め入金パターン1(仮想通貨取引所)~ 仮想通貨取引所で既にお持ちの仮想通貨を送る形での入金

既に仮想通貨取引所の口座をお持ちで、ビットコインを購入している状態であれば、スポーツベットアイオーの口座専用のビットコインアドレスに送るだけで入金できます。

ウォレットでビットコインを選択し、入金に進みます。

QRコードと、ビットコイン用のアドレスが表示されます。

例えば、私の場合は、日本の仮想通貨取引所のビットフライヤーのアカウントを持っており、ビットコインも残高としてある状態なので、入出金でビットコインを選択して、送付から、先ほどのスポーツベットアイオーで表示されたビットコインアドレスへ、入金したい額(枚数)を送ることで入金ができます。

*ビットコインの送金手順などは、仮想通貨取引所によって違いますので、わからない場合は、各取引所のサポートに問い合わせてくださいね。

*最小入金額は、1mBTC(1ビットコインの1000分の1)、1000μBTC(1ビットコインの1000000分の1)になります。

複雑に見えますが、1ビットコインが100万円の場合は、1000円が最小額というイメージです。

お勧め入金パターン2(クレジットカード)~ スポーツベットioでビットコイン購入(クレジットカード)

アカウントをビットコイン(mBTC/μBTC)などに合わせると、上記のように仮想通貨を直接購入できる手段として、非常に便利に見えるGoogle PayやApple Payなどで入金できるという表記がありますが、この機能は、未成熟というか、色々面倒ごと(JCBで入金するとNGとか、中間決済のKYC/本人確認が必要になるなど)が多いということで、できる限りこの機能は、利用しないことをお勧めします。

上記を踏まえた上で、基本は、日本で仮想通貨取引所の口座を開設して利用する方が安心ですと伝えつつ、スポーツベットアイオー内で仮想通貨の購入を試してみますね。

以前は、口座の通貨を仮想通貨に切り替えた時のみ仮想通貨の購入のバナーが表示されていましたが、現在は、法定通貨でも、仮想通貨購入のバナーが表示されます。

「仮想通貨を購入する」のボタンから進めていきます。

購入する仮想通貨の選択画面が表示されます。

2021年10月現在は、ビットコイン(BTC)の他にイーサリアム(ETH)とライトコイン(LTC)も購入が可能とあります。

選択をしたら、「次へ」進みます。

UTORGという取引所を経由しての購入になります。

You’ll giveのところは、購入するために必要な額

You’ll getのところは、何枚購入できるかが表示されます。

ここの数字を操作することで、必要額が自動的にわかる仕組み

規約(Terms of Use)に関しては全て英語になります(膨大なので日本語訳はしません、、)

アイオー以外のサービス(英語、フランス語、ロシア語のみ対応)を利用することを理解した上で進めてくださいね。

表示されたままに進めていきます「NEXT」へ

Eメールの認証画面が出ます。

この時点で、登録メールアドレス宛にコード(Authorization code)が届きます。

コードは、このような形で届きます。

先ほどのAuthorization codeのところに、メールで届いた数字を入力すると自動的に次の画面に進みます。

購入の確認画面に進みます。

居住地(COUNTRY OF RESIDENCE)を選択し、規約を読みました(I read and accept Terms of use)にチェックを入れて進みます。

Select countryを開くと、居住地は、自動的に日本が選択されていると思います。

CONFIRM(確認)をクリック

必要項目が入ると「PROCEED」のボタンが押せる状態になります。

色々決済手段があるのかと思ったのですが、表示されたのは、クレジットカード(Bank Card)の一択でした。

で、カード情報を一通り入力して、いざ購入ということで、

「PAY 3888 JPY」をクリックしたところ、エラーも承認も表示無く、この最終確認の画面がループする状態ということで、怖くてやめました。

やはり非推奨なのかな・・・

対応しましたと聞き、再び試してみました。

同様の操作で、以前ループしていたところで、次のように進めることができました。

支払いの際に本人確認が必要ということで、パスポート、運転免許証、国民IDカード、永住許可の4種類から選ぶことになります。

今回は、運転免許証で進めてみます。

免許証の場合は、表と裏の画像のアップロードする流れになります。

データのアップロードが済んだら、「次へ」進みます。

私は、最初、誤って免許証更新前の画像を入れてしまったのですが、その段階で、期限切れを読み取ってエラーが表示されました。

続いて、セルフィー(SELFIE)を行います。

「スキャンを始める」から、セルフィーを撮影するのですが、表示された枠内に顔全体が入るようにし、その状態で、枠から外れないように頭を円を描くように動かすと、読み取られます。

