ブックメーカーって日本で登録可能?違法性は?始め方イチから解説します

☆☆☆☆☆
評価:4.17-221件

ブックメーカーを知ると世界が変わる?英国では既に文化となっているブックメーカー。その魅力を伝えるのが当サイトの使命だと考え、10年以上にわたりブックメーカーを紹介するサイトを運営してきました。この記事では、これからブックメーカーを始めたい!という方向けに、「そもそもブックメーカーとは?」「日本でも登録可能なの?」「始め方は?」「違法じゃないの?」といった疑問にお答えしていきます。

ブックメーカーとは?どんな仕組みなの?

サッカーの勝敗を予想するサッカーくじのtotoを皆さんご存知ですよね。ブックメーカーとは、あらゆるスポーツや出来事に賭けられるtotoのようなものです。英語ではbookmakerといいます。また、スポーツブック(英語表記では、Sports BookやSports Booking)、スポーツベット(英語表記では、Sports BetやSports Betting)と呼ばれることもありますが、基本的に同じものです。

下の画像は、イギリスの大手ブックメーカーサイト「ウィリアムヒル」です。これを見ていただければわかるように、ブックメーカーの仕組みはいたってシンプル。サッカーの試合であれば、「勝ち」「負け」「引き分け」にそれぞれオッズという倍率がつけられていて、賭け額を決めてベット(賭け)します。予想がみごと的中すれば、賭け額×オッズの金額が配当でもらえるという仕組みです。

ブックメーカーの例

この画像の場合は、ガンバ大阪対浦和レッズの試合で、オッズがそれぞれ
ガンバ大阪の勝利:2.9
引き分け:3.4
浦和レッズの勝利:2.1
となっています。
なので、例えばガンバ大阪の勝利に1,000円賭け、予想通りガンバ大阪が勝てば、配当として1,000×2.9の29,000円がもらえる、というわけです。

ブックメーカーの特徴は、スポーツ以外にもあらゆる出来事が賭けの対象になることです。例えば、イギリスでキャサリン妃の赤ちゃんは男の子か、女の子か、なんてことがブックメーカーの対象になったこともありました。さすがブックメーカー発祥の国イギリスです。

このように、ブックメーカーでは、あらゆる事象に対して、ブックメーカー側がオッズ対象にしようと言って通ればオッズとして発表され賭けることができます。その「なんでもあり」精神の強烈な例が、1xbet(ワンバイベット)というブックメーカーがオッズ対象にしている次の賭け。

世界の終わりを予想 ワンバイベット

「2018年に世界が終わる」に501倍のオッズが・・・て、怖いよw しかも、的中したら配当もらうどころじゃないよと、そんな突っ込みも入れられてしまいますが、これもれっきとした賭けの対象なのです。

ブックメーカーの始め方って?

ブックメーカー発祥の地イギリスでは、上場しているブックメーカーもあります。日本の宝くじ売り場のような店舗もあり、店舗でも賭けられますし、電話やインターネットで賭けることもできます。

日本でのブックメーカーの始め方というと、認可されてライセンスを取得しているブックメーカーにインターネットから参加することになります。

日本からブックメーカーに参加するための流れは、ごくごく簡単に説明すると、以下の通りです。

1.利用するブックメーカーへの会員登録

2.ブックメーカーへの入金

3.好きな試合などに賭ける

4.配当を得る

5.ブックメーカーから払い戻す

とてもシンプルですね。だんだん慣れてきたら、応用編としてブックメーカーへの入出金を簡単にするための決済手段に登録したり、各ブックメーカーのプロモーションを利用してボーナスをもらったり、各ブックメーカーを比べてオッズの高いところに賭けてみたり、攻略法を見つけて楽しむという方もいます。

ブックメーカーと日本の公営ギャンブルは、何が違う?

日本と言うのは不思議な国でして、公営ギャンブルとされる競馬や競輪、モーターレースや、スポーツ振興くじという扱いでギャンブルと言う枠に入れないサッカー予想のtotoや、パチンコもギャンブルなのですが、いったん商品を経由することで、位置づけを変えるなど、ここが変だよ日本の・・・という感じなのですよね。

実のところ、お金を賭けて的中したら配当がもらえるという仕組みは、ブックメーカーも日本の公営ギャンブルも同じです。

大きな違いは、オッズが確定するタイミングです。

競馬や競輪などをやったことがある方はご存知かと思いますが、日本の公営ギャンブルの場合、賭けた時点ではオッズが確定していません。レース開始の直前になってオッズが確定します。(言葉が難しいので、用語として覚える必要はないのですが、パリミュチュエル方式といいます。パリのミッチェルさん?みたいな覚え方推奨…覚えなくても良いw)

例えば、発表時にオッズが10倍で「おっ!高いな!」と思って賭けても、レース開始時に確定したオッズが2倍になっていたら、的中しても2倍の配当が支払われるわけです。

一方、ブックメーカーの場合は、賭けた時のオッズが採用されて、的中したらそのままのオッズで配当が支払われます。この方式を、ブックメーカー方式と言います。この仕組みがあってこそのブックメーカーなんですね。
競馬や競輪をされている方にブックメーカーのことを紹介したときに、必ずと言っていいほどうらやましがれるポイントです。

ダメだし犬
公営ギャンブルの仕組みは、運営側が損しない。ブックメーカーは、運営側が損をするリスクを背負っている。ずるいよな

ブクメ
逆に、ブックメーカーは、プレイヤー側に有利な仕組みになっているとも考えられるよね

・・・ということで、時々、わたくしブクメと、ダメ出し犬がこんな感じに掛け合う時もあります(使いこなせてませんがw)

ブックメーカーって違法じゃないの?

