MENU

ウィリアムヒル(William Hill) – 競馬に賭ける

ウィリアムヒル(William Hill)の賭け方遊び方 競馬を紹介します!

*スポーツベットアイオーなどブックメーカーで簡単に競馬に賭けることが可能です。⇒ブックメーカー(bookmaker)について詳しく

日本の競馬ファンの方には馬自体のファンになる方も多数いると聞きます。国内のレースであればJRAで購入すれば良いのですが、有力日本馬が海外のレースに出走した場合は通常は現地の馬券売り場で購入するしかありません。

しかし、ブックメーカーであれば日本にいながら好きな日本馬に賭けることができます。

ブックメーカーの競馬の特徴は、賭けた時のオッズが採用されることになるため、人気で賭けが集中して結果的にオッズが低くなってしまうことなどを避けられます。また、日本の競馬同様出走字のオッズが採用されるSPというものもあり、賭け方においても幅広く魅力があります。

目次

ウィリアムヒル(William Hill)での賭け方遊び方 競馬

大きなレースの優勝馬に賭ける場合の流れを、アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトが出走するジャパンカップ2020を例に紹介します。

*注目のレースの場合は、上部のバナーで紹介されることがありますが、通常は、メニュー内の「競馬」から進めていきます(当日のレースは、「今日の競馬」から。)

賭けたいレースの名前が出ていない時は、「競馬アンティポスト」から進むのが分かりやすいです。

レースが近づくと、ファイナルフィールズに入り、それ以外のレースは、英国系のレース以外は、「国際」に入ることがほとんどです。ジャパンカップは、既に前日のタイミングでスクリーンショットを取っているので、ファイナルフィールズに入っていますが、数日前までは、国際に入っていました。

注目のレースはだいぶ前からオッズ対象になることが多く、2020年11月末の段階で、2021年10月の凱旋門賞2021などもオッズ対象になっています(注:ブックメーカーでは、基本的に、レース当日か、NRMB/No Runner Money BackやNRNB/No Runner No Betの表記が入るまでに賭けると、オッズ対象馬が出走しない場合にキャンセルではなく負けになりますので、タイミングでレースの時点では、かなりオッズが下がるような人気馬に大きなオッズで賭けることができ、賭けた時点のオッズで固定されるので楽しみもありますが、出走しないとその時点で負けになることもご理解のうえ賭けてください。)

本題に戻ります。ジャパンカップを開きます(既にNRMB表記がされているので、この時点で賭けて、出走回避になった場合は、賭けたオッズは戻ります。)

 

1番人気のコントレイルに賭けてみます。この時点のオッズは、2.62倍

オッズをクリックすると、

選択した内容が表示されます。

続いて、賭け額を入力(今回は、5ユーロ)するとベット額と的中した場合の払戻金が表示され、「ベットする」の表示が黄色に変わります。

クリックすると、確認画面なく、賭けが確定されます↓

基本的な賭けの流れは、こんな感じです。

今回は、シンプルに1着に賭けましたが、E/W(イーチウェイ/Each Way)という賭け方を使うと、指定の着順までに入れば配当を得られる賭け方も可能です。

このレースのこの時点では、「EW: 1/5 オッズ 3 順位という」表記がありますが、これは、イーチウェイで賭けた場合3着以内で通常のオッズの5分の1の配当が得られますという意味。

イーチウェイは、1着とイーチウェイの2か所に賭けることがルールになっているため、賭け額の入力欄にx2と入り、例えば上記のように5と入れると、賭け金合計は10となります。

5ユーロをアーモンドアイの1着に5ユーロをアーモンドアイの3着以内(イーチウェイ)に賭けてみます。

賭けの確定画面では、上記のように表示されます。

以上が、ウィリアムヒルでの競馬の賭け方の流れとなります!

これ以外に、2020年現在では、各国の多くの地方競馬にも賭けることが可能で、日本国内の地方競馬も競馬場とレース番号を選ぶことで賭けることが可能ですので、JRAなどのオッズなどと比較しながら、ウィリアムヒルでも挑戦してみてくださいね。

SP(出走時のオッズ採用)以外にオッズが表示されている状態で賭ければ、賭けた時のオッズで固定されるため、人気馬などに賭ける際は、より高いオッズで賭けることが可能です。

あわせて読みたい
【豊富なフリーベットプロモが魅力】ウィリアムヒル(William Hill)【英国老舗ブックメーカー】 ⇒英国では文化となっているブックメーカー(bookmaker)とは? このページでは、英国老舗ブックメーカーウィリアムヒルの紹介を行っています。英国の老舗ブックメーカーウ...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる