ブックメーカー始めるならブックメーカーファン【2019年最新入出金情報】ブクメ実験中

英国では既に文化となっているブックメーカー。上場企業も多数。でも、日本では知られていない。そして、なぜか、認められない流れも強い。その魅力を伝えるのが当サイトの使命だと考え、10年以上にわたりブックメーカーを紹介するサイトを運営してきました。当サイトは、ブックメーカーを始めたい!という方向けに、「日本でも登録可能なの?」「始め方は?」「違法じゃないの?」といった疑問にお答えしていきます。

質問などは、気軽にLINE公式アカウントからどうぞ(当サイトで紹介しているブックメーカーを利用してのトラブルなど相談に乗ることも可能ですが、担当に話をする時に当サイトから登録されたお客様でないと回答をもらえないケースもありますので、当サイトのリンクから新規登録をいただいている方がスムーズです。現在、スポーツベットアイオー、10bet、ウィリアムヒル、188bet、やまとベットは、担当者とのコミュニケーションは良好です。)
友だち追加

【今お勧め!】おすすめブックメーカーと登録方法

当サイトでおすすめのブックメーカーをご紹介します。

当サイトでは、基本的にこれらのブックメーカーのオッズなどを参照に情報を提供しています。登録方法などの補助的な内容も提供しています。基本的にどこも、手元のクレジットカード/デビットカードで手軽に入金して遊べます。

必見!
【最新版】ブックメーカーお勧め入出金決済手段

ブックメーカーで遊ぶのに欠かせないのが入出金決済手段です。 例えば、日本のパチンコでも、お金で球を買い、球を使って遊び、増えたら商品に変え、現金に変える仕組みがありますよね。 ブックメーカーは、仕組み ...

続きを見る

10ベットジャパン(10betJapn)

お勧めポイント1:当サイトより10betに登録した方に入金不要10ドルを提供中!
お勧めポイント2:マスターカード・JCBカード入金で7%キャッシュバック

日本語特化力が強く、決済手段として便利なスティックペイ(ATMカード発行も4月より再開)の利用もできるブックメーカー。入金のみですが、JCBカード・マスターカード・VISAカードが利用可能そして、エコペイズ、ビーナスポイント、ビットコインでの入出金も可能。

ブランド力を高める、イタリアセリエAの強豪ユヴェントスとの公式ベッティングパートナー契約と、ディディエ・ドログバのブランドアンバサダー就任が2019年10月に発表されました!

 

参加方法
【当サイトから登録で入金不要で10ドルのボーナス!】10bet(10ベット) Japan

このページでは、日本語対応ブックメーカー10ベットについて紹介しています。 このブックメーカーを利用するメリットをメインに、また一番の売りであるJCBカードを利用する際の注意点など含めて簡単に登録方法 ...

続きを見る

ブクメ
JCBカードが入金に使える点が最大のポイント。スティックペイも利用可能。入出金手段と必要書類の少なさ、日本語特化力が10betJapanをお勧めに入れたポイントです!2019年5月13日に入金不要10ドルボーナスも提供できるようになりました!

↓1.2倍以上からの2試合以上のコンボから的中で追加キャッシュがもらえるようになりました。↓

コンボボーナス
【10ベット】2試合コンボから2%、16試合コンボで最大60%の追加キャッシュがもらえるプロモ

既に以前からある10ベットのコンボベットのプロモーションですが、以前は、5試合のコンボ以上で初めて対象になり、やや追加キャッシュをもらえる条件が厳しめでしたが、これが、2試合コンボが2%、3試合コンボ ...

続きを見る

↓クレジットカード入金の7%(最大100ドルまで)のボーナスがもらえるようになりました*引き出し条件なしのキャッシュバックです。

キャッシュバック
【10ベット】マスターカード、JCBカードによるクレカ入金で7%(最大100ドル)がキャッシュバック!

クレジットカードで入金する場合には、手数料がかかるのは、当然。しかも、外貨を経由する時は、為替手数料も別途かかってしまうのも当然。 直接クレカを使うことが難しいオンラインギャンブル業界において、そこは ...

続きを見る

188ベット(188bet)

お勧めポイント1:当サイト限定入金不要20ドルボーナス
お勧めポイント2:マスターカード/JCBカード、国内銀行が使える

当サイト限定入金不要20ドル(2200円)ボーナスが提供できるブックメーカーです!

JCB・マスターカードが入金手段として利用できる188ベット。

シンプルに参加できるタイプで、アジア地域に強いブックメーカーとしても有名で、ちょうど、掲載再開の頃には、タイの選挙系のオッズが出ているという他では、あまり見られないタイプの賭けも登場します。

幅は広くないもののライブストリーミングも提供されています。

特別強化マルチプルという、複数の試合をまとめた賭けにオッズ上乗せという賭けが提供されており、これが個人的にはかなり面白いと思います。

*更に、ブックメーカー投資をされる方にとって重要な要素となっていたキャッシュアウト機能も2019年9月中旬から実装されています!