さて、ここまで読んでいただいた方は、「ブックメーカーいいじゃん!やってみたい!」と思っているんじゃないでしょうか?(というか、思っていただきたいw)

一方で、「でも、ブックメーカーってギャンブルでしょ?公営ギャンブルじゃないギャンブルって違法じゃないの・・・?」とご心配の方もいるかと思います。

日本でブックメーカーに参加するには、海外で運営されているサイトに日本からアクセスする形になります。ここでアクセスするブックメーカー各社は、それぞれブックメーカーが合法な国で厳正なライセンスを取得して運営されています。特に厳しいとされているのがイギリスのライセンスで、ベット365やウィリアムヒルなどの英国の最大手のブックメーカーが有名です。

ブックメーカー発祥の国イギリスでは、法律でOKどころか、上場して大企業になっているところもあります。また、イングランドプレミアリーグを観戦していれば、チームのメインスポンサーがブックメーカーだったり、スタジアムのネーミングライツがブックメーカーだったりと、日常に様々なブックメーカーが浸透していることがわかります。

そんなブックメーカーですが、日本ではギャンブルに対する法律がやや複雑で厳しいという事情があります。
みなさんに安心してブックメーカーを利用していただくために、当サイトの考えと最近の社会的・法律的な動きについてご紹介しますので、ブックメーカーに参加する前に、ちょっと固い話になりますが読んでやってください。

【重要】ブックメーカーの違法性について、当サイトの考え方と最近の事情

当サイトは、海外のオンラインギャンブル合法国在住の日本人の方がブックメーカーに参加するために役に立つ情報を提供する目的で情報提供しているサイトになります。

このことを大前提として運営はしてきましたが、ブックメーカーに日本から参加することが大丈夫かどうかという点に関しては、運営しているブックメーカーが英国で法人として合法に認められており上場していることや、オンラインギャンブル提供が正式に世界に向けて可能と認められている国のライセンスを取得して運営していることなど、信頼できるブックメーカーをしっかり見極めて、個人がインターネットを介して参加するのであれば、自己責任の範囲内であれば問題ないというのが当サイトの考え方です。
(もちろん、店舗で賭けをさせるなどは完全に違法ですが、個人がインターネットを介して参加することについては、インターネットの性質上、賭けが行われているのは、合法国のサーバー内ということになります。)

個人的には、エンターテイメントとして日本にブックメーカーが浸透する流れで、最終的にブックメーカーが日本でも受け入れられていくことを期待してブックメーカーの楽しさを伝えていきたいと思っています。

2016年に入ってから、日本からのブックメーカー参加を違法にするという動きが強くなり、逮捕者が出る事態になりましたが、結果的に裁判で勝訴し、不起訴(無罪)という結果になりました。これによって、基本的に個人が遊ぶ形であれば、問題がないことが証明されました。
(ただし、パチンコOK、公営なら競馬でも競輪でもお金かけてOKだからねという異質な状況から、オンラインギャンブルだけは違法にしたいという不思議な流れは続いており、違法にしたい人たちもいるという点は注意が必要ですし、大腕を振るって、みんなで目立つ形で遊んで良いというものでもないという認識も必要かもしれません。)

以下は、参考記事からの引用です。

本日時点において,オンラインカジノプレイヤーが対象となった賭博罪被疑事件で争った案件は国内でただひとつであり,そのひとつは,不起訴となった。

言うまでもなく,不起訴は不処罰であり,何らの前科はつかない。平たく言うと「おとがめなし」ということだ。

営利の目的なく個人の楽しみとしてする行為を対象とする単純賭博罪の不当性をうったえ続けている弁護士として,この結果を嬉しく思う。そしてちょっぴり誇りに思う。

賭博罪改正を願う弁護士津田岳宏のブログの記事を引用⇒不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件

つまり、ブックメーカーは違法ではありません

正直なところ、オンラインカジノプレイヤー3名が逮捕と言う出来事があった時には、ブックメーカー情報サイトとしては、言いたいことは山ほどあるけど、違法とするために動かれたことは大きく、撤退するべきかと考えたりもしましたが、ここで立ち上がった方がおり、それを弁護した方がおり、結果的に、正式なライセンスを得て海外で運営しているオンラインギャンブルを日本から遊ぶことで逮捕されるのはおかしいという訴えが認められるという結果になりました。

戦っていただいた方、本当にありがとうございました。

これを踏まえて、少しテンション上げて2017年2月あたりから、当サイトも完全復活でブックメーカーの楽しさを紹介を本格的に再開させました。もちろん、当サイトとしては、みなさんに安心してブックメーカーを楽しんでいただけるように、紹介するブックメーカーを厳選していく義務があると考えており、心配な内容を最初に書いたのは、当サイトの姿勢を知っていただきたいからです。できる限りの情報は、例えマイナスの情報であってもしっかり伝えていくのが当サイトの方針です。

ちなみに、このような様々な事情の一方で、八百長などの不正を見つけるためのノウハウをブックメーカーから提供して利用していたりもします。

Jリーグは、八百長抑制にブックメーカーのシステムを採用している

上記、ゲキサカより引用⇒J1、来季から八百長監視システムを導入

ブックメーカーのシステムが、こんな風に役立ったりもしているのですね。

さらに、ワールドカップ2018において、ブックメーカー紹介サイト側としては驚きの出来事がありました。それは、

参照:サンスポ(この記事へのリンクは、こちら

大会のオッズを参照して掲載する日本国内の大手メディアは、これまでも結構あったのですが、サンスポの今回の記事では、オッズ参照だけでなく、日本マーケットがあることや、そのベットビクターのサイトアドレスや、好評受付中とまで表示している。

これが、問題なくなるということは、かなり日本も良い方向に進むと私は感じています。

 

さて、少し固い話が続きましたが、さっそくブックメーカーで遊んでみたいと思ったへ、当サイトがおすすめするブックメーカーを紹介します。

おすすめブックメーカー8選と登録方法

当サイトでおすすめのブックメーカー8社をご紹介します。当サイトでは、基本的にこれらのブックメーカーのオッズなどを参照に情報を提供しています。ブックメーカーの登録方法などの補助的な内容も提供しています。基本的にどのブックメーカーも、手元のクレジットカード/デビットカードで手軽に入金して遊べます(ブックメーカー側ではなく、日本のクレジットカード会社側で使えないところもあるので、まずはお手元のクレジットカードで試してみてください。できなければ、他にも使い方を覚えてしまえば簡単な入出金に利用できる決済手段をこちらでご紹介しています。)

1.ワンバイベット(1xbet)

ワンバイベット

登録簡単、豊富な賭けに、オッズも高い。日本で利用可能な決済手段は、ほぼすべて利用可能。マルチカレンシーOKで1アカウントで複数通貨のサブアカウント作成も可能。ビットコインなど20種類近くの仮想通貨での入出金も可能。
*マルチアカウント作成(複数の個人情報で1個人が登録することや、同一IPでの複数アカウント作成)や、アービトラージなど禁止事項に対する対応が厳しいことでも有名

ワンバイベットについて、詳しくは、【国内銀行入出金可】1XBETワンバイベット(決済手段が多彩な脅威のブックメーカー)で紹介しています。

1xbetサイトヘ

 

☆ワンバイベット1xbet関連記事
【100種類以上の外貨で取引できる】ワンバイベット1XBET的FX投資!