最初、しっかり頭を回そうとしたら、そのたびに枠から外れてエラーになりましたw

スキャンが完了すると、注意書きとともに仮承認の画面に移ります。

ここで記載の英語表記では、現在は承認作業中で、まだカードから決済はされていませんとあります。

先ほど提出した本人確認書類が承認された段階で、カードから入金されるという意味ですね(逆に言うと、承認され次第カード決済が完了するため、この画面まで来た場合はキャンセルはできないことも意味します。)

ここからの状況は、メールで届きます。

「BACK TO ACCOUNT」

で、スポーツベットアイオーの画面に戻る・・・はずなのですが、

私は、このタイミングでは、エラー表示になりました。

手続き自体は行われていますので、特に問題はありませんが、若干不安になるエラーですよね。

このタイミングで、支払い申請が承認されたというメールが届いています。

本人確認書類が、承認されなかった場合は、

https://ap….

から、作業を完了させてくださいというリンクも付いています。

その後、KYC(本人確認)が承認されたというメールが届き、

その少し後に、カード経由での購入(スポーツベットアイオーへの入金)が完了したというメールが届きます。

この時点で、スポーツベットアイオーのビットコイン口座を確認したところ、取引に入金額分が入り、手続き中とはなっていますが、残高にはしっかり加算されていました。

お勧め入金パターン3(スティックペイ)~基本は、クレジットカード⇒スティックペイ⇒ビットコインに両替⇒スポーツベットio

登録すれば、即入金可能なクレジットカードが利用でき、ATM引き出しが可能になります*ATMカード発行にはパスポートの情報が必要です)*現在ATMカードの新規発行や更新は行われていません。

登録が必要になりますが、クレジットカード入金ができるのは、かなりの魅力(スポーツベットアイオーでもクレジットカードは使えますが、入金成功の可能性はスティックペイの方が高くなります。)

メリット:とにかく、クレジットカードが使えるのが大きい、ATM出金はできなくなったものの国内銀行への出金が可能

デメリット: 手数料は、そこそこかかります。STICPAYカードの維持手数料なども理解して利用する必要があります。

このスティックペイには、利用通貨を仮想通貨に両替する機能があり、例えば、クレジットカードでスティックペイの日本円口座に入金し、ビットコインに両替して、出金で仮想通貨を選択して、スポーツベットアイオーの仮想通貨のアドレスに送ることで、入金が可能です。

日本円⇔ビットコインのウォレット間送金でできることが広がりました。

2019年5月より、日本円の残高を両替してビットコインに、ビットコインの残高を両替して日本円にできるようになりました(←ウォレット間移動)

*ビットコインから日本円に変換した残高を引き出すためには、再度ビットコインに変換する必要があり、その際に0.5%の手数料がかかります(ビットコイン⇒円の手数料は無料。)

*別手段で日本円口座に入金した円をビットコインに変換することはできないようです(確認済み)←結構重要

お客さまのウォレットをビットコイン(mB)にすると、「ウォレット間送金」という項目が追加されています。

クリックすると、mBと円(選択形式になっているので、今後は、ドルなどにも変換できるようになるかもしれません)が表示されており、隣に1mB=現在のレート円が表示されています。

例えば、上記のようにmbのところに1と入力すると、そのレートで変換した金額の873.12円が表示されます。

続いて、「円へ送金する」をクリックすると、日本円の口座に送金ができます。

ちなみに、ビットコインはレートの変動が激しいため、秒単位で変わることが多く、為替レートが変わりましたという表示とともに、「為替レートを更新する」ボタンが表示されますので、クリックして最新のレートに変更して確定する流れになります。