参加方法
【当サイト限定!入金不要で20ドル】188ベット(188bet)に参加してみた【JCBカードが使える】

このページでは、日本語対応ブックメーカー188ベットについて紹介しています。 このブックメーカーを利用するメリットをメインに、また一番の売りであるJCBカードの利用方法や、もう一つ凄く便利な決済手段が ...

続きを見る

↑当サイトから登録した方に入金不要20ドル(2200円)ボーナスが提供されることになりました!詳しくは、解説ページに掲載しています

*当サイト限定の入金不要ボーナスは、通常の初回入金ボーナスとの併用も可能です!2019年8月は最大600ドル(65000円)!

↑入金手段は、こんな感じです、の動画。

2019年9月中旬に、ついにキャッシュアウト機能が実装されました!

動画で解説しています。

188bet
キャッシュアウト機能が実装されました!

多くのブックメーカー投資をされている方が必須機能と位置付けているキャッシュアウト機能が188ベット(188bet)にもついに2019年9月中旬に実装されました! これまでは、勝敗オッズなどで1つの結果 ...

続きを見る

ヨーロッパサッカー好き必見のプロモが登場!

2019年12月4日~2020年1月20日の期間で188ベットで、素敵なプロモーションが開催。

なんと、英国(ロンドン・ウェンブリースタジアム)で開催される欧州選手権(ユーロ2020)の現地2020年7月7日~8日開催の準決勝や12日の決勝の観戦旅行(ペア、航空券、宿泊費など込み)が合計で17名に当たります!!

詳細は以下から↓

プロモ解説ページ作りました↓

解説
【188bet】合計14名に欧州選手権(ユーロ2020)決勝or準決勝の観戦旅行が当たるプロモが登場!

このプロモーションの開催期間は、日本時間2019年12月4日9:00PM から2020年1月20日 12:59PMまで。 来ました魅力的すぎるプロモ!まず、賞品からざっくり紹介しますと、合計で17名( ...

続きを見る

カジノリゾート旅行やゲーミングPCなど豪華賞品があたる2019年年末大ボーナスプロモ始動(2019年11月11日~)↓

188betより年末の大型プロモがスタートしました!

賞品は、『韓国カジノリゾート・パラダイスシティに泊まる2泊3日のペア・トラベルパック - 日本国内の空港から仁州空港までの 往復ペア航空券 パラダイスシティに2泊 ホテル内レストランでペアディナーコース (ウェルカムドリンク各1杯つき)』や、『ゲーミングPC』となっています。

豪華賞品
【188bet】年末大ボーナスキャンペーンで毎週フリーベット&カジノ旅行やゲーミングPC獲得のチャンス!(~2019年12月23日)

このプロモーションの開催期間は、日本時間2019年11月11日1:00PM  から2019年12月23日12:59PMまでです。 今回の、プロモーションのタイトルは「日本限定!年末大ボーナスキャンペー ...

続きを見る

参加条件など、詳しくは、以下を確認ください↓

以下、プロモーション紹介動画も作りました↓

 

ブクメ
長く遊べば遊ぶほど賭け額に対してより大きい還元ボーナスがもらえるなど、長期遊ぶ方を大事にするブックメーカーでもあります!2019年4月より入金不要ボーナスも当サイト限定でいただきました!

ウィリアムヒル(William Hill)

*SBCアワード2019でレーシング・スポーツブック・オブ・ザ・イヤー授賞

お勧めポイント1:エコペイズ入金で2.5%キャッシュバック
お勧めポイント2:膨大なフリーベット対象試合

*SBCアワード2018で2部門受賞

評価サイトでAの評価 英国最大手で信頼性に定評あり。日本語対応、日本語サポート、そして、日本人チームが日本マーケット充実に向けてかなり力を入れて進化しているのがウィリアムヒルです。年間100億円程度フリーベットを提供。日本向けの特別オッズも随時提供。

気軽に日本語で質問もできる日本語公式ツイッターも2018年10月よりスタートしています。

日本の銀行での入出金が可能なエコペイズの利用も可能。

参加方法は、大体わかるよと言う方は、

参加方法
【エコペイズ入金で2.5%キャッシュバックボーナス】William Hill(ウィリアムヒル)【英国老舗で最大手】

英国の老舗ブックメーカーウィリアムヒル。ライセンスルールに縛られがちな英国系のブックメーカーの中でも日本マーケットを重視した柔軟性をできる範囲内でかなり頑張って提供してくれるブックメーカーです。フリー ...