【ブックメーカーでビットコインが買える】ワンバイベット1XBET的仮想通貨投資!

【ブックメーカー入出金の相談が一番身近でできる】ワンバイベットの日本での決済手段のテストを手伝っています。

↑ワンバイベット(1xbet)の基本的な決済手段での入出金テストは、ブックメーカーファンSPbyブクメ管理人が依頼されて行っています。

2.ワンバイビット(1xbit)

ワンバイビット(1xbit)

ワンバイベットの仮想通貨プロジェクトサイト。基本的にはワンバイベットと同様の内容での提供で、違いは、仮想通貨のみで全てを行いたい方向けであるということ。入出金も仮想通貨のみで行います。対応仮想通貨は17種類。壮絶な払い戻し条件がありますが、最大1BTCの初回入金ボーナスもあります。

ワンバイビットについて、詳しくは1xBITワンバイビット(仮想通貨をそのまま賭けるためのプロジェクト)で紹介しています。

1xbitサイトヘ

 

☆ワンバイビット1xbit関連記事
【2018年のビットコインの行方は?】ワンバイビットのビットコインスペシャルベットが登場!

【1XBIT】ビットコインは2017年中に10000ドルに到達するかが賭けの対象に!

2つのブックメーカーをまとめて考察。参考にどうぞ『1XBETワンバイベット vs 1XBITワンバイビット(ブックメーカーの未来を感じる多彩さ)

3.ベットビクター(BetVictor)*2018年10月3日サービス終了

ベットビクター

【重要】ベットビクターの日本向けサービスは、2018年10月3日をもって終了になるとメールで届いています。残高などある方は、サービス終了時に残っていても、エコペイズなどに払い戻されるとありますが、念のため、払い戻しておくことをお勧めします。

イングランドプレミアリーグの人気チーム「リバプールFC」のオフィシャルスポンサーで、リバプールFCの試合の予想をマイケル・オーウェンが務めていることなどでも有名なブックメーカー。リバプール好きには嬉しい、リバプールFCの賭けをまとめて表示できる機能などもあります。ボーナス条件に、ロールオーバー条件がないようなプレイヤーにやさしいプロモーション提供が多いのも魅力。

ベットビクターについて、詳しくは【プロモーションの引き出し条件で勝負あり!】BetVictor(ベットビクター)で紹介しています。

 

ベットビクターサイトヘ

4.ベット365(bet365)
最もお勧めする英国最大手のブックメーカーの一つであることは、変わらないのですが、2017年10月に突如として紹介する側のルールが厳しくなり、アフィリエイターがばっさばっさと登録解除する状況になり、当サイトは免れたものの、できないことの方が多くなり、紹介は、かなり限定的なものになりました。

賭けの質が高い、ライブベット、ライブストリーミングの充実、日本関連スポーツの賭けが多い 英語のみ

ベット365について、詳しくは【人気NO.1ブックメーカー】bet365(ベット365)で紹介しています。

←bet365サイトヘ

☆ベット365(bet365)関連記事
ベット365(bet365)からエントロペイ入金でも海外送金しなくてもエコペイズ利用しなくても現金で手にできる裏技発見

bet365/ベット365 vs 1XBET/ワンバイベット(英国の巨人vsロシアの新鋭が面白い)

5.ウィリアムヒル(William Hill)

ウィリアムヒル(William Hill)

評価サイトでAの評価 英国最大手で信頼性に定評あり。日本語対応、日本語サポート、そして、日本人チームが日本マーケット充実に向けてかなり力を入れて進化しているのがウィリアムヒルです。日本人が遊びやすいように、柔軟に決済手段のルールを調整してくれるなど、非常に評価が上がっている老舗。

2018年7月現在、エントロペイ入金するだけで、入金額の2.95%が毎週キャッシュバックされる嬉しいサービスを実施中!

ウィリアムヒル(William Hill)について、詳しくは【エントロペイ入金で2.95%もらえる!】William Hill(ウィリアムヒル)【日本市場に力を入れる英国最大手】で紹介しています。

ウィリアムヒルサイトへ

6.スピンパレス(SPINPALACE)

スピンパレス ブックメーカー

オンラインカジノとしては、既に日本では、かなり知られているスピンパレス。ここが、ブックメーカーもスタート!

今、流行の(?)、クレジットカード⇒エントロペイ⇒(ブックメーカー)⇒エコペイズ⇒ATM出金という流れも一定の条件を満たせば可能です。

その中でも特にお勧めできるポイントとして、日本マーケットにおける担当日本人の定着率が低いブックメーカーにおいて2018年時点で8年目という日本人担当がいて、フットワークもめちゃくちゃ早く、他と同じことをやりたくないという姿勢で、かなり面白い方向性のプロモーションなどを用意してくれます。

これからブックメーカーを始めようという方にも、色々渡り歩いて、日本人向けというポイントで不満を抱える方にとっても、自信を持ってお勧めできるブックメーカーがスピンパレスです!

スピンパレス(SpinPalace)について、詳しくは【日本人担当者定着率高しの安心感】スピンパレス(SpinPalace)で紹介しています。 ⇒このブックメーカーへの登録は、こちらから

7.ネットベット(NetBet)

ネットベット 柔軟性ある出金条件

決済手段不安が起こるブックメーカー業界でフレキシブルさ(柔軟に対応します)を強みとする英国のブックメーカーがネットベット(NetBet)。クレカ入金でもエントロペイ、エコペイズに払い戻せます(入金履歴は必要)まとめて賭けて配当が引き上げられるコンボ・ブーストもお勧め!

ネットベット(Net Bet)について、詳しくは【出金のフレキシブルさに注目して!】ネットベット(NetBet) の初回登録から入金、賭け、ボーナス獲得までで紹介しています。

⇒このブックメーカーへの登録は、こちらから

8.ピナクル(Pinnacle)

ピナクル(Pinnacle)

アービトラージ推奨したり、実際に勝つための分析データなどを会員に届けるなど、他のブックメーカーとは少し方向性が違ったブックメーカー。プロモーションを用意しない代わりにオッズ高めの設定なども好評。

ピナクル(Pinnacle)について、詳しくはPinnacle(ピナクル)で紹介しています。

⇒このブックメーカーへの登録は、こちらから

 

ブックメーカーの入出金を簡単にするお勧め決済手段

ブックメーカーに入出金するためには、直接銀行などを利用できるところが少ない(1xbetは可能)ため、基本的には何かしらの決済手段を経由してお金のやり取りを行うことになります。そこで、2018年6月12日現在のお勧め決済手段を紹介します。
※決済手段については、各ブックメーカーによって使用できるものが変更する場合があり、現在使用できるものが使用できなくなったり、逆に使えなくなっていた決済手段が復活することなどもあるため、以前利用できていたけれど今は使用できない決済手段の情報も併せて紹介しています。情報は随時更新していきます。ちなみに、海外に住所をお持ちであれば、日本人でも使用できる決済手段の幅は格段に広がります。

現在使用可能な入出金手段

・クレジットカード、デビットカード(Credeit Card/Debit Card)

クレジットカード入金を取り入れていないブックメーカーはありません。まずは、お持ちのクレジットカードで入金ができるかどうかお試しください。また、利用したクレジットカードでも状況により使えたり使えなかったりが変わることもあります。

クレジットカードが利用できなかった時や、払い戻しに関しては、以下の決済手段をご検討ください。

・エコペイズ(ecoPayz):国内銀行入金や、ビットコイン入金可能、ATM引き出し

エコペイズ 入出金 ブックメーカー

この次に紹介するエントロペイと似たシステムですが、電子財布的な使い方のできる決済手段。このサイトの口座に入金して、その口座残高をブックメーカーに送って遊ぶことができます。エコペイズの最大のメリットは、口座の残高をエコカード(ecoCard)というデビットカードを発行することで、日本のセブン銀行などのATMで現金引き出しが可能という便利さでエントロペイよりも人気(参考ページ

エコペイズサイトヘ(https://www.ecopayz.com/ja/)

・エントロペイ(Entropay):クレジットカード入金可能、ベット365プレイに便利
エントロペイ 入出金 ブックメーカー

バーチャルカードにクレジットカードで入金。払い戻しは、海外送金でという形式なので若干不便。2018年4月下旬に似た決済手段のエコペイズがクレジットカードでの入金ができなくなり、クレジットカード入金が可能と言う点で口座へ入金と言う点では、より便利に。エコペイズが利用できないbet365を利用する際には、必需品とも言える決済手段。(entropay(エントロペイ)からの現金引き出しへの道

エントロペイサイトヘ(https://entropay.com/)

・ビットコイン(bitcoin):近い将来入出金の王様となる

ビットコイン 仮想通貨 入出金 ブックメーカー

ブックメーカーの決済手段の救世主となりつつあるのがビットコイン。2018年に仮想通貨自体がコインチェック事件や、規制の流れが強くなったことで、そのものの価値が急降下しているものの、決済手段としての利用用途としては、存在感を増し、仮想通貨取引所(どの取引所でも仮想通貨があれば大丈夫)から送って入金や払い戻しが可能となります。ビットコインが利用できるブックメーカーは急激に増えていますので、国内ベースの国内銀行決済や、クレジットカード利用と言った決済手段が、安定しないため、今後のために、使えるように準備しておきたい決済手段。

※時々、勘違いされている方も多いので記載しておくと、ビットコインは、1枚が数十万円~100万円以上になるなど1枚に対する金額が大きく、ビットコインの購入は、その金額ないと1枚も買えないという考え方をする方もいるようですが、例えば、0.001枚(1000円分くらい)という購入の仕方もできます。もちろん、ブックメーカーで利用するときも、そういった単位での使い方ができます(多くのブックメーカーは、実際の枚数x1000で表示するmBTCという単位で口座残高を表示します。例:0.001BTC入金⇒口座の表示は1mBTCのような感じです。)

ワンバイベット1xbet(ビット1xbit)マラソンベット(Marathonbet)バイタルベット(VitalBet)では、ビットコインを決済手段として利用できます。

・その他仮想通貨(アルトコイン)

1から始めるブックメーカー 仮想通貨入出金

*ワンバイビット(1xbit)では、なんと、17種類の仮想通貨が入出金に利用できる。*2018年7月にBytecoinの取り扱いがなくなりました。

アルトコインと呼ばれるビットコイン以外の仮想通貨も決済手段として注目されています。ワンバイベット1xbetやワンバイビット1xbitでは、ビットコインを除いて、15種類以上の仮想通貨が入出金ができるだけでなく、複数の仮想通貨を口座自体の通貨として設定できるため、仮想通貨投資と併せて利用することも可能です。

*2018年4月現在では、日本の仮想通貨取引所は、大変革期(?)に入っており、どこが確実に安心できるということも言えないのですが、ザイフや、DMMビットコイン、ビットフライヤーなどある程度安定しているところなど、いくつか登録して仮想通貨購入しておくと、ブックメーカーで遊ぶ際にスムーズです(おそらく、今後、現在採用していないところでも、仮想通貨の取り扱いは必須になっていきどこでも最低でもビットコインは決済に使えるようになる可能性が高いです。)

以前は便利だったが、現在は日本からは使えなくなった入金手段

・アイデビット(iDebit)

入金においては、すごく使いやすくiDebit経由で日本の多くの銀行からの入金が可能でした。また、払い戻しも、小切手方式という珍しいながらも郵便局で現金として引き換えられるなど、これもまた便利でしたが、現在は、日本居住者へのサービスは休止中です。(参考ページ

・NETeller(ネッテラー)

基本的には、現在利用できているエコペイズとほとんど同じのサービス形態で、以前は、日本での入出金利用ではNO.1でしたが、現在は、日本居住者へのサービスは行っていません。以前として、海外では、NO.1決済手段として君臨しています。(NETeller(ネッテラー)

ブックメーカーで各競技の試合を無料でライブストリーミング視聴できる!?