*表示上は、小数点第2位まで表示されていますが、実際は、小数点第4位となるようで、表示上は、代わっていなくても変動はしているようです。

進めてみますと、

完了!と表示され、

日本円で873.1199円が追加されました。

入金履歴を確認すると上記のようになっています。

同じくウォレットを日本円にして、ウォレット間送金を行うこともできます。その際には、0.5%の手数料がかかります。

ちなみに、残高が上記のように2973.1199円あるのですが、送金可能額が、先ほどビットコインから送金した873.1199円分しかできないと表示されていますよね。

表示が間違っているだけで、1000円分をビットコインに移動させようと思ったのですが、やはりその額しかできないとエラーになります。

このウォレット間送金が実装されたことで、仮想通貨取引所からビットコインでスポーツベットアイオーに入金してから、日本円に変換して賭けることが可能になります。

*日本円で直接引き出しができないため、メリットは、口座の残高がビットコインで置いてあると、変動が大きくて不安定なため、いったん日本円に変えてレートの変動をあまり気にせず使えることくらいしか感じませんがw

出金方法

法定通貨での出金

スポーツベットアイオーには多彩な出金手段が用意されています。

2020年に入り、国内銀行出金(手数料無料)やアストロペイカード(こちらは、2020年6月いっぱいで取り扱い終了)への出金も加わり更に幅が広がっています。

2020年10月1日現在の出金手段(エコペイズは10月末までで終了

お勧め出金パターン1 スポーツベットアイオー ⇒SUMO PAY(国内銀行)

この系統は、いつ消えるかわからないので、お勧めにすべきか迷うところですが、一番簡単に使えるのがスモウペイ(SUMO PAY)です。

↑これ

*出金最低額が10,000円とやや高めなのでご注意ください。

仮想通貨の出金

スポーツベットアイオーには多彩な出金手段が用意されています。

2021年9月25日現在の仮想通貨出金手段

ベースは、ビットコインとなり、その他

オールスポーツコイン(SOC)、テザー(USDT)イーサリアムライトコイントロンリップル(XRP)、カルダノ(ADA)*カルダノは、2021年3月に追加されています。

と8種類の仮想通貨の利用が可能です。

基本的には、それぞれの仮想通貨対応の仮想通貨取引所の口座へ出金し、その仮想通貨取引所対応の出金手段で現金化するという流れになります

例)スポーツベットアイオー(ビットコイン)⇒ビットフライヤーへビットコインとして出金⇒ビットフライヤーから国内銀行へ出金

出金手順(ビットコイン)

ログイン後、残高をクリックしてウォレットに入ります。

ウォレットをビットコインを選択(表示されていない場合は、通貨を追加/削除するからビットコインを追加してください。)

「出金する」に入ります。

ビットコインの枚数を指定して、送り先のビットコインアドレスを入力して、「資金を引き出す」をクリックする。

手続きはこれだけです。

*mBTCの場合は、1ビットコインの1000分の1、μBTCの場合は、1ビットコインの1,000,000分の1になるため、送金先で指定されたビットコインの枚数を送る場合は、1ビットコインなら⇒1000mBTC、1,000,000μBTCを送る必要があります。桁数に注意して送ってください。

お勧め出金パターン1 スポーツベットio⇒仮想通貨取引所⇒国内銀行へ

仮想通貨の出金手段として、仮想通貨取引所への出金がお勧めです。

引き出しの際の注意点としては、

スポーツベットアイオーで直接ビットコイン購入した際は、購入後48時間引き出しできないことや、ブロックチェーンで3回の認証が終わっていない入金の引き落としができません。ブロックチェーンで3回の認証というのは、購入した時にアイオーのアカウントには、すぐに入金として残高が表示されますが、実際は、ビットコインが正式に承認されるには、ブロックチェーンでの3回の認証が行われ、それをもって正式な購入(入金)として扱われるという意味ですね。

