ブックメーカーファン by ブクメ

サイト運営18年目突入!信じたブックに振り振られの人生。 相思相愛目指して放浪中。

英国では既に文化となっているブックメーカー(bookmaker)。上場企業も多数。でも、日本では知られていない。そして、なぜか、認められない流れも強い。その魅力を伝えるのが当サイトの使命だと考え、15年以上にわたりブックメーカーを紹介するサイトを運営中。当サイトは、ブックメーカー(bookmaker)を始めたい!という方向けに、「日本でも登録可能なの?」「始め方は?」「違法じゃないの?」といった疑問にお答えしていきます。


↑人気ブックメーカーSportsbet.io(スポーツベットアイオー)がスポンサーを務めるイングランドのワトフォードのユニフォーム(全選手サイン入り)

ブックメーカーに関しての質問などは、気軽にツイッター(@BookmakerBukume)LINE公式アカウントからどうぞ!


友だち追加


当サイトのリンクから新規登録をいただいている方がスムーズ(お困りの時とか当サイトからのお客様の方が親身に対応してくれ、場合によっては、IDが分からないと相談自体できないケースもあり)現在、スポーツベットアイオー、10betJapan、ウィリアムヒル、188bet、22ベットは、担当者とのコミュニケーションは良好です。) *他の紹介サイト様開催のイベントに関しては質問されても答えられません。

当サイト経由でブックメーカーに登録するメリット

各ブックメーカーの担当の方とのコミュニケーションが良好です。私自身ビジネスライクな付き合いができないタイプなので、その分、信頼関係は他サイトより確実に強いです。それにより、限定企画もいただきやすいです。

当サイトの性質上、ブックメーカーを純粋に楽しむ方が小規模で集まる傾向があり、限定企画をいただいた際の当選確率が高いです(それが良いか悪いかの判断はお任せしますw

【今お勧め!】おすすめブックメーカー(bookmaker)


当サイトでおすすめのブックメーカーをご紹介します(youtubeのボタンがあるものは、新規登録の流れの動画を用意しています。)

スポーツベットアイオー

2020年にビットコインの情報とともに大躍進!メインのプロモーションの賞金も500万円越えと2021年最も期待のブックメーカー
スポーツベットアイオー (Sportsbet.io)

お勧めポイント

・簡単登録 ・リーダーボード系キャンペーンが豊富で少ない投資で大きな利益のチャンス

・仮想通貨メインで遊ぶとオッズが上がる!

・ロイヤリティプログラム(クラブハウス)で遊べば遊ぶほど特典

・公式スポンサー(ユニフォームにロゴ): サウサンプトン(プレミアリーグ) ワトフォード(イングランド2部) フラメンゴ(ブラジル1部)

・ベッティングパートナー(特別オッズやプロモーションが提供される) アーセナル(プレミアリーグ)

・元大相撲力士の把瑠都さんがアンバサダーに就任

お勧め入出金

国内銀行、エコペイズ、クレジットカード、仮想通貨(推奨)マッチベター

188ベット(188BET)

ブックメーカーで異色のF1アジア公式スポンサーを務める188ベット。角田裕毅のF1参戦が決まった2021年は、更に提供プロモなど含めて期待できるブックメーカー


188ベット
当サイト限定入金不要20ドルボーナス

・フリーベットのロールオーバーが1回ベット的中で全額支給⇒1000円のフリーベットを1.75倍に賭けて的中すると1750円になる(普通は、1000円引かれて750円のみ、大きい!)

*2020-2021年F1アジア公式スポンサー

お勧め入出金

エコペイズ

更新

188betにトレンドベット機能が追加(人気試合の賭けの傾向がわかります)

↓総額3628万8000円の年末年始ビッグプロモーション開催中!(詳しくはプロモから)

10ベットジャパン(10BET Japan)

入出金手段の多さが魅力のブックメーカー

10ベットジャパン (10betJapan)

  お勧め入出金(クレカ含めて豊富に取り揃えられています)

クレジットカード、スティックペイ、ビーナスポイント、マッチベター、エコペイズなど

更新

UEFAチャンピオンズリーグ向けプロモ開催中。総額1500ドルのフリーベットがもらえるチャンス!

ウィリアムヒル(William Hill)

英国老舗でシンプルなフリーベット対象プロモが頻繁に登場。昨年から登場したリーダーボード系プロモが2021年も期待できます!

ウィリアムヒル (William Hill)

・競馬関連のオッズが充実。フリーベット系プロモ充実の英国最大手の老舗

・Jリーグ(J1)得点者オッズにも賭けられる(推しの選手にベット!)