ブックメーカーは賭けだけにあらず。ブックメーカーによっては、登録して入金して残高がある状態になっていれば、多くの試合をライブ視聴することができるブックメーカーもあります

bet365ワンバイベット1xbetビット1xbitなど提供。また、Eスポーツが人気の時代に入り、ツイッチ(Twitch)などの動画配信プラットフォームと提携する形で動画を提供するブックメーカーも増えてきています。更にTwitchでは、amazonプライムのサービスとの連携でより快適にEスポーツ視聴ができる状況など整っていますね。

特徴も様々ですが、2018年6月時点では、例えば、bet365では提供していないイングランドプレミアリーグやUEFAチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグのグループステージや決勝ラウンドなども視聴可能ですし、イタリア3部リーグやスペイン3部リーグなども、ワンバイベットで視聴できるなど、大きなメリットもあるものの、視聴環境としては、bet365の方が完全に上(最近は、1xbetも良くなってきている。)

ワンバイベットは、視聴はできるものの、不安定なことも多い。この点は、改善点として担当に伝えているものの、早急には難しいようで、2018年に環境改善されれば、E-SPORTS含めて視聴対象が幅広いため、ややコンプライアンスなどで厳しくなりすぎているbet365にとって代わる存在になるポテンシャルは非常に高いです。

ワンバイベット ライブストリーミング ACL

ワンバイベットでは、AFCアジアチャンピオンズリーグやイングランドプレミアリーグも視聴可能。上記は、AFCアジアチャンピオンズリーグ2018の予備予選3回戦の柏レイソル(日本)vsムアントン・ユナイテッド(タイ)

サッカー以外では、2018年メジャーリーグ、ロサンゼルス・エンゼルスに加入した大谷翔平選手がプレーするメジャーリーグベースボール(MLB)や、女子テニス界で快進撃を見せる大坂なおみ選手のプレーするテニスのWTAツアーや、怪我で苦しむ時期が長いものの、期待される錦織圭選手のATPツアーなど、多くの試合が視聴対象です。

その他、視聴したいけど見られなそうだなというスポーツの試合などが、視聴できるのはbet365よりワンバイベット(1xbet)の方になります。なんか、平昌オリンピックで注目を集めたカーリングは、世界選手権などがっつり視聴対象になってますよ。

安定感を求めるのであれば、bet365ライブストリーミングが優秀です。

条件面で、ワンバイベット(1xbet)と違い、登録してログインだけで視聴はできず、入金してアカウントに残高があることが視聴の条件です。また、競馬などでは、更に、賭けたレースしか視聴できないなどのルールもあります。

ただ、1から始めるという意味でのライブストリーミング視聴では、少しbet365の方がハードルが高いように見えますが、最低入金額を一度入金してしまえば、対象試合は視聴できるので、その手間だけの差です。

どちらか一方を選択するのではなく、どちらも見られる環境にしておく方が良いですね(私は、大谷翔平のようにライブストリーミング視聴も二刀流ですよw)

さっそくブックメーカーを始めよう!

さて、以上でブックメーカーに少しでも興味をもってもらえたでしょうか?記事を読んだだけではよくわからない・・・なんて方も、まずは試しにやってみれば、その楽しさがわかるはずです。

ぜひおすすめブックメーカー一覧を参考に、ブックメーカーをはじめてみてください!

ブックメーカーを投資としてプロを目指してやる方が知っておくこと

既にブックメーカーと言うものが根付いている国々では、その道のプロというものも存在し、ギャンブルではなく、リスクの小さい投資手段として、ブックメーカーから大きな利益を上げ続けている人がいます。

もちろん、ブックメーカー各社は、基本的に娯楽としてブックメーカーを推奨していて、分析して負けないものだけに賭け続けて利益を上げ続けることを嫌っていますし、認めていません。これに関しては、賭けている側の人がよく、アカウント閉鎖されたと、怒りのツイートや、文章を書いていることがありますが、閉鎖された側の言葉だと、今一つ、信頼性に欠ける部分がありますが、当サイトでも、しっかり紹介はしていませんが、信頼できるという点では、群を抜いているブックメーカーのピナクルが、そのサイト内で、ブックメーカー側として、しっかり「アカウント閉鎖」について発言している興味深いページがあります。

参照ピナクルスポーツ『なぜブックメーカーはベッティングアカウントを閉鎖または制限しないのか?

ブックメーカーを本格的な投資として取り組む方は、上記の内容をしっかり読んでおくことをお勧めします。また、ピナクルがアカウント閉鎖しないのが本当かという点では、以下、当サイトのピナクルのレポートを見ていただければ、お分かりいただけると思います。

これは、2018年1月1日~7月6日までの半年間ほどのレポートになりますが、当サイトから入ったお客様の一人が、この期間に限らず、ずっと勝ち続けており、今年も、半年間で1人で約77181.61ドル勝ってます(約850万円。)

通常は、これだけ勝つ人は、ここまでマイナスになる前にブックメーカー側がアカウントを閉鎖や制限をします。なので、このレポートを見る限りは、閉鎖しないは本当だと言えます(まあ、当サイトの売り上げとしては、ピナクルは終わっているとも言えるのですがw)