言葉が難しいですが、要するにアカウントに反映されたらすぐに賭けに使えるものの、実際のお金として認められるまでに誤差があるということです。

入金して、すぐに1回賭けてすぐに払い戻しなどしようとしなければ、それほど気にしなくても良い項目ではありますが、頭に入れておいてくださいね。

メリット:仮想通貨取引所とビットコイン残高があれば、すぐにスポーツベットアイオーに入金できる。なくても日本の銀行やクレジットカードで直接ビットコインを購入することもできる。

デメリット:払い戻しの手段として直接現金にする方法がないため、現状は、他の仮想通貨取引所のアドレスに送るか、仮想通貨入金対応しているブックメーカーや、仮想通貨取引所に送るしかない

お勧め出金パターン2 スティックペイのビットコイン口座へ送金⇒スティックペイで両替⇒国内銀行引き出し

ブクメ
2020年8月いっぱいで、法定通貨(円やドルなど)の入出金でスティックペイの取り扱いを廃止したという情報がありました。これにより、一見すると、ATM引出しの道が閉ざされたと考えられがちですが、そもそも仮想通貨の両替自体が可能なスティックペイなので、スティックペイを仮想通貨取引所と見立てて、スポーツベットアイオー⇔スティックペイを仮想通貨で行い、引き出したいときは、スティックペイ内で法定通貨に両替して国内銀行出金は可能です。

引き出しの際に仮想通貨取引所へという形で先ほど紹介しましたが、現在は、スティックペイを仮想通貨取引所のような形で利用することが可能です。

*スティックペイ(Sticpay)の意向により、スティックペイ自体を詳しく紹介することはできなくなりました。

簡単に説明すると、スティックペイという決済手段に口座を作れば、その口座内で、法定通貨(円やドルなど)⇔仮想通貨(ビットコインやイーサリアムなど)の両替が可能です。

この仕組みを利用して、スポーツベットアイオーから、スティックペイにビットコインとして入金し、スティックペイ内で法定通貨に両替し、その後、国内銀行出金をするという流れになります。

*詳しくは実際のスティックペイサイトからサポートに問い合わせてください。

(調査中)お勧め出金パターン3 プロモでもらえるUSDT(テザー)はアストロペイで現金に⇒国内銀行出金

2021年に入り、スポーツベットアイオーのキャンペーン(プロモ)の賞金が仮想通貨のUSDT(テザー)で支払われることが増えましたが、海外の仮想通貨取引所の口座を持っていない方は、USDTの出金にお困りかと思います。当サイトでも、もう少し楽な方法を探っていましたが、アストロペイで対応できることを発見しましたので紹介します。

ここまではUSDTへの手続きで進んでいますが、なんと次の画面で表示されるアドレスがUSTになります。

似ていますが、USDT(テザー)とUST(TerraUSD)は、全く別の仮想通貨なので、これに関して確認中です。

サポートに以下のように質問しました。

資金を追加でUSDT表示あるけど、進めると、アドレスはUSTで表示される、どちらが正しいの?

すると、以下の回答がありました。

内容は、「やあ!そうだよ、違うんだ!いくつかの手段は、不安定なんだ、気を付けてくれたまえ。数分(しばらくと言いたのだと思う)待ってもう一度試してくれないか?」という感じ。

これは、英語のサポートしかないところでは、よくあることなのですが、聴いたことにしか答えてくれない。今回のことは、仮想通貨にとっては致命的なことで、違うのであれば、誤ってそのアドレスに送ってしまった場合、送った人の仮想通貨は消えるわけで、そこに関しては、何も触れていない。

2日ほど経って、再度、試そうとしてもやはりUSDT選択しても、アドレスは最終的にUSTのものがでる・・・

本当に、提供サービスが充実されてきたのに、こういうところは残念。

ということで、上記の問題が解決したら以下の残高を送って、最終的に国内銀行出金ができるかを試して紹介したいと思います。

賭け方遊び方

スポーツベットアイオーは、賭け方もシンプル。更に、1日1回各スポーツのオッズを引き上げることができるプライスブースも人気です。

スポーツベットアイオーの賭け方の流れを紹介します!