続きを見る

↓ウィリアムヒルにエコペイズで入金すれば、2.5%がキャッシュバックされるプロモーションが無期限で開催中!

*このプロモーションは、日本居住者(日本の住所で登録してログインして利用している方)限定プロモです!

ブクメ
毎週の賭け額が50000円を超える方は、利用すべし!週1回その中から40000円ほどをエコペイズに払い戻せば1500円ほどもらえる仕組み

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)

お勧めポイント1:リーダーボード系のプロモーションがかなり面白い
お勧めポイント2:サイト内で仮想通貨が購入入金可(クレジットカード可)

名前の入力も必要ないシンプルな登録(SNSでの登録も可能)や、入出金手段に仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、オールスポーツコイン)に加えて、エコペイズ、スティックペイも使えます。*2019年10月中旬より新たに仮想通貨のトロン(TRX)が使えるようになりました。

プロモーションの質、ライブストリーミングの幅広さ、賭けの種類など、確実に今後、日本のブックメーカーの優となるべき存在。

*2019-2020シーズンよりイングランドプレミアリーグ『ワトフォードFC』のオフィシャルスポンサーとなっています。

参加方法
【全てのブックメーカーの長所を持つ】スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)

*2019年9月現在、円の入金にクレジットカードが使えなくなっています。システムの追加にだいぶ時間がかかっているようで、7月中と聞いていたところから伸びて8月中にはみたいになったり、ちょっとわからなく ...

続きを見る

ブクメ
放映権問題をクリアしての多数のライブストリーミング提供(2019年9月中旬辺りから停止中。)スティックペイ利用可。シンプル登録、丁寧な日本語サポートなど、お勧めできる要素満載です!

15試合まとめて賭けて高額賞金を狙える「マルチベットマスターは誰だ!?」キャンペーン

15試合マルチ
【スポーツベットアイオー】15試合まとめて賭けて高額賞金を狙える「マルチベットマスターは誰だ!?」キャンペーン

このページの目次1 スポーツベットアイオーが多くのキャンペーンを用意するマルチベットをご存知ですか?2 「マルチベットマスターは誰だ!?」キャンペーンはマルチベット15試合への挑戦2.1 2019年1 ...

続きを見る

 

【リーダーボード系お勧めプロモ】プレミアリーグで11連勝したら13万円がもらえるプロモ開催中(2019年8月9日~2020年1月1日)

2019年8月についに開幕のイングランドプレミアリーグ2019-2020シーズン。このプレミアリーグ向けのかなり面白いプロモーションがスポーツベットアイオーから登場しています!

難しそうだけど、できそうな条件と、わかりやすく嬉しい賞金。

詳しいルールは、必ずサイト内のプロモーションから規約を確認していただくとして、簡単に説明しますと、

「プレマッチ(試合開始前のベット)でイングランドプレミアリーグ1.5倍以上のマーケットにシングルベット1300円以上賭けて、11連勝したら13万円あげます。」

というもの。

是非挑戦してみてください!

 

【リーダーボード系お勧めプロモ】アメリカ人気スポーツNBA、NFL、NHLに賭けて毎週13万円を狙え(2019年10月6日~2020年4月4日まで)

アメリカの人気3大スポーツ「バスケットボールのNBA、アメリカンフットボールのNFL、アイスホッケーのNHL」に賭けて連続の的中数が最も多ければ、毎週13万円がもらえるという魅力的なキャンペーンがスタートしています。

詳細は、

毎週13万円
【スポーツベットアイオー】アメリカ人気スポーツNBA、NFL、NHLに賭けて毎週13万円が狙えるプロモ

スポーツベットアイオーのプレミアリーグ11連勝(11回連続で的中)で13万円プロモが注目を集めていますが、この系統の新たなキャンペーンが登場しました! その名も「アメリカンストライクヒーロー」・・・ネ ...

続きを見る

ワンバイベット(1xbet)

お勧めポイント1:膨大な賭けの種類と幅広さ
お勧めポイント2:入出金手段も膨大

登録簡単、豊富な賭けに、オッズも高い。他のブックメーカーで利用可能な決済手段は、ほぼすべて利用可能。複数の通貨での利用OKで1つアカウント(口座)を作れば複数通貨の別通貨単位を使うための補助口座作成も可能。ビットコインなど20種類近くの仮想通貨での入出金も可能。
*マルチアカウント作成(1個人が複数の口座登録することや、同一IPでの複数アカウント作成)や、アービトラージなど禁止事項に対する対応が厳しいことでも有名。定期的に大きな金額を勝ち続けるとロックされることもあるので、投資家向けではなく、楽しんで賭ける方向けです。