閉鎖しないピナクルが、先ほどのリンクを貼ったページ内でその他のブックメーカーが勝ちすぎたときに制限や閉鎖を加える仕組みというものも詳しく解説しています。私は、内部の人間ではないので、知ったようなことは言えませんが、ピナクルが直接書いているので信用できると思いますよ。

なので、本格的にプロ仕様でブックメーカーに参加と言う方は、ピナクルを使うべしと断言できます。

ピナクル(Pinnacle)について、詳しくはPinnacle(ピナクル)で紹介しています。

⇒このブックメーカーへの登録は、こちらから

【最新版】ブックメーカーお勧め入出金決済手段

ブックメーカーで遊ぶのに欠かせないのが決済手段です。

例えば、日本のパチンコでも、お金で球を買い、球を使ってパチンコ台で遊び、増えたパチンコ玉を商品に変え、現金に変えるような仕組みがありますよね。

ブックメーカーは、仕組み上は、競馬に近く、オッズのついた馬券を買って的中したら賭けた金額×オッズが配当として現金で受け取れるというものなのですが、「ブックメーカー自体で遊ぶ」ための手順でのお金の動きは、多くのブックメーカーは、複雑で、どちらかというとパチンコに似ています。

直接ブックメーカーの入出金に多くのクレジットカードが使えた時代もありましたが、現在では、使える物がマレで、安定して使えるものと考えることはできません。

まず前提として、日本では、オンラインギャンブルは、公の機関には嫌われているという前提を持つべきで、正攻法でブックメーカー側が行くと「オンラインギャンブルはダメ!」となるのが現状です。よって、クレジットカードと国内銀行での入出金や国際送金形式での銀行での受け取りも含めて、国がオンラインギャンブル解禁!という動きを取らない限りは、限定的な決済手段となります。

このことを前提に、お勧めの決済手段を紹介していきます。

ブックメーカーお勧め入出金決済手段最新情報

ブックメーカー側も、利用する私たちも、入金手段として推奨されていて利用しやすいのは、クレジットカードですよね。

どのブックメーカーでも、ブックメーカー側では、クレジットカードの利用ができるようになっています。

そのため、まずは、クレジットカードでの入金を試してみてください。

ブックメーカー クレジットカード

お手元のクレジットカードで入金ができれば、簡単ですよね。

ただし、利用できないクレジットカードも増えていますので、もし利用できなかった場合には、次に紹介する方法を試してみてください。

 

現在の主力となっている決済手段は、

エコペイズ(ecoPayz)、ビットコイン(bitcoin)、エントロペイ(entorpay)となります。

これらの特徴などを紹介します・・・とか書いていたら、ほんの1,2か月のうちに、エコペイズもエントロペイも、そのメリットとなっていた要素がサービス終了となってしまいました。

ただ、メリットの部分を置き換えれば、エコペイズは、辛うじて便利なので、以前載せていた内容を修正して紹介します。

ビットコイン、国内銀行からの入金可能と言う点でお勧めのエコペイズ

ブックメーカーの本場英国で最も人気のbet365(ベット365)で利用が頑なに採用しないという残念な事情はありますが、基本的に、当サイトで紹介しているブックメーカーをはじめ、ほとんどのブックメーカーで決済手段として採用されているのが、エコペイズになります。

仕組みとしては、電子財布形式で、エコペイズ自体が口座としての役割を持っており、そこへの入金で残高を増やすことができ、その残高をブックメーカーに送ったり、ブックメーカーから受け取るという利用方法ができるのがエコペイズです。

エコペイズがNO.1になった最大の理由は、「日本のセブン銀行のATMなどで、現金での引き出しが可能」という点(←このメリットが消えた。)

残すメリットは、エコペイズへの入金手段として、国内銀行振り込みビットコイン入金が可能ということ。

つまり、エコペイズが利用できるブックメーカーで国内銀行振り込みや、ビットコイン入金を直接取り扱っていないところでも、エコペイズを経由すれば、実質、この2つの便利な手段を利用できることになります。

*ただし、エコペイズから払い戻して現金として手にする手段は、国際銀行送金しかありませんので、払い戻しに関しては、基本的にどのブックメーカーも国際銀行送金での払い戻しを直接取り扱っているため、エコペイズに戻すメリットは特にありません。

参加方法などは、以下を参考にしてください。

■エコペイズ(ecoPayz)での入出金参考用ページ

ecoPayz(エコペイズ)というお財布を使いこなそう!

ecoPayz(エコペイズ)で入出金への道」も参考にしてみてください。

 

bet365入金に便利なアストロペイカードとウェブマネーカード

2018年8月13日にbet365の入出金手段として、長い間便利に利用できたエントロペイが、10月31日で日本の住所で登録したアカウントのバーチャルカードを終了すると公式で発表。この発表と同時に、ブックメーカー各社は、続々と、エントロペイの入金や出金ができなくなる(なった)と発表し、まあ、なんというか、

日本のエントロペイは終わり!

です。

で、bet365の払い戻しに関しては、日本では、もう国際銀行送金を面倒でも使うしかなくなってしまったものの、入金に関しては、実は便利な手段がいくつかあるということも、今更ながらわかりました。

その一つがアストロペイカード(AstroPay Card)という入金手段。

AstroPay Card(https://web.astropaycard.com/)

正式にbet365の入金手段として表示されている、アストロペイカードは、バーチャルカードを購入してその残高をbet365に送るような仕組みで使うものですが、このアストロペイカードへの入金にビットコインが利用できます。要するに、bet365では、エコペイズが使えないので、多くのブックメーカーがエコペイズ経由でビットコインでの入金が可能なのに使えない。

でも、アストロペイ経由であれば、ビットコイン入金が可能ということです。

▲bet365サイトヘ

もっと簡単にbet365に入金できるのが、ウェブマネーカード(WebMoney Card)になります。

ウェブマネーカード(https://sp.webmoney.jp/)

日本でも良く利用されているデビットカードで、これが、bet365への入金に通るということなんですね(2018年8月13日現在。カード発行後利用できなくなっても責任は取れませんので、自己責任でお願いします。)発行、維持手数料などは、無料