*入金して残高がある状態で、ログインした状態を前提として進めます。

今回は、サッカーに賭ける流れで進めます。

メニューからサッカーを選択し、

まずは、開催中の試合が表示されるので、賭けたい試合がある場合は、開催の時期を選択します。

本日を選択

UEFAチャンピオンズリーグのリバプールvsアトレティコ・マドリードの試合でリバプール勝利に賭けます。

勝敗オッズであれば、シンプルにオッズをタップすると画面下のシングルに1が入ります

あとは、賭け額を入力するだけ。スポーツベットアイオーでは、10円から賭けることができます。下回る金額だと、上記のような表示になります。

ケチって10円だけ賭けます。額を入力したら、賭ける!

をタップ

確認画面が出たら、賭けを確定!をタップ

各カテゴリで1日(24時間)に1回のプライスブーストを利用して賭けよう!

スポーツベットアイオーには、プライスブーストという各カテゴリ(サッカー、テニスなど)ごとに24時間に1回オッズを引き上げる機能があります。

例えば、先ほどの試合では、リバプール勝利は通常は1.57倍ですが、プライスブーストを利用する!のボタンをタップすると

金額入力画面が引き上げられたオッズの表示に変わります。利用する場合には、再度タップします

オッズが採用されるので、あとは、通常と同じように賭けるだけ。

*プライスブーストは、利用してから24時間後に再び利用できるようになります。

賭けを確認しつつ、キャッシュアウトも利用できます

ログイン状態で画面上に表示される、赤枠の項目(結果待ちの賭けがある場合にその試合数が表示される)をタップすると賭けの内容をチェックできます。

この画面上で、赤枠のようにキャッシュアウトの表示が出ている賭けに関しては、結果が確定する前にキャッシュアウトが可能です。

一見すると少し手数料を払って賭けをキャンセルする機能に見えますが、これは、ライブの状態でも試合の経過によって変動します。

例えば、賭けたチームが試合開始早々にリードすると、その賭けが的中する可能性が高まるため、その時点で賭け額を上回ったキャッシュアウト額に達するので、その時点で、満額にはならないものの早めに利益が出る状態でキャッシュアウトもできます。

逆に、リードされたりした場合や、実際にその試合を視聴していて、負けそうな雰囲気を感じたりした場合には、損失を少なく、キャッシュアウトするという使い方もできます。

*試合展開によっては、キャッシュアウトが利用できなくなるタイミングもあります。

ベットビルダー機能でお好きな試合でお好きな組み合わせの独自の賭けが作れます!

2020年9月下旬からブックメーカーの人気機能ベットビルダーが実装されました。

簡単に説明すると、複数まとめて賭けるマルチベット(基本的に同じ試合の複数の賭けの種類をまとめることはできない)の同一試合バージョンです。

1つの試合をピックアップして、それぞれオッズが付いている条件を組み合わせて1つの賭けの内容として賭けることができるものです。

実際に流れをお見せしますね。

対象試合は、紫の目立つ表記でベットビルダーと記載されています。

上記にあるウニオンベルリンvsFSVマインツ05の試合で試してみます。

対戦カードをクリックして開きます。

選んだ対戦カードの関連の賭けの表示とともに、ベットビルダーの項目が表示されています。

実際にやりながら覚える方が分かりやすいと思いますが、利用規約から詳細を確認することができます。

↑現在ベットビルダーの対象になっているのは、上記7スポーツになります。

規約は各自読んでいただくということで、進めていきます。

一つ前のスクショにある「ベットビルダーを使用する」をクリック

上記のように、指定した対戦カードに対しての様々な項目の賭けの種類が表示されます。

*PCのブラウザをスマホサイズにしての操作が重たかったので、ここからPCの画面で紹介しています。

ちょうど、このタイミングではウニオン・ベルリンに遠藤渓太が所属しているということで、ウニオン・ベルリン勝利に複数条件を組み合わせてみます。

「どのチームが勝つ?」でウニオン・ベルリン(FC Union Berlin)を選択すると、画面下に自分のマーケット(1)と入り、選択した内容が追加されます。

これだけでは、シングルベットなので、「別のマーケットを追加してください」という表示が横にでるだけでオッズは表示されません。

では、ウニオン・ベルリンの勝利に、「両チームが得点する?」の「はい」を追加してみます。

すると、自分のマーケット(2)と表示され、この時点で初めてオッズが表示されます。

*2つ以上選択した時点で賭けることができます。このまま、「ベットスリップを追加」から賭けることもできますが、せっかくなので、もう一つ遠藤渓太がらみの条件を加えてみます。