2019年7月1日に、なんと1xbetがスペインの名門FCバルセロナのグローバルパートナー契約締結と発表されました。契約期間は5年間(2024年6月30日まで。)

簡単にスポンサーになれるクラブチームではないので、これは、1xbetの本気度が伝わってきます。問題も聞かれる1xbetですが、信頼性もNO.1を目指す覚悟が伝わってきました。

残念ながら、以下リヴァプールとチェルシーの2チーム+以前からパートナーだったトッテナムも含めて2019年8月中に契約が打ち切りになった模様。理由は、英国では認められない、闘鶏(Cockfighting)やおそらく、U16とかアマチュアのカテゴリの子供の試合がオッズ対象になっていることが問題視されたようです。

 

ワンバイベットについて、詳しくは、

参加方法
【スティックペイ/STICPAY利用可】1xbetワンバイベット【仮想通貨もOK】

2019年10月10日辺りから1xbetの閲覧が不安定な状態が続いていましたが、10月26日に改善しています。 今後同様の症状が起こった時には、代替手段としてですが、1xbetは、ミラーサイト的なアド ...

続きを見る

ブクメ
サポートなど含めて、トラブルが多いのが悩みの種の1xbetですが、温かく見守れるタイプにお勧め、エンタメ要素は群を抜いてます

ベット365(bet365)

お勧めポイント1:あらゆる面で質が高い
お勧めポイント2:膨大なライブストリーミング提供数

最もお勧めする英国最大手のブックメーカーの一つ。賭けの内容、質など超一流。ただし、英語のみ。より高度に利用したいという方は、英語でも、結局メインで利用されるケースが多い。

*SBCアワード2018に引き続き、2019でも2年連続の最優秀ブックメーカー賞含む3部門受賞

賭けの質が高い、ライブベット、ライブストリーミングの充実、日本関連スポーツの賭けが多い 英語のみ

参加方法
ベット365bet365
【ウェブマネーカード、auウォレットで入金】bet365(ベット365)【人気NO.1?ブックメーカー】

bet365(ベット365) 2018年に引き続き、SBCアワード2019でも最優秀ブックメーカーに輝いたbet365。同じく2年連続で3部門で授賞! *入金にウェブマネーカードを利用される方は、プリ ...

続きを見る

ブクメ
今も昔も、質の面では、bet365は、圧倒的。ただし、取り巻く環境(入出金手段や、日本語がない)など、それなりに、自分で解決していく力が利用するために問われるのもbet365

ネットベット(NetBet)

お勧めポイント1:入出金手段が豊富でクレカやアイウォレットも利用可能
お勧めポイント2:登録だけで入金不要ボーナス20ドルがもらえる

ネットベット 柔軟性ある出金条件

決済手段不安が起こるブックメーカー業界でフレキシブルさ(柔軟に対応します)を強みとするのが英国のネットベット(NetBet)。クレカ入金でもエントロペイ、エコペイズに払い戻せます(入金履歴は必要)まとめて賭けて配当が引き上げられるネットベットもお勧め!他が提供するオッズ上乗せよりも、的中する率が高いという噂もあります。

*2019年10月25日より、ウェルカムオファーが入金不要ボーナス形式に変更になりました。どなたでも、初回登録時に、コードを入力すれば、20ドル分のフリーベットがもらえます(くどい様ですが、入金不要のボーナスです。)

参加方法
【VISA/マスターカード入金可能】ネットベット(NetBet) の初回登録から入金、賭け、ボーナス獲得まで

担当者曰く『出金のフレキシブルさは他社に負けません!』 ということで、このページでは、フレキシブルさが売りと言うブックメーカー、ネットベットの登録方法や入出金、賭けの流れなどを今ページでは紹介します。 ...

続きを見る

ブクメ
プロモーションが面白い!決済手段のフレキシブルさは、やや似たところが増えてきたので、抜けた要素が少なくなってきてはいます。

ワンバイビット(1xbit)

お勧めポイント1:仮想通貨特化型ブックメーカー
お勧めポイント2:入金なしでライブストリーミング視聴できる(できてしまう)

ワンバイベットの仮想通貨プロジェクトサイト。基本的にはワンバイベットと同様の内容での提供で、違いは、仮想通貨のみで全てを行いたい方向けであるということ。入出金も仮想通貨のみで行います。対応仮想通貨は約20種類。壮絶な払い戻し条件がありますが、最大1BTCの初回入金ボーナスもあります。

ワンバイビットについて、詳しくは1xBITワンバイビット(仮想通貨をそのまま賭けるためのプロジェクト)で紹介しています。

参加方法
【30種類近くの仮想通貨が利用可能】1xBITワンバイビット(仮想通貨をそのまま賭けるためのプロジェクト)

1xbetワンバイベット(詳細)をビットコインなどの仮想通貨投資に特化させたのが、 1xbitワンバイビット(サイトヘ)です。   名称などの部分で混乱される方もおられると思いますので、1X ...