お勧め入出金

エコペイズ、マッチベター

ベット365(bet365)

日本語なしを貫きながらも一度遊ぶと、定着率が高い、質の高さが売り。唯一の入出金問題もエコペイズの導入でクリア。2021年もこの勢いは止まらない。
ベット365 (bet365)

そもそもの質が高い、ライブストリーミングも凄い。

日本語なしでも登録数日本ダントツの人気根強いブック

お勧め入出金

エコペイズ、アストロペイ

*エコペイズは日本円アカウントのみ

22ベット(22BET)

1xbetのホワイトラベル

22ベット (22BET)

・1xbetと同じプラットフォーム(デザインとか賭けの対象が基本同じ)

・業界歴が長いやり手の日本人担当者が入った この2つの理由だけで、追加を決めましたw

お勧め入出金

ビーナスポイント、クレジットカード、スティックペイ、アイウォレットなど

*22ベット(22bet)の解説ページは、まだざっくり掲載、真心こめて作成中の項目多数

ワンバイベット(1xbet)

ワンバイベット (1xbet)

・仮想通貨など多数賭けの幅広さとエンタメ性はNO.1。でも、頻繁に法律紙一重のロシアクオリティに変わる。

・私が公式依頼で入出金テストやってます

お勧め入出金

エコペイズ、スティックペイ、アイウォレット、マッチベター、仮想通貨

更新

・2020年7月よりLINEでの問い合わせ対応(日本人サポートあり)

・当サイトが、1xbetの入出金テストを公式依頼で行っています。

関連記事

このページでは、ブックメーカーファンで紹介中のブックメーカー(スポーツブック)から厳選したお勧めのプロモーションを紹介します。当サイト限定のプロモーションもありますので、ぜひご利用ください!⇒ブックメーカー(bookmaker)について[…]

関連記事

このページでは、ブックメーカーお勧めの入出金手段を上部で表で簡潔に、ページ下でそれぞれ文章で解説しています。⇒ブックメーカー(bookmaker)について入金手段関連動画PICKUPhttps://youtu.b[…]

ブックメーカー(bookmaker)とは?どんな仕組み?

ブックメーカーとは、あらゆるスポーツや出来事に賭けられる日本で言う競馬のようなものです(賭けた時のオッズが採用されるなど違いはありますが。)英語ではbookmakerといいます。また、スポーツブック(英語表記では、Sports BookやSports Booking)、スポーツベット(英語表記では、Sports BetやSports Betting)と呼ばれることもありますが、基本的に同じです。 下の画像は、イギリスの大手「ウィリアムヒル」です。ブックメーカーの仕組みはいたってシンプル。サッカーの試合であれば、「勝ち」「負け」「引き分け」にそれぞれオッズという倍率がつき、賭け額を決めてベット(賭け)します。予想がみごと的中すれば、賭け額×オッズの金額が配当でもらえるという仕組みです。 ブックメーカーの例 この画像の場合は、ガンバ大阪対浦和レッズの試合で、オッズがそれぞれ ガンバ大阪の勝利:2.9 引き分け:3.4 浦和レッズの勝利:2.1 となっています。 なので、例えばガンバ大阪の勝利に1,000円賭け、予想通りガンバ大阪が勝てば、配当として1,000×2.9の29,000円がもらえる、というわけです。 ブックメーカーの特徴は、スポーツ以外にもあらゆる出来事が賭けの対象になることです。例えば、イギリスで「キャサリン妃の赤ちゃんは男の子か、女の子か」オッズ対象になったこともありました。王室系のオッズは多く、2019年には、ヘンリー王子とメイガン妃の子供の名前もオッズ対象になっていました(例にない傾向のアーチーと言う名前になってしまったと担当者は愚痴を言っていましたがw)

←ウィリアムヒルを実際見てみる

ブックメーカーの始め方って?

ブックメーカー発祥の地イギリスでは、上場しているところ多くあります。日本の宝くじ売り場のように、店舗でも賭けられますし、電話やインターネットで賭けることもできます。 日本からは、認可されてライセンスを取得しているブックメーカーにインターネットから参加することになります。 日本から参加するための流れは、ごくごく簡単に説明すると、以下の通りです。1.利用するブックメーカーへの会員登録2.アカウントへの入金3.好きな試合などに賭ける4.配当を得る5.アカウントから払い戻す とてもシンプルですね。慣れてきたら、応用編として入出金を簡単にするための決済手段に登録したり、各ブックメーカーのプロモーションを利用してボーナスをもらったり、比較してオッズの高いところに賭けてみたり、攻略法を見つけて楽しむという方もいます。

さっそくブックメーカーを始めよう!

さて、以上でブックメーカーに少しでも興味をもってもらえたでしょうか?記事を読んだだけではよくわからない・・・なんて方も、まずは試しにやってみれば、その楽しさがわかるはずです。