最初は、「人気」の項目にタブがあっていますが、「選手」のタブに移すことで、各選手関連の賭けを選ぶことができます。

「選手は何ゴールする?」に進みます。

FC Union Berlinを選択(すべてのプレイヤーでも選べますが絞り込めるので)し、Keita Endo(FCU)を選択、更に得点の条件として「いつでも」、得点の時間帯の条件として「90分」を選択すると、7.50とオッズが表示されました(これは、先ほど選んだ2つの条件と併せた3つをまとめた場合のオッズ。)

条件を緩くしているのでオッズは低めですが、これが、「2得点以上得点する」だったり、「前半」を選択すれば、より条件達成が難しくなるのでオッズは高くなりますが、的中する可能性も減ります。

「マーケットを追加する」をクリック

これで1つの試合に対して3つの条件を組み合わせた自分だけの賭けを作ることができました。

では、「ベットスリップを追加」から賭けてみます。

選択した内容が表示されますので賭ける額を入力(または、選択)します。

ブクメ
スポーツベットアイオーは、仮想通貨メインで利用すると、オッズが若干高めになるため、私はビットコインで利用しています。表示のμBTCは、1ビットコインのレートの1,000,000分の1で表示されるため、1ビットコイン100万円前後の時には、円に近い値になるため、円感覚で使えるのでお勧めです。

今回は、500μBTC賭けました。的中すれば、3750μBTCになります。

とても便利な機能ですので、是非利用して遊んでください!

キャンペーン(ボーナス・プロモーション)

スポーツベットアイオーは、キャンペーン(ボーナス・プロモーション)が魅力!!

スポーツベットアイオーが提供するお勧めのプロモーション(キャンペーン)を紹介します。

他のブックメーカーと比べてスポーツベットアイオーの提供するプロモーションは、長期間楽しめるプロモーションが多く、連勝することで賞品がもらえたり、参加するプレイヤー間でのリーダーボード形式で上位を争うタイプのものなど、エンターテイメント性抜群のものが多くなります。

2021年に入り、実質、入金不要ボーナスのような条件なしで参加できる「4-3-フリー」や「フリー6-6」に賭けるが登場。実際にお金を賭ける前に、お試しの賭けができるイメージですので、是非ご利用ください。

「4-3-フリー」と「フリー6-6」は、定番としてメニュー内に表示されています。

*スポーツベットアイオーでは、1つのプロモーションで連続してフリーベットが進呈される(例:ゴールごとに500円フリーベットのようなタイプ)可能性がある場合に、最初に進呈されたものを使用するまでシステム上次のフリーベットが進呈できないとのこと。もともと使用期限が48時間とかが普通なので、フリーベットが進呈されたらできるだけ早く使いましょう!

お勧めのボーナスなどは以下ページで紹介しています!

あわせて読みたい
スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)のボーナス、キャンペーン ブックメーカー、スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)のボーナスがもらえるキャンペーンを紹介します! スポーツベットアイオー&簡単登録ページへ 【スポーツベット...