続きを見る

ブクメ
仮想通貨特化型ブックメーカー。個人的には、正直最近は、1xbetの方で十分ではないかと思っているw

ハッピースター(HappiStar)

お勧めポイント1:入金不要ボーナス10ドル
お勧めポイント2:シンプルで初心者向け

2019年3月末よりハッピースターの紹介をスタートしました!オンラインカジノで培った経験で、初心者が参加するために一番困る入出金手段がとにかく使いやすいものを取り揃えています。

入金不要10ドルボーナスも提供中です!(当サイト経由で登録すると、カスタマサポートより詳細がメールで届きます。)

ブックメーカー自体プレーしたことないという方がまず遊ぶのに適したシンプル構造ですよ!

ハッピースターについて、詳しくは、

参加方法
【入金不要10ドルボーナス】ハッピースター(HappiStar)【JCB/マスター/VISAカードが使える】

このページでは、日本語対応ブックメーカー『ハッピースター(HappiStar)』について紹介しています。 このブックメーカーを利用するメリットをメインに、簡単に登録方法なども紹介しています。 &nbs ...

続きを見る

ブクメ
日本では、オンラインカジノで知られているハッピースターが2018年10月よりブックメーカーをスタートしました。新しく進行形の要素が強いですが、シンプルで遊びやすい作りになっています。

ブックメーカーお勧め入出金手段

お勧め決済手段に関しては、

入出金
【最新版】ブックメーカーお勧め入出金決済手段

ブックメーカーで遊ぶのに欠かせないのが入出金決済手段です。 例えば、日本のパチンコでも、お金で球を買い、球を使って遊び、増えたら商品に変え、現金に変える仕組みがありますよね。 ブックメーカーは、仕組み ...

続きを見る

にて、詳しく細かくわかりやすく、解説しています!

以下、触りだけ以下で紹介。

ブックメーカーに入出金するためには、基本的には何かしらの決済手段を経由してお金のやり取りを行うことになります。そこで、2019年5月現在のお勧め決済手段を紹介します。
※決済手段については、使用できるものが変更される場合があり、現在使用できるものが使用できなくなったり、逆に使えなくなっていた決済手段が復活することなどもあるため、以前利用できていたけれど今は使用できない決済手段の情報も併せて紹介しています。情報は随時更新していきます。ちなみに、海外に住所をお持ちであれば、日本人でも使用できる決済手段の幅は格段に広がります。

現在使用可能な入出金手段

・クレジットカード、デビットカード(Credeit Card/Debit Card)

クレジットカード入金を取り入れていないブックメーカーはありません。まずは、お持ちのクレジットカードで入金ができるかどうかお試しください。また、利用したクレジットカードでも状況により使えたり使えなかったりが変わることもあります。2019年現在では、オリコカードやジャックスカードは、使える確率が高いというデータは、あるようです。2019年に入り、高い確率でクレジットカードが通るところも増えてきました(大抵は、決済会社を経由してのクレジットカード決済になるため、中国元などで計算されるものが多いので多少手数料が高めに感じることもありますが。)

クレジットカードが利用できなかった時や、払い戻しに関しては、以下の決済手段をご検討ください。

・エコペイズ(ecoPayz):国内銀行入出金や、ビットコイン入金可能

エコペイズ 入出金 ブックメーカー

電子財布的な使い方のできる決済手段。このサイトの口座に入金して、その口座残高をブックメーカーに送って遊ぶことができます。エコペイズの最大のメリットは、採用されているところがかなり多いことと、日本の国内銀行で入出金、仮想通貨での入金などができること。

エコペイズについて知りたい?【仮想通貨時代】ecoPayz(エコペイズ)で入出金への道(ecoCard終了・国内銀行・ビットコイン入金、そして、国内銀行出金も登場!)

 

・ビットコイン(bitcoin):近い将来入出金の王様となる

ビットコイン 仮想通貨 入出金 ブックメーカー

決済手段の救世主となりつつあるのがビットコイン。2018年に仮想通貨自体がコインチェック事件や、規制の流れが強くなったことで、そのものの価値が急降下しているものの、決済手段としての利用用途としては、存在感を増し、仮想通貨取引所(どの取引所でも仮想通貨があれば大丈夫)から送って入金や払い戻しが可能となります。ビットコインが利用できるブックメーカーは急激に増えていますので、国内ベースの国内銀行決済や、クレジットカード利用と言った決済手段が、安定しないため、今後のために、使えるように準備しておきたい決済手段。

ワンバイベット1xbet(ビット1xbit)ピナクル10ベットスポーツベットアイオーなど、直接ビットコインを決済手段として利用できたり、入出金に利用するエコペイズスティックペイへの入金手段としても、ビットコインなど仮想通貨が利用できます。

・その他仮想通貨(アルトコイン)

*ワンバイビット(1xbit)やワンバイベット(1xbet)では、なんと、10種類以上の仮想通貨が入出金に利用可能。利用できる仮想通貨の数の上下の変動はよくありますが・・・。

ブックメーカーとは?どんな仕組み?

サッカーの勝敗を予想するサッカーくじのtotoを皆さんご存知ですよね。ブックメーカーとは、あらゆるスポーツや出来事に賭けられるtotoのようなものです。英語ではbookmakerといいます。また、スポーツブック(英語表記では、Sports BookやSports Booking)、スポーツベット(英語表記では、Sports BetやSports Betting)と呼ばれることもありますが、基本的に同じです。

下の画像は、イギリスの大手「ウィリアムヒル」です。ブックメーカーの仕組みはいたってシンプル。サッカーの試合であれば、「勝ち」「負け」「引き分け」にそれぞれオッズという倍率がつき、賭け額を決めてベット(賭け)します。予想がみごと的中すれば、賭け額×オッズの金額が配当でもらえるという仕組みです。

ブックメーカーの例

この画像の場合は、ガンバ大阪対浦和レッズの試合で、オッズがそれぞれ
ガンバ大阪の勝利:2.9
引き分け:3.4
浦和レッズの勝利:2.1
となっています。
なので、例えばガンバ大阪の勝利に1,000円賭け、予想通りガンバ大阪が勝てば、配当として1,000×2.9の29,000円がもらえる、というわけです。

ブックメーカーの特徴は、スポーツ以外にもあらゆる出来事が賭けの対象になることです。例えば、イギリスで「キャサリン妃の赤ちゃんは男の子か、女の子か」オッズ対象になったこともありました。王室系のオッズは多く、2019年には、ヘンリー王子とメイガン妃の子供の名前もオッズ対象になっていました(例にない傾向のアーチーと言う名前になってしまったと担当者は愚痴を言っていましたがw)

←ウィリアムヒルを実際見てみる

あらゆる事象に対して、ブックメーカー側がオッズ対象にしようと言って通ればオッズとして発表され賭けられます。その「なんでもあり」精神の強烈な例が、1xbet(ワンバイベット)がオッズ対象にしている次の賭け。

世界の終わりを予想 ワンバイベット

「2018年に世界が終わる」に501倍のオッズが・・・て、怖いよw しかも、的中したら配当もらうどころじゃないよと、突っ込みつつ、これも正真正銘、賭けの対象なのです。2019年現在、今のところ、世界は終わってません。

←そんな恐怖の1xbetを見たい?

ブックメーカーの始め方って?

ブックメーカー発祥の地イギリスでは、上場しているところ多くあります。日本の宝くじ売り場のように、店舗でも賭けられますし、電話やインターネットで賭けることもできます。

日本からは、認可されてライセンスを取得しているブックメーカーにインターネットから参加することになります。

日本から参加するための流れは、ごくごく簡単に説明すると、以下の通りです。

1.利用するブックメーカーへの会員登録

2.アカウントへの入金

3.好きな試合などに賭ける

4.配当を得る

5.アカウントから払い戻す

とてもシンプルですね。慣れてきたら、応用編として入出金を簡単にするための決済手段に登録したり、各ブックメーカーのプロモーションを利用してボーナスをもらったり、比較してオッズの高いところに賭けてみたり、攻略法を見つけて楽しむという方もいます。

ブックメーカーと日本の公営ギャンブルは、何が違う?

日本と言うのは不思議な国でして、公営ギャンブルとされる競馬や競輪、モーターレースや、スポーツ振興くじという扱いでギャンブルと言う枠に入れないサッカー予想のtotoや、パチンコもギャンブルなのですが、いったん商品を経由することで、位置づけを変えるなど、ここが変だよ日本の・・・という感じなのですよね。

実のところ、お金を賭けて的中したら配当がもらえるという仕組みは、ブックメーカーも日本の公営ギャンブルも同じです。

大きな違いは、オッズが確定するタイミングです。

競馬や競輪などをやったことがある方はご存知かと思いますが、日本の公営ギャンブルの場合、賭けた時点ではオッズが確定していません。レース開始の直前になってオッズが確定します。(言葉が難しいので、用語として覚える必要はないのですが、パリミュチュエル方式といいます。)

例えば、発表時にオッズが10倍で「おっ!高いな!」と思って賭けても、レース開始時に確定したオッズが2倍になっていたら、的中しても2倍の配当が支払われるわけです。

一方、ブックメーカーの場合は、賭けた時のオッズが採用されて、的中したらそのままのオッズで配当が支払われます。この方式を、ブックメーカー方式と言います。この仕組みがあってこそのブックメーカーなんですね。
競馬や競輪をされている方に紹介したときに、必ずと言って良いほど羨ましがられます。

ダメだし犬
公営ギャンブルの仕組みは、運営側が損しない。ブックメーカーは、運営側が損をするリスクを背負っている。ずるいよな

ブクメ
逆に、ブックメーカーは、プレイヤー側に有利な仕組みになっているとも考えられるよね

・・・ということで、時々、わたくしブクメと、ダメ出し犬がこんな感じに掛け合う時もあります(使いこなせてませんがw)

ブックメーカーって違法じゃないの?

さて、ここまで読んでいただいた方は、「いいじゃん!やってみたい!」と思っているんじゃないでしょうか?(というか、思っていただきたいw)

一方で、「でも、ブックメーカーってギャンブルでしょ?公営ギャンブルじゃないギャンブルって違法じゃないの・・・?」とご心配の方もいるかと思います。

日本でブックメーカーに参加するには、海外で運営されているサイトに日本からアクセスします。ここでアクセスするブックメーカー各社は、それぞれ合法な国で厳正なライセンスを取得して運営されています

ブックメーカー発祥の国イギリスでは、法律でOKどころか、上場して大企業になっているところもあります。日常に浸透しています。

しかしながら、日本ではギャンブルに対する法律がやや複雑で厳しいという事情があります。

みなさんに安心して利用していただくために、当サイトの考えと最近の社会的・法律的な動きについてご紹介しますので、参加する前に、ちょっと固い話になりますが読んでやってください。

【重要】ブックメーカーの違法性

当サイトは、海外のオンラインギャンブル合法国在住の日本人の方がブックメーカーに参加するために役に立つ情報を提供する目的で情報提供しているサイトになります。

運営会社が英国などで法人として合法に認められており上場していることや、オンラインギャンブル提供が正式に世界に向けて可能と認められている国のライセンスを取得して運営していることなど、信頼できるブックメーカーをしっかり見極めて、個人がインターネットを介して参加するのであれば、自己責任の範囲内であれば問題ないというのが当サイトの考え方です。
(もちろん、店舗で賭けをさせるなどは完全に違法ですが、個人がインターネットを介して参加することについては、インターネットの性質上、賭けが行われているのは、合法国のサーバー内ということになります。)

2016年に入ってから、日本からのブックメーカー参加を違法にするという動きが強くなり、逮捕者が出る事態になりましたが、結果的に裁判で勝訴し、不起訴(無罪)という結果になりました。これによって、基本的に個人が遊ぶ形であれば、問題がないことが証明されました。
(ただし、パチンコOK、公営なら競馬でも競輪でもお金かけてOKだからねという異質な状況から、オンラインギャンブルだけは違法にしたいという不思議な流れは続いており、違法にしたい人たちもいるという点は注意が必要ですし、大腕を振るって、みんなで目立つ形で遊んで良いというものでもないという認識も必要です。)

以下は、参考記事からの引用です。

本日時点において,オンラインカジノプレイヤーが対象となった賭博罪被疑事件で争った案件は国内でただひとつであり,そのひとつは,不起訴となった。

言うまでもなく,不起訴は不処罰であり,何らの前科はつかない。平たく言うと「おとがめなし」ということだ。

営利の目的なく個人の楽しみとしてする行為を対象とする単純賭博罪の不当性をうったえ続けている弁護士として,この結果を嬉しく思う。そしてちょっぴり誇りに思う。

賭博罪改正を願う弁護士津田岳宏のブログの記事を引用⇒不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件

つまり、ブックメーカーは違法ではありません

正直なところ、オンラインカジノプレイヤー3名が逮捕と言う出来事があった時には、ブックメーカー情報サイトとしては、言いたいことは山ほどあるけど、違法とするために動かれたことは大きく、撤退するべきかと考えたりもしましたが、ここで立ち上がった方がおり、それを弁護した方がおり、結果的に、正式なライセンスを得て海外で運営しているオンラインギャンブルを日本から遊ぶことで逮捕されるのはおかしいという訴えが認められるという結果になりました。

戦っていただいた方、本当にありがとうございました。

これを踏まえて、少しテンション上げて2017年2月あたりから、当サイトも完全復活でブックメーカーの楽しさの紹介を本格的に再開。

できる限りの情報は、例えマイナスの情報であってもしっかり伝えていくのが当サイトの方針です。

ちなみに、このような様々な事情の一方で、八百長などの不正を見つけるためのノウハウをブックメーカーから提供を受けて利用しているケースがあります。

Jリーグは、八百長抑制にブックメーカーのシステムを採用している

上記、ゲキサカより引用⇒J1、来季から八百長監視システムを導入

ブックメーカーのシステムが、こんな風に利用されてます。

さらに、ワールドカップ2018において、驚きの出来事がありました。それは、

参照:サンスポ(この記事へのリンクは、こちら

大会のオッズを参照して掲載する日本国内の大手メディアは、これまでも結構あったのですが、サンスポのこの記事では、オッズ参照だけでなく、日本マーケットがあることや、そのベットビクター(現在は、日本マーケットからは撤退)のサイトアドレスや、好評受付中とまで表示している。

これが、問題なくなるということは、かなり日本も良い方向に進むと私は感じています。

ブックメーカーで各競技の試合を無料でライブストリーミング視聴できる!?

ブックメーカーは賭けだけにあらず。登録して入金して残高がある状態になっていれば、多くの試合をライブ視聴することができるブックメーカーもあります

bet365ワンバイベット1xbetビット1xbit188ベットなどが提供。そこにスポーツベットアイオーも加わり、ストリーミングにも特徴が見え始めている現在のブックメーカーです。

少し前までは、1xbetがストリーミングに革命を起こしていて、イングランドプレミアリーグを始めとする、かなり幅広くメジャーな内容も抑えた提供をしていました。

ワンバイベット ライブストリーミング ACL

「1xbetでは、2018年11月10日辺りから、これまで視聴できていたリーグで視聴できないリーグが大多数となり、2019年2月現在でもその状況が変わず」

それでも、1xbetが提供するアプリでUEFAチャンピオンズリーグや、ヨーロッパリーグ、ネーションズリーグなどビッグゲームで見られるものも残っており、更に、欧州主要リーグが見られなくなったものの、少しレアなリーグなどの視聴ができる状況ではあります。他のストリーミングを利用しながら、マイナーで視聴できなそうなところが視聴できるかを補足するような存在としての利用価値は継続。

安定感を求めるのであれば、bet365ライブストリーミングが優秀。

条件面で、ワンバイベット(1xbet)と違い、登録してログインだけで視聴はできず、入金してアカウントに残高があることが視聴の条件です。更に、全画面視聴ができないため、ある程度小さな画面で見ることになります。

ただ、1から始めるという意味でのライブストリーミング視聴では、少しbet365の方がハードルが高いように見えますが、最低入金額を一度入金してしまえば、対象試合は視聴できるので、その手間だけの差です(ウェブマネーカード、auウォレットでも入金可能。

どちらか一方を選択するのではなく、どちらも見られる環境にしておく方が良いですね。

 

さっそくブックメーカーを始めよう!

さて、以上でブックメーカーに少しでも興味をもってもらえたでしょうか?記事を読んだだけではよくわからない・・・なんて方も、まずは試しにやってみれば、その楽しさがわかるはずです。

ブックメーカー最新情報

早すぎる?東京オリンピック2020関連オッズ特集ページ作成!

オリンピックまで600日以上の段階で、作っちゃいました。だって、東京オリンピックですから!

このページをベースにオリンピック関連のオッズが見つかり次第追加していき、また、注目の競技に関しては、随時オッズやページを追加していきます。

五輪!
【我らが日本開催!】東京オリンピック2020オッズ大集合!

ブックメーカーを紹介するサイトと共に東京オリンピック2020をより楽しむための競技やオッズ情報も提供させていただいております 夏季オリンピック関連オッズ このページの目次1 始めに2 東京オリンピック ...

続きを見る

ブックメーカーファンの「LINE@」アカウントを作成しました。

満を持してというよりは、お届けしたい情報で、割と期限がすぐに来てしまったりするプロモや試合、情報が欲しいという方が見逃さずに情報を受け取っていただけるようにという目的で、[email protected]アカウントを作りました。

速報性が必要なものはツイッターを利用することで、伝えることができるようになりましたが、気にしてチェックしていないと、すぐに流れて埋もれてしまう側面もあるため、LINE@に登録してもらえれば、LINEに情報をお届けすることができるというものです。1:1トークの機能は、様子を見ながら、一人でも対応できそうだったら、質問に答えるなどに使うかもしれません。

*ちなみに、ご存知のようにブクメ自身は、この業界には詳しくても、賭けに弱いため、儲けるためにどうすれば良いかなど、そういう情報提供はありません。

以下、QRコードからどうぞ。

 

Copyright© ブックメーカーファンSP byブクメ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.