上記のスクリーンショットにもあるように、ローソンのレジでもチャージができますし、それ以外にもクレジットカードや、国内銀行送金なども出来ます。

カードのチャージできる1回あたりの限度額が4万5000円(自遊空間のみ25000円)と、これを多いと思うか少ないと思うか。多めに入金したい場合には、複数回行う必要があります。

カード自体の限度額は、100万円です。

ということで、アストロペイカードとウェブマネーカードの2つは、入金のみを考えたときには、かなり便利な手段となりますね。

*ウェブマネーカードでの入金成功は、2018年8月24日に私自身が確認済み(超便利!)ちなみに、ウィリアムヒルへの入金もできました(1xbetは、エラーになったが・・・)

お勧め!ウェブマネーカードで入金可能なブックメーカー


▲bet365サイトヘ

⇒解説:【人気NO.1?ブックメーカー】bet365(ベット365)


▲ウィリアムヒルサイトへ

⇒解説:【エントロペイ入金で2.95%もらえる!】William Hill(ウィリアムヒル)【日本市場に力を入れる英国最大手】

スティックペイが採用されれば、ATM引き出しの便利さが復活する

1xbetが採用して利用できる2018年8月に登場した決済手段が、スティックペイ(STICPAY)なのですが、簡単に説明すると、

ほぼ、サービス内容は、エコカードがあった時のエコペイズと同じ

カード発行に手数料や1年後から維持費がかかることや、若干の手数料に違いはありますが、クレジットカードや、ビットコインでスティックペイに入金することが可能で、残高は、STICPAYカードからATMで引き出し可能。また、日本国内の銀行への払い戻しもできる優れもの。

ね、これが採用されれば、過去に便利だったネッテラーやエコペイズと変わらない利用方法となること間違いなしです!

更に、撤退した企業がヨーロッパ系で、発行カードもヨーロッパであるために、ヨーロッパ発行のマスターカードやビザカードより、EEA(欧州経済領域)以外はサービス打ち切るべし!という流れで終了となったものの、スティックペイは、香港の会社。そして、STICCPAYカードもマスターカード(アジア/オセアニア)が発行。

されどビザ様マスター様ということで、同じような末路をたどる可能性はありますが、この違いに希望の光が見えるのも事実。

カード発行まで3週間近くかかるので、利用できることを見越して(余裕がある方は、)登録してみては?というものです。

スティックペイ(STICPAY)サイトヘ

【海外FXでおなじみ】ATM出金も可能なスティックペイ(STICPAY)がエコカード亡き後の救世主に!?

近い将来ブックメーカーの入出金決済手段はビットコインなど仮想通貨中心になる

投資としての側面が大きくピックアップされ、2017年後半から2018年初旬までに一気に名前が知れ渡り、その後、流出騒動などで一気に下落して、「仮想通貨=怪しい」存在になってしまっていますが、そもそもオンラインギャンブルにおいての仮想通貨の登場と言うのは、救世主のようなもので、ビットコイン(bitcoin)を代表とする仮想通貨が決済手段として利用できるようになるブックメーカーも増えてきました。

既に紹介したエコペイズという決済手段側でもその入金手段に仮想通貨が利用できるようになったところもあります。

投資としての仮想通貨は難しくても、決済手段としては、「利用できることと、あまり激しく変動しないこと」の2点が揃えば安定して利用できる決済手段なのです。

今後の規制の方法により、少し、手の込んだことが必要になってくるかもしれませんが、基本的に、ビットフライヤーや、DMMビットコインなど、仮想通貨取引所に口座を開設していて、残高があれば、そこから送り受け取ることで入出金が可能になるわけです。

仮想通貨のそもそもの仕組みで、匿名性の強さが仮想通貨の売りになりますので、本来であれば、ブックメーカーだから送れないということにはならないものなので、そういった点で仮想通貨は将来的に決済手段の中心になるべき存在になると私は期待しています。

参考:【ブックメーカーでビットコインが買える】ワンバイベット1XBET的仮想通貨投資!

上記は、1xbet(ワンバイベット)という斬新な試みを取り入れているブックメーカーを利用することで、仮想通貨投資がブックメーカーでできるという内容を私が作成して紹介したページなのですが、このページで、ブックメーカーにおける仮想通貨利用もある程度知っていただけると思います。

エコペイズへの仮想通貨入金に関しては、ecoPayz(エコペイズ)というお財布を使いこなそう!の代替通貨入金(仮想通貨入金)を参考にどうぞ

ワンバイベットへの仮想通貨を利用した入金の紹介は、1xbet(ワンバイベット)入金手順でどうぞ

現時点でのお勧めの仮想通貨取引所は?

2018年7月現在、日本の仮想通貨を取り巻く規制が厳しくなりつつあり、使いやすさで1押しだったビットフライヤーが、行政処分を受けたため、体制を整えるまで新規登録を受け付けないと発表されています。既に利用している方は、今まで通りで問題ありません(サイト上では、チェックをしっかりするため時間がかかることがあると記載されていますが、実際は、これまでとほとんど変わりありません。)ネム流出問題のあったコインチェックがかなり体制を強化しているようですが、それでも新規登録の受付は再開していません。

この他社の行政処分の尻目に、CMをがっつりやっているDMMビットコインがお勧めと言われています(私は、使いにくいので登録はしていますが利用してません。)

そして、私自身も本人確認書類の郵送を数か月放置されていたザイフ(Zaif)が急にサービスを強化したのか、対応が早くなりました。郵送が数日で届き、本人確認が終了し、利用して見ましたが、スムーズでした。

もちろん、新規登録が再開すれば、ビットフライヤーもお勧めにはなりますが、現時点では、過去の対応の悪さを忘れられるという方であれば(w)、ザイフ(https://zaif.jp/)がお勧めです。

本田圭佑が宣伝していて、なぜか少し怪しさを覚えていますが、ビットポイントという仮想通貨取引所も登録試しています。

 

ブックメーカー最新情報

井上尚弥の参戦が決まって超注目のWBSS特集ページを追加!(2018年7月23日)

組織を越えたボクシングの階級別王者を決めるWBSSワールドボクンシグ・スーパーシリーズ。第1シリーズのスーパーミドル級、クルーザー級で7月下旬に決勝が開催。そして、第2シーズン(秋ごろからスタート予定)のバンタム級には、井上尚弥の参戦が決まり、盛り上がり必至!

特集ページで対戦カードや、オッズなど情報を随時追加していきます。

クルーザー級の決勝は、1xbetのプロモーション対象にもなってます!ボクシングが熱い!

【井上尚弥も参戦!】WBSSワールドボクシング・スーパーシリーズ特集!

移籍チームにもオッズが付いてます!あの選手はどこへ移籍?に賭けたい方のページを用意しました。

既にクリスティアーノ・ロナウドは、レアル・マドリッドからユヴェントスに移籍が決定、続くように、エデン・アザール、クルトワなどワールドカップで活躍した選手の移籍のニュースが毎日のように聞こえてきます。

実際メディアがどこまで正しいか、実は、移籍先のオッズを見るとある程度確認できます。そして、もちろんオッズが出ているのですから、賭けることもできます。

移籍先の参考にするもよし、賭けるもよし。そんなページ作りました!

【エデン・アザールはどこへ!?】注目選手の移籍マーケット予想にも役立つ、移籍チームオッズ(欧州主要リーグの夏の移籍マーケットが終了したので、結果を更新しました。)

ウィリアムヒルで移籍マーケットオッズを直接チェック!

⇒ウィリアムヒル参加方法解説:William Hill(ウィリアムヒル)【日本市場に力を入れる英国最大手】

*ウィリアムヒルの移籍先オッズは、注意書きがない場合は、レンタル移籍も含まれる(Loan Deals Do Count)と表記されています。

Eスポーツが好きな方!ブックメーカーで賭けられます!

日本では、ストリートファイターの世界大会での日本人選手の活躍などが、メディアで紹介されることがあります。

既にゲームは、1つのスポーツとして扱われ、その大会の賞金規模も上がり、プロ化の波が世界を席巻しています。日本は若干出遅れているものの、最近は、徐々にその人気の高まりが感じられます。

ゲームを競技として戦うことは「eスポーツ」と呼ばれ、様々なゲームの大会が行われており、これらを扱うブックメーカーも多くなっています。

当サイトでもEスポーツの情報に力を入れるべく情報を追加しています。

詳しくは、Eスポーツカテゴリをチェック!

1xbet採用濃厚なプリペイドカードでATM引き出しが可能なスティックペイに期待!(2018年8月6日追記)

エコカード終了となりました。よって、プリペイドカードでATM引き出しが可能な決済手段がまた減ることになります。

これにより、各ブックメーカーで対応策が検討されているということですが、具体的には、ビーナスポイントの導入だったり、あまり画期的ではないクレジットカードへの引出し(入金分だけ)など。もともと、1xbetであれば、直接銀行引き出しなどもありますが、その1xbetが採用のためのテストを進めている決済手段に注目しています。

それは、以下のSTICPAYというもの。海外FXでは、お馴染みらしいですが、やらない私は完全に初見。でも、そのSTICPAYを調べてみると、どうやら、STICPAYカードというATMカードを発行しており、ATM引き出しが可能な決済手段らしい。

既に1xbetの入金手段としては、採用されているということで、私も登録して試してみたのですが、入金まではできます!

ただ、問題は、出金手段としては、まだ表示がされておらず、もし出金手段として見送りになったら、ATM引き出しに使えないので、まだエコペイズに代わる手段ですとは断言できません。ただ、入金手段に表示されているということで、近々払い戻しにも使えるとは思います。

使えるとなれば、STICKPAYカードの申し込みから届くまでが2~3週間かかるらしいので、早めにお伝えしておく方が良いのかなと思い紹介ページも作りました。

スティックペイ(STICPAY)サイトヘ
解説ページ⇒【海外FXでおなじみ】ATM出金も可能なスティックペイ(STICPAY)がエコカード亡き後の救世主に!?

エントロペイ終了(2018年8月16日追加)

既にご存知の方も多いと思いますが、エントロペイのバーチャルカードが2018年10月31日で終了となります。

同時に、ブックメーカー格差なのか、bet365のように、それまでは、入金に使えるというところもあれば、8月13日で入出金に使えなくなってしまったウィリアムヒル、スピンパレス、1xbetなど、担当者泣かせな状況も発生しています。

各ブックメーカーごとの解説ページにもポツポツ追記していますが、全体的には、新たな決済手段検討中準備中という状況可と思いますので、その辺を待っても良いのではないかとも感じています。

現状は、入金に関しては、いくらでも方法はあるが、払い戻しが、国際銀行送金を利用しなければならないというところも増えてますよね。

簡単に、情報など思いついたことは、以下に追加しています。

entropay(エントロペイ)からの現金引き出しへの道

長期間変更していないパスワードの変更にボーナスをくれる1xbit(2018年9月14日追加)

ふと、1xbitにログインをすると、上記のポップアップ画面が表示され、「!!??」となったのですが、読んでみれば、いわゆる銀行などのセキュリティを重視するサイトでは、よく見られる長期間パスワードを変更していないので変更してくださいという注意書きなのですが、

1xbitは、なんと、変更したら1ユーロ分のボーナスをあげるよ!と、これをプロモーションにしてくれていたりします。

そもそも、二要素認証でログインしているので、パスワードを経由していないので忘れていましたが、そもそもパスワードを設定していてこれは、しばらく更新していないということで、せっかくなので、やってみました。

パスワードの変更後10分ほどして、上記のメッセージが1xbitのメールボックスに届き、

プロモーションのページからプロモーションコードをチェックすると、このタイミングでの1ユーロ相当になる、0.18mBTのボーナスとありますね。条件は、1.80倍以上のオッズに使えることと、期限は、1か月間。

長期間パスワードを変更していない方は、同様の表示がでるはずなので、1xbitサイトでログインしてチェック!

1xbitサイトヘ

1xbit解説⇒1xBITワンバイビット(仮想通貨をそのまま賭けるためのプロジェクト)で紹介しています。

Copyright© ブックメーカーファンSP by ブクメ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.