ライブストリーミング(Livestreaming)

*ここでの紹介内容は、2019年の途中まで、ライブストリーミングの提供のシステムが変更になるまでの情報になります。現在は、対象試合が激減し、更に全画面視聴もできなくなり、紹介自体は残していますが、ほとんど機能していないと考えていただければと思います・・・。

唯一、競馬に関しては、ベットすれば多くのレースが視聴できるので海外競馬の日本馬の活躍などを見たい場合は重宝します。

以前は、ドイツブンデスリーガなどサッカーの視聴もできましたが、現在は、eスポーツの試合や、競馬のレースによっては視聴ができるものもあるという状況です(競馬の視聴は、レースにベットする必要あり。)

視聴の条件は、ログインすること(登録が必要)、そして、残高があること(1回の入金は必要/ブックメーカーの性質上、賭けに使って残高が0にならない限りは、1回の入金OK)の2点のみ

↑残高0の場合にライブストリーミング視聴しようとすると、上記のように「観覧には入金が必要です」という表示が出ます。

お勧め情報

クラブトーク(Club Talk)機能が登場

スポーツベットアイオー提供のチャットルーム的なサービスが追加されました。

サービスについては、まだまだ不安定な要素が多いですが、ここを利用したキャンペーンも登場しているため、解説ページを作成し、情報を追っていくことにしました。

あわせて読みたい
【スポーツベットアイオー】英語が必須?クラブトーク(Club Talk)機能が実装、クラブハウスラジオと連動... 2021年に入り、スポーツベットアイオーにクラブトーク(Club Talk)という新機能が実装されました。 似た名前でクラブハウス(Club House)というロイヤリティプログラムが...

ベットスリップ(明細書)共有機能が登場

2020年11月にベットスリップを共有できる機能が追加

実際に賭けた内容を友人とSNSなどで共有できます。

賭けの確定画面に「ベットスリップを共有する」というボタンが表示されます。

WhatsAppとTelegramを利用の方は、アカウントとリンクして共有できるのですが、日本では、やや利用率が低いため、便利なのは、「リンクのコピー」

コピーしたリンクを張り付けて、そのリンクに入ると

↑上記のようにIDの最初の1文字のみ、賭けた内容のみ(賭け額は表示されません)が表示されます。

カジノもあります。

オンラインギャンブル提供サイトのほとんどは、ブックメーカー(スポーツベット)とカジノの両方を提供しています。

私は、カジノに関しては、まったく興味がない部類になるので、サッカーに絡んだものなどがあればな~と探していたら、スポーツベットアイオーがスポンサーとなっているイングランドプレミアリーグのワトフォードFC絡みのスロットがあったので、まず、ざっくりカジノを紹介した後に、ワトフォードFCスロットで少し遊んでみたいと思います。

日本で人気のあるゲーム

2020年3月20日現在では、ライブバカラ(Baccarat LIVE)、ワトフォードFCスロット(WATFORD FC SLOT)、ボナンザ(BANANZA MEGAWAYS)、ジャパニーズルーレット(Japanese Roulette)、ミリオネアになりたいのは誰だ?(Who wants to be a MILLIONAIRE)

となっています。

ワトフォードFCスロットで遊んでみた

カジノに興味がなくても、サッカーに絡めば少しだけ興味が枠と言うことで、ワトフォードFCスロットで遊んでみます。

結構シビアな評価ですね。半々くらいw

最小額で遊んでみます。

ちょっと当たったり、

結構減ってきたなと言うところで、ビッグウィンが出て、

トータルで若干増えたところで、もういいやということで終了。

楽しいかどうかは、スロット好きの方なら楽しめるのかもしれません!

最後に

いかがでしたか?

SUMO PAYという国内銀行入出金や、今後期待される決済手段マッチベター(マッチベターへのJCBカード入金が無料なので、実質JCBカードで手数料なしで入金可能)の導入。

仮想通貨ベースの入出金も推奨しており、登録もシンプルで必要以上の個人情報の提出も必要なく利用できるスポーツベットアイオー。

賭けの種類も多く、プライスブーストで好きな試合のオッズを引き上げることもできるし、日本向けのイベントのプロモーションも多い。

リーダーボード系(サイト利用ユーザーの同時参加型のプロモで順位を争って上位が賞金をもらえるようなもの)キャンペーンが豊富でかなり面白いのもアイオーの魅力。

更に、4-3-フリーやフリー6-6に賭けるなど、無料で予想してボーナスがもらえるタイプのプロモ

更に更に、イングランドプレミアリーグ公式が主催のファンタジーリーグと連動したキャンペーンが2021年一番の注目となっています!

登録しておいて損はないですよ!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる